余生 (エロくない体験談) 6478回

2016/07/17 01:03┃登録者:誠司と金┃作者:名無しの作者
働かない父の、知り合いの女性の話。
その女性も矢張り競馬好きで、中でも1頭の馬がとても気に入っていた。

その馬は、競馬好きなら名前を知ってる程度には有名らしい。
ただ、30戦以上レースをして、4回しか勝った事がないから、子孫は残せない。
でも運が良く乗馬馬にしてもらった。

その女性は、その馬が乗馬の大会に出る度に応援に行き、好物の人参やリンゴの差し入れをした。
その馬は乗馬になっても人気があって、騎手もびっくりするぐらい、そういう人が居たらしい。

乗馬の大会を観戦しつつ、女性の心の中にはいつも不安があった。
「乗馬馬になっても、いつかは引退してしまう…」
用がなくなった馬の最後は、だいたいお肉か安楽死。

そうさせない方法として、女性は北海道に土地を買って、そこでその馬を飼う事を思いつく。
全然現実的じゃない思いつきなのに、女性はその思いつきを追って、走りだしてしまう。
(北海道って凄い土地が安いとこがあって、OLのその人の貯金でも土地代ぐらいなら何とかなったらしい)

結局、下調べをしに北海道に何度も渡るうちに、とある牧場の牧童さんと恋に落ちて、結婚。
乗馬を引退した××××××は、牧童さんの広いお家でその人と、今ものんびりと暮らしている。

出典:おーぷん2ちゃんねる
リンク:おーぷん2ちゃんねる
  投票  (・∀・):17  (・A・):7  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42762/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用