俺の姉ちゃん (泣ける体験談) 17227回

2014/09/25 18:41┃登録者:誠司と金┃作者:名無しの作者
半年前、飼ってた猫が死んだ。23歳だった。 

両親は昔不妊治療をしていたんだけど、子供を諦めて飼い始めたのがチハルだった。 
母親曰く、女の子が生まれたら付けたかった名前だったそうだ。 
飼い始めて1年も経たない内に妊娠して(医者には奇跡と言われたとか)、 
待望の妊娠だったから親戚一同に「猫を処分しろ」って言われたらしい。 

でも両親は頑なに拒否して、そのまま俺が生まれた。 
チハルはかなり子煩悩だったらしく、俺をとても可愛がっていていつも一緒にいてくれた。 
昔の俺の写真には、必ずといっていいほど彼女の姿がある。 

どんなに遅く帰っても、玄関まで迎えに来てくれた。 
寒い日には布団にもぐりこんで来て腕枕。PCやってる時は膝の上。 

同級生の女子とか家に来ると威嚇まではしなくてもかなりそっけない態度だったよな。 
あれってやっぱり嫉妬してたのかな? 
でも、たった一人にだけは最初から懐いてたよな。ゴロゴロ鳴らしてさ。 
そう、今の嫁だよ。 
お前にはわかってたのかな?「俺のことをよろしく頼む」とでも言っていたのかな。 


彼女にプロポーズしようと思ってる、と打ち明けたときはまっすぐに見上げてくれたよな。 
そして彼女がOKしてくれたという報告の翌日に旅立ってしまった。 
「何でこんな時に」と思ったけど、考えてみれば「これでもう安心だ」と思ってくれたのだろうか。 

生前、両親はよく「尻尾が何本になってもいいから、できるだけ傍にいてね。でもちゃんと見送らせてね」と言っていた。 
あの時は「何言ってるんだよ」と笑ってたけど、俺も全く同じ気持ちだったんだ。 
ごめんな、素直になれなくて。 

チハル。 
今でも、これからもお前は俺の最高の「お姉ちゃん」だよ。 
これから生まれてくる甥っこ、姪っこの事見守ってくれよな。

出典:2ちゃんねる
リンク:2ちゃんねる
  投票  (・∀・):149  (・A・):38  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39658/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用