一番太い部分が入口を乗り越えると、後は何の抵抗もなく・・・ (出会い系での体験談) 15007回

2014/09/14 09:43┃登録者:Dみちなが◆toz7nPdA┃作者:名無しの作者
 「アブノーマル」にチェックを入れておいて、連絡をくれたのがカレ。そのカレと今、ホテルの部屋です。カレは慣れた手つきで私の服を脱がせ四つん這いにさせると、ローションを手に取り私の*をマッサージし始めます。自分では指先ですら入れられなかったのに、カレにほぐしてもらっただけで指2本を受け入れてしまうというのが不思議です。
 カレが服を脱ぎ捨てると、指とは比べ物にならない程太い♂が現れました。カレは私の目の前でローションを塗りたくると、四つん這いのままの私に背後からのしかかってきました。*に硬いモノがあてがわれた次の瞬間、グワッという感じで*が押し広げられます。反射的に前に逃げようとする私の両肩を、カレが背後からガッシリと掴み、グッと引きよせます。一番太い部分が入口を乗り越えると、後は何の抵抗もなくズーッという感じで入ってきます。私は背中を反らし、舌を出して喘ぐことしかできませんでした・・・つづく。

出典:原稿用紙1枚分の官能小説
リンク:http://gopcmax.blog.fc2.com/
  投票  (・∀・):9  (・A・):8  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39584/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用