ビリーの作文 (外国人との体験談) 12984回

2015/03/25 00:33┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ミセス・ロビンソンは、小さなビリーが通う小学校の先生です。
その日も、子供たちが持ってきた宿題の作文を読んでいました。

テーマは「私の一日」。ビリーの作文には、こう書いてありました。


「ぼくの一日。ぼくは朝起きると、まずベランダに乗って、
 朝食を取って、もう一度ベランダに乗って、それから学校へ行きます。

 学校ではトミーとダグとベティーと遊びます。

 家に帰ると、まずベランダに乗って、それからおやつを食べます。
 おやつを食べ終わるとベランダに乗って、宿題をします。
 宿題が終わるとベランダに乗って、家族3人で夕食を取ります。

 夕食が終わると、最初にぼくがテレビを観ます。
 次にパパがテレビを観ます。ぼくはそっとベランダに乗ります。
 それからシャワーを浴びて、ベランダに乗ってから寝ます。」


ロビンソン先生は「ベランダに乗る」の意味がよく分かりませんでしたが、
ビリーの家の造りと関係があるのだろう、と考えました。


 ※※ ※※ ※※


数日後、ロビンソン先生はビリー宅に家庭訪問しました。
家ではビリーのパパが出迎えてくれました。

「やあ、ミセス・ロビンソン。ようこそいらっしゃいました。
 妻は今、買い物に出てますが、もうそろそろ戻るころです」

見回すと小さな家には、どこにもベランダがありません。
いぶかしく思いながら、ロビンソン先生はリビングのソファに座りました。

すぐにドアが開いて、ビリーのママが帰って来ました。
セクシーで美しいママに、パパが声を掛けました。

「ちょうどビリーの先生がいらっしゃったところだ。
 紅茶をお出ししてくれ、ベランダ」

出典:アメジョ
リンク:改変版
  投票  (・∀・):74  (・A・):18  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40613/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用