人生終わった (オリジナルフィクション) 16835回

2015/03/27 13:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
公務員の夫はとても家族思いで、たいした趣味もなく毎日早く帰ってきては娘の顔を見て
ニヤニヤしている。
そんな何不自由ない幸せな日々だった。

ところが
先日、家族ぐるみでお付き合いしているご近所さん達と
スパリゾートハワイアンズに行こうという話になった。

「うちは遠慮しようよ」と私は猛反対した。
しかし、夫は「なんで駄目なんだよ!」
とかなり乗り気な様子。

どうしても、行くわけにはいかなかったので
思わず本音が出てしまった。

「だって、貴方、小さいじゃない!」

言った瞬間、しまったと口を押えたが遅かった。
夫は、何度か口をパクパクさせた後、無言で外に出て行ってしまった。

それから今まで一度も口をきいていない。

私には想像できた。
もしも磐城に一緒に行っていたら
近所の下品な奥様連中のこと

主婦A「お隣のご主人、ちっちゃ」 
主婦B「○○さんのご主人はご立派でしたわね」 

きっと、こんな風になっていたに違いない。
あの真面目な夫をそんな目に合わせるわけにはいかなかった。

しかし、結局、この私自身が、夫を傷つけてしまった。

私は、どうやって夫を慰めたら良いのでしょうか?
許してもらえるなら、どんなことでもしたいと思っています。



出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):26  (・A・):20  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40621/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用