請求額にもよるが、いよいよヌード披露か (露出の体験談) 17025回

2015/02/10 19:23┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
小保方氏の告訴検討=懲戒解雇相当、研究費返還請求も―STAP論文不正で理研

時事通信2015年2月10日(火)18:04
 

小保方氏は「懲戒解雇相当」
(時事通信)

 STAP細胞論文の不正問題で、理化学研究所は10日、関係者の処分を発表した。論文の主な著者の小保方晴子元研究員(31)は昨年12月に退職したため対象から外れたが、懲戒解雇相当との見解を示した。文部科学省で記者会見した理研の加賀屋悟広報室長は、小保方氏の告訴と研究費や検証実験の費用の返還請求を検討していることを明らかにした。 

 告訴や請求の具体的内容は今後1〜2カ月かけて検討する。STAP細胞関連の特許申請も論文共著者が所属する米ハーバード大と取り下げを協議しているという。 

 理研の調査委員会は昨年、小保方氏による実験画像などの捏造(ねつぞう)や改ざんを認定。研究室に残されたマウスの「STAP幹細胞」は、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入されたとする報告書を公表した。小保方氏は混入を否定し、混入した人物は特定されていない。 

 理研はまた、発生・再生科学総合研究センター(CDB、現多細胞システム形成研究センター)に勤務当時、小保方氏を指導し、調査委から責任重大と指摘された共著者の若山照彦山梨大教授(47)を出勤停止相当とし、客員研究員の委嘱を解除した。 

 同様に責任重大とされたCDB副センター長の笹井芳樹氏は昨年8月に自殺したため、見解の公表を控えるという。 

 一方、CDB元センター長で多細胞システム形成研究センター特別顧問の竹市雅俊氏(71)はSTAP細胞研究の機密扱いを容認したため、けん責処分とされた。竹市氏は給与の10分の1を3カ月間自主返納する。 

 共著者で調査委に不正を認定されなかった丹羽仁史チームリーダー(50)は文書による厳重注意とされた。  


http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-150210X888.html

出典:べつに見たくないけどね
リンク:いや、本当に
  投票  (・∀・):22  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40402/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用