日本人の性器に関する研究があります (エロくない体験談) 4385回

2016/09/05 12:07┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:シアリス
突然「垂れたお尻」なんて書くと、お叱りを受けそうですが、それがセックスでは殊の外、功を奏することがあるというお話です。

産婦人科医である故笠井寛司先生の業績のひとつに、日本人の性器に関する研究があります。診察に際し、よくもまあここまで測定できたものだと後輩医師としては感心させられますが、要するに上ツキ、下ツキのことです。

あお向けに寝て脚を開いたときに、性器を真ん中にして左右に作られた凹みが菱形になっているのをご存じですか? その左右の稜角(りょうかく)を結んだ線を基準に膣口が上、下どちらよりに位置しているかが決め手になります。理由はわかりませんが、日本の男性は上ツキ願望が強いと言われています。しかし、実は、加齢の体型変化としてお尻が垂れてくると、上ツキの方が増えてくるのです。というのは、お尻が垂れ下がることによって、腟口は体の前へ前へと進んでいきます。その程度がどれくらいかを数字で示しますと、お尻が垂れていないと前方位置、つまり上ツキは15.5%に過ぎませんが、最も垂れた段階では50.7%に達し、上ツキが増えるわけです。その一方で、ヒップアップした女性では、その豊かなお尻の肉に圧倒されて腟口が前方に押し出されているように錯覚しがちですが、実は下ツキになっていることが多いのです。

体型や年齢によって上ツキ、下ツキと変化するのは自然なことですが、心配には及びません。体位を工夫すればいいことですし、時にはプラス思考で楽しめばいいのです。例えば、女性の腰の下に枕を置くことで、ヒップの位置が上がり、腟口が前方に突き出される形になりますね。まさに即席の上ツキとなります。同じように男性が下になって、腰の下に枕を置けば、騎乗位だって可能になります。要するに、男女双方が折り合いのつく姿勢を探せばいいのです。しかも、騎乗位というのはメタボ体型の男性向きなのです。腹部の脂肪も、正常位や後背位のときほど邪魔にならないからです。逆に正常位、後背位で挿入しづらいということは、男性にとって刺激が少ないということにもなりますので、早漏防止にも役立ちます。時には、その窮屈さが二人の親密さを感じさせる力になったりするわけです。ただし、男性はペニスの海綿体断裂には気をつけて! 無理な姿勢や過剰な腰の動きを避けるなど予防してください。

セックスとは、刺激を求め合うことでもあるわけですから、「正常位は楽でいいなあ」なんて怠慢にならないで、「これはどうか」「あれはどうか」というように、二人で工夫を重ねてこそ、し甲斐があるというものです。

出典:シアリス
リンク:http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
  投票  (・∀・):2  (・A・):30  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/42920/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用