神と言う名の悪魔に無理やりセックスを迫られる (その他) 10348回

2015/04/13 11:33┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
出会い系サイトで出会った健介は、点数をつけると10点満点中6点くらいの男。

どこにでもいるタイプで良くも悪くもフツー。

本人は結構自信をもってるみたいだけど、ルックスは微妙っていうか、ややブサイク。

背だけは高いけど、不健康に痩せててて肩幅とかも狭くて頼りない感じ。

話もおもしろくない。

それでも、はじめて出会ってから居酒屋に行った後、健介にラブホテルに誘われた時、私は断らなかった。

なんでかっていえば、当時の私は、「神待ち掲示板」「家出少女掲示板」といわれるようなサイトに書き込みをするぐらいお金がなかったし、ネカフェで寝るお金にも事欠くような状態だったから。

別にセックスしたって、減るもんじゃないしね。

健介は、てっきり私に拒否られると思ってたらしく、私が「いいよ」といったら、逆にテンパってたw

「真紀ちゃんみたいなかわいい子が、お、俺とラブホテルなんて、行ってくれるとは思わなかったよ。」

「だって、『何もしない。』っていったじゃん。私、お風呂入ってくるね。」

もちろん、ラブホテルに入って、何もしないわけがないと思ってるけど。

ちょっとからかいたくなって、イジワルを言ってみた。

まーったりとバスタブに浸かって、のんびりと体を洗う。

ラブホテルのお風呂って、きれいで広いからいいよね。

まあ、風呂から出るとセックスが待ってるから、どうでもいい男とはいえ、おまんこも念入りに洗っておいた。

バスローブを着て、バスルームから出たら、性欲むき出しの目でじっとりとみられた。

「健介くんも、お風呂入ったら?」

抱きついてこようとするのをするりとかわして、健介をお風呂に追いやる。

髪を乾かしながら、勝手に冷蔵庫を開けて、ビールを飲んでくつろいでいると、ろくに体も拭かないで健介が私の隣に座った。

「あ、一人でビールなんか飲んで、ずるいんだ。」

私の飲みかけのビールを飲んだ健介は、

「間接キスだね。」

なんてはしゃいでいる。

何、この男。キモ・・・。

と思いながらも、私は愛想笑いしてあげた。

それでイケると勘違いしたのか、健介が体を寄せてきたので、私はさっと立ち上がり、ベッドに入った。

「もう寝ようよ。」

健介に背を向けて、目を閉じて、寝ているフリをする。

あんまりセックス好きじゃないし、気の弱い男なら、これでヤらずに済むこともあるから・・・。

もし、これで終わればラッキー。

という私の考えは甘くて、健介はしつこく私に迫ってきた。

後ろから私に抱きつくようにして、ごそごそと体をまさぐってくる。

「ちょっと、やだ・・・何もしないっていったでしょ。」

ちょっとトガった声で怒っても、全くヘコまない。

「そんなのホテルに誘う口実に決まってんじゃん。せっかくラブホテルに来たんだから、セックスしようよー。」

酒も入ったこともあり、健介の態度も馴れ馴れしくなってきたみたい。

強引に仰向けにされて、上にのっかられると、重くて「ぐえっ。」といいたくなった。

「重いし。ちょっとどいてよ。」

睨んでも、にやにやしたまま、キスしようとしてくる。

「やだ!キスは絶対にダメ!」

自分の手で唇を塞いで、キスされないようにガードしたら、健介は乱暴に私のバスローブを剥ぎとって、おっぱいに吸い付いてきた。

「キスがダメでも、それ以外ならいいよね!」

乳首をちゅばちゅば吸われているうちに、ちょっと気持ちよくなってきたこともあって、仕方ないかと諦めモードになる。

あんまり拒否ると、キレられたりするから、このへんが潮時だよね。

出会い系で殺人事件とかも起きてるし、男の人が本気になったら怖いもん。

一回きりのエッチだったら、まあいいかと思ってきた。

おっぱいを揉みながら、乳首を舐めている健介は、私が抵抗しなくなったので、ちらちらと私の表情を窺っている。

めんどくさいなあ。

さっさとおまんこにちんぽを突っ込んで射精してくれよ。

心の中で、そんなことをつぶやいていた。

すごく気に入った男だったら、感じてる演技もするけど(演技する必要もないぐらい気持ち良くなる方がおおいけど)、健介程度の男はいくらでもいるし、あえいで気持ちいいふりをするのも面倒くさい。

Hビデオとか見てると、AV女優がすっごい声で喘いでるけどさ、あれって、ホントに感じてるのかな?

不感症なのかも知れないけど、少なくても私は、あんな大きな声を出すくらいくらい感じたことはないんだよね。

イくのも、クリトリス以外はムリだし。

気持ちよくないから、あんまりセックスは好きじゃない。

もしかすると、オナニーのやりすぎなのかもw

私がつまらなそうにしてるので、健介はおっぱいへの愛撫をやめて、パンティに手をかけてきた。

パンティを脱がせて、おまんこが濡れてると、男って喜ぶけど、別に感じてなくてもフツーに濡れるよね。

「濡れてるね・・・。あえぎ声、我慢しなくていいんだよ。」

いや、我慢してねーし!

心の中でツッコミつつも、

「うん・・・。でも、恥ずかしいから・・・。」

と小声で答えてあげた。

おまんこに指を入れられると、長い爪があたって痛い。

ほんと、この男はダメだわ。

セックスの前に爪を切ってこないなんて、サイテー!

私のデリケートな膣壁が傷つきそうで怖いので、気持ちいいフリをして、もう待ち切れないっていう演技をすれば手マンをやめてくれるかな?と思い、

「もういいから・・・きて・・・。」

とおねだりしてみた。

思った通りで、調子にのった健介は、

「もうほしいの?せっかちだなあ。」

なんて嬉しそうにいいながら、ぬるつくちんぽをそのまま、膣口にあてがってきた。

「ダメっ!コンドームつけて!」

体を引いて、足を閉じながら、私は叫んだ。

生ハメなんてして、赤ちゃんできたらどうしてくれるのよ!

「大丈夫だって。ちゃんと膣外射精するし。」

いやいや、膣外射精は避妊じゃねーし!

そんなことを言われて、中出しされた友達が私のまわりにも結構いる。

で、誰の子供か分からないから、中絶費用をかせぐために、風俗で働いたり援交するハメになっちゃってるの。

私はキレてしまいそうになる気持ちをなんとか押さえて、健介にコンドームを渡して、

「つけてくれなきゃ、イヤ!」

と。体を縮こまらせた。

私の強い要求に、健介はしぶしぶ、ちんぽにコンドームを装着してくれた。

「これでいいだろ?」

ふてくされたようにいって、ついに私のおまんこにちんぽを挿入してきた。

健介が腰を振り出してしばらくすると、、なんか、おまんこに違和感を感じた。

もしかして、生で入れてない???

「ちょ・・・待って!一回抜いて!」

私が叫んでストップっせようとしても、健介は構わず、さらに激しく腰を振りながら、

「あ、バレた?やっぱ、セックスは生ハメ中出しでしょ。」

体を強い力で押さえつけられながら、乱暴に犯されて、私はマジで悲鳴をあげた。

コイツ、コンドームをこっそり破ってたんだ!

なんとか、おまんこからチンポを抜こうと抵抗したんだけど、痩せてるくせにものすごい力で抑えこまれて、身動きが取れない。

宣言通り、健介は私のおまんこに中出しした上、怒って口をきかない私にキレて、ラブホテル代も払わずに逃げた。

一人で部屋に残された私は、悔しくて涙が止まらなかった。

もう普通にデリヘルとか風俗で働いてお金を貯めて、どっか部屋を借りたいよぉ・・・。


神待ち掲示板と言えば神待ちSNS

出典:神待ちSNS
リンク:http://www.abnormalman.net/kamibbs/
  投票  (・∀・):5  (・A・):21  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40717/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用