熱帯夜 (逆レイプ体験談) 12981回

2016/01/29 00:42┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
暑い日でした。あまりに暑くて眠れず、アルコールに頼ろうと思いましたが、あいにくビールを切らしており、
仕方なくコンビニまで足を伸ばし、お酒は買ったけど、よけいに目が冴えてしまいました。
警戒心の薄い私は深夜の裏通りを歩いていました。熱帯夜だというのに、裏通りは少し涼しく、重いビニールを持って公園の前を横切ろうとしました。
いつもは全く人気のない、大きめの公園なのですが、自転車が何台か止まっていて、公園のトイレの中から
10代前半くらいの少女達4,5人がぞろぞろと出てきました。「きゃははは・・」なんて屈託なく笑いながら。
時間は深夜1時。こんな遅くに子供? 援交?
ちょっと怖くなりました。トイレの中に男がいるの?って。
そしたら、少女の一人がトイレの中にいる人に向かって大声で叫びました。
「これで懲りただろ、死ね!!」 
何事??ってちょっとビビってしまいました。
それで、公園を迂回する感じで遠回り。だけど彼女達の話し声が聞こえる。
「気持ちよかったー。超楽しかった」「こいつイキまくってやがるよ」
「ざまあw」 「なんかさービクンビクンしてるよ、これサイコー」
私は恐ろしくなって、見つからないようにしゃがみ込んでいました。
何?何?って頭が真っ白になって・・。
女の子の声が公園に響きました。「じゃーな。ガチで野たれ死ね!ウジ虫!」
「ウジ虫なんて言ったらウジ虫に失礼だよ?」「あ、ごめーん。じゃなんて呼ぶ、コレ」
残酷な言葉を残して、少女達は公園から離れていきました。
女達が完全に去って戻ってくる気配もないので、ようやく私もホッとしました。
そして・・すごい怖いけど、トイレの中って?と興味が沸いてしまった。
おそるおそる・・トイレの中をのぞいたら、女性用のトイレの隅に・・。
あまりに場違いで、え?と声を出してしまった。
12,3歳くらいの男の子がいた。女の子よりも全然綺麗。すごい美しい子で・・。
男の子だと思ったのは、性器が露出していたから。
破られたタンクトップが肩に引っ掛かってる。ズボンもパンツも力任せに破られていて、片方の肩に布が巻き付いているだけ。
バイブの音が断続的に聞こえる。ぶぶぶっ ぶぶぶって・・。
そして・・場違いなことに胸に二つの缶バッチがついてる。
私は、なんでバッチが?なんて呑気に考えて。
服やぶれてるよね?・・なんて呆然と。
見ると乳首に針が貫通していました。男の子は完全に意識を失って、バイブが動くと胸のバッチもフルフルと揺れてました。
お尻からコードが3本伸びていて・・、多分、ローターか何かが3つほどアソコに・・。
子供ならではの残酷な逆レイプを見てしまいました。
その日、私は結局眠れませんでした。

出典:お宝
リンク:http://otaran.ldblog.jp
  投票  (・∀・):6  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42331/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用