雨の日に、交差点で信号待ち (恐怖の体験談) 12584回

2016/04/03 21:02┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
雨の日に、交差点で信号待ち。 
道の向こうに全身がもやもやした影みたいのに包まれた女の子が立っていた。 
異様な気配を感じてその子をじっと見ていたら、すーっとその子が寄ってきて、すれ違いざまに「よく気付いたね」と小さな声で言って通り過ぎていった。 
聞こえるかどうか分からないけど、伝えなきゃ、と思ってこう言った。 
「そりゃ気付くよ」 

次の瞬間、通り過ぎたはずの彼女が、音もなく目の前に現れた。

女「な、なんて言ったの今っ!!」 
俺「いや……だから、そりゃ気付くよって」 
女「どうして!」 
俺「君の名前も知らないけど……いつも通学時間、ここですれ違ってたよね?」 
女「う、うん……学校違ったから」 
俺「君とすれ違わなくなってから、この近くで女の子が交通事故にあった、って聞いて……もしかしたらと思ったんだ」 

結局、その子の名前もわからないままだった。 
それから今日まで一ヶ月近くの間、彼女の姿を見ることはなかった。 

女「…………ふ、ふん。ボク霊感あるんだよスゴイっしょー、って? ばっかじゃないの?」 
俺「うん、馬鹿かもしれない」 
女「なによそれ。何が言いたいの?」 
俺「生きてるうちに告白できなかったなんて、大馬鹿だなってこと」 
女「………っ! そ、それって……その……」 

真っ赤な顔でこちらを凝視する彼女。
雨の中でも彼女の制服は濡れていない。 
ああ、やっぱりこの子は亡くなってるんだな、と思って少し胸が苦しくなる。 

俺「君のことが好きです。名前も知らないけど、好きでした」 
女「あ……ぁ……う…………え、っと………」 

もじもじと手を動かしながら俯き加減でしどろもどろ。 
可愛らしい仕草をじっと見つめる。
雨はまだ止まない。 

俺「過去形になっちゃうのが悲しいけど……本当の気持ちだよ。もっと早く言えば良かった」 
女「……過去形じゃ………ぃゃ…」 
俺「え?」 
女「……だから! 勝手に過去形にしないでって言ってるの!」 
俺「だって……」 

彼女は亡くなってる。どうすることもできない。 

女「も、もうちょっとだから、その………待ってなさい! 命令だからね! いい!」 
俺「待つって……何を?」 
女「い・い・か・ら・黙・っ・て・待・つ・の」 
俺「ワカリマシタ」 

幽霊に胸ぐら掴まれて意味不明な脅迫をされたのは俺くらいだろうなあ、と他人事のように考える。 
「待て」ってなんだろう。
取り憑かれて連れて行かれちゃうんだろうか。 

女「約束だからね……破ったらマジ祟るから。貞子なんて目じゃないんだから」 
俺「う、うん、待てばいいんだね? よく分かんないけど、とにかく待つよ」 
女「ん。……じゃ、じゃあ、ばいばい!」 
俺「あっ………」 

くるっと踵を反して駆け出す彼女。 
雨にけぶって見えなくなっていく細い背中を呆然と見送る。 
ああ――また名前を聞きそびれた。 






―訊いた? 201号の患者さんの話 
―意識戻ったらしいねー……このまま植物状態かもって言われてたのに 
―あんな若い娘がそれじゃあんまりだもんね、ともかく良かったわ 
―でもなんで突然……先生だって匙投げてたのに 
―ねえ? 


出典:忘れた
リンク:  
  投票  (・∀・):726  (・A・):92  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42489/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用