人妻 香苗 7 (寝取られ体験談) 19305回

2015/01/27 19:56┃登録者:えっちな名無しさん◆JxsUn3ao┃作者:名無しの作者
53


ギシギシギシッ……!!


中嶋の激しい腰使いで、ソファが軋む。

股を大きく広げた香苗は、中嶋の大きな身体に押し潰されるように責められていた。

グチュグチュという卑猥な音が部屋に響く。

極太の男根による激しい出し入れは、香苗のヴァギナから大量に分泌される濃厚な粘液のお陰で潤滑に動いている。

中嶋が腰を引いた時に見える、陰茎に付着した白く泡立った愛液は、香苗の身体が中嶋とのSEXで性的快感を深く感じている事の証だ。


香苗 「ハァ……はああ……ん……ァハァ……」


中嶋 「奥さん、気持ちイイでしょ?マ○コも凄く馴染んできましたし。どうやら俺達、身体の相性良いみたいですね。」


一度腰を止めた中嶋は香苗の耳元でそう囁いた。

今ではすっかり抵抗が弱まってしまった香苗。裸で繋がった2人の密着度は増し、お互いの体温が相乗的に上がる。
じっとりと掻いた2人の汗が、密着した肌の間で混ざり合う。


香苗 「ハァ……ハァ……」


中嶋 「奥さん、キスしましょうか。」


そう言って、返事を待たずに中嶋は香苗の半開きになった唇を奪い、口内に舌を入れた。


香苗 「ン……ン…チュパ…ハ……んん……」


自分の唾液と香苗の唾液を、香苗の口内で混ぜ合わせるかのようにウネウネと舌を動かす中嶋。

そしてその濃厚なキスを続けながら、中嶋は再び腰を動かし始めた。

今度は腰を前後だけではなく、ゆっくり円を描くように動かしたり、小刻みに動かして香苗の感じるポイントを責め立てたりする。


香苗 「んん〜……!ンッンッンッ……!っはあ!そこ…ダメ…あっあっあっ!」


堪らず顔を横に振り、口を離して喘ぐ香苗。


中嶋 「やっぱりここ突かれるの好きみたいですね。ほら、奥さんも舌絡めてきてくださいよ、積極的になればもっと気持ち良くなれますよ。」


香苗 「あっあっ……ンッンッンッンッ……!!」


アソコがトロトロに溶けそうなくらいに熱い。

下からから突き上げてくる快感と、口内を舌に犯される感覚が交じり合う。

頭の中は快感で真っ白になりそうだが、不思議と中嶋の言葉だけはスーっと入ってきてしまう。

中嶋に言われると、なぜだかその通りに舌を自分から絡ませたい衝動に駆られる。


チュパ……ジュルル……ニチャ……チュパ……


中嶋 「ハァ…奥さん……」


香苗の肩を包みこむように抱きしめた中嶋は、口を大きく開け、さらに深いディープキスへと変えていく。

そしてそれに応えるかのように、ずっと受身だった香苗の舌がついに自ら動き始める。


香苗 「ン……ンフ……チュパ……ハァン……ン……」


何も考えられなかった。ただ、頭の中に残ったのは、爐發辰筏せちよくなりたい瓩箸いλ槐重な願望だけだった。

最後に体格の良い中嶋の身体に強く抱き締められた瞬間、他の何もかもが消えてしまったのだ。

自分が今、友人の恋人に抱かれているという事も。

自分が今、夫の祐二を裏切って浮気しているという事も。

香苗の舌は、初めこそ遠慮気味に動いていたが、徐々に大胆にネットリと動き始める。


香苗 「ンッンッン…はああ…ん…あっあっン…アンッ!」


香苗の腕が、自然と中嶋の背中へと回る。


中嶋 「ハァハァ……奥さんやっと素直になってきましたね。その方が気持ちイイでしょう。」


香苗 「あっあっあっ…きもち……アアッ……あっ……アアアッハァァ…アッアッ……!!」


そしてあの絶頂の波が再び襲い掛かってくる事を全身で予感する香苗。

アソコの感じるポイントを、中島の硬いモノに擦り上げられる度にそれは近づいてくる。

香苗は大きな波を前にして、必死に中嶋の身体にしがみ付いた。


中嶋 「ハァ、イキそうなんですか奥さん。イく時は教えてくださいよ。」


香苗 「あっあっあっ…ああっ…ダメ……きちゃう……はああ…」


中嶋 「奥さん!俺の目を見てください。」


香苗 「えっ……あっあっンッンッンッ……ハァハァ……」


中嶋の腕の中で薄っすら目を開く香苗。

目の前には自分を見つめてくる中嶋の顔が。

欲望をむき出しにしてギラギラと光る目がそこにあった。

そして、中嶋と目を合わせた瞬間、香苗はようやく実感したのだ。
自分は中嶋とSEXをしているのだと。

自分は、この欲望に喰われているのだと。


香苗 「ハァハァ……中嶋……あっ…ンッンッンッハァァ……」


中嶋 「俺の目を見ながらイってください。分かりましたか?」


そう言って中嶋は、香苗を絶頂に導くために腰の動きにラストスパートをかける。


香苗 「ハァァ中嶋さん…あっあっ…アアアッ!ンッンッアッアッーーー!!!」


まるで釘付けになったかのように中嶋の目から視線を外せない。

中嶋に見られているという事が、なぜだか快感に変わっていくような感覚だった。

そしてその感覚が、香苗を一気に絶頂の頂へと導く。


香苗 「アッアッ…もうダメッ!イッちゃ!ああ……」


中嶋 「ハァハァ……」


香苗 「ハァァいくぅ……イッ………ンアアアアッ!!!」



54


香苗の膣壁が中嶋の男根を強く締め付ける。

ギュウっと締め付けては緩まり、また直ぐにギュウっと強く締め付けてくる。絶頂によって膣がビクンビクンと痙攣しているのだ。


中嶋 「あ〜締まるなぁ……奥さん、良いイキっぷりですねぇ。」


香苗 「ァ……ハァ……ん……ハァ…ハァ……」


香苗はまだ絶頂の余韻で呼吸が乱れ、言葉も出ない様子だった。

男性のペニスによって絶頂に導かれたのは、香苗にとってはこれが初めて。

その快感は先程手でイかされた時よりも、今回の絶頂は数倍深いように感じた。

腰の中心からから脳へと突き抜けるような絶頂のあと、全身に広がった甘い快感。

堪らなかった。SEXがこんなにも気持ち良いものだったなんて。

いや、気持ち良いだけじゃない。

絶頂を迎えた時のあの、何か満たされていく感じ。

女としての悦び……。

そう、今香苗は、女として生まれてきて良かったと全身で感じている。

それは祐二と共に生きてきて感じる女としての幸せとは別の物であり、今までの祐二との生活では決して味わう事のできなかった感覚であった。


中嶋 「フッ……そんなに良かったですか?気に入ってもらえたみたいですね、俺のこれが。」


香苗 「ハァ……ああっ!ダメッ……動いちゃ……ハァ……」


中嶋が少し腰を動かそうとすると、必死にそれを制止しようとする香苗。

どうやら絶頂の余韻が冷めていない香苗の膣は、非常に敏感になってしまっているようだ。


中嶋 「あ〜凄いですね、ちょっと動いただけでヒクヒクしてますよ。」


そう笑みを浮かべながら中嶋は、また少し腰を小刻みに動かしてみる。


香苗 「あっあっダメダメッ!ホントにダメェ!……ァ…ッハァ……」


中嶋 「敏感ですねぇ。」


香苗の感度を確かめるように、今度は手で肌をスーっと撫でる中嶋。


香苗 「ン……ハァァァァ……」


胸の膨らみからお腹の辺りを撫でられただけで、背中を反らせて反応を見せる香苗の身体。


中嶋 「良いですねぇ、好きですよ、こういう身体。」


中嶋はそう言って腰をゆっくりと動かし、香苗のヒクつく秘部から固いペニスを引き抜く。

まだ射精を迎えていないその男根は、引き抜いた瞬間にぺチンッ!と跳ね返るようにして上を向いた。

隆々と勃起している剛棒は、挿入前よりもさらに大きくなっているように思える。

自分の身体から引き抜かれたそれを見た香苗は、自分の目を疑ってしまう程に驚いていた。


……ハァ……こんなのが……入っていたの……


極太の陰茎部分にボコボコと浮き出た血管、巨大な亀頭。それらに少し泡立った愛液がベットリと付いていて、卑猥な光沢を放っている。


中嶋 「さて、続きはベッドの上でしましょうか。ソファじゃ色々と不便ですしね。」


香苗 「ハァ…ハァ…ぇ?……あっ……」


中嶋はさっと両腕で香苗の身体を支えると、その逞しい力で裸の香苗を軽々と持ち上げた。

所謂(いわゆる)お姫様抱っこというやつだ。


香苗 「えっ?嫌っ……降ろしてください……こんなの……恥ずかしい……」


中嶋 「ハハッ、俺達しか居ないんだから何も恥ずかしがる事ないですよ。俺がベッドまで連れて行ってあげます。」


恥ずかしがる香苗の反応を楽しむように笑いながら、中嶋は香苗達の寝室へと向かう。


香苗 「……イヤ……そんなの……」


中嶋 「ハハッ、まだ嫌だなんて言ってるんですか奥さんは。」


香苗が嫌がっているのは、恥ずかしいという事だけではない。

今中島が向かっているのが、祐二と香苗がいつも共に寝ているベッドであるからだ。

あの寝室、あのベッドは、祐二と香苗が愛を育んできた特別な場所。

そんな場所を、中嶋と今から使うなんて。


中嶋 「お〜結構広いですね、寝室は。恭子の部屋とは少し間取りが違うんですね。ベッドも高級そうだ。」


そう言ってゆっくりと香苗の身体をベッドの上に下ろす中嶋。


香苗 「…ん……はァ……ダメ…ここは……」


ふと、ベッドの横に置いてある、祐二と2人で笑顔で映っている写真が香苗の目に入る。


イヤ……イヤッ……こんなの絶対嫌っ……


ここは、祐二との思い出しかない場所。

ここだけは汚したくない。

まだ絶頂の熱が抜けてない身体でも、香苗の心の中ではそういった感情がハッキリと生まれていた。

香苗はもう中嶋とSEXをしてしまっているのであるから、これは単なる悪あがきなのかもしれない。

しかし悪あがきでも、香苗はここでのSEXを拒絶したかった。いや、しないといけないと思った。

写真の中の祐二の笑顔が、欲望に流される香苗を、一瞬現実世界の方へ振り向せたのだ。


中嶋 「さぁ奥さん、まだまだ夜は長いですからね。このベッドの上で沢山鳴いてもらいますよ。」


香苗 「い……嫌っ……来ないで……」


祐二の笑顔を見てから、目の前の全裸姿の中嶋を見ると、その現実感の無い落差に改めて愕然とする。

見慣れたベッドの上に中嶋が裸で腰を下ろしている。信じられない光景だ。


中嶋 「来ないで?訳分からん人だなぁ、さっきまで悦んでたくせに。」


香苗 「ハァ……お願い……ここは嫌なの……」


中嶋 「何を言っているんですか、ベッドはSEXするための場所でしょ。それに奥さんもまだ続きしたいでしょ?」


香苗 「……嫌……もう……やっぱり…ダメなんです…。」


ベッドの上で徐々に香苗の身体に近づいてくる中嶋。香苗はそれから逃げるようにして離れようとする。

しかし逃げる香苗の腰は背後から両手でガッチリと中嶋に掴まれてしまった。


香苗 「ああ……ダメ……」


それでもなお逃げようと抵抗する香苗に構わず、中嶋は自身の固くなった肉棒の先端を、香苗の濡れた秘部にニュルっと入れる。


香苗 「イヤ……止めて……お願い……ここは嫌……」


中嶋 「そんなに不安がらなくても大丈夫ですよ奥さん。今からSEXの事しか考えられない身体に調教してあげますから。」


中嶋はそう呟くと、腰を一気に前に突き出し、肉棒を香苗の奥まで挿入した。


香苗 「はあああッ!!」



55


逃れようとしても、中嶋の大きな手に腰を掴まれていて逃げられない。

ニュルっとスムーズに入ってしまった中嶋のペニス。
先程の絶頂からそれ程時間が経っていない香苗のヴァギナは、まだ充分に潤いを保っていたのだ。

後ろから中嶋に挿入された瞬間、香苗はお腹の奥から押し出されるように声を出した。

再度あの極太の剛棒によって広げられた香苗の膣。
しかしその圧迫感は先程までとは何かが違う。

入ってきた瞬間から、大きく膨らんだあの先端部分が、香苗の膣奥の特に感じるスポットに当たる感じがした。

どうやらソファの上で正常位で繋がった時には届きにくかった場所に、この後背位の体位だとそれがダイレクトに届いてしまうらしい。


香苗 「ぅ……ァァ……」


中嶋 「あ〜入っちゃいましたよ奥さん。まだヌルヌルじゃないですか。」


香苗の真っ白な尻を両手で鷲掴みにしている中嶋は、その中心にある2人の結合部分を満足そうに眺めていた。

極太の肉棒を咥え込んだヴァギナ、それにアナルまでもが丸見えである。

中嶋はこの後背位という体位を特に好んでいた。

女性にとって一番恥ずかしい場所を、目とペニスで楽しむ事のできるこの体位は、中嶋の支配欲を満たしてくれる。
そして中嶋にとって、女をバックから貫いた時が、爐海僚は俺のモノになった瓩罰凌する瞬間でもあるのだ。


香苗 「ン……ァハァ……イヤ……」


挿入しても依然抵抗し、中嶋から逃れようとする香苗。

しかしそんな事に構う事なく、中嶋は香苗の腰を手でガッチリと固定したまま、自身の腰を前後に動かし始める。

最初はゆっくりと、そして徐々にスピードを上げていく。


香苗 「ンハァ……あっあっあっああ駄目……アアッ!ンン…」


ヌッチャヌッチャと卑猥な音を立てながらのピストン。

中嶋が腰を前に突き出す度に、男根に膣奥の性感スポットをノックされる。

そしてそこを突かれる度に、小さな絶頂のような快感の波が、香苗の身体を電流のように突き抜けた。


中嶋 「奥さんいい声出しますね。バックで責められるの好きなんですか?」


香苗 「あっあっあっンンッハァ待って、イヤ…これ……ハァお願い……中嶋さん…アッアッ……!」


中嶋 「どうしたんですか?もっと激しくして欲しいんですか?いいですよ、ほら、沢山鳴いてください。」


香苗 「ンッンッ…えっ?ちが……あああっ!ダメェェッ!!アッアッアッアアア!!」


香苗の願いとは逆に、腰の動きを一気に激しくしていく中嶋。

パンパンパンパンッ!!と、肉と肉がぶつかる音と香苗の喘ぎ声が部屋に響く。

腰をぶつけられ、激しく波打つ香苗の白く柔らかな尻肉。

快感スポットを激しく、そして絶妙な力加減で突いてくる中嶋の責めは香苗にとってあまりにも強烈だった。


香苗 「あああ!……アッアッアッ…ダメダメ…あっあっあっ…イッ…イッちゃう!」


中嶋の腰がピストン運動を開始してからまだ数分しか経っていなかったが、香苗の身体は早くも絶頂を迎えようとしていた。


中嶋 「ハァ…ハァ…お?もうイくんですか?ハハッ、奥さんはここが相当に弱いんですね。いいですよイっても。ただ、今度は俺もイくまで止めませんからね、覚悟してくださいよ。」


中嶋はそう言うと、香苗の尻たぶを両手で左右にグッと広げ、肉棒をさらに深く挿入できるようにして激しく責め始める。


香苗 「はああそんな……ああ……奥まで……あッあッあッ……アアッ!イクッ…イクッ!アアアッ!!」」


後背位でのSEXにあられもない声を発し、あっけなく絶頂に達した香苗。

ビクビクビクと腰を中心に身体を痙攣させ絶頂に達した事を全身で表現する。


中嶋 「あ〜締まるなぁ、マ○コが。」


先程ソファの上で絶頂に導いた時と同じように、香苗ヴァギナが中嶋のペニスを締め付けた。

しかし中嶋はそれでも腰の動きを止めない。

絶頂に達して膣全体が性感スポットになってしまったかのように敏感になった香苗の秘壺を、中嶋は容赦なく責め立てる。


香苗 「ああッああッ!あっあっあっダメェ!止めて!止めてお願い!アッンッ!アッアッアアアッ!」


快感が大きすぎて苦痛になってきているのか、香苗は責めを止めるよう中嶋に必死に哀願した。

それだけ身体が快感に耐えられなくなっているのだろう。

まるで身体がバラバラになっていくような感覚に香苗は襲われていたのだ。


香苗 「ああ!…おかしくなっちゃう!おかしくなっちゃう!…アアッアアッ……」


中嶋 「いいですねぇ奥さん、そのまま壊れちゃっていいですよ。」


香苗 「イヤァそんなのぉ…あああッ!ホントに壊れちゃう…アッアッアッアアアッ!!」


あまりに過酷な責めに、悲鳴にも似た喘ぎ声を出し始めた香苗。

しかしそんな香苗の悲鳴を聞いているにも関わらず、中嶋の口元は薄っすらと笑みを浮かべていた。

まるで壊れていく香苗の姿を楽しむように眺めながら。




出典:官能小説
リンク:http://menmen1106.blog130.fc2.com/category16-10.html
  投票  (・∀・):15  (・A・):22  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40330/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用