浜田「うああ〜小便漏れてまう」 (芸能人との体験談) 9415回

2015/02/13 16:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:16:11.00 ID:V9qfa1eYO

ガチャ 

浜田「小便小便…あ…」 

松本「…」 

浜田「おう松本」 

松本「おう」 

浜田「…」 

松本「…」 





8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:20:32.17 ID:V9qfa1eYO

浜田「…」 

浜田「お前小便長すぎやろ」 

松本「…」 


松本「違うねん」 

浜田「何やねん」 

松本「…」 

浜田「何が違うねんて」 

松本「…」 

松本「勃起してん」 

浜田「ハア!?お前アホやろ!勃起治らんからてずっと小便しとるふりして立っとんかい!」 

松本「違うねんホンマ治らへんねん」 

浜田「アホ丸出しやなお前!」 

松本「違うね…」 
ガチャ 

さかなクン「キャ〜!!ダウンタウンが並んでおしっこしてるうー!!」 



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:24:25.79 ID:V9qfa1eYO

浜田「…」 

さかなクン「キャ〜!写メ撮っていいですかあ!次のダウンタウンDXで使うプライベート写真のネタが無かったんですよぉ!」 

浜田「どけやお前」 
さかなクン「えっ、す、すいませ…」 

浜田「お前テンション高すぎて疲れんねん。次キャーキャー言いおったらしばくぞ」ガチャ 

さかなクン「すいません…」 

松本「…」 


さかなクン「松本さん…」 

松本「…」 

さかなクン「おしっこ長いですネ…」 

松本「…」 



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:31:33.35 ID:V9qfa1eYO

山崎の楽屋にて 

浜田「iPod買ったはええけど聴く曲があらへんねん」 

山崎「洋楽とか聴かないんですか?」 

浜田「全然わかれへん」 

山崎「ローリングストーンズとか良いじゃないですか」 

浜田「おれのキャラやないやん。せやからコレやるわ」 

山崎「iPodですか!?良いんですか!?ありがとうございます!」 

浜田「ほなおれ楽屋帰るから」 

山崎「あ、はい!」 
一時間後 
ガチャ 
松本「山ちゃん」 
山崎「あ、松本さんおはようございます!」 
松本「コレどうやんねん」 
山崎「あ、iPodですか?」 
松本「おお、お揃いやん」 
山崎「…」 



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:35:36.54 ID:V9qfa1eYO

山崎「松本さんパソコン持ってはります?」 
松本「無い無い。iPodてパソコン使うんか」 
山崎「アイチューンズいうとこで曲を買うんですよ」 
松本「どこにあんねん」 
山崎「ネットですよ」 
松本「ネットってどこやねん」 
山崎「いやだから、パソコンの…」 
松本「ああ」 

山崎「…」 

松本「…」 

山崎「松本さん」 

山崎「なんで勃起してはるんですか?」 
松本「…」 

松本「治れへんねん」 



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:44:08.79 ID:V9qfa1eYO

松本「ほなコレ持っててもしゃあ無いからお前やるわ」 

山崎「ええ!?二個もいらないですけど…」 

松本「嫁にやったらええやん」 

山崎「はあ…ありがとうございます…」 
松本「おれちょっとドン・キホーテ行ってくるわ」 

山崎「マネージャーに行かせたらええやないですか」 

松本「新車買うたから乗りたいねん」 

山崎「完全に若者じゃないですか。何買うんですか?」 

松本「靴下両方とも穴あいてんねん…」 
山崎「勃起治すやつも買うたほうがええですよ」 

松本「これマジでなんなんかなあ〜!めっちゃ嫌やわ!」 



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:49:42.18 ID:V9qfa1eYO

駐車場にて 

浜田「あれー!?チッ…っかしいなー。エンジンかかれへん」ブルルルン…パス…パスパス… 

浜田「何やねんもお〜!!腹立つ!」 

浜田「おいコラマネージャー!お前の車どないなっとんねん!」 

マネージャー「すいません…」 

浜田「すいませんやあらへんやろ!ドン・キホーテ行かれへんやん!」 

マネージャー「すいません…」 

浜田「ほんま腹立つわ〜」 

マネージャー「あ…」 

松本「おう」 

浜田「…おう」 

松本「…」 

浜田「どこ行くねん」 

松本「…」 

松本「ドン・キホーテやけど」 



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 22:55:39.25 ID:V9qfa1eYO

マネージャー「自分の車で行かれるんですか…?」 
松本「…まあ。新車やから…」 

浜田「…」 

マネージャー「あ〜良い車ですねえ」 
松本「せやろ?シートがカッコええねんで」 

マネージャー「ところで松本さん…あの〜…僕らもドン・キホーテ行く用事がありまして…」 

松本「行ったらええがな」 

マネージャー「車壊れちゃって…」 

松本「…」 

浜田「…」 

浜田「乗せろや」 

松本「え?」 

浜田「だから乗せろ言うてんねん」 

松本「…え?」 

浜田「おれもドン・キホーテ行くからお前の車乗せろや!」 
松本「…まあ…」 

松本「ええけど…」 



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:02:34.87 ID:V9qfa1eYO

マネージャー「運転は僕しますから!」 
浜田「お前助手席行けや」 

松本「何でおれが助手席やねん」 

浜田「前二列は持ち主のもんやろ!」 

松本「意味わかれへん!全部おれのもんやろ!」 

浜田「いやだからこういう時は助手席に持ち主が行くもんやろ」 

松本「そんなん決めるんは持ち主やん。おれ後ろがええもん」 

浜田「そんなん俺やって後ろがええやん」 

マネージャー「(収録以外で二人の絡み見たの初めてだ)じゃあジャンケンで決めるというのは…」 





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:09:29.88 ID:V9qfa1eYO

松本「ジャンケーン…」 
松本「ポン」バッ 

浜田「ポン」バッ 

松本「お前今の後出しやろ!」 

浜田「タイミングがわかれへんねんもう一回や」 

松本「なんやねんな…ジャンケン…ポン」バッ 
浜田「…」バッ 

松本「お前遅すぎやろ!」 
浜田「ちゃうやん、最初はグーが無いから」 
松本「無くても普通こんなタイミングずれんて!」 
浜田「最初はグーが無いから」 
松本「そればっかりかお前!」 

マネージャー「じゃあ僕がやりますから…最初はグー、ジャンケンポン!」 

バッ 

マネージャー「はい、じゃあ浜田さんが助手席という事で」 

松本「なんやねん…まあええけど…」 

浜田「お前まだ勃起しとるんかいな」 

松本「…」 



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:15:10.95 ID:V9qfa1eYO

マネージャー「いや〜運転しやすいですね!この車!」 

松本「せやろ」 

マネージャー「ステアリングが良いですね」 

松本「ステアリングだけは譲れへんからな」 

浜田「何のこっちゃ」 

マネージャー「見通しも良いですね。若干車高が高くて…」 
松本「ステアリングが良いからやな」 

浜田「それ言いたいだけやろ!」 

松本「…」 

松本「お前何買いに行くねん」 

浜田「何でもええやろ」 

松本「何やねん」 

浜田「靴下穴あいてもうてるから」 

松本「…」 



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:24:07.49 ID:V9qfa1eYO

山崎「あ、ドン・キホーテ行ってきたんですか?」 

松本「おお。靴下だけ買うてきてん」 

山崎「勃起の薬ありました?」 

松本「それ無かってん。これ病院行かなあかんかなあ」 

山崎「インポならあれですけどね…バイアグラでも飲んだんですか」 

松本「飲んでへん」 
山崎「ん〜…」 

松本「まあ明日病院行ってみるわ」 



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:30:33.19 ID:V9qfa1eYO

山崎「遠藤」 

遠藤「あ、ほーせさんおはようございます!」 

山崎「もろた」 

遠藤「え!?ああiPodですか?誰から貰はったんすか?」 

山崎「ダウンタウン」 

遠藤「え?お二人に?」 

山崎「もろた」 

遠藤「ほえ〜(なんやこいつ、イラっとすんなあ)」 

山崎「ええやろ」 

遠藤「良いっすね〜(あ、くそ、ムカつく)」 



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/30(水) 23:34:57.13 ID:V9qfa1eYO

田中「ちぃーす」ガチャ 
田中「あ、ほうせいさんはよざいます」 
山崎「田中」 

田中「はい?」 

山崎「もろた」 

田中「え?」 

山崎「もろた」 

田中「…iPod…」 

山崎「もろた」 

田中「ああ…」 

山崎「iPod」 


山崎「もろた」 


ココリコ「(何回言うねん)」 



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:13:43.85 ID:qP7C2YKVO

数日後ヘイヘイヘイ収録 

スタッフ「松本さんがまだ来てません!」 
スタッフ2「どうすんだよこれ…B'z待たせんのも限界だ…」 

プロデューサー「とりあえず浜田さんだけで行ってもらうしかあるまい」 


スタッフ「はい!浜田さん呼んできます!」 





浜田「あのアホ何しとんねん」 

スタッフ「すいません!今日は浜田さんだけで…」 

浜田「まあたまにはええやろ。ちゅーても二回か?これ」 

スタッフ「はい…過去に一回ありましたね。松本さんの遅刻…」 

浜田「どうせ女と寝とるんやろ。でもB'z出る時に遅刻せんでも…」 

スタッフ「申し訳ありません…!」 



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:16:33.43 ID:qP7C2YKVO

木村「せやからなんでお前携帯にそんなストラップ付ける必要があんねん」 
マネージャー「はあ…」 
木村「はあやあれへん。お前そんなにストラップ付けたらストラップを携帯しとるようなもんやろ。携帯電話を携帯したいのかストラップを携帯したいのかハッキリせえ!」 

マネージャー「はいすいません…」 

プルルルル 


木村「お、兄さんからや」 



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:21:36.40 ID:qP7C2YKVO

木村「はい…はい…今新宿です…はい…はい………はいわかりました」 


マネージャー「松本さんですか?」 


木村「車出せ」 

マネージャー「はい?」 

木村「理由は後で話すから。車出せ。大阪まで頼む」 

マネージャー「ええ!?遠すぎますよ!ぷっすまの収録どうするんですか!」 

木村「頼む。この通りや。」 

マネージャー「…」 
木村「松本さん…泣いてはったんや…」 

マネージャー「…」 


マネージャー「はやく行きましょう木村さん」 


木村「…恩に着るで」 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:33:00.19 ID:qP7C2YKVO

浜田「はい今日のゲスト、B'zでーす!!」 



プロデューサー「まあ…正直浜田さんだけでも充分番組は成り立つからな」 

スタッフ「はあ…」 
プロデューサー「ダウンタウンもそろそろ…」 


プロデューサー「解散時なんじゃねえかな…」 


スタッフ「…」 




浜田「自分らすまし過ぎやてー!」 

ドッ、ワハハハハハ 



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:38:38.57 ID:qP7C2YKVO

山崎「聞こえるよ〜あつきこーどおうの果てに〜」 

嫁「何それ、iPod買ったの?」 

山崎「ダウンタウンにもろたんや2つ。一個お前のな」 

嫁「ええ〜いいの?」 

山崎「ふ〜め〜つのフェイス!」 



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:40:18.30 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「お疲れ様です!」 

浜田「あのアホまだこんのか?」 

スタッフ「はい…次のパフュームの撮りまでには来て欲しいんですが…」 

浜田「何をしとんねんアイツ」 




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:46:16.17 ID:qP7C2YKVO

木村「松本さん…」 
松本「…」 

木村「何してますのん」 

松本「…」 

松本「なあ…キム…」 

木村「…はい」 

松本「尼崎も変わってもうたなあ」 

木村「…」 

松本「ビルがようけ建って…こんな風に尼崎を眺めたん初めてやわ」 

木村「松本さん…危ないですよ。こっち来て下さい」 

松本「こんなもん誰でも飛び降りれるような柵付けとんが悪いねん」 

木村「何考えてはるですか…」 

松本「キム…おれな…」 





松本「もうすぐ死んでまうねん」 





83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 00:52:05.12 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「それじゃ、浜田さん、6時かまで楽屋で待ってて下さい」 

浜田「おう。まあそれまでにゃくるやろ。あのアホ」 

スタッフ「はい。それでは」ガチャ 


浜田「あ〜」 


浜田「ゴホッゴホッ…」 


浜田「ゲホッゲホッ…!」ガフッ 


ポタポタ… 


浜田「ゼエ……解散や言うてくれんなよ…」 



浜田「おれは最後まで…コンビでやるぞ…」 


浜田「あと少しなんやから…」 



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 01:00:38.79 ID:qP7C2YKVO

松本「勃起が治らんから病院行ってん」 
木村「はい」 

松本「そんだらあ〜だこ〜だ言うてなんか最終的に病気や言われてなあ」 

松本「あと少ししか生きられん言うねん」 

木村「何の病気なんですか?」 

松本「わかれへん…新種のアレや言うとったで」 

木村「…」 

松本「病気で死ぬんもしょーもないやん」 


松本「おれは結局切り取っていくタイプやからな」 

木村「切り取る…?」 

松本「なんかこう、すごい綺麗な石あるやろ。それを綺麗なうちに切り取ってみんなに配っていくねん。でも年が経つ事に石も汚なるやん」 

木村「はあ…」 


松本「そうなったら捨てるやん。普通」 

木村「…」 



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 01:08:09.09 ID:qP7C2YKVO

木村「先輩に向かって…お言葉ですけど…」 

木村「人間には…石と違って…」 



木村「意志があります」 



松本「…うわ…っしょうもな…」 

木村「目覚ませよ松本さん」 

松本「…」 

木村「汚くなったんなら…綺麗に掃除したり…とか、人間ならどうにでも出来るはずです…!」 

松本「…」 

木村「もう一度やりましょう…!」 

松本「…何をやんねん…」 





木村「漫才です」 




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 01:13:21.36 ID:qP7C2YKVO

浜田「ゴホッゴホッ…」バタリ 


浜田「(おれが癌宣告されてもう一年になるんやな…)」 


浜田「(もう…やれへんかな…)」 


ガチャ 


マネージャー「おはようござ…」 


マネージャー「浜田さん!どうしたんですかこの血!浜田さん!」 


浜田「(もう一回やりたかったなあ…)」 

マネージャー「い、今救急車呼びます!」 




浜田「漫…才…」 



マネージャー「…え!?」 



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 10:49:04.18 ID:qP7C2YKVO

プルルルル 

遠藤「はいもしもし」 
山崎「遠藤」 

遠藤「あ、ほーせさんすか。どうしたんです?」 
山崎「浜田さんが…」 

遠藤「…どうしたんです?」 

山崎「倒れたって…マネージャーが…」 

遠藤「倒れたあ!?ほんまですか?どこにおるんですか?ほーせさん今どこですか?」 

山崎「ショッピングや」 

遠藤「ショッピングて…浜田さんはどこです?」 

山崎「フジや。ヘイヘイヘイの収録中やて…」 
遠藤「山崎さんどうするんです?」 

山崎「ショッピング中やから…」 

遠藤「…」 

山崎「…」 




228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 10:53:21.68 ID:qP7C2YKVO

遠藤「どうしよ…浜田さんが倒れるとはなあ〜…」 

プルルルル 

遠藤「もしもし」 

木村「遠藤か」 

遠藤「あ、ハイ!あのさっき…」 

木村「今兄さんとおんねんけどな、お前今出れるか?」 

遠藤「え!?木村さん一緒におるんですか?僕も話聞いてどうしよか思てたんですよ」 

木村「話知ってんねやったら早いわ。今からフジテレビこい。おれも向かうから」 

遠藤「ハイわかりました!」 




遠藤「(浜田さんには木村さんがついてるみたいやな。おれも急いでいこ!)」 



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 10:56:05.54 ID:qP7C2YKVO

浜田「おいマネージャー…水持ってこい」 

マネージャー「あハイ!」 

マネージャー「でも本当にいいんですか?救急車呼ばなくて…」 

浜田「当たり前や。余計な事せんでええねん。まさか誰かに電話したりしてないやろな」 

マネージャー「もももちろんです!」 

浜田「ゴホッゴホッ…」 



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 11:03:47.73 ID:qP7C2YKVO

木村「もうちょいで着きますよ兄さん」 

松本「うん…」 

木村「…」 

木村「先輩としてではなく…松本人志という芸人について一人のファンから言わせてもらいます…」 

松本「…」 



木村「松本人志は終わってなんかない」 


松本「…死んだら終わりやろ…しょうもな…」 


木村「人を笑わせられなくなったら死ぬのが芸人でっか?死ぬまで笑わすのんが芸人と違うんですか」 

松本「…」 





木村「ダウンタウンは終われへん」 


木村「…終われへんねや…」 





238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 11:08:14.93 ID:qP7C2YKVO

浜田「さ、そろそろパフュームのリハやろ」 

マネージャー「はい…でも浜田さん、体のほう…」 

浜田「うるさいねん!さっきからほんまに、アホか!」 

マネージャー「…」 

浜田「死にそうやからて何でなんで諦めなあかんねん…」 


マネージャー「…今なんて…」 


浜田「うるさい言うてるやろ!早く…」 

ガチャ 

遠藤「浜田さん!」 



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 11:13:24.88 ID:qP7C2YKVO

木村「さあ着きましたよ兄さん」 

松本「ああ…」 

木村「早く行きましょう」 

松本「ちょっと待ってキム」 

木村「どうしました?」 

松本「あかん心臓以外全部痛い。無理や」 

木村「何言うてるんですか!」 

松本「ほんま無理やねん!行かれへんて!」 

木村「ここまで着といて何を…」 


松本「おれ知ってんねん…」 


木村「何をですか?」 





松本「浜田はもうすぐ死ぬねん…」 




241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 11:20:24.38 ID:qP7C2YKVO

遠藤「あれ…?浜田さん…」 
浜田「おいコラマネージャー」 

マネージャー「すいません…!」 

遠藤「あれ?木村さんは…?」 

浜田「キムがどうしたんや」 

遠藤「あ、いや…兄さんとおるいうてたんですけど…」 

浜田「…どういうことや」 



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 15:26:18.29 ID:qP7C2YKVO

木村「…そういう事があったんですか。浜田さんの座っとった後部座席に血が…」 

松本「間違いないねん。新車で買ったばっかりで後に座ったん浜田が最初やってん」 

木村「でも死ぬなんて飛躍しすぎじゃ… 」 

松本「何年一緒に仕事しとると思とんねん。アイツの顔みたらわかるわ。」 


松本「なんというかこう、死相的なもんがやな…」 

木村「それやったら尚更…」 

松本「わかっとる。そもそもアイツがおれの車に乗るいう事自体おかしいねんもん。おれもアイツのやりたがってる事くらいはわかる」 



松本「ありがとな、キム。こっからはおれ一人で行くから」 





松本「やったろうやないか。漫才」 




285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 15:32:44.94 ID:qP7C2YKVO

浜田「…お前それ松本の事と違うんかい」 
遠藤「いやでも、マネージャーさんからの電話の後だったんでてっきり…」 

浜田「松本やろ!なんで木村とおんねん!ヘイの収録忘れとんかコラ!」 

マネージャー「でも遠藤さんのお話だと二人ともこちらへ向かっているんじゃ…」 

浜田「大体お前が話こじらせたんやろ!コラァ!ええ加減にせえよ!」 

マネージャー「す、すいま…」 


バン! 


スタッフ「…ハアハア…」 

浜田「なんやコラァ」 

スタッフ「ま、松本さんが到着しました…!」 



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 15:42:00.60 ID:qP7C2YKVO

松本「スタッフ」 

スタッフ「はい?」 
松本「DS持ってへん?」 

スタッフ「ゲームですか?ありませんけど…」 

松本「何時から?」 
スタッフ「まだあと一時間くらいは…」 
松本「めっちゃマリオカートしたいわ〜」 

スタッフ「ははは」 
松本「おれマリオしか使えへんねん」 

スタッフ「キノピオも使いやすいですよ?」 

松本「いやいやマリオがええねん。ヒャッフーウ言うねんから」 

スタッフ「ははは」 

バン! 


松本「…」 


浜田「…松本ォ」 



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 15:50:55.16 ID:qP7C2YKVO

松本「…」 

浜田「何か言う事あるんと違うんかい」 
松本「…」 

松本「浜田」 

浜田「なんや」 

松本「…」 


松本「DSしたいねんけど」 

浜田「…」 

松本「マリオカート」 
浜田「…したらええがな」 

松本「…」 

スタッフ「…」 

浜田「…」 
松本「おれマリオやるから」 
浜田「…」 
松本「お前キノピオな」 
浜田「キノピオォて…何やねん…」 
松本「キノコ被ってるやつや」 
浜田「…」 



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 15:54:39.93 ID:qP7C2YKVO

松本「ここスタートラインやから」 
浜田「…」 
松本「ハンドル持って」 
浜田「…ハンドル?」 
松本「ハンドル持たな!カートやぞボケェ」 
浜田「ああ…ハイ…こうですか」 
松本「そうや。そんでここスタートラインやから。おれがペッペッパーン言うたらスタートやからな」 
浜田「ペッペッパーンて何やねん」 

松本「シグナルやろ!」 


松本「カートやねんぞ!?」 



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:00:01.19 ID:qP7C2YKVO

松本「ほないくで!ペッペッパーンでスタートやからな!もう言わんからな!」 
浜田「ハイハイ…」 

松本「ハイ!ペッ・ペッ・パーン!」 

松本「おらぁロケットスタ…」 

松本「コラァ!お前何止まってんねん!スタートや言うたやろボケェ!」 

浜田「ああおれが走ったらええのん?」 
松本「当たり前やろ!カートや言うてるやろ!」 

松本「おれがマリオやったらお前踏み潰されとるぞ!」 

浜田「…はあ」 



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:10:37.38 ID:qP7C2YKVO

松本「ハイ!スタートライン立って!」 
浜田「ハイハイ…」 
松本「ペッ・ペッ・パーン!」 
松本「おらロケットスタートや!おらああ!」 
浜田「くそーおいつけない」 

松本「はいアイテム取ったあー!!」 
松本「ピロリロリロピロリロリロ…テッテーン!はい赤甲羅出たあ!ピューン!」 

浜田「うわあー」 

松本「コラァァァァァァァ!!!!!!」 

浜田「…」 

松本「当・た・るやろ!!赤甲羅やぞボケェ!!!」 

浜田「赤甲羅って何やねん」 



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:15:15.51 ID:qP7C2YKVO

松本「ハアハア…」 
浜田「…」 

松本「…ハアハア」 
浜田「…フフ」 

松本「…何がおもろいねんコラ」 

浜田「もうええわ」 

浜田「本番まであともうちょいやからおれは楽屋帰っとくぞ」 

松本「…」 

ガチャン 


スタッフ「…」 

松本「…フン」 



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:23:21.28 ID:qP7C2YKVO

ガチャン 

遠藤「浜田さん…」 
浜田「もう本番やから。すまんかったな遠藤、もう大丈夫やから」 

遠藤「はい…浜田さん…体の方は大丈夫なんですか?」 

浜田「当たり前やろ!ほらこれでなんか飲みもんでも買うてこい」 

遠藤「え…あ、ありがとうございます…」 

浜田「おれとマネージャーはコーヒー的なもんでええから」 

遠藤「わかりました…!」ガチャン 


マネージャー「…」 

浜田「…なあマネージャー…」 

マネージャー「はい…何でしょう」 





浜田「おれ漫才やるわ」 




320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:27:27.01 ID:qP7C2YKVO

ガチャ 

高須「まっちゃん何しとったんや」 

松本「おお、ちょっと遅刻さしてもろたで」 

高須「もろたでやないよもお、」 

松本「なあ高須」 

高須「んー?」 


松本「おれ…」 





松本「もっかい漫才やろ思てんけど」 




330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 16:37:15.94 ID:qP7C2YKVO

山崎「…」 

嫁「なーによ今日ずっとiPod聴いてんの」 

山崎「…ん?ああ」 

嫁「ね〜どっか出かけようよ〜ショッピングう〜」 

山崎「…いや…ええわあ」 

嫁「んも〜iPodばっかり!」 


山崎「…」 



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:38:09.77 ID:qP7C2YKVO

高須「本当にええん?まっつん」 

松本「おう」 

高須「…二人で決めた事なんか」 

松本「いや…」 

松本「多分今が二人とものモチベーションが一番高まってる時やと思うねん…」 
高須「…難しいな」 

松本「なんでやねん、どっかで特番組みたいんや。なんならガキでやってもええ」 

高須「…いや…ガキの雰囲気でやるよりは特番組んだほうがええと思う…」 

松本「ならそれでええがな。おれは今なら前みたいに客にドッカーンかます自信あんねん」 

高須「そうや…あれや、今ウンナンの番組任されてんねんけどな…」 


高須「生放送でコントっちゅう…」 

松本「無茶やなあ」 



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:41:45.50 ID:qP7C2YKVO

ガチャン 
スタッフ「松本さん本番です」 

松本「おお、…」 


高須「…」 




浜田楽屋 

ガチャン 
スタッフ「浜田さん本番です」 

浜田「よっしゃほな行ってくるわ」 

マネージャー「浜田さん…」 

浜田「なんや」 

マネージャー「僕も、ダウンタウンの漫才、見たいです…!」 

浜田「そうか」 


マネージャー「ちょっと高須さんと話してきます!」 

浜田「…ほな行ってくるで」 



369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:44:10.82 ID:qP7C2YKVO

遠藤「あちゃーもう本番始まってるかな。自販機ないとかありえへんなあ」 

遠藤「あっ」 
  
  
  
遠藤「こんにちわっす」 


内村「あ、ああドモ…」 



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:48:53.86 ID:qP7C2YKVO

浜田「パフュームー!!」ジャンジャンジャンジャ〜ン 

浜田「エレポップっちゅう音楽を…」 

松本「パフュームだけに…」 
ドッワハハハハ 



スタッフ「浜田さんだけでも番組は成り立ちますけど、二人揃った時の無敵感はやっぱり凄まじいですね。」 

プロデューサー「んん?ああ、まあな…」 



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:53:30.36 ID:qP7C2YKVO

内村「…」 

遠藤「…」 

遠藤&内村「あの…」 

内村「…」 

遠藤「あっ」 


遠藤「高須さん!ちわっす」 

内村「あ、ども」 

高須「お〜どもども。珍しい組み合わせやなあ」 


遠藤「松本さん来てます?」 

高須「もう本番やってるよ。それよりウッチャンさん、お話が」 

内村「はあ…」 



376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 17:58:19.83 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「お疲れ様でした〜」 

浜田「はいおつかれー」 

松本「っかれさんです」 

浜田「…」 
松本「…」 
浜田「松本」 
松本「…」 
浜田「聞けや」 
松本「何やねん」 
浜田「遅刻しくさりおって」 
松本「そんなん今に始まった事やないやろ」 
浜田「…気合いがたらんのと違うか」 
松本「…」 
浜田「原点に戻ろか」 
松本「…何を言うてんねん」 

浜田「…」 





浜田「漫才や」 




377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:01:23.33 ID:qP7C2YKVO

松本「漫才か」 
浜田「漫才や」 
松本「ここでやんのかいな」 
浜田「番組や」 
松本「…」 
浜田「…高須とおれのマネージャーが今話してる思うわ」 
松本「せっかくのウンナンレギュラーなんやけどなあ」 
浜田「どういう事や」 
松本「そういうこっちゃ」 

浜田「…お前も」 
松本「…」 
浜田「同じ事考えとったっちゅうわけやな」 
松本「…」 



380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:05:58.04 ID:qP7C2YKVO

内村「それ…本気で言ってたんですか?」 

高須「んん」 

内村「そんなの…」 

内村「断るわけがない」 

高須「ほんまに…?」 

内村「ダウンタウンの漫才がまた見られるなら、僕らの枠なんていくらでも使って下さい」 

高須「…ありがとう…!でも…」 


高須「セットやら台本やら…手配済んでるから全く別の番組にする事は出来へんのよなあ…」 





内村「そんなの…関係ないですよ。彼らにはセットも台本もいらない。ダウンタウンがいれば良いじゃないですか」 

高須「…!」 




387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:11:11.10 ID:qP7C2YKVO

ガチャ 

松本「おお高須…」 
高須「話ついたで」 
松本「…」 

高須「ウンナンの新番組の一回目を使ってダウンタウンの漫才をやる。セットもタイトルもウンナンの番組のままやけどな」 

松本「ウッチャンに悪い事したなあ…」 
高須「ウッチャン言うとったで…」 




高須「ダウンタウンの漫才は…今のテレビ業界、いや、日本中が求めてるっつうてな」 

松本「ウッチャンそういうとこあるんよな…クサイっちゅうかな…」 



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:15:59.44 ID:qP7C2YKVO

バサッ 
高須「とりあえず収録日程と入り時間、予定ゲストやらはこの台本にまとめてあるから」 

松本「…」 

高須「漫才の尺はそっちで決めたってくれや。尺余ったらそれに書いたある企画を入れてムリヤリにでもウンナンの番組にするから」 

松本「すまんな…」 

高須「プロデューサーに怒られたらかなわんからな。まあ気にしたらあかん」 


松本「…燃えてきたで」 

高須「浜ちゃんにも渡してくるから。あとは二人で何なりとしたらええ」 

松本「…おう。あんがと…」 



396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:17:50.22 ID:qP7C2YKVO

遠藤「えらい話聞いてもたな…マジでダウンタウンの漫才がまた見れるやろか…」 
プルルルル 

遠藤「もしもし」 


山崎「遠藤」 



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:23:12.75 ID:qP7C2YKVO

遠藤「ほうせいさん、僕いまフジにいるんですけど…」 
山崎「浜田さんどやった…?」 

遠藤「最初はすごい具合悪そうだったんですけど、今はもう大丈夫みたいです…でも血吐いてましたから」 

山崎「血ぃ!?」 

遠藤「大丈夫なんですかね…?」 

山崎「…どやろな」 
遠藤「それと…ダウンタウンさん…漫才やるみたいです!」 
山崎「漫才…」 

遠藤「何かマジどうなるんですかね?僕ちょっと二人が心配ですわ」 

山崎「漫才かあ…」 



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:30:08.91 ID:qP7C2YKVO

プロデューサー「ハハハハハ!面白い!」 
高須「はは…でも大丈夫なんでしょうか」 
プロデューサー「ダウンタウンにウンナン…こりゃ数字取れるぞ〜、まさか逆オファーがくるとは」 
高須「やっぱり二組が絡んだほうが良いんですかね?」 

プロデューサー「え?当たり前じゃん。生放送でこの二組は美味しいだろ」 

高須「…え?」 




高須「生放送!?」 



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:34:03.92 ID:qP7C2YKVO

プルルルル 
松本「あい」 
高須「おいまっつん!!気づかんかったんやけど…」 
松本「生放送の事か?」 
高須「…え、ああ」 
松本「心配いらんて。生でも収録でも関係あらへん。せっかく開けてくれた穴やからキッチリ埋めるで」 

高須「そうか…心配し過ぎてたわ…ほな当日な」 

松本「…おお」 



407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:39:02.01 ID:qP7C2YKVO

生放送当日 

遠藤「来てもーたなー。やっぱ見学せんわけにはいかんし…」 

田中&山崎「遠藤」 

遠藤「おわ!なんやねん二人して〜!」 
山崎「見学しよ思てな」 
田中「なんで言うてくれんねんな〜」 

遠藤「ははは、じゃ、行きますか!」 
… 
‥ 

スタッフ「ハイ!3、2、1…!」… 
矢部「いらっしゃーい矢部っち寿司だよ〜」 



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:44:37.82 ID:qP7C2YKVO

矢部「あ〜!」 

山崎&遠藤&田中「うお、」 

岡村「あれここ日テレでっか〜」 

矢部「ガキの使いのメンバーですよねえ〜」 
… 
‥ 
¨ 
南原「ちゃす!」 

プロデューサー「今日は出番無いかもねえ〜」 

南原「聞きましたよ〜、ダウンタウン出るんでしょ?もう入ってる?」 

プロデューサー「まだでしょ。でも本当に漫才するのかなあ〜」 

南原「おれも今日仕事する気ないからね(笑)ダウンタウンの漫才見にきただけだもん」 

プロデューサー「ハハハハハ、ウッチャンと同じ事言ってら」 



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:50:17.39 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「照明チェック入りまーす!」 
矢部「聞きました?岡村さん」 
岡村「ん…」 
矢部「今日のウンナンの生放送でダウンタウンが漫才やるらしいっすわ」 
岡村「ほんまに」 
矢部「これ終わったら見に行きませんか」 
岡村「おれはええよ」 
矢部「さっきの三人も多分見学ですよ」 
岡村「行ってきたらええやん」 



矢部「愛想わるっ」

岡村「…」 





420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 18:55:47.31 ID:qP7C2YKVO

プルルルル 
さんま「はーいはい」 
さんま「………はあ…!?そんな事で電話してくんなや!」ブチッ 

さんま「ほんまに…漫才て…」 


さんま「…………」 


トゥルルル 

さんま「おおマネージャー、そんであれ、何時からやねん。その、あれは。」 





さんま「その生放送」 




430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:02:18.24 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「松本さん入られまーす!」 
松本「ざーす」 
プロデューサー「おはよう。そしてありがとう」 
松本「…んな…別におれがやりたくて頼んだ事やし…」 
プロデューサー「いやいや、とにかく高須くんを呼んでくるから最終打ち合わせをしようか。浜田さんは?一緒じゃないの?」 

松本「そんなんしらんよ。そのうち来るんちゃう」 

プロデューサー「まあまだ時間はある。じゃ高須くん呼んでくるよ」 

松本「…っしゃあ!」 



438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:11:01.92 ID:qP7C2YKVO

高須「…そんでウンナン司会進行で最初出て貰ってハイダウンタウンドンて感じで…」 
松本「あーハイハイ」 
高須「そんで企画も全部辞めちゃったから。尺が開いたらウンナンとフリートークって感じで」 
松本「それ一番緊張すんねんけど」 



441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:17:05.93 ID:qP7C2YKVO

加藤「岡村あ〜もう聞いた?ダウンタウンさんが漫才やるんだってよ」 
岡村「ああ…らしいなあ…」 
加藤「見に行かねーの?」 
岡村「おれはええわ…」 
加藤「バッファww行けよwwお前、レアじゃん」 
岡村「でも…」 
加藤「ボッフォwwビビッてんのか?」 
岡村「いや、…まあ…」 
加藤「行ってこいよ。おれは行くぜ?」 


加藤「コンビってなあな、長く組んでるとまた漫才やりたくなるもんなんだよ。何か勉強になると思うぜ?」 

岡村「…」 




加藤「二度と漫才できねえコンビだってあるんだからよ…」 




445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:20:57.59 ID:qP7C2YKVO

スタッフ「浜田さん入られまーす!」 

浜田「うっす…」 

スタッフ「楽屋ご案内します」 

浜田「ハイハイ」 


浜田「…相部屋か…」 

スタッフ「すみません…急だったもので…」 

浜田「いや、ええよ…」 



浜田「何年ぶりやろかな…」 

ガチャ 



447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:24:30.81 ID:qP7C2YKVO

浜田「ちーす」 
松本「…」 

浜田「…」 

松本「…」 

浜田「…」ブッ! 

松本「うわ、くっさ…」 

浜田「打ち合わせは」 

松本「今終わったとこや」 

浜田「…ほうか」 

松本「ウンナン司会やて」 

浜田「久々に会うわ、ウンナン」 

松本「なー」 

浜田「…」 
松本「…」 


浜田&松本「ネタ合わせるか」 



452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:30:04.43 ID:qP7C2YKVO

松本「とりあえずこのネタの流れでボケはこれで…」 
浜田「ほな通してみよか。突っ込んでくからええの出たら言うてや」 

松本「ハイどーも…」 

浜田「…とちゃうんかい!」 

松本「まあでもほんまは…」 

浜田「…や言うてるやろ!」 

松本「どないやねんな!」 

浜田「…ってさっき言うたやろ!」 


松本「ありやとあんしたー」 
… 

浜田「まあええんちゃう」 

松本「もっと言葉の語呂よくしていくか…」 

浜田「ほなもっかいやな…」 


松本「ハイどーも〜…」 



455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 19:38:51.46 ID:qP7C2YKVO

島田「生放送やて!?」 
スタッフ「ハイ、ウンナンさんの番組で急遽決まったらしくて…」 
島田「これは事件やろ…」 
スタッフ「紳助さんどうされます?もうすでにスタジオは見学者であふれ返ってますけど…」 

島田「いや…おれはあんま見たくないなあ」 
スタッフ「…」 
島田「ダウンタウンの漫才には人の思考を停止させるっちゅうか、打ち負かされる気分になんねん。せやけど、見たい。」 

島田「中毒やでホンマ…」 

スタッフ「行かれないんですか?」 

島田「…楽屋で見るわ。実際に生で見る勇気ないもん。同業者としてはな」 



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:01:32.32 ID:qP7C2YKVO

松本「フゥー、こんなもんか」 
浜田「せやな…」 
松本「…」 
浜田「…」 
浜田「今の若いやつらに受けるかなあ」 
松本「…おれらが大阪におった頃はそんな事考えてへんかったな」 

浜田「…せやな」 
松本「とりあえずテレビ出れた時点でもう確信はあったし…」 
浜田「…」 
松本「まだ時間あるな」 
浜田「…おう」 
松本「おれもうちょいネタ練ってくるわ」 
浜田「…わかった」 
松本「30分前になったら来るからお前もアドリブ考えとけよ」 
浜田「わかっとるがな」 
松本「ほな」 

ガチャン 



522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:15:13.94 ID:qP7C2YKVO

山崎田中遠藤「あ、松本さん!」 

松本「なんやねんお前ら…」 

遠藤「もうずっとスタジオにおったんですけど、楽屋に挨拶いかなあかん思うて」 
松本「ええよそんなん…浜田も真剣やで。行ったら殺されるで」 
田中「ハハッ」 
山崎「浜田さん…どうでした?」 
松本「…」 

松本「久々に見たなあーあんな浜田」 

山崎「ホンマ頑張って下さい」 

遠藤「なんかほーせさん今日キャラちゃいますねえ」 

田中「ハハッ」 



525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:19:40.31 ID:qP7C2YKVO

遠藤田中山崎「それじゃあ松本さん、邪魔しちゃ悪いんで」 
松本「おお…」 

… 


内村「まっちゃん」 
松本「ウッチャン」 
南原「あ〜いたいた!まっちゃん久しぶりー!」 

松本「ハハ、ナンチャン久しぶりやなあ」 





529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:23:39.37 ID:qP7C2YKVO

内村「ちゃんとやってくれよお〜、おれらの番組なんだから!」パンパン 
松本「へへはは…、もうなんか緊張やらなんやらわからんわ」 
南原「スタジオすっげーよ、若手芸人集まりまくって」 

内村「笑犬であんなに見学来た事無かったよなあ(笑)」 

南原「まあプレッシャーになったらあれだし、ステージ楽しみにしてるから。浜ちゃんにもよろしく!」 

内村「おれらこれから進行のリハあっから」 

松本「ああ…あんがと…」 


ウンナン「それじゃ!」 

松本「ははは、うんうん」 



534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:28:03.72 ID:qP7C2YKVO

松本「そろそろか…」 
松本「なんだかんだでめっちゃプレッシャーやん…」 

松本「うし…!」 
ガチャン 

松本「浜田あー」 

松本「浜田」 

浜田「…」 
松本「浜田そろそろ最後のネタ合わせ…」 
浜田「…」 

松本「…」 

ガバッ 

松本「…」 


松本「浜田」 





松本「何死んどんねん」




546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:32:45.43 ID:qP7C2YKVO

さんま「そろそろかいな…」ポチッ 
… 

島田「緊張すんなあ」ポチッ 

… 

遠藤「始まるで〜」 
田中「うっわ緊張してきた、」 

山崎「…」 



山崎「浜田さん…」 



555:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:38:54.58 ID:qP7C2YKVO

デッデンデッデデー♪ 
ワーワー!キャーキャー! 

ウンナン「ハーイどーもー!」 
ワーワー!キャーキャー! 
ウンナン「いやあ〜」 
キャー!キャー!ワー! 
南原「すごい声援ですね〜」 
内村「生放送ですからね!おーいお前ら落ちつけー!」 

南原「まあそりゃ騒ぎますよ」 

内村「ゲストがねえ〜」 

南原「もうゲスト出さなくていんじゃない?」 

内村「アハハハ、ブーイングきてんじゃん(笑)」 

南原「じゃあもういっちゃいますか!」 
内村「ねー、それじゃ今日は特別ゲストとして」 

内村「ダウンタウンが来てます!」 

キャーキャー!ワーワー! 
南原「しかも漫才をやってくれるっつうね!」 

ワーワー! 
内村「じゃあ登場して頂きましょう!ダウンタウンです!」 



561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:41:51.75 ID:qP7C2YKVO

ジャジャジャッジャッジャジャーン♪ 

ワーワー!キャーキャー! 

松本「はいどうもー!」 


松本「いやあ〜」 


松本「言うても夏ですよ…」 




プロデューサー「…ん?」 

遠藤「あれ?」 
田中「浜田さんは?」 
山崎「…」 



572:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:45:38.77 ID:qP7C2YKVO

松本「王将の床かっちゅうねん!」 

松本「ねえ〜ホンマ…」 

… 
島田「…」 
… 
さんま「…」 

… 

プロデューサー「おいおい何だこれ!浜ちゃんはどこいったよ!」 

スタッフ「探してきます!」 

南原「おい浜田さんは…」 

内村「…まっちゃん…」 



574:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:48:46.31 ID:qP7C2YKVO

松本「せやからね、夏に中華食うんいやなんですよ」 

… 

スタッフ2「一人漫談…」 

プロデューサー「くそおお!浜ちゃんはどこ!?」 

スタッフ「ハアハア…プ、プロデューサーさん!」 

プロデューサー「見つけたか!?」 

スタッフ「が、ががが楽屋楽屋…」 

プロデューサー「楽屋にいるのか?よし、今行く!」 

… 

島田「松本…」 


島田「スタジオ行くか…」 



584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:51:33.69 ID:qP7C2YKVO

プロデューサー「なんだよこれ…」 

スタッフ「浜田さんです…」 

プロデューサー「見りゃわかるよ!」 

プロデューサー「なんで死んでんだよ!!」 

スタッフ「…」 

プロデューサー「中止だ…!」 

スタッフ「…え?」 
プロデューサー「カメラ止めてこい…!」 

スタッフ「…」 





593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:53:51.93 ID:qP7C2YKVO

松本「…ね、そんじゃ動物園の猿はどないやねんちゅう話で…」 

(もと…) 

松本「ちょっとやってみいっちゅうねんな」 

(まつもと…) 

松本「キィー!キィー!(!?)」 

(聞こえとるんやろ、そのまま聞けや) 



606:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 21:58:24.96 ID:qP7C2YKVO

松本「もう猿もキリンも同じや言う事ですよ(浜田…)」 

(…悪かったなあ…最後の最後で…) 

松本「せやからおれ動物園は行かれへんのですよ(ホンマやで…見てみいこの醜態)」 

(ウケてるやん…これはこれでええやろ。あともう少しやったんやけどなあ…) 

松本「ね…ちゅうわけで…(もう…遅いねん…しょうもな…)」 

(でもおれおらんでも行けるやろ) 

松本「…(何を勝手な…)」 



617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:02:41.44 ID:qP7C2YKVO

松本「…(ホンマ勝手やわ。おれをこの世界に誘っといて最後恥晒さして死ぬんかい)」 

(それはホンマすまん…) 



遠藤「なんや…黙りこくってしもた…」 
田中「放送事故んなるんちゃう?」 

山崎「ウウ…ハア!ぐっハア!…ンー!…ウボハア!」 

遠藤「ほうせさん何号泣してますのん」 



633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:09:49.75 ID:qP7C2YKVO

プロデューサー「早くカメラ止めろ…!何やってんだ…!」 
スタッフ「…ウウ!」 

プロデューサー「早く!」 

島田「プロデューサーさん何やってんねん」 

プロデューサー「し、紳助さん!」 

島田「おかしい思いましたんや…」 

島田「そんでさっき楽屋覗いてみたら…まあ…そう言う事やったんやな…」 

プロデューサー「…紳助さん…」 



639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:14:44.80 ID:qP7C2YKVO

松本「…(何がしたいねんお前…)」 

(…考えてみたら…) 


(おれはお前をお笑いの世界で活躍させたかったんや…) 


(予感的中っちゅうか…やっぱりお前の才能は認められた…) 

(…それだけで満足っちゃあ満足やったな…) 

(ほんで今日…欲張って漫才なんかやろう言うたからこんな事なったんちゃうかな…) 


松本「…」 

松本「…ってなあ」 





松本「おれやって感謝しとるわ!!」 




遠藤「松本さん…」 
田中「松本さん…」 





山崎「ンヒー!…アーン!…アーン!バダアー!」 




650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:20:05.26 ID:qP7C2YKVO

松本「おれや…お前がおらな自分の笑い引き出す事や出来ひんしなあ…!お前やないやつに誘われても…この世界入ってるわけあれへん…」 
松本「…おれは…おれ…」 

(わかっとるがな) 
松本「…」 

(ほなもう行くで?) 

松本「待てやあ!」 
(我が儘言うなや。芸人らしくキッチリ落ち付けたらんかい!) 

松本「…」 

(じゃあな) 




(松ちゃん) 



661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:24:14.42 ID:qP7C2YKVO

島田「放送を止めるやて?そんな事したらアカン。あんたにはわからんのかいな」 

プロデューサー「な、何が…」 

島田「今ステージに立っとんのは、松本だけやない。浜田もちゃんとおる。れっきとしたダウンタウンの漫才やないかい」 

プロデューサー「…」 

島田「これが漫才師や…」 

島田「魂の漫才や…おれらが見届けんかったらどないすんねん」 


プロデューサー「…」 
プロデューサー「すいませんでした」 



668:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:27:40.60 ID:qP7C2YKVO

矢部「岡村さあん…」 
岡村「…」 
矢部「これがダウンタウンなんすねえ〜」 
岡村「…」 
矢部「やっぱかなわへんなあ〜」 
岡村「…」 

矢部「岡村さん…」 
矢部「泣いてはるんですかあ?」 

岡村「…うるさいわ…」 



675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:32:10.30 ID:qP7C2YKVO

松本「…あ〜ちゅうわけでね、ホンマ…」 

松本「コラアアアア!!」 

松本「お前らなあ、何をしんみりしとんねん!ブッサイクな顔して!」 

ドッ!ワハハハハ! 

遠藤「…なあ田中…」 
田中「…ん?」 

遠藤「浜田さんが見えた…」 

田中「んん…」 

田中「さっきまでおったよな…なんやったんやろ…」 

… 

さんま「…」 





さんま「コンビってええな」 




684:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:36:07.16 ID:qP7C2YKVO

松本「もうええわ!やめさせてもらうわ!」 

…ジャジャジャッジャジャーン♪ 


ウンナン「…はい。え〜、…」 

南原「ねえ〜…」 

内村「ううっ…」 

南原「凄かったね…」 

内村「…」 

南原「えー、じゃあCMです!」 

チャララランチャラーン♪ 




688:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:40:02.80 ID:qP7C2YKVO

控え室にて 
松本「フウ…」 

ココリコ「松本さん…」 

松本「おう…いや〜恥晒さしてもうたな」 

遠藤「なんか…凄い心打たれました」 
田中「…はい」 

山崎「まづぼどざん!ぼぇー!」 

松本「な、なんやねん…!山崎!ちょ!なんやねんて!」 

山崎「これ…これぇ…」 

松本「ん?…iPod…」 



699:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:42:28.63 ID:qP7C2YKVO

山崎「浜田ざん…の゛っ…iPodォ…」 

松本「なんやねん」 
山崎「うう…うう…」 

ピッ 

松本「…」 



松本「浜田…」 



710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:47:10.11 ID:qP7C2YKVO

浜田『えー、山ちゃん。ちゃんと録れてんのこれ?まあええわ。悪いなあ山ちゃん。えー、あれや。おれもうすぐ死ぬからちょっと言うとかないかん事があんねん。』 

浜田『まあえーと、癌やねん。癌で心臓も悪いからいつ倒れてもおかしいない状態です。まあそれはどうでもええねんけど』 

浜田『おれまた漫才やりたい思てんねん。もちろん松本とやで。んで近いうちにダウンタウンの漫才をまた復活っちゅうか、やりたい思てんけど』 



721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:53:26.90 ID:qP7C2YKVO

浜田『あいつの事やからなあ。変に維持はってやりたがらんかもしれんやろ。その為におれが病気やいうのも嫌やけど…』 
浜田『せやからもし…あいつがおれの誘いに乗ってくれへんかったら…お前説得したってくれんか?』 
浜田『録音してまで言う事やないんかもしれんけどな。でもいつ死ぬかわかれへんし、こういうんもええやろ』 

浜田『頼んだで、山ちゃん。おれがくたばる前にな。そんじゃ。…あれこれどこ押すねん…ここやろ…あれ…こ』ツイー 



松本「…」 



731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 22:58:18.02 ID:qP7C2YKVO

松本「…」 

山崎「これ…入ってて…浜田さん…」 

遠藤「…」 
田中「…」 


松本「…せやな」 

松本「間に合うて良かった…な」 



743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 23:09:25.52 ID:qP7C2YKVO

数日後 

木村「すいません兄さん、生放送行けなくて録画したのを見ました」 
松本「ははは…もうええて、あの番組の話は」 
木村「ナイナイ出てましたやん」 
松本「ああ…おれ途中で帰ったからなあ。アイツら呼んで出さしたってん」 
木村「二組とも変なテンションでしたねえ」 
松本「ははは…」 
木村「あーやっぱりいてはりますよ、マスコミの連中」 
松本「浜田やったらキレてるで」 
マスコミ「松本さん…!」「今の心境は…!」「松本さーん!」 
松本「もう〜うっざー」 
木村「あれ?なんでiPodなんか持ってますのん?」 
松本「ああ…一緒に燃やそ思てな」 
木村「iPodをですか」 
松本「二回も聞きたないし、持っとくんも嫌やからな」 
木村「?」 



753:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/31(木) 23:17:53.66 ID:qP7C2YKVO

松本「なんだかんだでおれはまだ生きそうやな…」 
木村「…健康には気を使って下さい」 
松本「まあ死んだら死んだ時や」 
木村「…マスコミが邪魔で車が進まないですね…」 

松本「ほんまに…もお〜」バッ 

木村「え?」 

松本「言うたってくる!」 

マスコミ「松本さん!」「松本さん!」 
松本「コラアアアア!!!」 

松本「ダウンタウンが揃って車乗っとんねん!」 

松本「これで最後なんやから道あけんかい!!」 

両手にiPod。 

〈了〉 





出典:2ちゃんのどっか
リンク:https://www.youtube.com/watch?v=gr7VBJLWBu8
  投票  (・∀・):19  (・A・):19  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40414/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用