俺も変わりたいと思った (泣ける体験談) 9872回

2016/04/15 03:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
1 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 13:57:27.31 ID:m5a3R37n
高校の時、中学の同級生とバスの中でばったり会った

その子は当時で三桁近い子で正直かわいいとは…はっきりいってブスだった
女子達からも陰で馬鹿にされていたりしていた
でも凄く優しい子で、そんな風に馬鹿にされたり意地悪されても前向きでさ
文化祭とかイベントでも嫌な仕事を進んでやるような子

バスを降りると、その子が、モジモジしながら、

「あのね、ごめん
迷惑ってわかるけど
私、〇〇がずっと好きだった
あ、いやいや、答えなくていいんだ
ただ気持ちを伝えることができただけで満足なんだ」

といきなりの告白
正直引いた
引いてたんだけど俺、この子が人として嫌いにはなれなかった

それで
俺、ありがとうってよかったら
また連絡してくれよ
ってその場の思いつきで携帯の番号渡した


彼女から時々電話くれたりメールで話したりした
たわいもない話だった
中学の同級生がどうなったとか
高校生活の様子とか
テレビの話とか
告白のことや付き合って欲しいということは彼女からは一切出なかった
俺も意識的にそういう話は避けていた

不思議なことに
そうやって連絡はしてるけど、バスでまた会うことはなかった

高校卒業しても大学卒業しても
社会人になっても1か月に一回あるかないかに減ったものの連絡は続いていた
何が楽しかったわけでもない
ただ彼女は話上手で聞上手だった 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
2 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:00:43.18 ID:m5a3R37n
そうしてある日
彼女からよかったらひさびさに会わないって話がきた
まったく突然だった
いいよって答えてしまった
答えてから後悔したが
後で体調不良とか理由つけて断ろうと思った

当日になって待ち合わせの場所に向かった
断ろうと思ってたのに断る勇気がなかった
いや、それは建前で本当はもうこのさい誰でもいいからセックスしたいっていう俺の腐った気持ちが勝っただけのことだった

「〇〇だよね⁉」
待ち合わせ場所で声をかけてきたとき
俺は絶対怪しい勧誘だと思った
まさか彼女とは
嘘だろと思った
三桁のデブスなんかどこにもいなかった
リア充が連れているようなモデルみたいな女の子が俺に話かけることなんてあるわけがない

「びっくりした?頑張ってダイエットしたんだよ。女っぽくなったでしょ。〇〇は少し変わったけど昔のまんまだね」

ダイエットとかいうレベルじゃねぇ
それぐらい彼女には声と話し方だけしか残っていなかった
いや、よく見ると昔の彼女の面影というか雰囲気は確かにあった

それに比べ彼女が一瞬言い淀むぐらい
俺は頬は荒れていて
栄養過多から髪はパサパサ
メガネのフレームも直してなかったので、左右傾いてた
モゴモゴと話ていたのは前歯が何本か落ちていたのを隠すため
はっきりいうと俺はキモい男の代表だった

俺の中で何が崩れていった
世界がひっくり返った久々の再会だった

それでも彼女は連絡していた時と
何ひとつ変わらず
俺に接してくれた
俺は色々なことがただもう申し訳ない気持ちでいっぱいだった
セックスしてぇなんて気持ちなんかもうどこにもなかった
早く帰ろう帰りたい
彼女に申し訳ない
俺もこれ以上惨めになりたくない

帰り際
「〇〇、今日会ってくれてありがとう」
いや俺の方こそありがとう…それと…あのさ…
「何?」
俺の目が泳いだ先にラブホの看板が見えてた
なんでもない
「まだ居る?どっか飲みに行く?」
いやいやいや…帰る
これ以上居て期待してしまう自分がやだったし最後ぐらいは綺麗に終わりたかった
「そうだね今日は帰ろう…でもまた連絡してもいいかな?じゃ今度は飲みに行こうよ」
3 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:01:02.63 ID:rvaU42jW
ほう?
4 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:01:39.96 ID:m5a3R37n
どうせその場限りのお世辞だろうと思ってた
彼女からの連絡は相変わらず同じようなペースできた
正直言うとめちゃくちゃ嬉しかった
もう2度連絡来ないと思ってたから
あんな俺を見ても何も変わらない彼女に感謝した
でも凄く惨めな気分にもなってた
高校の時は引いていたのに今の彼女を見てあの時…って後悔している自分がたまらなく嫌だった
電話がおわるとおもむろに彼女の顔を思い浮かべて股間を弄る自分が本当にキモいと思った
同時にいったい彼女はなぜこんな俺を見ても平気でいられるんだろう
なんでまだ連絡をくれるんだろう
もしかしてネズミ講か宗教の勧誘でも狙ってんじゃないか?
疑心暗鬼がどんどん深くなってある時彼女に食ってかかって自分の気持ちが爆発した
彼女は黙って俺の怒号と罵声を受け止めてくれてた
おもむろに

「〇〇さ、昔私がコクったとき、ケータイの番号くれたよね
私本当に嬉しかった
私だってみんなからどういう風に言われてたかぐらい知ってたし
拒絶されると思ったし
まじで嫌われるかもしれないと思ってたから、〇〇のあったかさに家に帰って泣いたんだ」

違うよ、ただ八方美人なだけだ

「電話かけるまで凄く悩んだ。もしただの冗談で教えてくれたとしたら、かけたら嫌われるかもしれない、デブスが調子にのるなって言われるかもしれない、天国から地獄に落ちたら立ち直る自信ないって
〇〇が電話に出てくれて普通に話してくれたとき、私幸せすぎて死にそうだった」

そんなことぐらいでばっかじゃねーの…

「電話切るときも、またな、って言ってくれたよね
またかけてもいいの?信じちゃうよ、私って
二回目も三回目も、またなって言ってくれたよね」

は?そりゃ電話切るときはそれぐらいしかないだろ…

「何度も告白の返事聞こうかと思った
でもそれでメールや電話がなくなるのが怖くて聞けなかった
もしかしたら…って気持ちもあったけどやっぱりデブスがこれ以上の高望みしちゃいけないって
ぶっちゃけると、〇〇と話せて幸せな反面苦しかった
欲が出るからね人間
気を紛らわすために出会い系にも手を出したこともあったよ
ネットはみんな女には優しい
でもデブスとわかったとたんみんな掌返すし
おっさんはやれればデブスでもいっかみたいな
私最低な自分になってたって気づいて…だから…変わろうと思った
〇〇の優しさを裏切っちゃだめだ
都合いいかもしれないけど〇〇に釣り合うように綺麗になろうって」

……俺の方が最低だって。
5 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:02:22.68 ID:m5a3R37n
「ガチで腹決めて頑張ったよ
運動して食事制限もして90キロ超えてた体重を半分にしたよ
美容院でメイクも教えてもらって必死に練習したし
洋服とかも雑誌や色んな人を見て研究したんだよ?」

したんだよ?ったって写メなんか送ってこなかったし電話やメールじゃ俺にわかるわけないだろ…

「苦しかった、馬鹿にされたときもあったし、うまく体重減らないときもあったし、メイクもなかなか思うようにならなかったし
何度も心折れた
でも〇〇と電話するとまた頑張るぞって」

俺だってお前が話聞いてくれてどんだけ救われたか…
IT会社にはいって、人間関係と激務にすぐに押しつぶされ…毎日が地獄だったけど…

「〇〇が居てくれたから、周りもみちがえたね、って言ってくれるぐらい変われたんだと思う
やっぱ外見なんだなって
いじめてた人たちがみんな優しくなるの
露骨過ぎてびっくりだよ」

うん…びっくりした…別人みたいっていうか別人だった
手が届かないぐらいの

「でも〇〇はそんなことなかったよね
いつも通り
昔っからのままで
私感動してたんだよ?
やっぱり〇〇はちゃんと本当の私を見ててくれてたんだって」

違う違う!違うんだ…

「高校ん時のクラスの男子たちとか気持ち悪いぐらいに掌返しだよ
あんだけ私をいじめていたのにさ
でも〇〇以外に優しくされることに慣れてないから最初は素直に嬉しくて…」

何も泣くことはないだろ…

「カラオケ誘われて舞い上がっちゃって…ばっかみたいにホイホイついて行っちゃって…あいつら最初からきっとそれが目当てだったんだよね…」
6 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:04:08.73 ID:m5a3R37n
…おいやめろ…

「嫌だって抵抗したんだよ?…手足だって必死にばたつかせたのに…でも3人がかりでかなうわけないよ…ブサイクのくせに生意気だって…ごめん初めては〇〇だと夢見てたんだけどさ
バチが当たったんだよね」

やめろやめろやめろ!

「…〇〇と会うの本当ね怖かった
ぶっちゃけ精神ボロボロだったし
でもどこかで〇〇は違う〇〇だけは違うって思いたかった」

違うんだ…俺も同じだよ…

「でも私以上に〇〇がボロボロでびっくりした
仕事本当に大変って言ってたから
そんなボロボロなのに会いに来てくれたんだよね」

どんだけ勘違いおめでたいんだ…

「〇〇優しいから無理してたんだよね…ごめん
私自分のことばっかりだった
デブスに何度も連絡されたら迷惑だったよね…
でもねでもね
本当〇〇が支えてくれたから私変われたんだよ
ありがとう〇〇
コクってから今でも〇〇が好きだよ
今度は私が支えるから
〇〇が居てくれたように
私がいるから
ね?一緒にまた頑張ろうよ」

号泣していた
電話越しで俺号泣していた
7 :
名も無き被検体774号+@無断転載は禁止
2016/04/13(水) 14:04:46.11 ID:m5a3R37n
俺変わるよ
君みたいな真っ直ぐじゃないから
落っこちるときもあるけど
まだ君が居てくれるなら
俺変われるよ

電話を切って親に頭を下げて
10万を借りた
まず髪をさっぱり切った
それからスーツを買って
2年ぶりぐらいにハローワークへ行った
配送の契約社員の求人を見つけて何とか採用してもらった
配送なら人と関わるのが最小限だし
車の運転はずっと1人だし
社会復帰にちょうどいいと思ったからだ
彼女から教えてもらった薬のおかげで
肌の荒れはだいぶよくなった
それ以上に仕事を始めて規則ただしい食生活や
睡眠を取るようになったことも大きかった
最初はきつかったが徐々に慣れてくると
176の51キロのガリだった体つきも少し太ったり筋肉がついたりして10キロぐらい体重が増えた
髪にもツヤが戻ってきた
ハゲないでなんとかすんだ
3か月が過ぎて正社員になれた
社保がついたので早速歯医者に通った
治療は一年近くかかって半分がブリッジになったけど
歯が入って思い切り人と話せるようになって笑えるようになった
会社の社員さんに恵まれたのもあるけど
自分でも性格が明るくなったと思えてきた

彼女とはずっと同じペースで連絡を続けてた
それでも俺から相談する方が多くなってた
会いたいと思うときは何度もあった
彼女から誘ってくる時もあったけど
会わなかった
桜の花が満開だよって話題も3回ぐらいした

今年の3月
本社勤務の辞令が出た
ニートをやめてから4年目だ
会社で送別会を開いてくれた
前の会社は1年半しかいなかったけど
こんな時間の無駄でこんなあったかい会が
あったかどうか記憶にない

そして先週の日曜
彼女に会おうと連絡した
桜はもう散り始めてたけど
俺が持って行ったバラのブーケは満開だった
彼女はびっくりして泣いて
それから笑顔を満開にしてくれた
10年以上経ってようやく彼女に告白の返事ができた

ちょっと盛った箇所もありますが
これは今年東京都で起こったほぼ本当にあった話です

読んでくれてありがとう 

出典:高校の時、中学の同級生とバスの中でばったり会った
リンク:2ch
  投票  (・∀・):568  (・A・):88  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42521/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用