恐ろしい「在日コリアン弁護士協会」 (エロくない体験談) 8533回

2015/01/09 20:18┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
移民国ではない日本に住みながら、共産党支那やグローバリストと
手を組み、日本人の主要組織に入り込んでことごとく支配している
在日コリアン そして帰化コリアン。

 「在日コリアン弁護士協会」
その設立の目的は「在日コリアンにおける「法の支配」の実現」
 (以下、「在日コリアン弁護士協会」のHPより

日本国家は、在日コリアンが19世紀後半から20世紀前半にわたる日本の朝
 鮮半島に対する侵略と併合により日本における生活を余儀なくされた存在
であるにもかかわらず、戦後もその責任を全うせず、むしろ一貫して、在
 日コリアンが固有の民族として矜持をもって日本社会で生きていくことを
否定し、日本社会に同化させるかさもなくば排除するという政策を堅持し
 てきた。

このような同化・排除政策は、基本的には現在も踏襲されており、在日コ
 リアンの尊厳は尊重されず、その多くは日本の政治過程から排除されたま
 まである。かかる状況を放置する日本の政府、国会、裁判所の三権の責任
は厳しく問われるべきである。

 在日コリアンは、戦後、厳しい生活状況のなかにありながらも、一世の想
 像を絶する努力と多くの日本人による支援を受けて、今日までその民族性
を死守せんと闘ってきた。われわれはこのような多くの先人の軌跡を忘れ
 てはならない。

われわれ在日コリアン法律家は、このような歴史とその間の先人の努力の
産物である。法律家が、個人の尊厳保持と個人の政治過程への参加を内容
とする「法の支配」を擁護し、その実現を追求する役割を担う者であれ
 ば、日本における「法の支配」から排除された在日コリアンが、それ自身
の中から法律家を生み出すことは必然であったといわざるをえない。

 在日コリアンにおける「法の支配」の実現

 在日コリアン法律家協会を設立する第1の目的は、このように在日コリア
 ン及びその社会が必然的に生み出した在日コリアン法律家が結集し、在日
コリアンにおける法の支配」を実現することにある。

 具体的に言えば、在日コリアンヘの差別撤廃、その権利擁護、民族性の回
 復(民族教育の保障等)及び政治的意思決定過程に参画する権利(参政
 権・公務就任権)の確保などである。

こうして日本は内部から蝕まれていっています。
 在特会の京都での裁判の高額の慰謝料支払い判決もこれらの在日弁護士たちの暗躍の結果です。日本人が日本に住みづらくなってきてます。
 国会にもたくさん在日議員がいますし。
 裁判所も創価学会員と在日に支配されてしまいます。

http://www.lazak.jp/lazak/purpose.html

出典:↓在日チョンってだいたいこんな感じ
リンク:http://www.lazak.jp/lazak/purpose.html
  投票  (・∀・):66  (・A・):41  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40252/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用