国際遠距離恋愛3年目 (恋人との体験談) 9175回

2016/02/19 10:39┃登録者:えっちな名無しさん◆q2bR6IQI┃作者:名無しの作者
26 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 12:05:52 ID:m7V/cGC/0 

国際遠距離恋愛3年目のクリスマスの日 
今まで3度会っているがHはしたことはなく 
メッセンジャーで以前「セックスは嫌い」みたいなことを彼女がポツリと言ったことが原因で 
最後の一線を超えずにここまで来た。 
基本的に一緒にいられるだけで、ちょっとした気遣いを感じるだけでも満足していたが 
童貞ゆえやっぱりクリスマスの夜は正直ちょっと期待していた。 

二人でゆっくり過ごせるのはHとかそういうこととは別に自分が宿泊するホテルくらいなもので 
この日はケーキを買ってホテルの部屋で食べる事にしたが、ケーキを切るものがなく 
ケーキを包んでいた箱についていた紐でケーキを切っていびつなケーキを二人で食べました。 
ベッドの上で適当に横になってテレビを見ている、クリスマスのロマンチックな空気というよりも 
むしろ家族でくつろいでいるような感覚になり、俺はHしたいなどと切り出しにくくなり若干焦りが強くなる。 
このまま毎回この友達感覚でいつまで続けるのだろう?このまままた家に戻って次に会える日まで待つ・・・? 
今思えばこの焦りを見透かされていたのかもしれない。 

27 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 12:23:47 ID:m7V/cGC/0
彼女は当時寮にいたので、門限によりこのまま夜を一緒に明かすことはできないことは事前にいわれていた。 
結構律儀な性格なので帰ると言えば帰る、今年一緒に居られるクリスマスは残り時間僅かだと感じた。 
彼女がすっと立ち、寮に戻るような雰囲気になったのでせめて寮の側まで一緒に行こうと思い一緒に立った。 

不意に彼女は「ちょっとあっち向いていて」と言い出し、とりあえず言うとおり反対を向いた。 
続いて彼女が自分の両手を取り、後ろで交差させて「ちょっとこのまま」と言い手首に何かを巻いている。 
さっきのケーキの紐・・・俺は軽く混乱した、そのままベッドにつきとばされ不意に「いたっ」と小さく声をあげた 
すると、はっとした表情で「あっ、ごめん大丈夫?」と一瞬不安そうな声できいてきた、すぐさま「大丈夫」と返した 

彼女の表情は今度は少し怪しい・・というのか妖艶というのか・・・今まで見なかった表情になり 
股間に手を伸ばしてきて一言聞いてきた、「イヤ?」間髪入れずに「イヤじゃない」と答えた。 



29 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 12:39:22 ID:m7V/cGC/0
両手を縛られ、仰向けの状態でジーンズを半脱ぎに・・・パンツも下ろされて 
やや嗜虐的な笑みを浮かべる彼女はちょっと強めに弄び始めた。 
今までに感じたことのない刺激に悶え自分でもわかるくらいに変な声を上げてしまった 
痛い・・のとは違うし、気持ちいい・・・のともちょっと違う不思議な感じ 
しばらくして、「あれ?あんまり気持ちよくない?」今度はキョトンとした表情で聞いてくる 
きっとなかなかイかなかったから聞いているのだろう・・・「勿体無いから頑張ってる」と笑いながら答えた 

すると彼女は立ち上がり、両手縛られ股間丸出しの俺に背を向けて少し離れたところでスカートを穿いたままストッキングと下着を下ろした。 
まさか・・・、期待感と緊張の両方が高まる。
宿泊費は節約のためにラブホテルに近いような安宿にいたため、机の上には備え付けのコンドームがあった。 
使われることはないだろうと俺も思っていたし、クリスマス以前の三日間ずっと彼女もそれに無反応だったから忘れていた。 
そのコンドームの封がきられ、ゆっくり振り返り戻ってきた。 

30 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 12:54:57 ID:m7V/cGC/0
ぐい・・・ぐい・・・「あっ、逆だった・・・」、たどたどしい手つきでコンドームをつけられて 
もう一度ちょっと不安そうな表情で聞いてきた「イヤ?」勿論「したい」と答えた。 
彼女はちょうど腰のあたりに跨るようにして、スカートに覆われてスカートの向こう側は見えなかったが 
すぐに股間にものすごい熱を感じた、とにかく熱い・・・心地いい熱感だ 

彼女が動き始めた 

結合部はスカートで見ることができないが、相変わらず強い熱感はあるもののあまり動いている感じはしなかった。 
先程テレビを付けていてバラエティ番組が入っていたが、ベッドのきしむ音と彼女の荒い息遣いだけが大きく聞こえた 
彼女が少し疲れたようなので、今度は下から動こうと提案し・・・少しでも気持ちよくさせようと突き上げようとしてみたが 
すぐにつかれてしまった、この時は運動不足だと思っていたが・・・ 
今思えば彼女は完全に自分の腰に体重を乗せたままだったので・・・彼女の上下運動も自分の突き上げもどちらも摩擦のないものだったのだと思う。 


31 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 13:16:11 ID:m7V/cGC/0
「う・・・」そうだった・・・手は縛られたまま背中に回したままだった、鈍痛に声を漏らした 
「ん・・・?どうしたの?・・・あ!いったの?」最後ちょっとぱあっと顔が一瞬誇らしげに明るくなったが 
残念ながら手が痛いということを告げると慌てて「あ、ごめん」と言いながら手を解いてくれた。 

「・・・胸も見る?」、先程と同じ体勢になり胸を見せてもらった 
自分の中のイメージではこのまま下から突きつつ胸を愛撫しようと思ったが手が完全に伸びきる状態になり 
しかも先程と同じ腰は彼女を持ち上げておろすの繰り返しでとてつもなく疲労するばかりだった 
どうにもイメージ通りいかない。 

体位の変更を提案したら、下になるのはヤダというので後ろから突くといことに。 
スカートをまくり、少し挿入箇所を探していると彼女が手を添えて入れてくれた 

32 :恋人は名無しさん:2009/12/16(水) 13:37:02 ID:m7V/cGC/0
彼女は足をぴったり閉じていたので中腰のまま腰を動かす 
AVのようなリズミカルで小刻み突いてやはり胸を愛撫しようと思うも 
体制的に無理があって、ゆっくりと腰を動かす事に 

何度か抜けてしまい、そのたびに手をあてがって入れてもらい 
射精出来そうな感覚がかなり高まってきたので彼女の中で絶頂に達した。 
しばらくの間もったいなく感じてもう少しの間そのまま繋がっていた。 
自分はコンドームを外し、縛ってその外側が彼女の中に触れてたんだな・・・と思い 
自分の精子の入ったコンドームをいじり、バスルームから出てきた彼女は不意にハグをしてきた。 
Hしていた時よりも強く胸から何かこみ上げてきたものは今でも忘れない。 

翌日の朝、まだ眠そうな目を擦りながら地下鉄で電車を待っているときに 
「昨日あの後ちょっと血が出て・・・」と彼女、大丈夫かと慌ててきくと 
「大丈夫大丈夫、それより・・・昨日の夜君とHした夢を見たよ」耳元で小さな声で囁いた 
自分でも顔が熱くなってるのを感じて「そ・・・それはいい夢だったの?」と聞き返した 
彼女はクスクスと笑い「それは秘密」と嬉しそうに笑って帰国まで残り少ない時間を一緒に楽しんだ、次に合う日までの分を 


文章下手で申し訳ない、これにて終了です 

出典:初Hの時のことを臨場感たっぷりに語る 3
リンク:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1259915856/
  投票  (・∀・):3  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42370/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用