企画物AVに出まくることになった妻 (限界着エロ編4) (寝取られ体験談) 17404回

2016/04/23 22:15┃登録者:えっちな名無しさん◆iCjD8URo┃作者:名無しの作者
2本目のビデオは、妻と思わしき女性の首元までを映した映像で始まった。どこかの公園だろうか。ベンチに座っている。

男「顔を出さなかったらAVに興味があるってお話ですけど」

(妻)「そうですね、はい」

男「顔・・ちょっとだけでもダメですか」

(妻)「顔はちょっと・・恥ずかしいんで」

前作、前々作は恥ずかしくなかったのか・・?確かにこれまで、妻は男優と本格的に絡んではいない。
マックスでフェラチオ(疑惑)。絡みさえしなければ、妻にとってはずっと「イメージビデオ」という括りだったのか・・。
ガチの「アダルトビデオ」にステージが上がるとなると、さすがに警戒心はあるようだ。

男「わかりました。今日は時間って大丈夫です?」

(妻)「夜には夫が帰ってくるので、それまでには・・」

男「あ、結婚されてるんですよね」

(妻)「はい、そうです・・」

男「まあ今回、AVに出たいという応募があったわけですけど」

(妻)「・・ええ」

男「なんか動機みたいなものって」

(妻)「動機は・・恥ずかしいんですけど、AV男優さんのエッチに、ちょっと興味があって・・」

男「欲求不満ってことですか?」

(妻)「・・そうかもしれないですね」

1個目のビデオを見る限り、ギャラの高さが決めてだったように見えたが。
設定上、欲求不満ということにしているんだろう、きっと。

男「ご結婚されてるんですよね?」

(妻)「はい」

男「頻度は少ない?」

(妻)「まあ・・そうですね」

こちらが求めてもやんわり拒絶、というパターンが良くあるが・・。

(妻)「・・あんまり相性が良いというわけでもなくて」

男「体の相性?」

(妻)「はい」

!?・・初耳だ。これも設定?

男「そんなこんなで、AV男優とのセックスをしてみたいと」

(妻)「はい」

男「わかりました。それじゃ、よろしくお願いします」

(妻)「よろしくお願いします」

場面は室内に切り替わった。
相変わらず、画面に映る妻は首から下のみの姿。

男「それじゃあ、お名前をお願いします」

(妻)「【ピー音】です」

男「ちょっと本名が出せないので、仮名を考えてほしいんですけど、何にします?」

(妻)「それじゃあえっと・・あゆみで」

男「じゃああゆみさん、スリーサイズを上から教えてもらえますか」

(妻)「スリーサイズは・・85の53、82ですね」

男「あゆみさん。ブラのサイズは」

(妻)「ブラのサイズはDカップになります」

男「ちょっと立ち上がってもらっていいですか」

(妻)「はい」

妻の足元から身体全体を、カメラが舐め回すように映していく。

(妻)「顔、映ってないですか?w」

男「大丈夫ですよ」

カメラの角度に警戒する妻。
確かに男の言う通り、顔は映っていない。
顔を手で覆う様子まではバッチリ映ってしまっているが・・。

その後、後ろ姿についても撮影を行い、再び座らされる妻。

男「じゃあ早速、AV男優の方に来てもらってるんで、隣に座ってもらいますね」

男2「はじめまして、中山です。よろしくお願いします。」

(妻)「よろしくお願いします」

男「どうですか奥さん、実際会ってみて感想は」

(妻)「え・・なんか、恥ずかしいですw」

男「アダルトビデオってことで、男と女がセックスするわけですけど」

(妻)「はい」

男「前からだと顔が映っちゃうかもしれないので、後ろを向いて座ってもらっていいですか」

(妻)「わかりました」

男「じゃあそのソファーに四つん這いみたいな感じになりましょうか」

(妻)「はい」

四つん這いになる妻。
男2がスカートの上から尻を撫で回すと、途端に身を捩らせ始める。

男「敏感なんですね」

(妻)「んっ・・そう・・ですね」

男「オナニーとか普段されるんですか?」

(妻)「あ・・んっ・・時々・・」

男「どれぐらいの頻度で?」

(妻)「週に1回か2回・・」

男「オカズはなんなんですか?」

(妻)「・・知らないオジサンが家に押し入ってきて、みたいな想像をします」

男「旦那さんじゃなくて?」

(妻)「そうですね・・」

オナニーしている事自体が初耳だが、なんだよそのオカズ・・。

男「じゃあスカートめくっちゃいますね」

(妻)「えっ・・はい」

妻に触れる男2の手が、スカート越しからパンツ越しになった。
普段では履くことのないTバックで撮影に臨んでいたことを知る。

男「お尻大きいですね」

(妻)「んっ・・はい」

男「旦那さんにはお尻触られないんですか?」

(妻)「そうですね、あんまり・・」

男「こんなに大きいお尻してるのに?」

(妻)「ああぁ・・はい、あっさりとした感じで・・」

男2は、尻肉をぎゅうぎゅうと掴みつつ、両親指で妻のマン土手をちょこちょこと刺激する。

(妻)「はぁ〜ああ・・」

不意に、男2の手が妻のTバックをずらし、お尻の穴がオープン状態となった。

(妻)「えっだめ」

これが私だったらブチ切れされているところだが、
男2がいやらしく中指でアナル周辺をなぞると、口だけの抵抗すら止めた妻は身体をビクビク反応させている。

さらに男2は、中指でのアナルいじりの合間に、アナルに息を吹きかけ始めた。

(妻)「あぁ〜・・」

そして、ついに舌をアナルに・・。

(妻)「んん〜!」

男「旦那さんにアナル舐められることあるんですか?」

(妻)「あぁ〜・・な・・ない」

男「どうです?」

(妻)「き・・きもちいいです。あっ〜どうしよう」

もう明らかに、妻が自ら尻を男2の顔に押し当てているような・・。

アナルからの流れで、いとも簡単にまんこ舐めを許してしまう妻。

男2「糸引いてるけど」

(妻)「あ〜!あっあっ・・ん〜」

男2が音を立ててまんこに吸いつくと、アンアン言いながら尻全体をいやらしく動かす妻。
初めは四つん這いの体勢だったが、上半身はベッタリとベッドに着き、尻だけを突き出している状態だ。

(妻)「あ、イキそう・・」

男2に舐められ始めてそう時間も経っていないが、早くもイク宣言が・・。
男2は淡々と舐め続ける。

男「勝手にいっちゃダメですよ」

(妻)「うそ、あ〜気持ちいいイキそう」

男「だめだめ、ちょっと我慢して」

(妻)「あっダメイキそう。イッても良いですか?あ〜!」

男「だめだって」

妻のまんこから男2の舌が離れる

(妻)「やだ、お願い・・」

付き出した尻をくねらせまくる妻。
再びの舌攻撃が始まる。

(妻)「あ〜ダメそこ、気持ちいい」
(妻)「イッてもいいんですか?あっ・・イキたい、イキそう」

舌が離れる。

(妻)「お願い、お願い・・」

夫である私でもされたことのない妻の必死の懇願。
妻は夫以外の男に、お願いだからマンコをもっと舐めてとお願いしているのだ。

男「どうしてもイキたいですか?」

(妻)「イキたいです、イキたい〜」

男「じゃあこのあと、そのまま入れてしまっていいですか?」

いつパンツを脱いでいたのか、男2が待ってましたとばかりにチンポを妻の尻に叩きつける。

ビタンビタン

(妻)「あんっ・・このままって?」

男「ゴムとか着けずに」

(妻)「えっ・・それは・・着けるって話・・」

男「そうだけど、舐めてイカせるのと引き換えで」

男2が再び舌を妻のまんこに・・。

(妻)「それは、ずるい・・・あ〜〜気持ちいい」

男「最後まではしないから。どう?

(妻)「わかんない、あ〜っ、イッていい?」

男2が動きを弱める。焦らしているような動き。

男「良いけど、入れてもいいよね?生で」

(妻)「あ・・・お願い、舐めて・・」

男「いいのね?」

(妻)「良いから、あっ〜」

男「何が良いの?」

(妻)「このあと、そのまま入れていいから・・ん〜」

男「そのままって?」

(妻)「ゴム着けないで、生で・・いいからっ」

男「ちゃんとお願いして」

(妻)「イッたあと、生でチンチン入れていいから、ちゃんと舐めてください」

男「奥さんもたぶんその方が気持ちいいよ」

(妻)「そうなの?わかんない、舐めて〜」

男「はい」

男2が音を立てて吸い付き始めた。指も使って妻を絶頂へと導く。

(妻)「あ〜気持ちいい、イクイク、あ〜〜!イグッッ!!」

---------

身体をガクガクッと震わせる妻。

尻を突き出したまま、そのまましばらく小刻みに揺れている。

男「いや〜思い切りイッたね〜」

(妻)「あ・・あぁ・・」

返事できないぐらい、余韻に浸っているのか。

男「これは、このまま入れてってことなのかな?」

男2がチンポを取り出し、妻のマンコ周辺をなぞり始める。

(妻)「ああ〜・・」

チンポは既にギンギンだ。挿入ギリギリのところで尻の谷間にスライドさせ、妻を焦らす。

(妻)「欲し・・欲しい・・」

チンポの動きに合わせてお尻をフリフリ動かし、挿入を求める妻。
生チンポ欲しさにビショビショであろうマンコを突き出して腰を振るという、メスからオスへの最大限とも言える求愛。

男「結婚してからこういうことは?」

(妻)「え?・・ない、ないです」

男「こういうことしちゃっていいの?」

(妻)「あっあ〜・・だいじょうぶ、です」

男「旦那さんには謝っておいたら?事後じゃなくて今さ」

(妻)「はい・・ご・・ごめんなさい」

男「誰に何を謝ってるの?入れて欲しいなら、具体的に謝らないと伝わらないよ」

(妻)「ん〜!・・直樹、ごめん、他の人とエッチします・・」

偽名を使う余裕なんて無いらしい。

男「だめ。どんなエッチかわからない。やり直し」

チンポの亀頭部分が、一瞬妻の中へ入り、また外へ。

(妻)「あ〜!お願い・・直樹ごめん、今から生でエッチします。後ろから突いてもらいます・・」

男「それだけでいいの?ここで報告したことしかしてあげないよ」

(妻)「え?あ、た・・たくさん突いてもらいます・・あ〜っ」

男「もう一回ちゃんと謝っとく?」

(妻)「はい、直樹ごめんね、これから後ろから入れてもらって・・たくさん突かれちゃいます 。
    あ・・あとゴムは着けてなくて、生です。ごめん」

男2はまだ挿入しようとしない。

(妻)「えっと・・それで、生で、後ろからガンガン突かれて・・お尻叩かれたり、
    おっぱいも揉まれながら突かれて、あの・・それで、たぶんイッちゃいます」

男「なるほどね、そういうことされたいんだね」

男2が同じように亀頭部分だけを挿入し、今度は抜かずに先っぽだけでピストンを始めた。

ジュプッジュプッ・・。
先端ピストンでもありありとわかる、妻の濡れ具合。

(妻)「あ〜っ!もっと、もっと・・」

男2「あとでLINE教えてくれる?」

男優が口を開いた。

(妻)「え?え?・・それは・・夫に見られる可能性があるので、ちょっと・・」

男2の先端ピストンが止まり、マンコ入り口での焦らし攻撃に戻ってしまった。

(妻)「あ〜・・やだ・・教えます、LINE」

妻よ、あっけなさすぎるぞ・・。

男2「ありがと。連絡するよ。今度食事でも行かない?」

なんだこれ、男優が普通に口説き始めている。
プレイの一環・・だよね?

(妻)「えっ食事?・・夫にばれるとマズくて・・んっ」

男2「夜じゃなくて、昼なら大丈夫でしょ」

(妻)「それなら・・はい、お願いします」

先っぽピストンを再開する男2。

(妻)「あ、気持ちい・・」

男2「その時さ、ノーブラで来てよ」

(妻)「え・・あ〜っ・・は、恥ずかしい」

男2「良いでしょ?」

少し深めのピストンが始まった。

ぬちゃ・・ぬちゃ・・

(妻)「あっあっ・・わかりました」

男2「何がわかったの?」

(妻)「んっ・・ノーブラで、食事にっ行きます」

男2「ノーブラなんかで来られちゃったら、興奮しちゃうな俺」

(妻)「あっあっあっ」

男2「セックスしたくなったら、してもいいよね?」

(妻)「だめっだめっあ〜〜」

男2「プライベートならカメラ気にせず好きなだけセックスできるよ」

(妻)「んっ・・そんなっ」

男2「ノーブラで来といてセックス無しはないでしょ」

(妻)「・・昼・・お昼っならっ・・」

男2「昼ならプライベートセックスOK?」

(妻)「あんっあっ・・はい」

男2「じゃあ、ノーブラだけじゃなくて、ノーパンもね。
   スカートかワンピースで、すぐ挿れられるようにしてきて」

(妻)「あぁっ・・気持ちいい・・」

男2「聞いてる?どういう格好で食事に来るの?」

(妻)「んっ・・えっと、ノーパンノーブラで、スカートで行きます・・」

男2「なんでその格好?」

(妻)「すぐにエッチできるように・・」

男2「だとすると、スカートの丈はどうしようか」

(妻)「丈・・」

男2「すぐにエッチできた方が良いんでしょ」

(妻)「あん・・えっと・・短めのスカートで行きます」

男2「だよね。どれぐらい短くする?」

(妻)「わかんないっ・・できるだけ・・」

男2「なんで短くするんだっけ?」

(妻)「あっ・・エッチ、しやすいように・・」

男2「偉い。じゃあはい、ご褒美」

そういうと男2は浅めのピストンを止め、根元が見えなくなるまで奥深く挿入。

(妻)「あ〜!!だめ、気持ちいい」

男2「今度する時は、向き合って、キスしながらこれしようね」

(妻)「うんっ・・あっやばいイク、イク!!」

妻はガクガクと全身を震わせてイッてしまった。
一度奥まで挿入されただけなのに・・。会話の流れもあって相当昂っていたんだろうか。
上半身はまたもやベッドの上にべったりと着き、放心状態の妻。男2は徐々にピストンを開始する。

ぱんっぱんっ・・

男2「今日は顔出さないからフェラチオもNGだけど、プライベートなら?」

(妻)「あっ・・あんっ・・」

男2「プライベートならフェラしてくれる?」

(妻)「し・・します・・んっんっ」

男2「シャワー浴びなくてもフェラしてくれる?」

(妻)「んっあんっあんっ」

男2「臭いのが好きって聞いたけど」

(妻)「あんっ!ちょ・・ちょっとなら・・あっ」

男2「前日洗ってなくても良いの?」

(妻)「・・良いです・・あんっ」

男2「じゃあ、口で綺麗にしてもらって、そのあとセックスしようね」

(妻)「はいっあっあっ」

男「このことも旦那さんに報告しよっか、ちゃんと全部」

(妻)「あ、はい・・んっ・・直樹ごめん、私この男の人とLINE交換するね」
   「あとそれで・・それとは別に、食事にっあんっ・・食事に行くことになって・・」
   「んっんっんっ・・お昼だから、直樹の夕飯の準備とかはちゃんとする・・からっ」
   「食事は・・ノーブラと、ノーパンで行く約束で・・あんっ・・あとそう、ミニスカートで・・」
   「なんでそういう格好するかっていういうと・・あっあっ・・食事のあと・・エッチするから、し易いように・・」
   「場所?・・んっ・・場所はっまだ決めてないけど・・・わかんないけど、ミニスカでノーパンだから・・そのお店のトイレで挿れられちゃうかも」
   「別にそうしたいわけじゃっ・・あんっ・・はい、フェラチオも・・します」
   「前の日洗ってないオチンチンなので・・あっあんっ・・挿れられる前に、口で、綺麗にします」
   「え?・・はい・・チ・・チンカスついてるかもしれないけど、全部、舐め取ります」
   「うん・・直樹は毎日ちゃんと洗ってるからそんなことする必要ないけど、この人は洗ってこないから、私が洗うってことに・・ごめんね」
   「その後・・?え、そのあとは・・あっ・・たぶん、トイレのエッチだけじゃこの人満足しないから、
    ホテルとか連れて行かれて・・そこでもエッチしちゃうと思う・・ごめん」

男2「奥さんの報告聞いてたら気持ちよくなっちゃった。中で出したいなあ」

(妻)「えっ?ダメだよそれは・・はっあっ」

男「初めて会った男に中出しされちゃうって興奮するんじゃない?」

男2「今よりさらにガンガン突いてあげるから、良いでしょ?」

パンッパンッパンッ!

(妻)「あっあっやだ、あっ・・これ気持ち良いっ」

パンッパンッパンッッ!

(妻)「あイク!!イグッ・・・」

この日何回目だろうか、妻がイかされるのは。

男「中出しされると思って気持よくなっちゃったの?」

男2「中で良いってことだよね」

(妻)「ち、ちがう・・だめ・・」

息も絶え絶えに妻は拒否し続ける

男2「こんなガックガクに震えてチンポ締め付けながらじゃ、説得力無いよw」

パンッパンッパンッッ!

男2「奥さんばっかりイってるのは不公平じゃない?」

(妻)「あっあっ・・」

男2「どう思う?」

(妻)「んっ・・不・・公平」

男2「だよね。じゃあさ、こうしよう。これから3分の間に、奥さんがもう一度イクようであれば、
   それに合わせて俺も出す。3分間イクことが無ければ、外で出す。どう?」

(妻)「3分・・はっあっ」

男2「それなら平等じゃない?」

(妻)「わ・・わかりました」

男2「うん。じゃあ、計測よろしく」

男「よし、じゃあよーい・・スタート!」

パンッパンッパンッパンッ!

(妻)「あんっ!あっあっあっ・・」

男「ちゃんと我慢しないとね。初対面の男性に中出しされちゃまずいでしょう」

(妻)「はっ・・はいっ・・あっあっ」

男「しかも自分から許容してだもん。そんなことになったら、人妻失格だよね?」

(妻)「あっ・・失格っ・・あんっあっ」

男「そんな人妻がもし周りに居たらさ、奥さんはその人どう思う?ヤリマンだと思うんじゃない?」

(妻)「ヤリマン・・んっ・・そう思いますっあんっ」

男「奥さんはヤリマンじゃないよね。」

(妻)「はっあっ・・ちがっ・・いますっ」

男「じゃあ、我慢しないとね。ヤリマンにならないように」

(妻)「はいっ・・はっあっぁっ」

男「決意表明というか、旦那さんに宣言しといたら?ヤリマンにはなりませんって」

(妻)「・・直樹っ・・私は大丈夫だからっ・・あっ・・ヤリマンには・・ならないから」

パンッパンッパンッッ

(妻)「もう、凄い・・はっぁ・・・気持ち良いっ・・」

男「生チンポ気持ちいいって、報告」

(妻)「・・直樹ごめん、この・・・生チンポっあっ・・気持ちよくて・・」

男「ゴム着けなくて良かったでしょ?感触がダイレクトで」

(妻)「えっ・・はっぁっ・・はい、これでよかったっ・・」

パンッパンッパンッッッ

(妻)「あっあっあっ!イッちゃうかも、ダメかも・・え、はい・・精子を・・出されちゃうかも」
   「旦那にはっ・・あっ・・中でイかされたことっ無いです・・ごめん直樹」
   「あ〜もうダメ、もうイク・・」

男「イクなら、思いっきり出しちゃって良いんだよね?」

(妻)「あ〜・・はいっお・・思いっきり・・あっあっ」

男が妻になにか耳打ちした。

(妻)「あっぁ・・精子っそのままっ全部出していいよっ。あっあっあっ!」
   「金玉っ空になるまでっ・・んっ!・・全部っ出してっ」
   「直樹っ今から・・あーもう駄目・・・今からヤリマンになります。今日だけだから、あ〜イッちゃう」

男2「あ〜イキそう」

男「おくさんもイクんだし、本当に良いんだよね?このままで」

(妻)「んっ・・イクから、中で出して、あっもうイクから、あ・・イク〜イクっ!!!!!」

出典:会話ベースの寝取られ(NTR)話
リンク:http://ntrbana.blog.fc2.com/
  投票  (・∀・):9  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42545/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用