太地町のイルカ漁の意外な金儲け (エロくない体験談) 7544回

2014/09/22 09:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
2014年9月21日 07:40 (Record China)

日本で捕獲されるイルカ、半数は生きたまま中国に輸出―中国メディア
 

2014年9月18日、網易新聞は、「日本で捕獲されるイルカの多くは中国へ輸出されている」と伝えた。以下はその概要。 


和歌山県の太地町では9月から半年間、イルカ漁のシーズンとなる。町で捕獲されるイルカのうち毎年70〜80頭が輸出される。うち中国が最大の輸出先で、年間30〜50頭が生きたまま輸送され、水族館などで飼育され、人気者になっている。 


中国では各地で水族館の建設ラッシュが続いており、イルカは引っ張りだこだ。昨年秋には6頭が重慶市に輸送された。中国西部地域への初の「イルカ上陸」で、1カ月の訓練を経て、今では貴重な観光資源として活躍している。国連のデータによると、日本は1975〜2012年にイルカ668頭を輸出し、うち330頭は中国向けだった。 


中国はイルカを「買い付けた」のではなく、日本の漁師による虐殺から救ったのだ。しかし、水族館の環境に慣れ、訓練を受けることは、イルカにとって苦痛に違いない。イルカは「日中友好大使」とも呼ばれるが、自ら望んでなったイルカは1頭もいないだろう。(翻訳・編集/AA)


出典:なんだよ、日本の食文化のためじゃないじゃん。単なる節操のない金儲けじゃん。これなら俺もイルカ漁に反対だわ。ガッカリした。
リンク: 
  投票  (・∀・):14  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39631/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用