時間差攻撃 (笑える体験談) 19329回

2014/10/28 03:40┃登録者:誠司と金┃作者:名無しの作者
今日の昼、嫁が大切にしていたアルバムを娘(高2)と見ていたら 
アルバムの写真の裏にびっしりとメッセージが書かれているのを発見した。 
すべての写真の裏に、その時の思い出が書かれていた。 
「ママ、反則だよwwwコレww」 
と、今は落ち着いたが中学生の頃は俺を汚いもののように接していた娘が泣き笑って 
俺に一枚の写真を差し出した。 
娘が生まれた時の写真で、俺宛だった。 

「俺君へ。 
これを見る頃はたぶん娘ちゃんが中学に入学した頃かな。 
まあ、たぶん、私はそれまで生きれないと思います。 
女の子の中学生活をなめてはいけません。 
そろそろ蛇蝎のごとく嫌われているんじゃない? 
そんな時はこの写真。 
これをみて心を落ち着けるのです。 

可愛いでしょう。このとき、俺君号泣してたよね。 
私がいないのが苦しいですけれど、 
俺君しか娘ちゃんの親はいないのです。 
お願い。心を離さないで上げて。 
俺君は当たり前だと思うかもしれないけれど、 
お願いしかできない私のお願いを聞いてください。 
あの子をよろしく頼みます」 
俺号泣。もう二度と泣かないと思ったけれど号泣。 
娘も号泣した。 
「遅いしwww私たち見るの遅いしwwwひくひく」 
娘は号泣したまま笑っていた。 
「パパ、これ中学時代に見たかったねwww」 
なんだかスッキリした笑顔で娘に言われてまた号泣。 
5年経っても俺にはまだ昨日のことみたいなんだけどな。 
久しぶりに嫁さんの声を思い出したので記念カキコ。

出典:2ちゃんねる
リンク:2ちゃんねる
  投票  (・∀・):155  (・A・):23  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39870/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用