あの日・・・ (芸能人との体験談) 10288回

2016/10/27 23:17┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
出展:http://story2.ichaos.me/index.cgi?mode=novel_index&id=chiba46&nvno=1&view=1#gsc.tab=0

高校の同窓会で集まったクラスメイトたち。
しかし、一人大事な仲間が欠けていた。


あの日失った君のことを、僕は忘れない。


(ここかな・・・?)
僕、橋本大介は少し道に迷いながらも、目的の店にたどり着いた。
路地裏にあった居酒屋の中からは、にぎやかな声が聞こえていた。
この店で今日は、高校の同窓会が開かれていた。

ガラガラ
店の扉を開けると、そこには当時のクラスメイトが大勢集まっていた。

「おう、久しぶり、遅かったな。」

声のする方を向くと、懐かしい顔が目に入ってきた。

「久しぶり優斗、ごめん、ちょっと道に迷っちゃって。」

声をかけてきたのは、幼馴染の白石優斗だった。

「まあ、とりあえずこっち来いよ。」

そう言って、優斗は自分の隣の空いた席を指さす。

「ああ。」

僕はその席に座り、店員にお酒を注文した。
優斗はすでにお酒を飲み始めていた。

「大介は就職決まったか?」
「まあ一応、優斗は?」
「まあ、俺も一応・・」

僕らは大学四年生。就職も何とか決まったころ、同窓会の連絡があった。

「皆、あの頃は楽しかったって言ってたよ。今はすごく大変だって。まあ、俺もそう思うけどな。」
「そうだな、僕も楽しかったよ。でも・・・」

僕は言葉に詰まる。

「今でも後悔してるんだ、僕があんなことしなければ、あいつはあんなことには・・。」
「・・まだ気にしてるのか、あのこと。あれはお前のせいじゃない。」

「そんなことない。あれは僕のせいだよ。僕のせいであいつは・・・。」


僕はあの日からずっと後悔し続けていた。
あの日、自分がしてしまったことを・・。
そのせいで君を失ったことを。



カオス・ストーリー2
http://story2.ichaos.me/


出典:LaZoo
リンク:http://lazoo.ichaos.me/
  投票  (・∀・):2  (・A・):14  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43059/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用