弱みを握られた美女 (お口の体験談) 30789回

2015/05/14 02:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
父の親友である正和オジサンは、俺が通っているテニスクラブの理事長をしている。

三度の飯より将棋が好きだというオジサンは暇さえあれば我が家に指しに来ていた。

聞いたところによると将棋同好会時代から、オジサンが唯一勝てるのが、父だったのだそうだ。

大抵は父と二人でパチッパチッとプロも顔負けするくらい良い音を響かせているのだが、時々、俺も相手をさせられることがあった。


「ねえ、オジサン!新しいコーチって未亡人って聞いたけど、旦那さんとは離婚したの?旦那さんって、どんな人だったの?」

「そんな個人情報をぺらぺら教えられるわけないだろ」

「オジサン、さっきの”待った”で何回目だったっけ?」

「なに、今日はずいぶん気前が良いと思ったら、そういうことだったのか?」

「あはは。ケイが他人に興味を持つなんて珍しいなw正和、そのコーチって美人か?」

「重田ゆずり選手だよ」

「え?あの?そりゃあ、とんでもない美人だわw」

「てか、大丈夫なの?そんな人を雇って?」

「そ、そんな人?お父さん、それ、どういう意味?」

「い、いや、それは・・・」


あのコーチの旦那が、少女に悪戯したって?


我が耳を疑った。


「女子小学生を公園の隅に連れ込んで、胸や脚を触ったって話だ」



「重田信明・・・有名な選手だったんだぞ。

 日本が誇る世界ランカーだったんだ」


「それが、

 まだプロに成り立てだった、ゆずりさんと

 突然、結婚した時は、みんな驚いたものだ」


「だが、もっと驚いたのが、

 女子小学生への痴漢容疑だ、日本中が騒然となった」



「たしか、ウインブルドンへ行く壮行試合の後だったよな」


「そうだ。サインをねだる女子小学生をテニスの森の公園に連れ込んだんだ」


「ほ、本当のことなの?その人も罪を認めたの?」


「いや、本人は認めなかった。

 俺だって信じなかったよ。ノブがそんなことするわけねぇ!」


『痣があった。少女の腕に青あざがあったんだ。

 良く見ると脚にもあった。それで服を脱がしたんだ!』



「最後まで、そう弁明していた」



「最後って?」


「世間が許さなかったんだよ」


「小学生に悪戯って言えば、キングオブ性犯罪だ」


「ウインブルドンも、輝かしい功績も、未来さえも何もかも失って、


 走ってきたトラックに飛び込んで、、、終わりだ」


「ゆずりさんのお腹には赤ちゃんがいたのにな」


「大きなお腹を抱えて、実家に勘当されて、、、それでも毅然としてたな」



「夫を信じて、本当によく闘っていた」



「なのに・・・本当に可哀想だったよ」



「そ、そんな・・・」


「当時はまだオヤジが理事長で、

 
 俺は名前だけの常務理事だったが、ノブはうちのクラブの誇りだった」



「合コンでもよく自慢してたもんなw」



「まあなw その恩返しって訳じゃないが」



「ゆずりさんがこの街に戻ってきていると聞いてね、

 
 様子を見に行ったんだ


 そうしたら、スーパーのパートで苦労してるのを見かけてな。

 
 知らんぷりもできないだろ。


 家計の足しにでもなればと、コーチの話を持ち掛けた」




「問題になったりしないのか?かなりのスキャンダルだろ?」




「14年も前の話だぞ、誰も覚えてやしないよ。


 それに俺はノブの無実を信じている」




「そうだよ!オジサン!まったくその通りだよ!


 仮に有罪だったとしたって奥さんには何の罪もないだろ!」




思わず力が入った。

---------------------

”冴えない奴”だな


健太が転校してきた日、最初の感想がそれだった。



案の定、クラスでも最下層グループの一員に落ち着き、


その中でさえも浮いていたところを底意地の悪い米山に目をつけられて、、、


きっかけは微妙なイントネーションだった。


本人はなんとか標準語で話してはいるつもりだったのだろうが


東北訛りが抜け切れていなかった。



最初は発音を笑われ、そのうち真似されるようになり、


そして、健太は、ほとんどしゃべらなくなった。


あとはお決まりのような虐めの始まりだ。





そんな健太と親しくなるのは、非常に簡単なことだった。



「なあ、ゲーセン行かない?」



「え?、え?」



挙動不審にキョロキョロした後で、健太は自分の顔を指さして


目を大きく見開いた。



ゲーセン、カラオケ、ボウリング。



あえて他の奴らとは距離を置いて、健太とだけ、二人だけで遊ぶようにした。


狙いは、健太に、俺の1番の友が健太であると思わせること。

また、他の奴が健太と親しくなることを防止することだ。



当然のことだが、俺と一緒に居るようになった健太を虐めるやつなど誰もいやしない。



健太を一番虐めていた米山は


父親が俺のオヤジが経営する会社の役員だということもあり、


子供の頃から一緒に育った兄弟のような間柄だ。


俺のやることにケチを付けることなどあり得ない。



半月も経つと

健太は、ウザイくらい俺の傍にいるようになった。


毎日毎日


健太とつまらない会話をした。


しかし、目的のことを思うとそれも苦痛ではなかった。



「なあ、健太、遅くなってきたし、うちで飯を食っていけよ」


「え?でも・・悪いから」


「悪くないよ、友達だろ」


「う、うん!」




ちょうど2回程


健太をうちに連れてきて、飯を食った後だった。


テニスクラブの後で、コーチから声を掛けられた。


「田島君、いつもありがとう。

 
 健太がお宅でご馳走になったみたいで」


ドキッとした。


とても美しい笑顔だ。



「あれ?田島君?どうしちゃった?」



ぼうっと見惚れていると、コーチは顔を近づけてきた。



や、やめろー

俺は真っ赤になった顔を悟られないように即座に逃げ出した。



ふ、ふざけろ!


なんなんだ、この様は!




あまりの無様さに


自宅に帰ってからも、いいかげん自己嫌悪が続いた。



そんな時



今時珍しく家電に電話がかかってきた。




コーチからだった。

「田島君ちみたいに、豪勢にはいかないけど、
 
 一生懸命作るから、明日食べにきて!

 お母さんのご了解は貰ってあるから!」


これが、初めてガッツポーズをした瞬間だった。


俺はすぐにパソコンの画面に向って、

計画一覧表の一番上にある項目、手料理の欄に”済”という文字を入れた。



次の項目は・・・


ゆずり




そう、お前を名前で呼ぶことだ。



一度、手料理をご馳走になると


それが、まるで自然の流れであるかのように、


俺は健太の家で度々夕食をご馳走になるようになった。



「なあ、健太、やっぱさ、お前の家で、コーチって呼ぶのは変だよな?」



「うん、変だよ」



「なんて呼べばいいんだろ?」


「名字の重田だと僕と同じだから、紛らわしいし、やっぱ名前じゃない」



「じゃあさ、コーチの前で言って貰えないかな?」




その日の夕食中


俺は健太の足を軽く蹴った。これが合図だったからだ。



「ねえ、お母さん!

 お母さんのこと田島がいつまでもコーチって呼んでるの変じゃない?」


おい!どんだけ棒だよ!


「え?そうねぇ。確かにテニスクラブじゃないんだから変よね」



「名字だと、僕と同じで紛らわしいから、やっぱ名前だよね?」


「そうね、田島君!私の名前知ってる?ゆずりって言うの」



コーチの名前が「ゆずり」ということなんて、、、


もちろん知っていたさ。


俺はいつも自室で「ゆずり、ゆずり」と叫びながら、身もだえているのだから。



この日から、俺はコーチをゆずりさんと呼ぶようになった。


元々抜群に人気が高いゆずりさんだ。


俺が”ゆずりさん”と呼ぶようになると、

テニスクラブの生徒たちも皆、”ゆずりさん”と


親しみを込めて呼ぶようになった。

そのこと自体は想定内であり、問題はなかった。



ただ一つを除いて・・・




皆にワイワイ♪囲まれている ゆずりさんを



邪な目で見つめる顔があった。


その顔には、嫉妬からくる下卑た笑みが浮かんでいた。



清水コーチは、


20代の独身男で、ゆずりさんが来る前の俺達のコーチだ。


テニスクラブでは主に奥様連中を相手にしているせいか、


言葉つきも妙に甘ったるく嫌らしい。


何処にでもいる頭の軽そうなスポーツマンだが、


プライドの高さだけは一流だった。



女子を露骨な視線で見ているという悪評から、


俺達の担当を外された彼にとって、


後釜であるゆずりさんが、


生徒たちから慕われているのは、プライドが許さいのだろう。


ちなみに

清水の悪評をクラブ中に広めたのは、この俺なのだが(笑)


たが、けっして事実無根というわけではない。


事実、レッスン時に嫌らしい手つきで触られたという女子も少なくはなかった。



その清水が、ゆずりさんの美貌に目を付けない訳がない。



全ては想定した通りだった。



ただ、それ程まで早く清水が動くとは思わなかった。



見張らせていた庄司から、


清水がゆずりさんを連れて、ラウンジを出て行ったと聞くと



俺は一目散に走った。


当然、場所にも見当がついていた。



「俺と付き合わないか?」と清水に突然求められて


ゆずりさんは困惑の表情を浮かべていた。


無理もない。彼女にとっては青天の霹靂のはずだ。


「はい?」


「だから、付き合おうって言ってんの」


清水の奴、興奮で息を切らしているようだ。



「どうやら、本気で言っているようですね」


ゆずりさんの声音を聞いて、はっとなった。


清水の勢いに威圧されているのではないかと

若干不安だったが

杞憂だったようだ。


ゆずりさんは、はっきりと言った。


「申し訳ありませんが、お断りします」


この返事を聞いて


それまで自信満々に唇に笑みを浮かべていた清水が


急に血が沸き立つかのように目を剥いた。


「元プロか何か知らんが、お高く止まりやがって!

 知ってんだぞ、俺は!
 
 お前の死んだ旦那、痴漢なんだろ?卑劣な性犯罪者じゃないか!」



ゆずりさんはキッと見つめ返した。


「何の証拠があって私の夫を侮辱するのでしょうか?」


「職場で女を口説く貴方ではあるまいし、下種な勘繰りは止めてください。
 話がそれだけでしたら、、失礼します」


全く動揺する素振りも見せずに言い放つ。



毅然としていた。

夫は無実だ、何も恥ることはない!

ピンと伸びた姿勢の良い背中が、そう語っているようだった。


その背中に、いきなり手が伸びてきた。

清水は、腕ずくでゆずりさんを抱き寄せようと肩を掴むと、

そのまま逆上に瞳を輝かせた顔を寄せていった。


「なにをするの!」


ゆずりさんは、夢中で清水を振り払う。


しかし


「バラすぞ!クラブ中にばらしてやるよ!お前の破廉恥夫のことを」



このセリフで、抵抗していた ゆずりさんの動きが、ピタリと止まった。




ほくそ笑む清水の下卑た面が、遠目にも良く分かった。

「なんだよw なんだかんだ言って、バラされるの嫌なんじゃないかw
 黙っててやるよ。その代り、素っ裸になって詫びて貰おうか。 
 そうだなぁ、土下座が見たいなぁ、形の良い土下座、、見せてよw」

なにぃっ!あの野郎!調子に乗りやがって!

「どうした?なんとか言えよ!
 変態を夫にした自分の見る目の無さを全裸を晒して悔やむんだな。
 最初から俺みたいな男にしとけば・・・ 」


ビッシャンッ!!
骨まで響くような乾いた音が俺のところまで聞こえてきた。

「痛っ」

ゆずりさんは、凛とした美貌を引き締めながら、
刺さるような視線で清水をじっと見据えていた。

「下劣な男、吐き気がするわ」

清水は何も言い返さずに、驚愕の表情で口をパクパクさせている。
明らかに、たじろいでいた。

あの射抜くような大きな瞳は、俺も味わったことがある。

「一応、貴方も同僚なので、もう一度だけ警告しておきます。
 同じことを何度も言わせないでください。
 夫は無実です、バラされて困るようなことは何もありません!では、失礼」

堂々とした良く通る声で、そう告げると
ゆずりさんは颯爽とその場を去って行った。

後に残された清水は、平手打ちされた頬を抑えながら、
茫然自失という具合で、ぽかーんとしていた。


しかし、すぐに口元を怪しく歪めた。

「あの女・・・ いまに見てろよ。

 いずれ、その生意気な口で、たっぷりとサービスさせてやる」


一部始終を見ていた俺は、緊張していたのか、心臓がきゅっと痛くなっていた。




出典:公開オナヌー
リンク:http://estar.jp/.pc/work/novel/23583989/
  投票  (・∀・):12  (・A・):14  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/40875/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用