面倒見ることになった親戚の小学生♀がオナニー中毒でイキまくっていた (その他) 19495回

2015/11/08 02:30┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
今から10年以上前、大学の夏休みで久しぶりに親戚の家に行った。 
そこは両親と女の子一人で暮らしていたけど、その年の夏の間だけ 
母親も働きに出ることを検討していた。 
娘を一人にすることに抵抗があって決めかねていたようだが、 
どうせ暇だからとウチの親が俺を子守りに推薦して、俺も了承して 
その母親は働きに出ることが決まった。

最後に会ったのが俺が中学三年、娘が小学一年で覚えているか 
不安だったが、ちゃんと覚えていたみたいですぐ打ち解けてくれた。

その子(以下、仮名「綾子」)は小6になっていて、思春期やら 
反抗期やらも警戒してたけど全然そんなことはなく、無邪気で人懐っこい子だった。 
空き部屋を一部屋貸してもらって住み込みみたいな形になり、 
俺は綾子の両親不在の朝から夕方まで綾子の面倒を見ることになった。 
宿題見たり一緒に買い物行ったり、最初は本当に何もなかった。

だけど数日して、綾子の様子が変になってきた。綾子がたまに 
自分の股間をいじるようになってきた。 
最初はただ痒いだけなんだろうと思ってスルーしてたけど、日に日に 
いじる頻度が高くなっていき、一緒にテレビを見ている時は 
常に触りっぱなしのような状態になった。目的の番組でない時は 
明確に股間を擦っていて、明らかにオナニーだと分かった。 
思い切って股間が痛いのか聞いたら、首を横に振って 
「なんか気持ちいい」って答えた。 
今みたいに人前でも触るのかとも聞いたら、親の目の届かない時は 
常にやっていて、友達にも秘密にしてると言った。外でも我慢して 
触らないようにしているらしい。俺の前で触っていたのは、見られていても 
何となく触りたくなって、触っても何も言ってこなかったからそのまま続けていたらしい。 
多分、綾子はこれがどういう行為なのかを分からずにやっている。 
それでも無意識で俺を異性として見て興奮しているのかもしれない。 
そう考えると股間が一気に固くなった。

すると綾子が「触っちゃ駄目?」と聞いてきた。俺は声が震えないように 
平静を装って、触りたければ触っていいと答えた。 
綾子は理解者が現れたと思ったのか大分はしゃいで、嬉しそうだった。 
ただ、勉強の時と食事の時には触らないように言っておいた。

それからはタガが外れたのか、綾子は四六時中オナニーをするようになった。 
言いつけ通り勉強と食事の時はやらないけど、それが終わると 
我慢してた分熱心に股間をいじっていた。 
テレビの時はもちろん、家の中を歩くときにも常に股間に手があった。 
ただ、それがいけない事なのは分かっているようで、オナニーに 
夢中になっている時に綾子の親が帰ってきてドアを開ける音が 
した時は、かなりビクっとして慌てたりしていた。

俺は綾子に手を出さないように必死だった。 
今までロリコンじゃなかったハズなのに、綾子の恥態を見て 
興奮しっぱなしだった。 
最初は気にしていなかったのに、発育中の小さい胸や、日焼けした 
小麦色の肌、短パンから丸出しのむっちりした太ももが気になって 
しょうがなかった。夏なのもあり、綾子は毎日家ではこの格好だった。 
性欲旺盛だったのもあり、毎晩2、3回はシコっていた。それでも翌日、 
綾子のオナニーを見るたび襲いたくなった。 
だが、俺を信じて綾子の面倒を頼んでくれていることもあり、 
とにかく我慢した。

ある日、綾子が「ちょっと見ててー」と言って、仰向けに寝転がった。 
そして股間をいじり始めたが、いつもと違った。 
仰向けになりつつM字開脚して、股間をいつもより早めのペースで 
こすっていた。そして楽しそうに俺を見ていた顔から表情が消えて、 
目をつぶって寝ているような顔になった。 
それでも手の動きはだんだん早くなっていき、足を床から浮かしたと 
思ったら、急に両足をつま先までピンっと伸ばし、背をのけ反らせて 
ビクビクと数回体を痙攣させた。 
綾子がオナニーで絶頂を迎えた。

そして少し息を荒くして、楽しそうな表情に戻って 
「これ超気持ちいい!」っと言ってきた。 
俺は女性がオナニーで果てる所を初めて目の当たりにして、放心しかかって 
「凄いね」としか言えなかった。 
今まで綾子は絶頂を自分の部屋でのオナニーで迎えていたが、 
俺に見せたくなったそうだ。 
その後も綾子はオナニーを続けて、同じ体勢で2回果てた。この格好が 
一番気持ちよくなるらしく、連続で最高5回イッたことがあると話した。 
綾子は「イク」って言い方を知らずに「ビクビクした」と表現した。

綾子は何度かイッた後は大抵喉が渇き、麦茶を飲む。そこに睡眠薬を入れたら、と 
何度も妄想していた。 
綾子の母の仕事が休みで家にいる日、俺は病院に行き、夜眠れないと嘘をついて 
睡眠薬をもらってきた。実際綾子の事を考えると眠れなかったが… 
そして綾子が麦茶をせがむたび、睡眠薬を入れたくなったが我慢して、 
眠っている綾子を犯す妄想にふけりまくった。

さらに後日、一緒に読書感想文にとりかかってかなり時間がかかってしまった。 
そして時間がかかった分オナニーを我慢する時間も長引き、終わるなり 
仰向けになってオナり始めた。 
そして股間をこすりながら「今日は新記録出るかも!」といい始めた。 
何のことか分からずに聞き返したら、「ビクビク5回の記録!」だそうだ。 
そのまま数分で2回目まで絶頂したが、3回目と4回目は結構時間がかかっていた。 
そして5回目は随分難航した。寝ているような表情ではなく苦しそうな 
表情で足を浮かせたり床につけたりを繰り返して、クーラーもないから 
汗だくになっている。

それでも腕の動きは止めずに、段々絶頂が近づいてきた。 
「あっ来る!来る来る!ビクってなる!あっ!あっ!」と必死に呟きながら、絶頂のポーズで痙攣した。 
深くイッたのか、痙攣がいつもより多く続いて苦悶しているような表情で、 
しばらく足を伸ばしたままだった。

やがて笑顔に戻り、足も床について「気持ちいい〜」と夢心地だった。 
そして、息も整えないうちに6回目の絶頂に向けてオナニーを再開した。 
この6回目のオナニーが強烈だった。

さすがに5回もイッているとなかなかイけないらしく、激しく股間を 
こすり続けているにもかかわらず絶頂しそうにない。 
そしてどんどん息と喘ぎ声が大きくなっていき、全身汗でぐっしょりになっている。 
腕が疲れないのかとも思ったが、そのまま30分近く続けると腕を止めてしまった。

とうとう諦めたと思ったら違った。 
綾子は手を止めてる時間が惜しいかのように服を脱ぎ始め、あっという間に 
全裸になってしまった。 
恐らく汗で服が体に貼りついて気持ち悪かったのだろう。いきなりで面喰ったが、 
俺はそのまま黙って見続けた。 
服の上からでもわかったが、しっかりと胸の膨らみがあった。下は無毛で、 
くっきりした割れ目が露わになり、どこをいじっているのかがよく見えた。 
割れ目の上の方、クリトリスを重点的に指先でこすり続け、さっきまで 
片手だったのが両手でこすっていた。 
表情は苦しいのか気持ちいいのか、完全に女の顔だった。

全身汗だくの全裸の少女が、目の前で一心不乱にクリトリスをいじっている。 
興奮しないわけがなく、チンコはビンビンだった。

綾子は喘ぎ声に「あと少し」とか「あとちょっと」とか挟む頻度が多くなってきた。 
股間は明らかに濡れていて、グチュグチュと音がしていた。

あと少しと言いつつ、服を脱いでからさらに10分ぐらいオナニーが続いたが、 
とうとう最後の瞬間がせまってきた。

すでに荒い呼吸と大きい喘ぎ声が一緒に出るようになり、泣きそうな表情を 
浮かべているが、必死に快楽の頂点を目指しているのがわかった。

そして喘ぎ声の合間に小さく「来るっ!」と一言言ったかと思うと今までで一番 
手の動きを早くして、細かい連続した喘ぎの中で「ぐうっ!!!」と喉の奥から 
漏らし、盛大にイッた。 
目をつぶって歯を食いしばり、快楽が強すぎるのか声が出ない。 
両手を股間に当てたまま、肩と両足を支えにしてブリッジするような体勢で 
体を浮かせている。 
足先にまで力が入っているのが、足の指をグーにしていた。 
綾子はその体勢のまま、体を何度も何度も痙攣させまくって絶頂にひたっていた。

やがて長い絶頂が終わり、綾子が一気に背中を床に落とした。 
フローリングが汗やら愛液やらで濡れていて、べちゃっと音がした。 
綾子はシャワーを浴びたように全身を濡らしていた。さすがに股間から手を放して 
両手も両足も床に放り出した。 
マラソンを走り終えたみたいに息を荒くして、何も言わない。 
まだ体に余韻が残っていて、断続的に体が魚みたいに跳ねた。

「大丈夫?」と聞くと、こくんと頷いた。 
「そんなに気持ち良かった?」と聞くと、何度も頷いた。 
「麦茶飲む?」と聞くと、また頷いた。

もう限界だった。俺は借りてる部屋から睡眠薬を持ってきて、 
麦茶に混ぜた。

部屋に戻ると、綾子はまだ息を荒くして寝転がっていた。 
机に麦茶の入ったコップを置くと、這いずって机まで行き、 
睡眠薬入りの麦茶とも知らず、綾子はコップ1杯を一気に飲み干してしまった。

その後、若干落ち着いた綾子が感想を言い始めた。 
まだ息は荒いが、「今までで最高のビクビクだった〜!」とか 
「記録更新した!」とか「股間すごいヌルヌル〜」とか、心底楽しそうに言っていた。

話しているうちにまた寝転がり、絶頂から大して時間が経っていないのに 
また股間をいじり始めた。敏感になりすぎていて少し触るたびに体が跳ねる。 
だが、いじる手がだんだん緩やかになってきて、顔も虚ろになってきた。 
やがて睡眠薬が完全に効いて、綾子は全裸のまま眠ってしまった。

名前を呼んだり頬を軽く叩いたり、完全に寝ているのを確認してから 
俺はズボンを下ろした。もう抑えきれなかった。 
片手で綾子の未発達の胸を揉み、もう片方の手で完全に勃起したチンコを 
しごいたら、ものの数秒で射精して綾子の腹や胸元を精子で汚した。 
想像以上に大量に出た事に驚くのと同時に、綾子と同様に俺も今までで 
最高の絶頂を迎えた。頭が真っ白になりそうなほど気持ちよかった。

次に寝ている綾子からファーストキスを奪った。ファーストキスかどうかは 
実際分からないが、とにかくそう思うだけで興奮した。 
奪いながら射精して、綾子の股間に精液をぶっかけた。

その後は夢中だった。乳首や尻、太もも、背中、首、脇、手の指まで 
舐めまわし、汗でしょっぱくなった綾子の体を楽しみまくった。 
そんな中でも挿入はしまいと決めていて、変な所で踏みとどまっていた。

汗と愛液と精液でぬるぬるの股間を舐めたら大きい喘ぎ声を出したが、起きない。 
そのまま激しく舐め続けたら、両太ももを強張らせて体を痙攣させ、寝ながらイッた。 
寝ていて声を抑えられないのか、イク時に快楽で弛緩しきった声を出した。

正直イかせて起きたらその後はどうでもいいと思ったが、イッても起きなかった。 
それに、6回目の絶頂であれだけ苦戦していたのだから、もう絶頂しないと思っていた。 
まださっきの激しい絶頂の余韻が残っていて、敏感になってイキやすくなって 
いたのかもしれない。 
その後も2回舌でイカせて、本人の知らない間に連続絶頂の記録を上乗せしていった。

太ももを舐める延長で足の指を舐めたら、綾子が一際大きい喘ぎ声を漏らした。 
さっき乳首を舐めた時は大した反応がなかったのに、こっちの方が気持ちいいらしい。 
舐める指によって反応が違うのが面白くなって、足の指を順番に丁寧に舐めていった。 
その結果、足の親指と人差し指を口に含みながら、その指の谷間を舐めるのが 
一番反応がいい事が分かった。 
こんな所が気持ちいいのかと思うのと同時に、もしかしたらこれでイかせられるかもと 
思って入念に舐め続けたら、少し時間がかかったがイかせることができた。 
足の指で絶頂させる事ができる事を初めて知り、また興奮した。 
イッても舐めるのをやめずに続けたら、足の指舐めでさらに3回絶頂した。 
いつものイキ方と違うからなのか、さっき股間を舐めた時より大きい痙攣とイキ声だった。

そして綾子の半開きの口にチンコを押し付けた。口の中には突っ込まなかったが、 
唇の感触と吐息が当たって射精感が高まる。たまに体が勝手に跳ねると同時に 
強い息が出るのも心地いい。 
俺が綾子のファーストキスを奪い、次には俺のチンコとキスをしている。 
将来綾子が何人の男とキスをしても、俺と俺のチンコに負けている。 
馬鹿らしい発想だったが、強烈な優越感や支配感、背徳巻が混ざり合い、 
綾子の唇の裏にこすりつけながら顔に射精した。

あっという間に時間が過ぎ、そろそろやめないと母親が帰って来ると思い始めた。 
綾子の体のいろいろな所にチンコをこすりつけて、体が精液まみれだ。 
昨日も自分で抜いたのに、よくこんなに出たものだと思った。 
さすがにチンコも痛くなってきて終わらせる事にした。

最後にもう一回俺の手でイかせようと、綾子の股間に精液を塗りたくって 
素早く手マンをしたら、あっという間に喘ぎ声と共にイッた。

そして俺は綾子に覆いかぶさり、ディープキスをしながら胸を揉み、綾子の 
お尻の間にチンコを挟み込んだ。もう混ざりすぎて何なのかわからなくなった液体を 
ローション代わりに、もう片方の手でチンコがお尻から外れないようにしつつ 
体を動かした。 
そのまま綾子のお尻の穴付近に精液をぶちまけた。さんざん射精したのにかなりの量が出た。


その後、綾子の体を拭くのに手間取ったが、どうにか服を着せて床の上に寝かせた。 
体液だらけだった床も拭きとった。 
あれだけ体をいじったのに、綾子は何事もなかったかのように寝息を立てている。 
睡眠薬が強すぎたかと不安にも思ったが、綾子の母親が帰って来る前には起きてくれた。

その後綾子の夏休みが終わるまで、綾子と俺はそれまで通りの関係でいられた。 
麦茶で急に眠くなったのも連続で絶頂しすぎたせいだと思っていて、裸で寝ちゃってゴメンと 
謝られた。 
両親がいる間や外に行く間、勉強や食事の時には綾子はオナニーするそぶりを見せず、 
時間があればオナニーにふける。 
変わったことは、「裸の方が気持ちいい」と言って、親が帰るまで家の中で裸で過ごし、 
その姿でオナニーするようになったことだ。

あと、1つ気付いたことがあった。 
綾子はいつも外に行く時にサンダルをはいて行くが、そのサンダルが 
親指と人差し指の間に鼻緒を挟み込むタイプの物だった。 
よく観察してみると、立ち止まっている間なんかはつま先を立ててかかとを左右に 
振っていたり、つま先立ちしていたりする事が多い。 
あえて聞かなかったが、どうやら足の指でも感じるのを知っていて、外ではサンダルで指の間を 
刺激して快楽を発散させていたらしい。 
外でオナニーをしないと聞いていたが、小さな嘘から僅かながらの羞恥心が見てとれて勃起した。 
その指と指の間を舐められてはしたなくイッたなんて、夢にも思っていないだろう。 
ただ、もしかしたらサンダルの刺激で日頃から外でもイッていたのかもしれない。

そして夏休みが終わり、俺は綾子の両親に感謝されつつ、綾子にも「またねー」と手を振られた。 
だが、それ以来会う事もなくなった。その後も年賀状は届いていたし、俺の両親ともまだ 
付き合いがあるし、俺が綾子のオナニーを放置して楽しんでいた事はバレていないと信じたい。

思えば、綾子はオナニー中毒だったのかもしれない。というか、明らかに 
中毒だったのだろう。本来はそのままやらせる事はせずに注意するなり、 
思い切って親に報告するべきだったのかもしれない。 
あれだけ派手にオナニーしていたのだから後に親にバレたのかもしれないが、 
その後結婚したと聞いたし、治療したのか自然に治ったのかはわからないが、 
どうやら順調な人生を送れているようで安心した。 
心配しつつも、約1か月間小学生のオナニー生活を見続けたことは強烈で、 
未だにオカズにしている。

綾子にとっては、男にオナニーを見せ続けた事なんか黒歴史になっているだろう。 
顔を合わせても気まずいし、今後も会わない方がお互いのためだと思っている。 
ただ、綾子に睡眠薬を飲ませて、その間好き放題していた事は俺しか知らない。 
俺も今では結婚して妻もいるが、睡眠薬の件は正直俺の中で一番のオカズになっている。

10年以上経った今でも、綾子が快楽に身を任せてオナニーに熱中して、 
絶頂で体を何度も痙攣させている様子が全く忘れられない。綾子に悪い事を 
したのは分かっているが、それでもオナニーを続けさせて良かったと心底思っている。

出典:面倒見ることになった親戚の小学生♀がオナニー中毒でイキまくっていた
リンク:http://www.moedb.net/articles/1446300325
  投票  (・∀・):102  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42087/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用