嫌々抱かれる女達 シングルマザー (会社での体験談) 19438回

2016/01/11 22:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
http://estar.jp/.pc/work/novel/23908568/
佐藤夏希はかつて超一流と呼ばれる大企業に勤めていたが
結婚を機に退職。。。
一人息子にも恵まれ
一流企業に勤める優しい夫と家族3人幸せに暮らしていた
ところが、そんな幸せな生活も夫が急死したことで一変
夏希は生活のため再び厳しい競争社会への復帰を志す
シングルマザーであること、そして、結婚退職とはいえ、
前職を数年で辞めてしまったことも大きなネックとなり
以前の様な大企業からは相手にもされなかった
それでも夏希は中小の商社へ無事に就職することに成功
第2の人生も順調に思えたが・・・
http://estar.jp/.pc/work/novel/23908568/
社内に麻雀をやる場所などない
麻雀は専務の自宅でやることになり
専務のベンツに乗せて貰うことになった
「夏希ちゃん、準備は良いかい?
 少し気持ちを落ち着けてから行く?
 なんなら俺達は、車で待ってるけど?」

「あ、はい、
 では、お言葉に甘えさせていただきます」
夏希は相当泣いたのだろう
眦が涙に濡れ、メイクも乱れていた

トイレへ行った夏希を残して
男達だけで駐車場へ向かった
車に着くと
専務が嬉しそうに話しだした

「あの様子だと、
 今すぐ脱げと言えば、脱いだかもしれんが
 こっちの方が楽しいだろ?」
え?
星野は素直に驚いたが
庄司と渡辺はニヤァっと嫌らし く顔を歪ませた
『そういうことだったの?』
星野は、やっと事態が飲み込めた
折しも
生真面目な夏希が、ちょうど駐車場に現れた
星野は、思わず、夏希の方へちらっと視線を向けてしまう
そこには、何も知らずに
背筋をピンと伸ばして小走りに歩く夏希が居た
車の中では、星野が夏希に麻雀のルールを説明することになった
夏希は麻雀のルールさえも知らなかったのだ
ルールも知らず、
味方だと思っている庄司は実は敵である
どう考えても夏希に勝ち目はない
真剣に説明を聞いている夏希に同情しながらも、
星野の視線は自然と胸もとへ行ってしまう
ジャケットのボタンがしっかり閉められているため、
その形は分からないが、
膨 らみがほとんど感じられないペッタンコな胸
1時間後には、ほぼ確実に、
その胸元は大きく開かれ
星野達の目の前に乳房が晒されることになる
明るい所で、
乳輪の大きさも、色も形も、
何もかもじっくり見られることになる
「うん、うん」と
小気味良く相槌を発する可愛らしい唇
その唇を貪ることもできるのだろうか
星野は、期待を胸に説明を続けた

詳細は
http://estar.jp/.pc/work/novel/23908568/



出典:嫌々抱かれる女達シングルマザーの悲劇
リンク:http://estar.jp/.pc/work/novel/23908568/
  投票  (・∀・):6  (・A・):13  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42275/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用