AKBグループ(元AKB)小説 (芸能人との体験談) 6710回

2016/06/04 17:19┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
今日も太陽がジリジリと照りつける相変わらずの猛暑日の中、
僕は涼しい自宅の部屋にいた。

『ズリュッ、ズニュッ、ズニュッ…』

拓也「あっ、うぅ…。うっ、ん…」

優子「どーだっ、気持ち良い?…拓也くん」

拓也「はいっ、とっても気持ち良いです…優子さん…うっ」

椅子に座った僕の股の間でパンツだけ穿いた大島優子が
その巨乳に僕の勃起したチンチンを挟んでパイズリしてくれている。

優子「んっ、んっ、んっ…んぁ…」

豊満なバストの谷間で僕のチンチンをせっせとシゴき上げる優子。
たまに口から唾を垂らしておっぱいと僕のチンチンを
ヌメヌメにし、滑りを良くしながらパイズリを続けた。

優子「今日から夏休みなんだって…?」

拓也「…はいっ」

優子「あとからバタバタしないように宿題は早めにやり始めなきゃダメだよ」

拓也「は、はいぃ…っ」

パイズリしながら先生かお母さんのような事を言ってくる優子。

優子「あと…初日から私でパイズリしてくれるなんて嬉しいよ…拓也くん」

拓也「あぁっ、そんな優子さん…。う!う…っ、あぁ、出そう…」

優子「えっ、ホント?」

優子はおっぱいでさらにキツく僕のチンチンをサンドして
身体と一緒に上下に揺すった。

『ズニュッ!ズリュッ!ズニュッ…!』

優子「はぁっ、はぁっ、はぁっ…!」

拓也「あぁっ!あぁ…っ!うぁぁ…っ、出るぅ!」

優子「いいよ!優子に一杯ザーメンかけてッ!」

拓也「う…ぁぁああッ!!?」

『ドビュッ!!ビュルルッ!!』

優子「んっ?!」

優子の谷間に挟まれたチンチンから噴水のように精液が放出された。

拓也「う…はぁ、はぁ…」

優子「はぁ…、拓也くんの熱い…」

優子の顔や首、胸に僕の精液が付着していた。

優子「んは…ンッ…」

それらの精子を指ですくって舐める優子。

優子「ありがとう…一杯出たね…。そろそろお昼食べる?」

拓也「そ、そうだね…」

優子はそのまま台所に行きお昼ご飯を作ってくれた。
今日も夕方まで家には僕ら2人だけだ。


LaZoo
http://lazoo.ichaos.me/abi.cgi?fo=souzou&tn=0152&mo=tp
カオス・ストーリー
http://story2.ichaos.me/
http://story.ichaos.me/

出典:AKBグループ(元AKB)小説 
リンク:http://lazoo.ichaos.me/headline.cgi
  投票  (・∀・):2  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42661/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用