妻(N美39才)と妻の母(H美)と私で (複数での体験談) 9629回

2015/11/09 12:02┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
妻(N美39才)と妻の母(H美)と私で温泉旅行に行ったときの話です。 
 私は以前から寝取られ願望があって、N美が他人にエッチされている 
ところを見たいと思っていたのですが、N美に思い切って告白しても相手 
にされず変態扱いされていました(まぁ実際変態なんですが…)。 
最後には、「おかあさん(H美)に言うから…」とまで言われて、 
実は密かにH美ママのことを狙っていた私としては、ひきさがらざる 
を得ませんでした。ちなみにH美ママは、もうそこそこの年ですが、 
年齢の割には若く、変態な私は、いつかは俺のものに…なんて考えていました。 
 そんなこんなで、悶々とした日々を過ごしていた去年の夏、妻が 
H美ママと旅行に行くことになり、なぜか私もお供することとなりました。 
結局運転手として指名されただけなのですが、「H美ママと、もしかすると 
ハプニング…」なんていうスケベ心が働いて承諾したんです。 
 二人は温泉宿のパンフを見ながら楽しそうに計画を立てていましたが、 
私はその横で、同時に私に弄ばれながら、激しいレズプレイに興じる 
二人の姿を想像していました。 
 旅行当日、私は実現不能な妄想を諦めつつ、宿へと車を走らせていましたが、 
バックシートで指を絡ませ、寄り添って寝ている二人をミラー越しに 
見たとき、もしかして…という期待が再び襲ってきました。 
 何故、寝取られ願望がこんな形の妄想に姿を変えたのか自分でも不明です。 
ただ、日頃から洋服をシェアするほど仲のいい母娘の仕草や言動のどこかに 
何か淫靡なものを感じていたのかもしれません。 
 夜遅く宿についた私は、布団すきの仲居さんと、挨拶に来た女将が立ち去るの 
ももどかしく、いきなりラフなツーピース姿の妻にむしゃぶりつき、激しい 
ディープキスをしました。 
H美ママの目の前で…短めのスカートの奥のお尻をまさぐりながら… 
もう血液が沸騰して、自分が何をしているのか判断できませんでした。 
ただ、びっくりしたH美ママの瞳と、愛撫されハァハァと呼吸しながら、 
何故?というように見つめてくるN美の、光の消えたような瞳が記憶に残っています。 
 ひっこみのつかなくなった私は、そのままH美ママに見せつけるように、エッチ 
を続け、着エロ状態でもだえるN美が半イキになったタイミングで、H美ママの手首 
を掴んで引き寄せ、強引に3Pの輪に引きずりこみました。 
 N美もH美ママも抵抗しませんでした。私の欲望のままに愛撫を受け入れ、 
競うように可愛い声であえぎました。 
N美の中に放出した肉棒をそのままH美の中に入れ放出し、それをまたN美にしゃぶらせ、 
腕の中で二人を絡み合わせ、ディープキスさせ、お尻の穴まで舐め合わさせました。 
その夜は、部屋の布団の上や、部屋付属の露天風呂で時間を惜しむように朝まで貪りあい 
ました。 
 旅行は3泊4日でしたが、豪華な食事や観光もそこそこに、殆ど繋がったままの 
4日間を過ごしました。 
 私たちは子供がいませんでしたが、この旅行で妻が妊娠し、夏前には子供が生まれます。 
N美もH美ママも喜んでいますが、何故妊娠したのかは、3人だけのエッチな秘密です。





出典:どこどこ
リンク:どっかな
  投票  (・∀・):11  (・A・):10  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42092/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用