万引き女子大生が堕ちるまで (ジャンル未設定) 12382回

2015/09/27 18:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
万引きの弱みを握られて50代のおじさんの性調教された女子大生あいこの話を投稿した者です。

(万引き女子大生の末路 http://moemoe.mydns.jp/view.php/41799
 万引き女子大生の末路 http://moemoe.mydns.jp/view.php/41985)
 万引き女子大生のその後 http://moemoe.mydns.jp/view.php/41986)




前回、AVデビューさせられる寸前だった彼女を、大輪姦(今まで「大乱交パーティー」と書いていましたが、実際に行われたのは乱交行為ではなく、サークルメンバー19人が彼女一人を犯す輪姦行為だったので今後こう書くことにします)を受け入れることを条件に譲り受け、その後彼女が無事回復したことを報告しました。



今回は時系列的にはそれより前、
普通の女子大生だった彼女がレイプ同然に犯された後、複数プレイデビューで初対面相手にイってしまうようなドMに堕ちるまで について書きたいと思います。














過去の報告を読んでくださった方はお分かりと思いますが、彼女は筋金入りのドMです。



私が所属していたサークルで企画される乱交パーティーでも、自分から被虐的なエロ行為をしたり淫乱な言葉を言ったりする女性は珍しくありません。
しかし、それは、30代後半や40代の人妻、いわばセックスのベテランに限った話です。


20代後半ぐらいまでは、セックス経験がそこそこあっても、乱交というシチュエーションに緊張してしまい、あまり感じれず、行為の終盤になりいつもより控えめに喘ぐぐらいが関の山です。



ですから、彼女のようにまだ10代にも関わらず、
初めての複数プレイで初対面の男性を相手にしてすぐイッたり、
イクを時に大絶叫したり、
イヤらしい言葉を発したり出来るのは、非常に珍しかったのです(そもそも10代が30代〜60代の乱交に参加すること自体稀有だったのですが)。







Kさんからの聞き取り+彼女本人からの聞き取り+Kさんから譲り受けた調教記録 を総合したところ、
Kさんが彼女を上述のような淫乱な行為を行えるドMに堕とすために取った方法は、以下のようなものでした。
(なお、当初調教記録はKさんに削除してもらう前に、すべて譲ってもらいました。)。







=============================================================================================



―藉段階の懐柔
今回のようにほぼ無理矢理女を犯し、その後も関係を続けようとする場合、初期段階が一番リスクが高いと言われています。
そしてそれは、あいこも例外ではありませんでした。



4月25日。

万引きがばれた当日。万引きをネタにレイプ同然に犯す。(あいこの処女喪失)
行為開始して数時間後、Kさんのセックステクを駆使し潮を噴いてイカせられたものの、彼女は終始ボロボロ泣きまくり。





4月29日。

昼間から呼び出し、ラブホテルに連れ込み。彼女の目の下には隈が出来ており目も虚ろだったものの容赦はせず、「動画を消してください」「もう許してください」と請われたものの「まだダメ」と突っぱね、前回同様に脅かしながらレイプ同然のセックスを実行。この日も初回同様に大泣き。




5月9日

久しぶりに呼び出すと、彼女の目の下の隈は一層ひどくなり、食事もほとんど喉を通らなかったため頬がげっそりこけガリガリ、肌はボロボロになり、まるで別人のよう。

目はうつろで焦点もあっていない状態で、
「撮った写真や動画を消してくれないなら、自分の破滅は承知で警察に言うか、自殺する」とブツブツと何度も繰り返したそうです。



これは流石にマズイ、自分の行為が露見してしまうかもと、対応の甘さを反省したKさんは、
「今日は無理にセックスしない。その代わり、これから食事に付き合ってくれ」と告げ、ファミレスに連れていったそうです。





そこでKさんは、

・実は、君みたいに万引きの罪をセックスで償っている女性はたくさんいる。私の知っているだけで20人をかるく超える。

・ほとんどの子は1〜3ヶ月で解放されて、普通の生活に戻っている。もっとも、言うことをちゃんとに聞けなくて万引きから一年以上経ってるのに乱交パーティーに参加させられているOLや、約束を破って人に相談したから動画を流されそれが親や友達にもバレて大学を辞めなければならなくなった女子大生も知っているが。

・私も、今まで3人の女性を相手にしたけど、彼女たちはちゃんとに言うこと聞いてくれたから、みんな3ヶ月前後で赦してあげた。(←これは嘘。本当は一晩限りのセックスまで入れれば20人を超える女を犯し、中には飽きてしまいAV撮影して売り捌いた相手もいたけど、引かれると思って言わなかったそうです。)

・まだ若くて未来もあるのに、自殺なんかは言うまでもなく、誰かに言ったりしてももう君の一生はそれで台無し。数ヶ月だけ、頑張ってみないか。

というような話を、経営者として培った話術を巧みに駆使しながら延々としたそうです。






Kさんの作戦は、彼女に
・このようなことは実はよくあること
・言うとおりにしていれば、この行為はじきに終わり、元の生活に戻れる
という思考をさせることでした。






普通に考えれば、数百円のシャーペン一本の万引きで数ヶ月セックスの相手をさせられるなんておかしな話だとわかりますが、万引きを脅され、それをネタに犯された上その行為の動画まで撮られた状態では、正常な判断が難しかったのでしょう。




Kさんの作戦は見事成功し、
Kさんからの説明を聞いた彼女は心なしか表情が穏やかになり、Kさんに促されて250gステーキのセットを平らげたそうです。


そして、その日は結局セックスをせずに終わったのですが、別れ際に彼女から
「万引きやレイプのことはやっぱり誰にも言わないし言うことも聞くから、Kさんも誰にも言わないでください」と言ってきたそうです。







=============================================================================================



同意セックス

,僚侏荵があって以降、セックスの抵抗が(比較的)少なくなり、ボロボロだった彼女の心身も元に戻っていったそうです。
(この頃、フェラチオ、飲精などの行為も仕込んだそうです)



ただ、5月は,あったより後に2日間呼び出してセックスをし、その度最低2回はイカせていたのですが、彼女の態度には「無理やり従わされている感」が露骨に残り、今ひとつ面白くなかったそうです。
殊更動画や写真を撮られることについては、顔が写らないよう、顔を背けたり下を向いたりしてしまうのです。





Kさんは、彼女の弱みを握った当日から、自ら虐めてくれるよう依頼してくるぐらいのM奴隷に調教するつもりでいたそうですが、そのためには、彼女と信頼関係を築く必要がありました。


経験者の皆さんはご承知の通り、M奴隷にすると言っても、S側が好き勝手に一方的に虐めてやればいいというわけではなく、M奴隷に心の奥で信頼されている必要があるのです。






そして、信頼関係を築くには、彼女と同意の上でセックスを行い、かつ彼女を満たしてやることが有効と考えられました。




「同意」については、
もちろん今までの行為も彼女が同意していると言えばそうなのですが、
「そうせざるを得ない状況に置かれてしまったためやむを得ず同意した」、言い換えれば「強制的に同意させられた」もので、本当の同意とは程遠かったのです。









6月6日。


この日、Kさんは彼女と、前述の同意セックスを行うための作戦を実行しました。


朝から呼び出した彼女に、Kさん同席のもと、Kさんや私が所属していたサークルの乱交動画や、市販のアダルトビデオを見るよう指示。




こんな命令をされて彼女は嫌悪感を露わにしますが、
「動画を見てれば午前中はセックスしない、服も着たままで、本当にただ見るだけでいい」いうと、動画を見ることを渋々同意しました。


動画の内容は、暴力的な行為やレイプ系じゃなく、きれいな女性が同意の上でセックスし、幸福そうに感じているものばかり5本ほどだったそうです。





見終わったあと感想を聞くと、どこかのタレントのように
「別に…」
というつれない反応。



しかし、そう言いながらも彼女の頬が紅潮しているのを、Kさんは見逃しませんでした。









その後昼食をとり終えると、

Kさんは彼女に「午後からは、あいこと俺で四十八手の写真集を作る」と告げました。


最近四十八手のポーズ集が出版され話題になりましたが、要はあれの無修正生挿入版ですね。







そんなものを撮影されると聞き彼女はやはり嫌がりましたが、



・今までは嫌がっていたから撮影は控えめにしてあげていたが、この撮影は絶対する。
・嫌々な感じがちょっとでも出るようだったら、そんな面白くないものは販売してお金に変えてしまう。
・でも、あいこの顔がちゃんと映った可愛い良い写真が取れれば、他の人に見せず俺専用で愉しむだけにする。




こんなこと言われたら、Kさんを満足させられるような写真の撮影に応じる他はなく、これにも渋々ですが同意をしました。









渋々とは言えこの同意により、彼女のおまんこにペニスを48回は出し入れされることが確定します。

48回の出し入れというのは、もちろん、体位を変えるごとにペニスを一度抜き挿しする必要があるからです。
(角度が悪くきれいに映ってなかった場合や彼女の表情が悪かった場合は撮り直しですから、ペニスの出し入れは実際には48回よりかなり多くされたようですが。)








撮影のため彼女の服を脱がせると、ショーツには愛液で大きな染みが出来ていました。

これは、午前中に見せられた動画の影響と思われました。
いくら嫌々見させられたとしても、男女の交尾を延々と見せ付けられて濡れない女はいませんから、これは仕方ないことです。






写真撮影は、四十八手あいうえお順に進めていきましたが、


揚羽本手、網代本手、筏茶臼 … と進めていくにつれ、前述のように最初から濡れていた彼女のオマンコは、更に濡れていき、呼吸も荒くなっていきました。






なお、このときの目的はあくまで挿入している状態での体位の撮影ですから、ピストン運動は行われません。





言い換えれば、彼女にとっては、

ペニス挿入→その状態で(写真を撮るため)しばらくストップ→ペニス抜き→今までと別の体位でペニス挿入→その状態でまたしばらくストップ …

という行為を、延々と何十回も繰り替えされるということなのです。


























そうして二時間におよぶ四十八手の撮影が終わった後にあったのは、
自らの愛液で染みだらけにしてしまったベッドシーツの上に全身を紅潮させへたり込む、あいこの姿でした。
息は ハァ、ハァと荒くなり、目もトロンとしてしまっています。







Kさんは彼女を5分ほど休ませてあげた後、こう告げました。

「今日はさっきの撮影用以外に挿入するつもりはなかったけど、頑張ってくれたあいこがすごく可愛かったから、気が変わってしまった。これからセックスするよ。いいね?」






そうKさんに聞かれた彼女は、しばしの間逡巡しましたが、ついには雌の本能に負け、コクンと頷いてしまいました。








そうして、Kさんと彼女の初めての「同意セックス」が行われました。


そのセックスには、今までのような脅しは一切無いカップルが行うようなセックスで、しかも行為をしながら彼女のことを褒めまくります。



「今まで抱いてきた女の中であいこが一番可愛い」
「喘ぎ声が可愛い」
「スタイルがいい。贅肉が無くて、クビレがエロくて最高」
「肌がきれい」
「髪がきれい」
「エッチのときの切なそうな表情がそそる」
「こんな可愛い子とセックスしてる今の俺は間違いなく世界一幸福」



そう褒めながら優しく、焦らしを交えながら愛撫してやると、彼女のオマンコからは今までの強制セックスとは比べ物にならないほどの量の愛液が分泌されてきました。





行為をしながらKさんが、「さっきの撮影で、どの体位が一番興奮した?」と尋ねると、一度は「興奮なんかしてない!」と否定しましたが、
「あいこは嘘つきだね、まんこびしょびしょにしてたくせに。正直に言って。」と言うと、彼女は恥じらいながらも小さな声で「帆かけ茶臼。」(いわゆる対面座位)と答えました。






行為開始後しばらくすると彼女の喘ぎ声が一層大きくなり、Kさんは彼女の絶頂を予感しました。



体位をバックにし、後ろから膣奥を深く突いてやりがら乳首をコリコリ潰すようにしてやると、「ア〜〜!アァ〜!」と喘ぎ声が一層大きくなり、
最後は「イクッ!」と短く言い、背をギュンと仰け反らせて絶頂しました。



その後すぐカラダを自分で支えきれなくなった彼女はペシャリと体勢を崩しますが、尻だけはKさんに支えられていたため、
尻だけ高く突き出しKさんと結合した状態が維持されました。






Kさん「あいこ、イク時ちゃんとに言えて偉かったよ、俺もそろそろイクから、もうちょっと頑張ってね。」(前回までのセックスで、イク時には「イク」とKさんに伝えるよう仕込み済み)




そう言いKさんは、あいこを休ませることなくピストン運動を再開。


今ほどイッたばかりのあいこはKさんがイクまで数分間追加の快楽を与えられ、ヨガラせられてました。













その日のフィニッシュは、先ほどの四十八手の写真撮影で彼女が一番興奮したという、対面座位でした。


Kさんが「俺はまたイキそうだ、最後はあいこが一番好きだって言ってた体位にしよう」


そう言ってKさんが座った状態であいこに声をかけると、あいこはそれを受け入れ、自らKさんに近寄るとペニスに腰を沈め、更に、ぎこちなくですが、自分で腰を動かしたそうです。




すかさずKさんが
「あいこが自分で動いてくれて嬉しいよ、最高に気持ちいいからもっと頑張って。」と言うと、

彼女は口で返事をしない替わりに態度で、つまり腰の動きを激しくすることで答えました。






それからしばらく腰を振り続けた彼女は、
「ヤダ、ダメ!またイク!」と言うと、Kさんにギュッと抱きついて果てました。









その後数分間2人はセックスの余韻を愉しむようしばらく抱き合い、時折恋人の様なキスを交わしました。




その後は彼女にシャワーを浴びさせて帰しましたが、

別れ際に抱きしめ、

「今日のあいこは本当に可愛かった。次も、今日みたいに頑張れるかな?」

そう尋ねると、Kさんの腕の中で小さく、しかし確かに、彼女はコクンと頷いたそうです。






=============================================================================================




0語調教

同意セックスを行った後、彼女のセックスへの抵抗は、ほとんどと言っていいほどなくなりました。動画の撮影も、前ほど露骨な嫌悪感をしましません。


呼び出すと、行為の開始前からショーツに大きな染みを作ってくる有様で、

Kさんが「騎乗位」「松葉崩し」と体位を指定すると、自分で率先してKさんが挿入しやすい格好をとってくるようにもなりました。

セックスを始めて興奮してくると、自分から腰を動かしたり、自分で乳首をKさんの口元まで近づけ、暗に吸って欲しそうにしたりもします(こういう場合、Kさんはあいこから「吸って」と言わない限り、吸ってあげないそうです)








しかし、Kさんはこれでもまだ満足していませんでした。



Kさんの不満は、彼女がセックスのときに恥ずかしがり、声を堪えてしまうことです。
イク瞬間にはちゃんとに「イク」と言いますが、小さな声で短く言うだけでした。


KさんにとってのM奴隷は、淫乱な言葉も平気で吐ける女のことを指していたのです。






6月20日。

この日は、Kさんは彼女に淫語調教を行うことに決め、サークルで所有する別荘(後日に複数プレイや大輪姦を受けることになった、あの別荘です)に連れて行きました。



まずは普通にセックスを開始。

Kさんとあいこが1回ずつイッた後、少し休んで2回戦に突入。




正常位でガンガンに突いてヨガらせたところで腰の動きをストップし、彼女に声をかけます。




Kさん「あいこ、前からお願いしてたけど、エッチの時にもっとちゃんと声を聞かせてくれないか?あいこの声可愛いから、聞きたいんだ。」

あいこ「……それは絶対ムリ…、、、」









彼女のその返事を聞いたKさんは、


Kさん「そうか、じゃあ仕方がないね。荒療治になるけど、頑張るんだよ」


そう言うとペニスを引き抜き、自分の腕に何かカチャカチャ音がするものが入った袋をかけると、裸のまま彼女を抱え上げ外に出ました。






あいこ「えっ!?イヤ、何考えてるの、ヤメテ!」

彼女は当然のように抵抗して暴れますが、Kさんはがっちり掴んで逃がしません。



そのまま100mほど別荘が見えなくなるぐらいまで歩くと彼女を降ろし、袋の中身を取り出しました。
袋の中に入っていたのは、手錠とトランシーバーでした。

Kさんは木の枝と彼女の片腕を手錠で拘束すると、トランシーバーを渡してこう言いました。




Kさん「かわいそうだけど、今日はあいこの『恥ずかしい』という感情を壊させてもらう。
    この山道は滅多に人は登ってこないけど、誰も登ってこないという保証はない。
       早く解放して欲しかったら、トランシーバで出す俺の指示に従いなさい。」



彼女は、「ヤダヨォ、これ(手錠)外して、服着せて!」と喚いていましたが、
Kさんはそれを無視し別荘に戻ってしましました。


そして、別荘に到着してからトランシーバーを使い彼女にこう指示を出しました。














Kさん「そこからこの別荘の玄関まで聞こえるよう、大きな声で『オマンコ』と叫べ!」











当然、あいこからの最初の返答は、
「そんなの絶対ムリ!人に聞かれたらどうするの!こんな格好人に見られたら死んじゃう!迎えに来て!早く!早く!」
でしたが、



Kさんは強い口調で
「絶対ダメ。あいこがやる気がないならもう通信しないから。ずっとそのままでいなさい!」
といい、トランシーバーの電源を切ってしまいました。







それからしばらくKさんが耳を済ませていると、
セミや鳥の鳴き声に混ざり、遠くから

「オ…コ…」「オ マ…コ」と女性の声らしきものが聞こえてきました。








Kさんはトランシーバーの電源を入れると

「今声だしたか?ほとんど聞こえないからこんなんじゃ許さないよ。」

それだけ言ってすぐ電源を切ります。





それから20秒ほどすると、今度は、

「オマンコーーーーッ!」

と、はっきりと聞き取れる、あいこの甲高い叫び声が聞こえました。





















その後、Kさんは次々と指示を出し、卑猥な言葉を叫ばせました。




あいこ「オマンコォーーーーーーッ! オチンチーーーーーーンッ!」


あいこ「イクーーーーーーーッ!! イクーーーーーーッ!! イクーーーーーーーッ!!」


あいこ「ご主人様のオチンンチンサイコーーーーーーーーーーーーーッ!!!」


あいこ「あいこの淫乱マンコにーーーーーーーーッ!!
    ご主人様のオチンチンぶち込んでぇーーーーーーーーーーッ!」

あいこ「○○大学教育学部イチネンセーーーーッ(一年生)!!○○あいこーーーーーーーーッ!
    私はーーーーーーッ! K様のセーシ(精子)でーーーーーーーッ! 妊娠しーーーーーーーッ!
    元気な赤ちゃんを出産することをここに誓いまーーーーーーーーーーすッ!!」




そのような卑猥な言葉を叫ばせることを15分ほど続け、最後、


あいこ「○○あいこはここにいまーーーーーーすッ!!
    誰でもいいからオマンコにオチンチン入れに来てぇーーーーーーーーーーーーーッ!!!
    早くぶち込みに来てぇーーーーーーーーーッ!」



というはっきりとした叫びを聞くと、あいこを拘束したところまで迎えに言ってやりました。







彼女は胸とマンコを隠してしゃがみ込み、顔をグシャグシャにし、ヒィヒィと泣いていました。




Kさんは抱きかかえて戻り彼女をベッドに投げ出すと、そのまま先ほど中断されたセックスを再開。







しばらくピストンを続けて彼女ヨガらせた後、彼女にこう宣告しました



Kさん「今からあいこがちゃんと淫乱な言葉を言えるか、テストするぞ。
    結果が悪かったら、もう一回さっきのをやり直しだからな!わかったら返事!」
あいこ「ヒック、ヒック、ゥゥ、わかりましたぁッ、、、」








これを読んで、何だまた強制に戻るのか、と思われるかもしれませんが、



今回の強制は過去にあいこに対して行った、
「言うことを聞かなければ万引きをばらす、動画を流す」という恐怖心を受け付けるものとは決定的に違うのです。



Kさんは、

「本当は声を出したいけど、恥ずかしい、第一私は脅されている立場なんだから、エッチな声なんて人として絶対出しちゃいけない。」

というあいこの感情を見抜いていたのです。






ですから、言わば今回のKさんの命令は、

「声を出すことも強制されたんだから、もう思いっきり声を出してしまって構わない」

という、彼女にとって「免 罪 符」といえるものを与えてやったに等しいのです。






Kさんはあいこの返事を聞くと、ピストン運動をしながらあいこに尋ね始めました。





Kさん「あいこ、どうだ、気持ちいいか!?」

あいこ「アッ、 アッ、気持ちいいですっ、」




Kさん「何が気持ちいいんだ!?」

あいこ「アッ、 アッ、 オマンコ!」




Kさん「オマンコはどうして気持ちいいんだ?」

あいこ「アッ、 アッ、 Kさんのオチンチンで気持ちいいです、」




Kさん「雌奴隷のくせに言葉遣いが全然ダメ!俺のことはK様かご主人様、自分のことは名前で言え!最初から通して言いなおせ!」

あいこ「ごめんなさいっ、 ウッ、 アッ、 あいこのおまんこはッ、ご主人様のッ、
    オチンチンでッ、 気持ちよくなっていますっ!」




Kさん「ようし!じゃあ今からあいこに中出しするぞ!あいこはそれでどうするんだ!?」

あいこ「ハイッ、あいこは妊娠ッ、妊娠します!ご主人様の精子でッ、妊娠しッ、元気な赤ちゃん産みます!」(本当はピルを飲ませられているので妊娠は無い)





Kさん「よし、イイぞ! 妊娠してイイぞ、イケっ!!」
あいこ「ハイッ、ハイッ 妊娠しますッ、イキますぅ〜ッ!」





ラストに向け、Kさんが腰の打ち付けを速めます。





Kさん「うおおおおおおおお、イケッ、さっきみたいに腹から声出してイケッ!」

あいこ「アァーーーーーーッ!!オマンコキモチイイーーーーーーーッ!

    ヤダッ、ヤダッ、モォダメェェェーーーッ!イクーーーーーッ!」





Kさん「イイぞっ、イケェーーーッ!!」

あいこ「イクイクイクーーーーーーーーーーッ!!!
    イッックゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッッ!!!」






そうして動画の音声が音割れするほどの大絶叫を放ち、あいこはイキました。












Kさんはそれから彼女に服を着せ、優しく抱きしめ頭を撫でてやりながら、

「今日のセックスが今までで一番興奮した。最高に可愛いくて、気持ち良かった。あいこはどうだった?」

と尋ねました。




あいこは、

「あいこも、今までで一番興奮しました。これからもご主人様のオチンチンで気持ちよくなりたいです…」

そう言って、Kさんの唇に激しく吸い付きました。






=============================================================================================



さ潅椶閉感機Kさんの心離れ)


淫語調教を経て、ようやく、彼女はセックスに抵抗の無い、大声で淫乱な言葉も吐けるメス奴隷となりました。

その後のセックスでは、
もう具体的にKさんが指示を出さなくても、興奮すると自分からKさんのペニスを求め、
「おまんこキモチイ」
「ご主人様のおちんちんでかき回して欲しい」
などの淫語を言ってくるようになったのです。



しかし、この後彼女はKさんが本当の鬼畜さを再認識させられることになってしまいました。






6月29日。

Kさんは自身が経営する雑貨屋で、また万引き犯を捕まえたそうです。

万引き犯は「エリコ」という32才の人妻で、Fカップの巨乳と、なまめかしい、美しい美貌の持ち主でした。(まだ顔に幼さが残りスレンダー気味のあいことは反対のタイプ)。



そんな女性をKさんが見逃すはずはなく、あいこのときと同様にセックスの相手をさせたそうですが、

最初のセックスで、Kさんとエリコさんは、お互いのカラダのあまりの相性の'良さ'に驚いたそうです。
(Kさんに言わせると、「あいこは100人に一人の名器の持ち主だが、エリコは十万人に一人の名器の持ち主」だそうです。)




Kさんは、旦那が長期出張に出かけていることを言いことにそれから5日間エリコさんを自宅に泊まらせ、セックスに明け暮れ。
その5日間で以前からマゾッ気のあったエリコさんいドSのKさんが調教をほどこしたところ、簡単にあいこ以上のM奴隷に仕上がってしまったそうです。



それだけで、Kさんの関心は、あいこからエリコさんに簡単に移ってしまいました。




さらにエリコさんから、

・3年前の結婚直後から旦那が浮気(エリコさんの美貌につりあわないと自分で勝手に卑屈になり、エリコさんより数段ランクの落ちる女と)

・1年前に旦那が浮気相手と破局し、そのショックでEDになった。それ以来完全にセックスレス。

・さらに一ヶ月前にエリコさんに健診で病気が見つかり、妊娠が難しいことが発覚。子供を熱望していたエリコさんは大きなショックを受けたのに、それを知った旦那は「どうせ俺もEDだからいいじゃん」と、不妊治療にかかるお金を出そうとしてくれない。

・そのストレスを紛らわすため、つい万引きに手を染めてしまった。


ということを打ち明けられると、
エリコを、自身が引き取ることを決めました。









7月11日。

Kさんはあいこに非情過ぎる宣告を突きつけました。



・実は、6月の終わりに出会ったエリコという、新しい性奴隷を作った。もう彼女のことしか考えられない。
・エリコは旦那と離婚させるが、その慰謝料として800万が必要。また、エリコは不妊治療が必要だが、それに50万かかる。
・約束を破って悪いが、資金を稼ぐため、あいこのビデオや画像を売らせてもらう。万引きのことはバラさないし、せめてもの情けで顔にモザイクはかけるから納得してくれ。



本当はエリコさんの旦那には慰謝料は払われない(旦那はEDでエリコさんと長らくセックスレスかつ不仲)し、不妊治療にかかる費用はKさんの経済状況からすれば捻出はまったく難しくない額でした。



しかしKさんは、

・今後エリコに贅沢をさせてやるための、念のための資金を得る目的
・自身が2ヶ月以上かけてM奴隷に落とした女をさらにどん底まで落としてやりたいという嗜虐心を満たす目的

で、このようなこと言ったそうです。







彼女はKさんの宣告を聞くと一瞬ポカンとした後で号泣し、「ヒドイ、約束が違う!」と激しく抗議しました。





それに対しKさんは、極一部の、ちょっとした可愛らしいと言えるほどの軽微な反抗の例を挙げ、

「お前は調教から2ヶ月以上経った今でもたまに反抗するし、胸は小さくてガリガリで子供っぽいし、欠点だらけ。
エリコは全然反抗しないどころか、1週間で自分から率先して調教をお願いしてくるし、胸もでかくてスタイルもエロイ。
お前よりエリコの方が奴隷としても女としても優秀なんだ!」

と、強く言い放ちました。







処女を奪われた上、今まで「可愛い」「最高」と持ち上げられ、セックスの虜にさせられていたKさんから全否定され、他の女と比べられプライドをズタズタにされ、
極めつけはKさんがその女を手に入れる&彼女に使ってやるためのお金を稼ぐため、自身の動画(薄モザで、しかも声は編集されないので、知り合いが見れば絶対に彼女だとバレるであろうもの)を流出させられる。




そんな酷すぎる事実をつきつけられたあいこは、半狂乱になり、泣きながらKさんにすがりました。





あいこ「ヤァダァ…、お願いだからどうか捨てないでぇ…エリコさんよりお利口な奴隷になるからぁ…」

Kさん「俺はエリコにしか愛情を注げない。少なくとも今のままでは…」

あいこ「そ、それなら、もう絶対に反抗しません、エリコさんが生理の時に呼ばれるだけで構いませんから、エリコさんの次で全然構いませんから、あいこをご主人様専用のメス奴隷でいさせてくださいぃ…!」
    





そうしてあいこは、

・Kさんにとっての一番はエリコ。あいこは二番目のキープ女。
・これからあいこはKさんに、正真正銘好きなように扱われる。それがイヤなら捨てて動画も売る。

ということを納得させられてしまいました。

(なお、前回の投稿「万引き女子大生のその後」で、
あいこが「複数プレイの後、Kさんも私の心移りに気づいて調教しなおそうとしたけど、私の心が戻らなかったから、面白くなくなり手放そうとしたんだと思う。」と話していましたが、これも事実。
Kさんは、自分は簡単にエリコさんに心変わりをして捨てようとしておきながら、あいこが他人に心変わりをしてしまったことは、許せなかったそうです)









その後、すぐに初めてのアナルセックスが行われました。



その時に彼女は、イチジク浣腸、Kさんの見ている前での排泄、浣腸大量のお湯での直腸内洗浄を経験し、アナル処女を奪われました。


ペニス挿入の際、事前に指で尻穴を解したりしてもらえず、
必需品であるローションも「あいこに使うのは勿体ない」という理由で3滴ぐらいしか使ってもらえなかったため、激しい痛みを伴うことになったそうです。







その翌週は露出プレイです。

昼から呼び出されて散々Kさんの好き勝手にセックスをされた後、
日が暮れるとノーパンノーブラにTシャツ短パンという格好でKさんに都心の公園を連れまわされて、
ホームレスや酔っ払ってベンチで寝ているサラリーマンに声をかけ、反応した相手に
短パンを降ろしシャツをたくし上げたあられもない姿を見せ付けるということを、空が白み始めるまでに10回以上繰り返させられたそうです。





そして、更にその翌週に行われたのが、

過去の報告を読んでくださった皆さんはご想像いただけたでしょうが、私も参加し、
「万引き女子大生の末路 ↓◆廚琶鷙陲靴拭∧数プレイデビューでした。












出典:オリジナル
リンク:オリジナル
  投票  (・∀・):7  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42001/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用