完全なる調教 (その他) 10773回

2015/04/10 20:11┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
背中が熱い

何だこの熱さは、私は上を見上げる。

手足は動かない、かろうじて動かせるのは顔だけだった。

見上げた先には、黒いマスクを被った女性が私を見つめていた。

ようやくお目覚めね。

私は理解が出来ない。

しゃべりたかったがしゃべらない、口が完全にふさがれていたのだ。

コレを拉致といわずしてナニを拉致と言うのだ。

私はなにか悪い組織にでも捕まったのかと恐怖を覚えてた。

そしてもう一度顔を上げると黒いマスクをした女性がマスクを外したのだ。

剥がれるマスクから見えた顔は、数時間前にSMパートナー無料ID検索で出会った女性だった。

私は覚えている、浮かれて女性の家にゆき。

突然の睡魔に襲われたことを・・・

睡眠薬か何かだろう。

しかしこの状況な何だ・・

動けない、しゃべれない、そして背中が熱い。

女性の手には今まで見たことのない大きさの赤いロウソクをもっていた。

女性は優しくほくそ笑む。

どんなにあがいても、なにも出来ない。

その間も女性がロウソクをたらして笑っている。

ある程度あがいたあと私は完全に諦めたのだ。

そして、わたしは女性の思うがまま好き勝手にされたのだ。

確かに掲示板では「新生のMです」とは書いたがこれはさすがにないだろう、そう思ったのだが

逃げることはできない。

されるがまま色々な体験をした。

打たれる、罵られる。

挙句の果てにはアナルにアナルビーズを入れられる。

何個も何個も

完全にその女性のおもちゃだった。

そしてことが終わるとその拘束を女性は解いてくれた。

私は心底調教されたのだ。

開放された後は女性のいう事にたいして、従順に答えてしまう。

コレが完全なる調教なのかと納得した。

そして今でも、女性に呼ばれると素直に行き言われるがままにおもちゃになっている。


出典:SMパートナー無料ID検索
リンク:http://awesomebbs.com/shm/
  投票  (・∀・):5  (・A・):21  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40704/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用