昔付き合ってたセーラー服が変態だった。続々編 (M男な体験談) 17703回

2014/12/01 12:04┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ご無沙汰してます。ぺJKです。先月の約束の通り、先週飲みに行ってきましたが、 
お友達の筧美和子そっくりさんが居てびっくりしました。8月に犯された時に写メを見て、テレビに出てる筧美和子が気になってしょうがなくなったので、 
声が出ないくらいマジでびっくりしました。超似てる。白いニットがはち切れんばかり。口は歪んでない。 
「エロいこと考えるんじゃないよ。大人なのに」
元カノうUの開口一番です。 
美和子さんは某外資系製薬のMRでスイスにいるそうでスイス。日本支社で研修だから1ヶ月くらいいるそうで、 
元カノとはドイツで知り合ったそうです。歳は29歳。元カノを超える爆乳。なんとなく俺はこの出会いでおっぱい運を使い果たした気がする。

美和子はsちゃんとします。
金曜の夜、飲み屋で自己紹介して性癖を告白させられて恥ずかしい想いをしました。また、sちゃんはUに教わってドイツでペニバンを覚えたそうです。女ってセックスの内容を簡単に共有するんだね。これ今日は3pだなと期待に股間を膨らませておりました。
しばらく飲んだあとなんの抵抗もなくこないだ見たくタクシーでUのマンションへ。タクシーにはsちゃんも乗る。これは間違いなく3pだ。やった。人生初の3pィィィィ!!!
家に着くとなんか高そうなワインを出して3人で飲みながら他愛ない話をする。どこでスイッチ入るんかな、とタイミングを伺ってると、sちゃんが唐突に切り出す。
「ところでねえUちゃん、ホントに見せてくれるの?」
「あー、じゃあ始めちゃおうか」
「は?」
「先輩君、sちゃんがね他の人のセックス見てみたいんだって」
「え?マジで?」
一応驚いたふりしたけど、これはsちゃんも気分次第では…とドキドキしてた。
「先輩さん、Uちゃんから聞いてなかったの?」
「え、うん。見るって、その、ペニバン使ってってこと?」
「うん。そういう事になります」
ちょっと恥ずかしそうに言うsちゃん。最初は見てるだけか。つーか人に見られながらも初めてなんですけどね。
「じゃあ、一緒にシャワーしよ先輩君。めんどいから」
言いながら服を脱ぎ捨ててくU。この子はホントに脱ぐことに抵抗がないって言うか、恥じらいがないって言うか。
「なあに?脱がせて欲しいの?」
考え事しながらボーッと突っ立てると素っ裸になったUが俺のジーンズに手を掛ける。
「いや、自分で脱ぐよ」
申し出を断って自分で脱ぎ始めるとUはおっぱいをふるわせながら先に洗面所へ消えた。脱いでるとこをまじまじと見るsちゃん。
「ちょっと恥ずかしな」
「ですよね、私も恥ずかしいです」
ニコニコ笑いながら言うsちゃんは超かわいい。
「なんで見たいの?他の人のって…」
「いや、なんだろ。純粋に興味本意ですかね。どんな風にするのかなって」
「へー。じゃ行ってきます」
「行ってらっしゃーい」
ちゃんとした理由も聞けずに逃げるように風呂場に行く俺と手をヒラヒラさせて見送るsちゃん。超かわいい。惚れた。
「何話したの?」
「いや、特に。なんで見たいのかなって」
Uはもう泡だらけで体をゴシゴシ洗ってた。ボディソープを手につけて俺の体にも塗ってくれる。
「かわいいでしょ。先輩君の好みだよね。色白お目々大きくて巨乳」
「ご存知で」
「はい後ろ向いて」
背中を向けるとすぐにアナルに指を這わせてくる。
「はうっ」
「こないだからお店行った?」
「え?ああ、3、4回?うぐぅあ!」
「浮気者。脚開いて」
俺に股を開かせて立たせ、いきなり指をぐっと入れて前立腺を擦るように指で押してくる。別に怒ってる風ではないが多少の抗議の意味を込めている気がする。
「はうぁぁ、いきなりきつい、よ」
前立腺を擦る度腰が大きくビクッと跳ねる。空いている左手ですでに勃起してるちんこをタマタマの根本ごとぐっと後ろ側へ反らす。
「いあっ!」
「もうこんな固くして。sちゃんとこういうことできると思ったんでしょう」
ちんこを反らした状態で勢いよく扱く。前立腺の押しが激しく、すぐに射精しそうだった。風俗でもやってもらったことあるが、アナルに指を入れられた状態でちんこを後ろに反らされるとドライしやすい。そんな状態だった。
「ごめん、イキそう」
「え!?もう?どしたの?」
「いやそのちんこ後ろ反らしが最近やばくて」
「あー、そうなんだ。これ確かに効くよね」
「あ、ちょ、やめっ、んあ!」
Uは納得しながら前立腺を擦る指を鉤状にして高速で擦る。
「うぐぅあぁぁ!あっあっあっ!」
「イキそうなら言ってね」
「あっ!やばいやばい!」
前立腺責めと合わせて反らしたちんこをモーモー手コキで搾り取るように扱く。我慢できない。射精はすぐそこだ。
「あっ!イク、ダメ!イク!」
「はい待った〜」
「いあっ!あう!あん!あっ!」
俺の申告に合わせてちんこを握る手を離し猛然とアナルの指をグッグッと押し込むといつものように射精が始まる、はずだったがちんことアナルはビクンビクンと脈うって射精の快感が続いているのに精子が出てない。
「あっ、あはぁ、はあっ、はあっ」
「あれ?出ないね。でもイっちゃった?」
「あ、はあ〜…。うん」
全身のダルさがすごい。射精したはずなのにしてない。これドライだ。風俗でこないだやっとできたやつだ。
「ドライじゃない?これ。初めて?」
「え、ああ、多分…」
とりあえず嘘ついた。その方が喜ぶし。
「すご〜い。てかお風呂入ってまだ5分だよ?今日大丈夫?」
Uは感心しながらちんこをゆるゆる扱く。
「だ、大丈夫、まだイケる」
「じゃあ洗って出よ。sちゃん待ってるよ」
「はひ」
sちゃんにもこういうことしてもらえるかもしれないからか、興奮がやばい。心臓バクバクいってちんこもビンビンだった。でもこんなすぐにイク、しかもドライでなんて、今日はいい日だ。と思ってた。
シャワーで泡を流して先に風呂場を出ると、洗面所にsちゃんが体育座りしてた。
「おわっ!ビビった〜!」
「…向こうまで聞こえたんです。いちゃいちゃしてたの」
「…マジ?」
反射的にちんこを隠す俺。ビンビンだし。タオルをとって拭きながらまた隠す。
「あれ?sちゃん、ここにいたの?聞いてた?」
拭いてる後ろからUが出てきて俺のタオルをひったくるように取る。
「あ」
ビヨーンと反り返った粗チンがsちゃんの目の前に露わになる。
「あっ、おっきくなってる…。そうですよね、イったんだから」
しれっと恥じらうでもなくやや睨みで俺を見上げるsちゃん。
「ね、小さいでしょ?」
拭きながらUがケラケラと言う。sちゃんは続けて
「大きくは、ないかな」
がっくり。でも初めて会ったしかも超好みの子にちんこを見られてビンビンは収まらない。
「あ、でも硬そう」
あんま褒めてない。全否定よりはいいか。
「sちゃん、聞いてたの?エロいね」
Uは体を拭き終わって、タオルを籠に置くとスタスタとリビングに向かう。sちゃんも立ち上がってUの後を行く。ジーンズピタピタ、ケツが大きい。触ろうかと思ったけど、拒否られたら今後が微妙なのでやめた。
「だって、聞こえちゃったし。しかも、ねえ?」
「え?」
振り向いて思わせぶりな笑みを浮かべる。ああ神様、sちゃんに食べられたいです。
「そうなんだ、見てる前でできるかなドライ」
Uは言いながらリビングを横切って引き戸を開けて寝室へ進む。俺リビングで超手持ち無沙汰。sちゃんも同じ。顔を見合わせて笑う。好きだ。
「寒!暖房付けなきゃ。ちょっと待ってて」
寝室はリビングと区切られてたので寒かったようで、エアコンをつける音がする。引き戸から覗くUはベッドに座ってガサゴソなんかしてるが引き戸でちょうど見えない。
1、2分するとUが呼ぶ。
「こっちおいで〜」
先に引き戸を更に開けて寝室へ入るとベッドにはパンストじゃない黒のストッキングを履いたUがこないだのシェアのペニバンをハーネスと一緒に装備して座ってた。横にはローションのボトル。
「さ、サービス良くね?」
「何が?」
「ストッキング…」
「ああ足寒いの」
「なーんだ」
ストッキングペニバンは超エロい。
「じゃあ、先輩君あたしの顔に跨って」
「え?あ、はい」
言われるままにベッドに上がり、寝そべってるUの顔を跨いで四つん這いになる。目の前にはUのペニバン。
「しゃぶって」
「はい…」
拒否できないトーンで俺にペニバンフェラをさせる。言われるままにペニバンを咥え、顔を上下させてフェラを始める俺。69状態。
Uはおそらく眼前にあるちんこを触らずに、グッと尻を開いてローションで慣らした指を入れてきた。
「んふぅ!」
Uは無言でグチュグチュ俺のアナルを掻き回し更に解す。俺はペニバンを咥えているので前立腺を擦られる度に情けない呻きを漏らす。
「はぁ、凄い…」
sちゃんはベッドの下に座ったままため息を漏らしてた。ペニバンをしゃぶる俺と目が合うが、全然目を外そうとしない。俺は堪らなくなって目を伏せる。
「恥ずかしいですか?見られるの」
「んっ、んん〜」
しゃぶったまま返事する。sちゃんはにっこり笑う。恥ずかしい。でも凄くアナルに響く興奮。Uはお構いなしに前立腺を押す。併せてちんこを後ろに反らして緩やかに扱く。
「sちゃん、ちんぽを後ろに反らすと感じるんだって」
「へぇ〜凄い反ってる。痛くないの」
「んん〜、いふぁくなひ」
「へぇ〜、凄〜い」
sちゃんは座りながら横移動しておれの尻が見えるとこに座り感心したように声を上げる。
「さっきはこれでドライしたんだけど、どう?」
Uは聞きながら前立腺の押しとちんこ扱きを交互にやってくる。前立腺がキュウキュウ苦しくなって、少しの刺激でちんこからなんか出そうな感じがずっと続く。
「ひもちいい」
「じゃあちょっと強くするよ」
「あああ!!!うあぁぁっ!」
指を出し入れするスピードを上げて、ちんこを強く握っただけで、もうイキそうだった。ペニバンを咥えていられず叫んでしまう。
「あ、ダメ、イク、イク!」
「いいよ、見せて、見せて」
「ああああッ!!」
強めに3扱きくらいして、手を離され前立腺をギュッギュッと押されると、叫ばずにはいられず、同時に体を跳ねさせるように俺はイッた。
「あ、あっ、あうッ!んあ、あん!」
「あ、出ちゃった」
アナル全体の凄まじい快感とちんこの射精感で目の前が真っ白になった。ちんこがビクン、ビクンとゆっくり跳ねて、寝そべってるUのおっぱいから首にかけて精子をドロドロっとこぼしながら、体の震えが止まらない。
「あ、んは〜、出ちゃった?」
俺は大きく息を吐きながらUに確認する。
「うん、出ちゃった。トコロテンだね」
「いや、でもドライっぽいイキ方だったけど…」
俺は射精したかどうかもわからないくらいの快感だった。
「凄〜い!!トコロテン初めて見た!!」
sちゃんは興奮したようにパチパチと手を叩く。
「ドライっぽかったんだ。たまにいるよね、ドライしながら精子漏れちゃう人」
Uは至って冷静に言い放つ。経験アリですか。
「どう?まだイケる?」
Uは聞きながら覆い被さる四つん這いの俺から体を引いて上体を起こしながら聞いてきた。俺は肩で息をしながら、ちんこの感触で、
「うん、まだイケる」
と答えた。扱ききってないのでまだ射精はできる。
「じゃあこのまま行くよ」
俺を四つん這いにさせたままUはおっぱいに付いたおれの精子を拭くこともなく、バックからペニバンを挿入してくる。もはや抵抗なく受け入れる俺のアナル。
「いはぁぁ…」
「凄〜い!大きいの全部入るんだね。てかUちゃん、精子おっぱいにつけっぱだし。エロ〜い」
おそらく根元まで咥えこんだ状態の挿入を見て何度も凄いを連発するsちゃん。sちゃんから見てもUのシェアってペニバンはでかいんだろう。
Uは何も言わずに俺の腰を両手で掴み、ピストンを開始する。パンパンパンパン…と小気味いい破裂音と情けない俺の喘ぎが寝室に響く。
「あっあっあッあッ!」
Uの執拗な前立腺責めに慣らされてペニバンのストロークはスムーズだ。大きなペニバンのカリが腸壁を擦り、凄い気持ちいい。
Uは自分のマソコにもディルド入ってるにも関わらず、喘ぎ声ひとつ出さず無言で俺を犯し続け、俺は一定のストロークを保たれたまま、情けなくちんこをふるふる揺らしながら、シーツを掴んで呻きを漏らす。
ひとしきり責められている横ではsちゃんがニコニコ顔で俺の表情をつぶさに観察する。恥ずかしくて目が合わせられない。
「これペニバンだけでイッたりできるの?」
「さすがに、できないよね?あたし先輩君にはやったことない」
俺を犯しながらやりとりをするsちゃんとU。出入りするペニバンのストロークに耐えながら、他人事のように聞いてた。
「ねえ、答えて、あげて!」
「あ、ごめん、でき、ないよ、ンっ!」
突かれながら答える。もしかしたらsちゃんのマソコで絞ってもらえるんじゃ…。
思惑は外れ、Uがピストンしながら俺のちんこを握ってくる。
「寸止め疑似トコロテンはこないだやったよね」
「んんあぁぁ!!はいい、やった、やった」
「なあに、それ?」
「イく寸前でちんぽ扱くのやめて、アナル突きまくって精子だけ出させるの」
「そんなことできるんだぁ。凄いね」
sちゃんは感心したように頷いてた。
「ねえUちゃんはこのダブルのペニバン、気持ちいいの?」
「うん、いいよ。クリ擦れるし、前の方がかき回されてる感じ」
「へぇ〜。でも先輩さんの方が感じてるね」
この一言が堪らない。同じ条件で俺の方が感じて喘いでるって敗北感から得られる大きな興奮と快感が双頭ペニバンの醍醐味ですね。
その何気ないsちゃんの一言で、不覚にもイキそうになってしまった。
「ふっ、U、ねえ、もう、出そう!ああっ!」
「じゃあ、そろそろイかせてあげるよ」
「え、ああ、ちょっと、待って!」
シュッシュッシュとパンパン腰を打ちつけながら器用にちんこを扱くU。ちんこの先までペニバンで精子を押されてる感覚だったので、もう射精しそうだった。
「え、まだイキたくないの?」
「え!?いや、sちゃんにしごいて欲しいかなって…」
イキそうになりつい本音が出てしまった。Uが怒りそう。
「ふーん。犯されながらそんなこと考えてたのね」
「あ、ちょっと、待っあッアッ!!」
ズン、ズンと深いピストンで奥を突かれた。痛いくらいの鋭い前立腺の快感で声が出ない。
「うーん、ちょっと…」
「だよ、ね!」
「うあぁぁっ!」
ズンズンは続く。俺は顔をシーツに突っ伏して耐える。がっかりしながら。
「あ、でも抱っこならしてあげます」
「は?」
唐突な申し出に声が抜けるU。突然sちゃんはニットとジーンズを脱いで白のブラとパンティだけになり、ベッドに上がってきた。
さすがのUもピストンを止める。
「なにしてんの?」
「抱っこです。ほらおいで先輩さん」
凄い爆乳だ。ブラからこぼれそうな白いおっぱいが目の前に迫る。お腹と二の腕は結構引き締まって、逆アナル中ってこんな状態じゃなきゃため息が漏れそうなくらい。
sちゃんは四つん這いの俺の下によいしょっと言いながら体を滑り込ますと俺の背中と頭に腕を回し、体を抱き寄せる。
「はい、このままイッください」
「んふ!もわ!」
「…じゃイカせるわ」
顔をブラ越しとは言え爆乳に押し付けられて言葉にできない幸福感に包まれたが、Uは後ろから容赦ないピストンと手コキを再開する。疑似サンドイッチだが興奮の破壊力は抜群で、1分もしないうちに射精感がこみ上げる。
しかも柔らかい爆乳に正面から拘束されて、アナルとちんこの同時責めに、俺はsちゃんのおっぱいにしがみ付くようにして快感に耐えた。
「ンっ、んん〜、ンぁぁ!」
「イキそうなんですね?いいですよ、私にかけてください」
「んんんんんゥゥ〜!」
Uのピストンがパチュんパチュん、と激しさを増したところで、俺は射精した。Uに後ろから搾り取られるように扱かれて大量の精子がsちゃんのパンティから太もも辺りに飛び散る。
「んんあぁぁ!!んんゥゥ!」
sちゃんは射精で跳ねる俺の体を更に強く抱いてくれて、射精後も頭を撫で撫でしてくれて、この上ない幸福感の中で、Uがイッたばかりの亀頭を両手でツルツル扱き始める。
「んんあぁぁ!!んんあぁぁ!!やめて、やめれェェェ!!」
「押さえててね」
「俺、潮、吹けないィィィィ!」
ぐちゅぐぎゅぐちゅぐちゅぐちゅ…とちんこをこね回す。刺すような感覚とくすぐったさで体がビクンビクン跳ねるが、sちゃんは離してくれない。
俺も力が入らないので、身をよじって亀頭責めから逃れようとするが、sちゃんの力強い拘束に為す術なく叫びながら責めを受けたが、やはり吹かないものは吹かない。
ひとしきりやって諦めたUは
「ホントに吹かないね。ごめんね無理して」
俺のアナルからゆーっくりペニバンを抜いて俺から離れる。
力が抜けた俺は全身で息をするようにsちゃんにしがみついてしな垂れる。
「大丈夫?」
sちゃんが心配そうに俺の顔を伺う。俺は無言で頷くとまた髪を撫でてくれる。完全に惚れた。
「どうだった?」
Uがsちゃんと俺のどっちに聞いたかわからなかったが、
「凄い良かった」
って感想を述べた。続けてsちゃんは
「凄い。こんなに何度もイくんだねアナルって」
と興奮を抑えるように言う。
「私もやってみよっと」
多分俺じゃなくて彼氏にですかね。残念です。
「つか、ラブラブしすぎでしょ君達」
Uは呆れたように言うと、sちゃんは
「なんか可愛くなっちゃって」
と恥ずかしそうに言いながら俺を起こして、俺から離れた。ずっと一晩中抱いてて欲しかったくらい柔らかいしいい匂い。
34のオッサンを可愛いと言ってくれるのも嬉しいが、本人は至って恥ずかしいのです。
「わ、そういう形だったんだね」
sちゃんは自分からシェアを引っこ抜くUを見て驚いて言った。
「あれ初めてだっけ見るの?」
「うん、tumblrでは見たことあるけど」
「買ってみたら?いいよこれ」
海外のtumblrでいっぱいペニバン見られるそうですそういうコミュニティー。そういうの見てるんだsちゃん。エロい子だ。

しかしギュッと体を密着させて抱かれながらアナルを犯されて射精、なんて凄まじい幸福感だった。また体験したいがチャンス少ないな。
覆いかぶされて密着状態で犯されることはできても手コキ無しではイケない。ドライもペニバンじゃ無理。ペニバンドライができるまで修行すべしということか。

その後俺はソファで、Uとsちゃんはシーツを変えたベッドで寝て翌朝sちゃんはメアドを教えてくれて先に(6時くらい)に帰った。
俺も土曜の仕事だったので、8時には出たかったが、
「sちゃん好きになっちゃだめだからね。既婚者のくせに」
とUが絡んできて帰してくれなかった。エネマグラ騎乗位乳首舐めゴム射精、風呂場ではU主導立ちバックから口内射精(ペニバンは無し)とまたまた搾られた。
ただ、その夜は俺を抱きすくめるsちゃんに嫉妬して、俺を犯しながら嫉妬でイッたそうです。ヤキモチなんて珍しい。
俺は慌ただしく支度をしてU宅をあとにするが、ふらふらで会社に10時に着いて上司に怒られる散々な土曜日になりました。
sちゃんとはメールしてますが、まだまだ会えるような雰囲気ではありません。Uとも2週間はメールなしです。
目指せ3p!!です。ありがとうございます。

出典:ペニバン3
リンク:http://iand2ch.net/test/read.cgi/sm/1409646359/
  投票  (・∀・):15  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40081/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用