PART1 (露出の体験談) 10946回

2014/10/27 13:56┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 松本友香は大手商社のM商事の新入社員だ。K大文学部卒で、M商事にしては珍しく実力で入社した女子社員だった。学業優秀、特に英語だけでなくフランス後にも堪能であることが決め手になったのだが、何と言ってもその可憐な容姿が大きな役割を果たしていたに違いなかった。

  その22歳の肌は抜けるように白く、顔立ちは現在一番人気の清純派女優にそっくりともっぱらの評判だ。セミロングの黒髪は流れるように美しく、スタイルも84,59,85,で身長160cmと理想的だ。そしていつも明るく爽やかな笑顔を欠かさないところが、男子社員の絶大な人気を集めていた。

  友香は、その美貌と明るさ、聡明さを買われて、広報部に配属された。仕事の吸収は早く、持ち前の頑張りと愛くるしい笑顔ですぐに職場に溶け込んだ。そして、新入社員としては異例のことに、社内ニュースのアナウンサーに抜擢された。それからわずか3ケ月で、友香の笑顔が見られる毎週水曜日朝の社内ニュース放映時には電話が止まる、と言われるほど全社で知らない者はいない有名人なっていた。

  やりがいのある仕事に恵まれた職場環境、そして男性社員からの引きも切らない誘い・・・友香の社員生活は順調なスタートを切っているように見えた・・・

------------------------------☆☆☆------------------------------☆☆☆------------------------

 7月初旬の昼下がり、友香は会社の廊下を小走りに駆けていた。
 「どこなのかしら、撮影室は・・・?」
 時計を見ると、もう2時近くを指している。
 「確か6階の筈なのに・・・だけど、どうしていきなり私がモデルなんてしなくちゃいけないのかしら?・・・あ・・・」
 友香は通りがかりの男性社員に声をかけた。
 「あ、あの、すみません。・・・撮影室ってどちらかご存じでしょうか?」

  すると、30代半ばの社員は親しげな笑顔を浮かべながら答えた。
 「ああ、友香ちゃん、何してるの? ・・・撮影室なら、別館の6階じゃない?」
 友香はその社員を知らないが、友香のことを知らない男性社員など存在しないのだ。

  「え、別館ですか?! あ、ありがとうございます!」
 友香はさらに何か話しかけようとするその社員を振りきって駆け出した。(もう、早智子先輩ったら、ただ6階の撮影室じゃ、分からないわ・・・・)もはや約束の2時への遅刻は逃れようも無かった。

------------------------------☆☆☆------------------------------☆☆☆------------------------

 友香がその撮影室にようやく着いたとき、時計は2時を5分ほど過ぎていた。
 「す、すみませんでしたっ!」
 友香は先輩の早智子と真紀の姿を認めるなり頭を下げる。どんな理由があろうと、広報担当に遅刻があってはならないと厳しく躾けられていたのだ。

  「あら、友香ちゃんが遅刻? 珍しいこともあるわねぇ。」
 入社4年目の山本早智子は、美しい笑顔で少し嫌みを言った。

  「ま、今日の件は無理矢理朝お願いしたんだもんね。友香ちゃんも忙しいわよね。」
 入社3年目の中西真紀も後に続く。

  内心の思いを押さえながら、さらに友香が謝ろうとすると、カメラマンの野田和夫がそれを手で制した。
 「おいおい、二人のお姉さんは人が悪いなぁ。そんな言い方したら新人が萎縮しちゃうぜ。」
 早智子にそう言ってから、今度は友香に体を向ける。
 「ごめんね、友香ちゃん。どうしても君にお願いしたかったんだよねぇ。経理の連中、経費削減でモデルを使っちゃいけないっていうんだから、困ってたんだよ。ほんと、君に匹敵する人材どころか、君の足下にも及ばない連中ばっかりだからなぁ、うちの女子社員は。」」

  「い、いえ、そんな・・・・」
 友香は早智子達の眼が気になって言葉に詰まった。早智子と真紀は、友香が入社する前は広報のWアイドルと呼ばれていたと聞いている。もしかして自分のことを良く思っていないのでは・・・日頃から早智子達の笑顔にどこか違和感を覚えていた友香としては、火に油を注ぐようなことを言う野田の無神経さに辟易した。
 「それで、今日はどうしたらよろしいのでしょうか? 私、モデルなんてしたことは無いものですから。」
 野田とは広報とカメラマン、という立場上面識がある。友香はほっとすると同時に少し気恥ずかしく感じていた。

  「うん、ちょっと制服をいくつか着てもらうだけでいいんだ。そんなに構えなくても、僕の言うとおりにしてくれればいいから・・・あ、もう時間が無いから、始めようか?」
 野田はそう言うと、そそくさとカメラのセッティングに確認を始めた。
 「まずは、その制服のままでいいや。ちょっとそこでポーズ取ってみて。」

  「・・・は、はい・・・」
 友香は指定された場所に立ったが、どうすれば良いか分からず立ちつくした。野田の口調の割には本格的なセットが組まれており、野田を含めたスタッフの5名が友香の一挙手一投足に注視しているのだ。いきなりモデルのまねをしろ、と言われても奥床しい性格の友香は困ってしまう。

  「じゃあ、ちょっとそこのファイルでも手に持ってみて。」
 野田の指示により、すかさず助手が友香にお洒落なファイルを手渡す。
 「それ持って、上司のところに渡しに来たってことにしようか。・・・そうそう、ちょっと腰をかがめて、笑顔で歩いてくる感じ・・・・そうそう、いいねぇ!」
 野田はシャッターを素早く切っていく。

  それから5分ほど、野田は友香をこれ以上無い位の賛辞を浴びせながら、シャッターを押し続けた。無数のフラッシュと賛美の言葉に、いつしか友香もすっかり乗せられ、可愛らしいポーズを取りながら、その可憐さを遺憾なく発揮していた。

  普段に輪をかけた美しさを見せている友香を見ながら、早智子と真紀は眼を見合わせて皮肉な笑みを唇の端に浮かべていた。(あーら、友香ちゃんたら、すっかりその気になっちゃって。・・・ま、一時間後にどんな顔をしてるかが見物だわ・・・)

------------------------------☆☆☆------------------------------☆☆☆------------------------

 一段落着いたところで、野田はファインダーから眼を外した。
 「いやあ、友香ちゃん、ほんとにいいよぉ。これならモデル呼ぶよりもずっといいよ。今度紹介するからさ、モデルのバイトやらない?」
あからさまな追従に、早智子と真紀が顔を見合わせた。(やれやれ、内心じゃあ友香ちゃんのヌードを想像して興奮してるくせに、良く言うわ・・・)

  しかし、性格の良い友香には、男の下心など分かる筈も無い。
 「いやですよ、野田さん。ほんとに、止めてください!」
 顔を赤らめて両手を振る様子がますます可愛らしかった。(いいから、もう、早く終わらせてくれないかしら。もうフィルムを10本は使ってるんだし・・・)

  「ま、本人にその気が無いんじゃしょうがないか・・・」
 野田は笑いながら早智子に視線を送った。その意味を理解した早智子が小さく頷く。
 「じゃ、次の制服に着替えて。」

  「え、まだ終わりじゃないんですか?」
 野田の意外な言葉に、友香は戸惑った。(だって、早智子さんにはちょっとだけって言われたのに・・・それに、どこで着替えるって言うのよ・・・)部屋の中に着替えとなるような物陰は存在しない。

  友香に考える隙を与えまいと、すかさず真紀が口を挟んだ。
 「何言ってるのよ。専属カメラマンにお越しいただいているのに、会社の制服一つの撮影だけの訳無いでしょ。友香ちゃんには、新しい制服の試着をしてもらいたいの。そりゃ、広報の本業じゃないかもしれないけど、制服ってある意味じゃ会社の広報の一環よね。分かった?」

  畳みかけるような真紀の早口に圧倒され、友香は思わず頷いた。
 「え、ええ・・・」
 入社以来、手取り足取り仕事を教えて頂いた先輩の言葉に逆らうことなどできるはずがなかった。
 「だけど、どこで着替えればいいのですか・・・?」

  「そうねぇ・・・あ、あそこでいいんじゃない?」
 今度は早智子が口を挟んだ。早智子が指さした先には、板が大きく、やや低めのホワイトボードがあった。
 「友香ちゃんが遅刻したから時間も無いし・・・あのボードの陰で、ね。いいでしょ?」

  「え、そ、そんなっ・・・!」
さすがに友香も先輩の言葉に従えなかった。ホワイトボードが視界を遮るはいえ、男性が5人もいる部屋の中で下着姿になるなんて絶対、あり得ない・・・自分を見る男達の視線に微妙な変化を感じた友香は体を両腕で庇った。
 「ど、どこか更衣室がある筈ですよね・・・そこで・・・」

  「だから時間が無いのよ、あなたが遅刻したから。こうしてる間も、あなたは6人の貴重な時間を浪費してるのよ。」
 真紀が今度は苛立たしげな声で言った。
 「もう、これだから新入社員のお嬢様は困るのよねぇ。あなたのことは見込みがあると思って一生懸命教えて来たつもりだったんだけど、残念ね。」
そこまで言われては、友香に拒否権は無かった。

  「わ、分かりました・・・着替えますから・・・」
 友香は恥ずかしさと必死に戦いながら、ホワイトボードに向けて歩いていった。その後ろ姿、特に尻の辺りに男達の好色な視線が集中していた。

------------------------------☆☆☆------------------------------☆☆☆------------------------

 ホワイトボードの陰に立ってみると、ボードの位置がやや低かったことが幸いして、下は膝の太股の半ば以上が皆の視線から遮られることが分かった。しかし、その代わり、上は肩から上が露出してしまう。(や、やだ、こんなの・・・)友香は赤面した。これでは、確かに体は隠れるが、着替える最中の顔を隠すことができない。

  さらに周囲を見回した友香は、あることに気付いた。
  「あ、あのう・・・」
ホワイトボードの陰に立った友香は野田に声をかけた。
 「どの制服に着替えればよろしいのでしょうか?」
あたりを見回しても、制服らしきものは何も無い。

  「あ、じゃあ、これ・・・さっちゃんさぁ、床に置いて皺になるとまずいから、友香ちゃんが脱いだら渡してあげて。」
ホワイトボードの向こうで野田が早智子に話すのが聞こえた。

  「はーい、これね。・・・きゃ、かっわいいっ!」
 「あら、ほんと、こりゃいいわぁ。友香ちゃんにぴったり!」
ボードの向こうではしゃぐ二人の先輩社員の声に、友香の不安が深まった。(え、何? どうしてそんなに笑うの・・・?)

  不安に立ちつくす友香のところまでやってきた二人の足が止まった。
 「あれ、友香ちゃん、まだ脱いでないの?」
 「いやだ、何してんのよ。早くしてよぉ。そんなんでよく社内ニュースのアナウンサーなんかやってられるわねぇ。」

  「は、はい・・・」
とにかくこの場は制服を着替えて早く撮影を終わらせるのよ・・・友香は内心の不安を押しのけて、ベストのボタンに手をかけた。

 「おーい、友香ちゃーん、悪いけど急いでねぇ。」
 俯いてボタンを外していた友香が野田の声に顔を上げると、にやつく男達と眼があった。(ひ、ひどい、野田さんまで。絶対楽しんでる)いつもは優しく接してくれていた野田の豹変に友香は腹が立った。

  しかし、友香は否が応にもその男達の前で下着姿にならなければならない状況に追い込まれていた。ホワイトボードが障壁となって、下着姿の身体を見られることは無いが、服を脱ぐ時や、それに下着姿になっているときの顔は隠しようが無い。(こ、こんなのって、・・・)うぶな友香にとってはあまりに恥ずかしい状況だった。友香は男達の首筋に絡みつくような視線を感じながらベストのボタンを外していった。

  ようやく友香がベストを脱ぎ終えると、すかさず早智子が手を伸ばす。
 「はい、それ頂戴」
そう言いながら、早智子はベストをひったくるかのように奪い取った。
 「さ、次はブラウスでしょ。ほんとに急いでくれないと、次からはその場で着替えてもらうわよ。」

  早智子の脅しに慌てた友香は、今度は男達の視線を気にする余裕も無く、急いでブラウスのボタンを全部外した。しかし、そこで一旦手が止まる。これを脱いでしまったら、上半身はブラジャーだけになってしまうのだ。上目遣いにホワイトボードの向こうを見やると、腕組みをして苛立っているような早智子と真紀の様子が眼に入った。

  「す、すみません・・・」
 優等生で常に周囲からちやほやされてきた友香は、他人に叱られるのが苦手だ。友香は羞恥を堪えてブラウスを一気に腕から抜き去った。ホワイトボード越しに再び伸びてくる早智子の手にあっさりそれも取られてしまう。

  友香はとうとう、タイトスカートにブラジャーという姿になってしまった。ホワイトボード越しにでも、
 友香の鎖骨あたりまでまでは見えてしまうので、ブラの線は丸見えということになる。

  「お、やっぱり清純派の友香ちゃんは白かあ。」
 野田が嬉しそうな声で囃し立てた。

  「ほんとにぶりっこねぇ、友香ちゃんは。まあ、全社員のアイドルだもんねぇ。」
 「そうそう。お陰で合コンの人気が受付より高くなっちゃったもんねぇ。」
 早智子と真紀が嫌みっぽく続いた。
 「はい、今度はスカートでしょ。いちいち言わせないで!」
 抜けるように白く美しい肌を見せつけられ、真紀の声が段々尖ってきているように感じられた。

  「え、あ、あの・・・上を先に着させて頂きたいんですが・・・」
 友香は厭な予感を感じながら真紀に言った。早智子と真紀の様子は普段と明らかに違っている。友香に対する秘めた嫉妬心を剥き出しにしているようにも思われた。(ま、まさか・・・)社会人ともあろうものが、そんな個人的な感情で理不尽なことをする筈が無い・・・友香はそう思ったが、そんなお嬢様の考えはあっさり覆された。

  「駄目よ。モデルは普通そんなことしないのよ。」
 早智子が横から口を挟んだ。
 「これ以上もたもたするなら、これどけるわよ。」
そう言って、ホワイトボードに手を掛け、引っ張った。

  「や、やめて下さいっ!」
 友香は必死にホワイトボードを押さえた。それをどけられたら今の姿が男達に丸見えになってしまう。
 「分かりました! 分かりましたからっ!」

  「じゃあ早くしてね。」
 早智子はようやく手を離した。

  諦めた友香はスカートに手をかけた。男女6人の視線が今度はボードの下からのぞく脚に集中する。ボードの下端は友香の太股の中間程度までなので、今は紺のタイトスカートが見える。スカートを脱げば脚の大半が丸見えだ・・・野田達はにやりと顔を見合わせた。

  友香はスカートのホックを外し、ファスナーを下げた。後は下に下ろして脚から抜き去るだけだ。しかし、そこで友香の動きが止まった。(ど、どうしよう・・・)普通なら膝を曲げ、腰を落として手で抜き取るところだが、それでは皆にパンティが見えてしまう・・・だけど、急がなくちゃ・・・背を向けていても早智子の苛立った表情が眼に浮かぶ。

  迷った友香は手を離し、スカートを下に落とした。一気に露わになった太股に男達が息を呑む。細すぎず、少しムチッと張った肌の様子が見て取れる。
 「いいねぇ、友香ちゃん。ヌードモデルにでもなりゃうんと稼げたのになぁ。」
 野田が小さな声で呟き、周りの男達も頷いた。(それなのに、商社で先輩の顰蹙買っておしおき、とは可哀想にねえ)

  「はい、それ渡して!」
 間髪入れない真紀の言葉に、友香は脚を曲げずに体を折り、床に落としたスカートを拾った。パンチラを期待した男達からため息が漏れる。

  「早智子さんすみません、早く着替えをお願いします。」
ついにブラジャーとパンティ、ストッキングだけという姿になってしまった友香は懇願した。男達と自分を隔てているのは薄いホワイトボード一枚しかないのだ。どこかにやけた男達の雰囲気と不躾な視線に、友香はあまりの恥ずかしさに頬を真っ赤にしていた。

  「はい、じゃあ最初は、これね。」
 早智子は白いブラウスを手渡した。

  「あ、あの・・・スカートもお願いします。」

  「それはブラウスを着てからよ。下に置いたら皺になっちゃうでしょ。」
 早智子の返事はにべにも無かった。

  早智子と言い争っても無駄だと悟った友香は、やむなくそのブラウスに腕を通した。(あれ、何か窮屈ね・・・ま、まさか・・・)友香のその厭な予感は、またも的中してしまった。

  ブラウスのサイズは明らかに友香のものより一回り以上小さかった。ボタンをはめてみると、引っ張ってようやくひっかかるといった感じだ。
 「あ、あの、これ・・・サイズが合わないんですけど・・・」
 言いかけた友香の言葉は、真紀の声にかき消された。
 「何言ってるのよ、ちゃんとはまるでしょ。もう、あと一分でボード外すからね。」
 真紀と早智子は眼を合わせて頷き、それぞれボードの端を掴んだ。

  「そ、そんな・・・ま、待ってください・・・」
 友香は慌ててボタンをかけ始めた。(ひ、ひどい・・・・どうして?)なぜ二人にこんな辱めを受けなければならないのか友香には分からなかった。

  ボタンをはめ終わると、サイズが小さすぎることは一層明らかになった。服を着ているというより、ピンと張った薄い布が体に貼り付けいている感じだ。ウエストのラインも、胸の形もはっきり浮き出てしまっている。また、薄い生地のため、ブラジャーのレースの模様までが透けてしまっていた。
 「あ、あの・・・」
 破廉恥な格好になった友香は真紀に訴えかけようとした。

  しかし、先輩社員二人は容赦が無かった。
 「はい、スカートはこれね。」
 「あと33秒よ。」
 無表情な二人の顔には同情の色など全く見えなかった。

  あと30秒でスカートを穿かなければならなくなった友香に選択の余地は無い。友香は手渡された紺のスカートを広げて見た。
 「こ、こんなの・・・」
 友香は思わず絶句した。それは、先ほど脱いだスカートとは比べものにならないほどのミニだった。恐らく、膝上と言うより股下10センチ足らずだろう。そして、後ろには5センチほどのスリットが入っている。さらにひどいことに、それは巻きスカートだった。右脇にホックがあるのだが、ファスナー部が10センチもなく、あとはスリットになってしまう。

  絶句する友香の姿を、男女達は楽しげに眺めていた。(やっと分かった、友香ちゃん? あなたはこれからうんと恥を掻くことになるのよ・・・)早智子は時計に目を落とした。
 「友香ちゃん、あと20秒よ。それとも、下はショーツ姿を撮ってもらいたい?」
 半分涙目の友香と眼が合ったが、早智子は淡々と言った。

  約束の時間ぎりぎりにスカートを身に付けた友香は、ホワイトボードを外され、男女の前に立ち尽くした。右手で胸を庇い、左手でスカートの裾を押さえている様子がいじらしい。
 「お、お願いです。他の服にして下さい。」
 友香は野田、早智子、真紀を見て必死に懇願した。

  「なーに言ってんの、すっごくいいじゃない、友香ちゃん。ちょっとセクシーで、いい感じだよ。」
 「そうそう、脚なんか、すっごくきれいよ。見せつけてやる、って感じじゃなきゃモデルは務まらないわよ。」
 「ファッションショーだったら、もっと大胆な服がいくらでもあるわよ。」
 羞恥に震える友香の姿を楽しみながら、3人は勝手なことを言った。

  「だけどこれは、会社の制服にするには無理だと思います・・・」
 逆らってはいけないと思いつつも、友香は言わずにはいられなかった。
 「こんな制服、セクハラで訴えられるんじゃないでしょうか?」

  友香の必死の言葉に、早智子と真紀は一瞬顔を見合わせてから笑った。
 「ちょっとぉ、何か勘違いしてない、友香ちゃん?」
 「そうよ。誰が制服のモデルって言った? お願いしたのは衣料品事業部の依頼で新製品の検討をするためのモデルよ。」
もちろん、友香に事前にそんなことまでは言っていない。

  「さ、それじゃ急いで撮影再開と行こうか。」
 野田の言葉でスタッフが配置についた。


  いやいやカメラを前に立たされた友香だが、まだ両手で体を庇っていた。(い、いや、こんな格好をカメラに撮られるなんて・・・)どうしていいか分からないが、とても自分からこんな恥ずかしい姿を男達の前に晒すことはできない。

  スカートはやはり短か過ぎて、友香の程良い肉付きの太股が半ば以上露わになってしまっていた。また、巻きスカートのサイズもやはり小さめのものだったため、腰の右脇は脚の付け根近くまでが露出し、さらに後ろにスリットがあるため、少し腰を曲げたらすぐにパンティが見えてしまいそうだ。もともとおとなしいファッションしかしたことの無い友香は顔から火が出そうだった。

  そんな友香の羞恥に耐える表情をしばらく楽しんでから、野田は言った。
 「じゃあ、さっきと同じポーズ、いってみよっか、友香ちゃん。おい、さっきのファイルを渡してあげな。」

  助手に書類入れを渡された友香はおずおずとポーズを作った。すかさず強力なフラッシュが浴びせられる。大きなシャッター音を聞きながら、(お、お願い、早く終わって・・・・)と友香は必死に祈るしかなかった。

結局友香は、その恥ずかしい制服姿を5分ほど撮られ続けることになった。とても笑顔を作れるような気分では無かったが、できないならその格好で今日は過ごしてもらうと早智子と真紀に脅され、必死に笑顔をカメラに向けるのだった。

  「よし、じゃあ次の服、行きましょう。」
 野田の言葉と同時に、友香はホワイトボードの陰に走っていった。

  「いやねぇ、今さら何を恥ずかしがってるのかしら。」
 「ほーんと、友香ちゃんの脚ってきれいよねぇ。」
 「そうそう、それに結構友香ちゃんって胸あるよねえ。」
 「こんな格好で社内ニュース放送したら、男達は仕事になんないでしょうねぇ。」
 早智子と真紀の聞こえよがしの会話に、友香は耳まで真っ赤になった。

  「あ、あの・・・あといくつあるんですか? それから、次の衣装を見せて頂きたいんですけど。」
とにかくこの場を早く逃れたい友香は、恐る恐る二人に向かって尋ねた。これ以上ひどい格好をさせるつもりだったら、何と言われてもいいから断ろうと思っていた。

  「ああ、あと二つだけよ。」
 早智子は軽くそう言うと、友香を眺めた。
 「あら、まだ脱いで無いの? 制限時間は・・・あと2分20秒よ。」
 「守れなかったら、さっきの写真、社内ホームページにのっけちゃおうかなー」
 真紀が付け加えた言葉に、友香は微かな希望が幻だったことを悟った。

  (あ、あと二つ・・・)次の衣装を見せてもらうこともできなかった友香は、不安な気持ちのままブラウスのボタンを外し始めた。あと2分という時間に迷っている余裕は無い。

  友香は内心のためらいを振り払うかのように、一気にブラウスとスカートを脱いだ。(大丈夫、ホワイトボードがあるんだから・・・)男の視線を脚と首筋、顔に感じながら、友香は必死に自分に言い聞かせた。
 「早智子さん、次の服をお願いします。」
 時間はあと1分と少ししかない筈なので、友香は焦って早智子に言った。

  しかし、早智子の答えは友香にとって意外なものだった。
 「あ、次の衣装はね、ストッキングいらないから、それも脱いで・・・あと1分15秒かぁ、間に合うかな?」

  早智子の脅しに、友香は理由を問い質すこともできずにストッキングを脱ぐしかなかった。(ど、どうしてストッキングまで・・・ひ、ひどい、・・・早智子先輩!)心の中で恨めしく思ってもどうすることもできない友香だった。

  友香はストッキングのゴムに手をかけた。唇を噛んで、尻の方からクルッと剥き下ろす。ホワイトボードに遮られていると分かっていても、男達の見守る中での脱衣に、友香は頭がクラッとするほどの羞恥に捕らわれていた。男達も、ホワイトボードの上下に見える友香の腕と脚の動きから、現在の友香の姿を推察し、興奮に息を詰まらせている。

  ストッキングの裾を持って腕を伸ばし切って下ろしたところで、一瞬友香の動きが止まった。ストッキングはまだ太股の半ばだが、これ以上下ろすにはどうしても屈まなくてはならない。さっきのスカートのように一旦床に落として膝を曲げずに拾う、ということは不可能だ。(・・・ああ、こんなのって・・・)どうしても男達の前にパンティだけの下半身を晒さなければならないと悟った友香は恥辱に喘いだ。

  「どうした友香ちゃん、とっておきの下着姿撮影会に変更するかい?」
 野田が笑いながら言った。
 「その切ない表情、そそるねぇ。いっそのこと、ヌード撮影会ってのもいいねぇ。」
 遠慮の無いからかいに、スタッフの男達も嫌らしい笑いを浮かべた。

  「な、何言ってるんですかっ!」
カメラマンの嘲りに、友香は本気で腹を立てた。普段は優しい振りをしていた癖に、本当は女を馬鹿にしてるんだわ・・・絶対許せない・・・

 「おいおい、友香ちゃん、怒った顔もいいけど、あと50秒だぜ。」
 野田は飽くまでも余裕の表情を浮かべながら言った。
 「早く、パンチラショー、見せてちょーだい。」

  「くっ・・・」
 友香は絶句した。野田の言うとおり、結局、どちらにしてもパンティは見られてしまうのだ。(こんな最低の男達の前で・・・・ああ・・・)友香はあまりの屈辱に歯を食いしばりながら、膝を屈め、一気にストッキングを下ろしていった。どうせ見られてしまうなら、一気に脱いで少しでも見られる時間を短くしようと悲しい決意をした結果だった。

  そして、友香がストッキングを抜き取ろうと一気に屈んだとき、バシャッという音と共にストロボが光った。「きゃ、きゃあ!」
 写真を撮られたショックに友香は悲鳴をあげた。
 「ひ、ひどい、こんなところを撮るなんてあんまりです! すぐに削除して下さい!」
 友香は顔を真っ赤にして野田に抗議した。

  しかし、野田はやはり涼しい顔だ。
 「あ、ごめんごめん。友香ちゃんの白いショーツ姿があまりに美しかったもんだから。大丈夫、顔は写らなかったから、安心しなよ。それにしても友香ちゃん、いい脚してるよなぁ。」
その視線は、ストッキングさえ向かれてホワイトボードの下から露出している、友香の生白い太ももに向けられていた。
  「い、いやあ、見ないでぇ。」
 友香は両手で脚を覆った。目隠しがあるとは言え、男達の前でブラとパンティだけの姿で立っている自分が信じられなかった。
 「早智子さん、着替えを早く!」

  「あらあら、もう先輩に向かって命令するようになったとは、出世したわねぇ。」
 友香の痴態を楽しんでいた早智子は、もったいぶりながら、その手に持っていた白い布を渡した。
 「はい、あと30秒だからねぇ。」

  友香は確かめもせず、一気にそれに腕を通した。
 「あ、これは・・・」
しかし、すぐに早智子からスカートが渡されたため、慌ててそれも身に付ける。

  そして、友香がそれを身に付けると同時に、ホワイトボードが外された。
 「はーい、時間でーす。」
 「きゃあ、かっわいいー!」
 女子先輩社員の二人は、男子社員の人気を独り占めする生意気な新入社員の苦境にすっかりはしゃいでいた。


  「い、いやです、こんな格好・・・」
もはや男達の前に立たされて視線を遮るものの無い友香は、小さな声で懇願した。

  友香は、チアガールの格好にさせられていた。上はノースリーブのシャツに、下は黄色地に紺のストライプが一本入ったミニスカートだ。そして、もちろんそのサイズは友香のものより一回り小さかった。友香の腕と脚の大半が露出し、体のラインもはっきり出てしまっている。

  「なーに言ってんの、かわいいじゃない! 健康的で、いいよぉ」
 野田はそう言いながらも、友香の姿態を好色な眼で見つめながら、あっさりと言った。
 「はい、あれを持たせてあげて。」
と助手に指示を出しながら、カメラのセットに入る。

  「はい、どうぞ。」
というアシスタントの声と共に友香に渡されたのは、二つの黄色いボンボンだった。
 「はい、じゃあ友香ちゃん、そのボンボンを使いながら適当に踊ってね。」
 野田はファインダーを覗きながら、事務的に指示を与える。

  「え、そ、そんな・・・」
 友香は渡された二つのボンボンで体の前を庇いながら立ち尽くした。こんな格好をさせられているだけでも死ぬほど恥ずかしいのに、馬鹿みたいに踊ることなんて出来る訳が無いではないか・・・それにそんなことをしたら、胸が震えてしまうだろうし、アンダースコートも穿いていないのだから、パンティまで見えてしまうかもしれない・・・

「ちょっと友香ちゃん、いい加減にしてくれなぁい?」
 「それ以上文句言うなら、その格好で本当のチアガール部に入ってもらうかもね。」
 意地悪な眼で友香の胸と脚を眺めながら、早智子と真紀はねちねちと言った。破廉恥な格好をさせられても、清純な輝きを失わない友香が妬ましくて仕方無い。

  まだ思い切りがつかず、両腕で体を庇っている友香に向かって、強いストロボが浴びせられた。
 「はい、友香ちゃん、その恥ずかしそうな表情、すっごくいいよぉ。」
そう言いながら、野田は次々にシャッターを切る。
 「この写真、社内報に載っけちゃおうかなー、ねぇ、真紀ちゃん?」
 悪戯っぽい野田の言葉に、真紀と早智子が歓声を上げた。

  「わ、分かりました・・・」
ブラが透けてしまいそうなシャツに、今にもパンティが見えそうなミニスカート・・・友香は恥ずかしさを必死に堪えながら両腕を体から離した。申し訳程度に両手のボンボンを顔の横まで上げる。すかさず野田のシャッター音が大きく響く。
 「こ、これでよろしいですか?」
くっきり浮き出た胸の形も、ぎりぎりまで露出した太ももも隠すことができず、友香はあまりの羞恥に頬を真っ赤に染めていた。

  「何言ってんのよ、だ〜め。ほら、元気よく踊りなさいって言ってるでしょ?」
 「チアガールだったら、飛び上がって見せなさいよ〜。笑顔でね。」
 先輩OLは友香の恥辱を知りながら、一向にその手を緩めることは無かった。
 「言うこと聞かないと、分かってるわよねぇ?」


  清楚な新入女子社員の強制パンチラショーが始まった。逃げ場の無くなった友香は、恥ずかしいチアガール姿のまま、飛んだり跳ねたり、腰を振ったりすることをを強要された。もちろん軽いスカートはひらひらと舞い上がり、白い太股の付け根とパンティがちらちらとギャラリーに披露された。しかも、その度に胸が大きく震え、顔に似合わずエロチックな体であることをアピールしてしまっていた。

  そして、友香にとってさらに辛いのは、そんな恥ずかしい姿をカメラの前に晒しながらも、チアガールらしい笑顔でいることを強制されることだった。(い、いや、これじゃ、スカートが捲れちゃってる・・・・)フラッシュの光を厭と言うほど浴びせられながら、友香は必死に笑顔を作った。

  「あら、友香ちゃん、かっわいいじゃない?」
 「ほんとほんと、白いパンティが、私は清楚でーすって感じで堪らないわねぇ。」
 思い通りの痴態に、真紀と早智子は大喜びだ。男達の憧れの視線を一身に浴びていい気になってた友香が恥ずかしい格好のまま言いなりに踊らされ、パンティを隠すこともできずにいるのだ。
 「ほらほら、もっとにっこり笑って・・・そうそう、そこで大きくジャーンプ!」
 友香の引きつったような笑顔が、二人の先輩OLには何より楽しかった。

 「はーい、いいよお、友香ちゃん、最高っ! じゃ、最後の衣装、いってみよっか。」
ひとしきり友香の破廉恥なチアガール姿を堪能した野田は、次の衣装への変更を指示した。

  「あ、あのう・・・これって、本当に、今後の検討のための試着、ということでよろしいんですよね?」
 友香は、今更ながらスカートの裾を押さえながら、恐る恐る訊いた。

  「ああ、もちろんだよ! 大丈夫、人には見せないから! ちょっとそれじゃ、見え過ぎだもんね。」
 野田の言葉に、友香がさらに頬を染めるのを、男達は見逃さなかった。(パンチラ姿もたまんなかったけど、これからが盛り上がるんだよなぁ。頼むぜ、早智子ちゃん)スタッフと眼が合った野田は、思わずにやけた笑いを漏らす。

  「はーい、友香ちゃん、急いで脱いでねぇ。」
 真紀と早智子も、この次が待ちきれないといった様子でそわそわとしていた。(はいはい、これからが面白くなるのよねぇ。)

  追い立てられるようにホワイトボードの陰へ連れて行かれた友香は、慌ててチアガールの制服を脱ぎ始めた。(やっと最後だわ。だけど、あんな格好の写真撮ってどうするのかしら? まさか印刷して配ったりは、しないわよね?)新製品の検討のためのモデル、という言葉にすがるしかない友香だった。

  制限時間が気になる友香は、あっという間に制服を脱いで下着姿になった。男達が注視する中で脱衣する恥ずかしさは一向に減じないが、ホワイトボードがあるのだから、肝心の部分が見える訳では無いと必死に自分に言い聞かせる。
 「あ、あの、次の服を下さい。」
 友香は早智子に急かすように言った。男達の視線がホワイトボードの上から覗く首筋と、下から覗く太ももに集中するのが厭と言うほど感じられる。(お、お願い、早く!)

  しかし、そこで友香は意外な言葉を聞くことになった。
 「あ、今度のはね、下着も脱いでもらわなくちゃ駄目なの。」
 早智子は友香にとってあまりにも酷いことを淡々と言った。
 「今度は水着だから、全部脱いでちょうだい。」
いよいよだな、といった顔で、表情を崩した男達が眼を合わせていた。

  「・・・えっ? な、何を言ってるんですかっ?」
 友香は一瞬の間の後、大きな声を上げた。
 「そんなっ・・・こ、ここで、裸になんて、なれる訳無いじゃないですかっ! 更衣室に行かせてくれないならもうやめますっ!」
 衝立一枚だけで下着を脱げ、だなんて、いくら先輩でもあまりに非常識だと思った。(冗談じゃないわっ! これ以上馬鹿にするなら、私だって黙ってないわ!)

  「いいのよ、いやなら。」
 友香とは対象的に、早智子はのんびりした口調で言った。
 「その代わり、さっきのチアガール写真は、非公式データとして、衣料品事業部の資料として回覧することにしますからね。」

  「きゃあ、それ、おっもしろーい。」
 先輩の真紀が早智子の言葉に追随した。
 「いっくら非公式データって言っても、必ず流出するのよね、そういうのって。下手したら、社外にも流出して、週刊誌に載っけられちゃったりして」

  「そうそう、『K大出美人OLの破廉恥コスプレ』なんてタイトルでねぇ。きっと友香ちゃんの学生時代のお友達、喜ぶでしょうねぇ。」
 早智子はすっかりはしゃいだ口調になっていた。

  「わ、分かりました。・・・ぬ、脱ぎますから・・・」
 友香は屈服せざるを得なかった。今もそうだが、K大時代の友香は男子学生からも女子学生からも憧れの的だったのだ。そんな彼らに、あんな恥ずかしい姿を見られる位なら死んだ方がましだった。

  観念した友香は、ギャラリーに背を向け、両手を後ろに回してブラのホックを外そうとした。が、そこですかさず早智子の叱咤が飛んだ。
 「あ、そうだ、いいこと思いついた。遅刻したお詫びとして、みんなの方を見ながら脱ぎなさいよ。それくらい、いいでしょ?」
 早智子の意地悪な思いつきに、男達は内心で喝采を送った。

  「・・・わ、分かりました。」
 抵抗したらさっきの恥ずかしい写真が公開されると悟った友香に逆らうことはできなかった。仕方なく、体を反転させてギャラリーの方を向いた。(男の人に見られながらブラジャーを外さなくちゃいけないなんて、・・・)友香は、今日何度目か分からない屈辱に唇を噛んだ。

  「それじゃ、友香ちゃーん、ボード越しのストリップ、色っぽく頼むよ〜。」
 野田の軽薄な声に皆が笑った。M商事のアイドル、松本友香がいよいよ下着を脱ぐのだからたまらなかった。

  「へ、変なこと言わないでくださいっ!
 友香はそう言って睨みつけたが、野田達はにやにやと笑って友香の顔と上半身を注視していた。(こ、この人達、絶対に面白がってる・・・い、いやよ・・・)

  友香がさらに何か言おうとしたとき、早智子の鋭い声が飛んだ。
 「いい加減にしなさいよ、友香ちゃん。本当に、何回言わせたら気が済むのよ!」

  「くっ、だ、だって・・・」
 友香はなおも何か言おうとしたが、がっくりと首を垂れて、両手を後ろに廻した。ここでこれ以上ごねたら、さっきの恥ずかしい姿が社内だけでなく、社外にも公開されてしまうのだ。野田達に厭らしい眼で見られていると分かっていても、言うことに従わない訳にはいかない。

  友香は後ろに廻した両手でブラのホックを探し当てた。そして、それを外そうとしたとき、バシャッという音と共に、フラッシュが友香を捉えた。野田がシャッターを切ったのだ。
 「いいねぇ、友香ちゃん。色っぽいよ〜。」
 固まった友香に向かって野田が笑いかける。

  「の、野田さん・・・や、やめて・・・」
 抵抗を許されない友香は、もはや小さく懇願するしかなかった。しかし、そんな友香には構わず、野田はシャッターを切り続ける。
 「お、お願い、撮らないで・・・」
 友香は光を浴びせられながら、ブラのホックを外した。

  カメラ側を向くことを強要されている友香は、その体勢のまま、今度は左の肩紐に手を掛ける。(こ、これを外したら・・・)ボードで目隠しされているとはいて、男達の前で乳房を露出させるという異常な状況に、友香は小さく震えた。

  しかし、そんな友香の恥じらいは、男達と先輩女子社員にとって刺激的な味付けに過ぎない。
 「いいねぇ、そのためらいの表情!」
 「ほ〜んと、これから処女を捧げますって感じぃ。」
 「何か、男の好みを知り尽くしてる脱ぎ方ねぇ。」
 意地悪な言葉と共に、シャッター音が続けて響く。
 「友香ちゃあん、焦らすのはもういいから、早くブラジャー脱いでぇ。」
 「そうそう、カメラ目線でなきゃだめよ」
 信頼していた早智子と真紀の嘲りに、友香は屈辱に真っ赤になった。

  (わ、分かったわよ、脱げばいいんでしょう!)いざとなると勝ち気なところのある友香は、カメラを睨み付けるようにしてブラの肩紐を下ろしていった。野田の非情なフラッシュが何度も閃くが、友香は気にしないように努めた。(ここで恥ずかしそうな顔をしたら負けよ)常に憧れの的だったというプライドだけが今の友香を支えていた。

  ようやくブラジャーを脱いだ友香は、躊躇いながらもそれを早智子に渡した。これで、身に付けているものはもはやパンティ一枚だけになってしまった。(は、恥ずかしいっ!)友香は両腕で乳房を覆った。いくらボードを隔てているとは言え、清楚で真面目な友香にとっては想像したことの無い恥ずかしさだ。
 「は、早く水着を下さい・・・」
 水着がワンピースかセパレートかは知らないが、早く胸を覆いたかった。

  しかし、早智子は取り上げたブラを掲げて更に友香の羞恥を煽った。
 「はーい、これがM商事社員憧れの松本友香ちゃんのブラよ〜。白でハーフカップのレース付きかぁ、ちょっと当たり前ねぇ。」
 高く上げてひらひらさせられたそのブラを、男達がスケベな眼で注視した。

  「な、何をするんですかっ!」
 脱いだばかりの下着を見せ物にするなんて・・・同姓とは思えない仕打ちに、友香は我慢しかねて非難の声を上げた。
 「や、やめて下さいっ! は、早く、水着を下さいっ!」

  一瞬、怒りの表情を見せた後にトーンダウンした友香の声音に、自らの優位を改めて確認した早智子は、ホワイトボードに近寄り、友香の顔を下から見上げるようにして言った。
 「だ〜め。なあに、その反抗的な態度は?」
 友香は思わず言ってしまった言葉を後悔しているように口をつぐんでいた。(ふふ、やっと分かったようね、自分の立場が。先輩に楯突くとどうなるか、よおく教えて上げるわ。)
 「さっきも言ったでしょ。モデルってのは、いちいち恥ずかしがらないで、全部脱いでから、新しいのを着るものよ。」
 最後の言葉を聞いた男達が露骨に厭らしい笑みを浮かべた。

  「そ、そんな・・・」
 友香はまたも絶句した。それはつまり、ホワイトボードという板一枚だけを隠れ蓑にして、全裸になれと言っているのだ。複数の男性が見ている前で・・・男に肌を見せたことの無い友香にとってはあまりにも信じがたい事態だった。
 「ど、どうしてそんな・・・そんなこと、必要無いじゃありませんか!」
いけないと思いながら、友香のプライドが理不尽な命令を素直に受け入れることを拒んでいた。見えないとは分かっていても、両腕で胸を必死に庇いながら、友香は真紀の方を向いて訴えた。

  しかし、真紀は早智子よりも、ある意味でさらに過激だった。
 「そう、いいわ、分かったわ、友香ちゃん・・・」
 真紀はそう言いながら、友香の方へ一歩踏み出した。一瞬、友香の顔に安堵の表情が広がる。しかし、真紀も友香を許す気などさらさら無かった。
 「そんなにわがまま言うなら、そのままでいいわ!」
 真紀はそう言うと、ホワイトボードを思い切り引っ張った。

  「い、いやあっ!」
 友香の絶叫と同時に、カメラのフラッシュが連続して焚かれた。友香は、パンティ一枚で胸を隠した姿のままで、衝立を失ってしまったのだ。下着一枚だけの姿を男達の前に晒され、友香は思わずしゃがみこんだ。ホワイトボードは、真紀がそのまま部屋の端に持っていってしまったため、隠れることのできる物陰は何も無い。
 「ひ、ひどいっ、こんなのっ! ・・・や、やめて、撮らないでっ!」
ほとんど裸の姿を男達の前に晒し、フラッシュを浴びせられた友香はパニックに陥った。

  一方、男達の興奮も頂点に達しようとしていた。憧れの美人社員をパンティ一枚だけの姿に剥いて取り囲んでいるのだ。パンティーを露出させたまま、必死に胸を隠している姿がいじましい。その気になれば、みんなで取り押さえてその胸を露出させることもできるし、最後の一枚をむしり取って全裸にすることもできる・・・集団レイプをしているような錯覚に、男達の眼がギラついた。

  「どう、友香ちゃん、みんなの前でショーツ姿を晒す気分は? いっそのこと、ヌードも撮ってもらいましょうか? 写真誌にでも発表したら、うちの社員だけでも何万部売れるかしらねぇ。」
 早智子は意地悪く友香の顔を下から覗き込みながら笑った。

 もはや一切の抵抗をしないことを誓わされた友香は、その格好のまま立ち上がらされた。両腕で上半身を庇ってはいるが、下半身に身に付けているのは純白のレース入りパンティだけ、という屈辱の格好を男達とカメラの前に再び晒す。(い、いやあ・・・は、恥ずかしいっ)友香はあまりの羞恥に固く眼を閉じた。

  しかし、すっかり嗜虐心を刺激された男達がそれを許す筈も無い。
 「おいおい、友香ちゃん、いい加減にしろよ。ちゃんと可愛い眼をぱっちりあけるんだよ!」
 野田の口調が急にぞんざいになった。
 「いやなら、いますぐすっぽんぽんにしてあげてもいいんだぜ。」
ガラッと変わった野田の態度に、早智子と真紀は眼を見合わせて笑った。

  「・・・は、はい・・・」
 気の強い友香も、パンティ一枚の姿を写真に撮られてしまった今となっては、従順にならざるを得ない。ここで機嫌を損ねたら、本当に全裸にされてしまうかもしれないのだ。(・・・が、我慢するのよ、友香・・・)最悪の事態を恐れ、友香は必死に自分に言い聞かせた。恥ずかしさを堪えて眼を開け、野田とカメラを見た。途端に、男達の視線とカメラがしっかりと自分の痴態に向けられているのを思い知らされ、友香の表情は引きつった。

  「ちょっと何よ〜、そのおどおどした顔は〜?」
 「そうよ。モデルなんだから、にっこり笑って見なさいよ!」
 友香に美しい体を見せつけられた真紀と早智子は、嫉妬を感じて更に意地悪な気分になっていた。
 「もう口答えは許さないわよ! 返事は『はい』、いいわね?」

  「・・・は、はい・・・」
 意地悪な先輩達の態度に屈辱を感じながらも、友香は仕方なく返事をした。そして、羞恥を堪えながらカメラに向かってにっこり笑う。しかし、体が小さく震え続けているのは押さえようもなく、それが却って男女の嗜虐心を煽った。

  「いいねぇ、友香ちゃん、すっごい綺麗だよぉ」
 野田はそう言いながら友香の周りを回ってシャッターを切り続ける。後ろから尻を狙って撮っているのが分かり、友香の表情が屈辱に歪む。
 「友香ちゃん、すっごくいいスタイルだよねえ。このヒップなんて、張りがあって最高!」
 野田は友香の羞恥をわざと煽るように言った。

  友香はその後も、両胸こそ露出しないが、さらに恥ずかしいポーズを強要された。それぞれの掌で乳房を一つずつ隠すポーズ、左腕は頭の後ろに廻され、右腕だけで両胸を隠すポーズ・・・にっこり笑いながらの写真を友香は厭と言うほど撮られることになった。


  友香のセミヌードを堪能した野田と真紀、早智子は眼を見合わせて、友香に次の指示を出すことにする。
 「それじゃ、友香ちゃん、着替えてもらいましょうか?」
 真紀がそう言って部屋の端のホワイトボードを引き寄せると、友香は慌ててその陰に走っていった。その後ろ姿を、3人は意味ありげな眼で見て、また笑った。(あらあら、ほっとしちゃって、可愛いわねぇ。これからのスケジュールを知ったらどんな顔するのかしらねぇ・・・ふふっ、可哀想・・・)

  しかし、そんなことは知る由も無い友香は、ホワイトボードの陰で隠れたことで、ほっと安堵の息を吐いていた。(は、恥ずかしかった・・・あとは水着だけよ・・・・)どんな水着でも、今の格好よりはましだと思ったが、もちろん友香の淡い期待は裏切られることになる。

  「はい、それじゃ撮影再開ねぇ。友香ちゃん、水着に着替える前にショーツを脱いでくれる?」
 早智子の声は先ほどとは打って変わった猫撫で声だった。

  「・・・・・・は、はい・・・・」
もちろん友香に拒否権は無い。ここで断ったらさっきの二の舞どころか、今度こそカメラの前でヌードにされかねないのだ。友香はやむなく胸から手を離し、パンティのゴムに手をかけた。

  その瞬間、フラッシュが閃き、友香の表情を捉えた。
 「いいねぇ、その表情!」
 恥じらう友香に向けて、野田がシャッターを切りだしたのだ。
 「あ、気にしないで。そのまま、続けて」
 美しく清純な処女が男の前で初めてパンティを脱ぐ・・・理想的なシーンに野田は思わず生唾を飲み込んだ。

  「や、やめて下さい・・・」
 友香の抗議の声は弱々しかった。弱者をさらに苛めるような野田の仕打ちは許せなかったが、すでに恥ずかしい写真を厭と言うほど撮られてしまった友香にはもはやどうすることもできない・・・

 抗議の声を無視して繰り返されるフラッシュを浴びながら、友香はパンティを降ろしていった。ホワイトボードが目隠しとなって誰からも見えないと分かっていても、恥毛が露出する瞬間は体が燃えるように恥ずかしくなった。
 「お、ついにアソコ丸出しだね、友香ちゃん?」
タイミング良く野田から野次を浴びせられ、友香は屈辱に頬を真っ赤にした。
 「あ、いいねぇ、その表情! ほら、こっちを向いて!」
 抵抗を許されない友香は、カメラに向けて顔を晒したまま、パンティを脱ぎ降ろしていくことになった。

  そして、パンティを太もも半ばまで降ろしたとき、新たな羞恥が友香を襲った。(ど、どうしよう、これ以上下げたら、見えちゃう!)ホワイトボードの下から脱ぎかけのパンティを見られる・・・それは、うぶで清楚な友香にとってヌードを見られることに匹敵する恥ずかしさだった。

  しかし、戸惑う友香の表情は、その場の男女の嗜虐心を刺激するだけだ。(あら、そんなに恥ずかしいの?)友香の戸惑いに気付いた真紀は、躊躇せず新たな命令を告げた。
 「そうだ、友香ちゃん、ちょっとショーツを膝まで降ろしたところで止めてくれる? なんか、いい絵になりそうだから。」
 無茶苦茶な命令に、野田とアシスタントが眼を見合わせて笑った。(真紀ちゃんもひっでぇな〜、ま、ほんとにいい絵になりそうだからいいけど)

  「くっ・・・」
 同姓とは思えない非情な命令に、友香は言葉に詰まった。(そ、そんな・・・・どうして?) 友香は訴えるような眼で今度は早智子に救いを求めた。

  しかし、早智子の返事も素っ気なかった。
 「ほら、返事は? もう忘れたの?」
そう言ってつかつかと歩いてきて、ホワイトボードに手をかける。

  「わ、分かりましたぁっ! ・・・は、はいっ・・・」
 慌てた友香は叫ぶようにそう言った。今、ホワイトボードを撮られたら、恥ずかしい部分をすべて隠すことは不可能だ。友香は唇を噛んでパンティに手をかけ、膝まで降ろした。
 「こ、これでよろしいですか・・・」
 見られないと分かっていても、両腕で必死に恥ずかしい部分を庇いながら、友香はぎこちない笑顔を浮かべた。
  「お、いいねー、・・・すっごいいいよ、友香ちゃん、そのままそのまま。」
 野田は上機嫌になってシャッターを切り続けた。脱いだパンティーを足に絡ませ、必死に体を庇う女・・・ホワイトボード越しとは言え、十分に男の欲望をそそるシチュエーションだ。片腕は胸を隠すのに使っているため、下半身は秘部を覆うのがやっとの筈だ。後ろから見れば尻は丸出しなのだから、さぞかし心もとないに違いない。プライドの高い友香はどんな気持ちでカメラを見て笑っているのだろう・・・そう思うと、余計に嗜虐心が高まる。
 「よし、じゃあ今度は、両腕を頭の後ろに廻して!」

  友香は恨めしげな表情を浮かべながらも、野田の指示に従った。もはや、恥ずかしい部分も手で隠すことを許されず、ホワイトボードだけが友香の体を隠している・・・ボードの向こうでは、友香は全裸ポーズなのだ・・・ヌード撮影に慣れている野田とアシスタント達だが、喉がカラカラに渇くのを感じていた。

  「どう、友香ちゃん? すっぽんぽんになった顔を撮られる気分は?」
 「私の自慢の体を見てって感じ? 何ならボードを外そうか?」
 食い入るようにその光景を見つめる男達の反応が面白くない真紀と早智子は、わざと意地悪な言葉を友香にぶつけた。

  「・・・や、やめて・・・許して下さい・・・」
 友香は必死に懇願した。そんなことをされたら、もう生きていけない・・・
「他のことなら何でもしますから・・・・」
 学生時代の友香を知っている者には信じられない言葉だった。

  「あ、そう。じゃあ、そろそろそのショーツ、脱いじゃってくれる?」
 早智子はつまらなそうに言った。
 「あ、そうだ。両腕はそのまま、頭の後ろで組んだまま、脱いでみて。」

  友香は男女の好奇の視線を一身に浴びながら、パンティを脱がなくてはいけなかった。友香が両足を閉じると、はらり、とパンティを床に落とした。ついに身を隠すものが完全に無くなり、友香は恥ずかしさに体の隅々までが燃えるようにかっと熱くなるのを感じていた。

  「はい、それじゃそのパンティを渡して。」
 早智子がホワイトボードの上に手を出した。男達が厭らしい期待の眼でホワイトボードの下に注目する。


  ホワイトボード一枚を隔てて、友香はついに完全な全裸になってしまった。何とか恥毛も乳房も見られることなくパンティを取ることができたが、今度は真紀の指示で、両手を頭の後ろに組まされていた。
 「も、もう・・・許して下さい。」
 身も世も無い羞恥に、友香はプライドを捨てて真紀に懇願した。

  しかし、真紀は友香のその姿を楽しそうに眺めながら言った。
 「あら、会社で素っ裸になるなんて、なかなかできない経験だから、いいじゃない。もっと撮ってもらいなさいよ。」
 (先輩に逆らったら、どうなるか、思い知らせてあげなくちゃね。)真紀は早智子にウインクを送った。

  「あ、そうだ。友香ちゃんってさ、高校時代にバレエやってたのよねぇ? ちょっとそこでさ、『Y字バランス』っていうの、やってみてよ。」
 真紀にウインクを返した早智子は、悪戯っぽい思いつきに眼を輝かせて言った。

  「・・・なっ、な、何をっ・・・」
 早智子の言葉に、友香は思わず絶句した。それは、全裸のままでで片足を大きく開いて持ち上げろ、と言っているのと同じだ。いくら何でもひどすぎる、だけどここで断ったら・・・ホワイトボードを外される恐怖に、友香の歯はカチカチと鳴っていた。

  一方、野田達は大喜びだ。あの、社員全員の高嶺の花だった松本友香の恥辱ポーズを間近で見られるのだ。こうなったら、段取りは違うがホワイトボードも取ってしまおうか・・・男達は、あまりの刺激に我を忘れそうになっていた。その、ぎらぎらした眼を見て、友香は直感的に身の危険を感じた。


  しかしその時、思いがけないことが起きた。
 「失礼しまーす。」
という声と共に、いきなり撮影室の扉が開いたのだ。若いOL二人が飛び込んで来て辺りを見回し、ばつが悪そうな顔になった。
 「あ、あれ、友香ちゃん、何してるの?」
ホワイトボード越しではあるが、肩と太もも以下が露出した友香の姿に、二人とも眼を丸くした。

  「あ、洋子、昌子。あ、あのね、ちょっと、新しい制服の撮影をしていたの・・・」
こっちへ歩いてきそうな同期の二人に向かって友香は慌てて声を掛けた。(い、いやっ、どうしてここに来たの・・・)友香はパニックになりそうな頭を必死に回転させた。
 「い、今着替え中だから・・・どうしたの?」
 (お、お願い、来ないで!)かっちりしたスーツ姿の秘書課の二人を前にして、友香は必死に祈った。自分だけ全裸、というのはあまりにも惨めだった。

出典:これぞ本物
リンク:俺の最高コレクション
  投票  (・∀・):9  (・A・):10  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39863/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用