渋谷のハプニングバーで25歳Fカップの広告女子(彼氏持ち)を19センチ巨根でイカせまくり (寝取られ体験談) 15027回

2016/10/30 15:12┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
この間、セフレと渋谷にあるハプニングバーに行ってきたので、その時の出来事を書こうと思う。

まずは、スペックから。

俺(トオル):26歳 会社員で細身、長身。顔は並だと思う。経験人数は50人ぐらい。

セフレ(ミユ):23歳 OLでCカップ。身長は160センチぐらい。控えめな性格だがエッチには積極的。経験人数は10人。

セフレのミユとはTinderっていうアプリで知り合った。
実は会ったのは今回が2回目。
最初に会ったときにエッチしちゃって、セフレになったんだけど、ハプニングバーに興味があって今回ついて来てくれることになった。

ちなみに、俺には定期的に会うセフレが何人かいる。
どの子もTinderのようなアプリやクラブでナンパした子だ。

自慢じゃないけど、一度エッチすると離れられなくなるっていう子が多い。
というのも、やはり俺のテクと19センチ越えのデカチンにはまっちゃうみたいだ。

ハプニングバーには他のセフレの子と何度か来たことはあったけど、スワッピングしたのは今回が初めて。

午後11時ごろ、俺とミユは2人でハプニングバーに入場。
ここのハプニングバーは若い人が結構多い。
金曜日だったので特ににぎわっていた。

まずは、地下のバーカウンターで飲み物をもらって、ソファに座って乾杯。
今日はカップルが多い。単独女性も目立つ。

ミユははじめてのハプニングバーで少し緊張しているようだった。
同じ空間に全裸や半裸の男女、単独男にフェラしてる女の子、縛られてる人なんかがいるから無理もないw
俺は周りに座っているカップルや単独の人たちに適当に声をかけ、ミユと一緒に会話し、徐々にとハプニングバーの雰囲気に慣れさせた。

1時間ぐらいするとだいぶ慣れてきたようなので、2階へ移動することにした。

説明しておくと、地下のバーは盛り上がりゾーン、1階は受付、2階はしっとりエッチなことするゾーンで談笑スペースとお楽しみスペースがある。
ハプニングが起こるのは2階が一番多いw

まず、俺とミユは2階の「お楽しみスペース」に行った。
お楽しみスペースではカップルや単独の男女たちが今まさにエッチしているw

お楽しみスペースはマジックミラーで中を覗けるようになっていて、俺とミユは、他のカップルがエッチしているのをじっくり覗いたw
他人のエッチをみるのってめっちゃ興奮するw

その後、談笑スペースでお酒を飲みながらイチャイチャ。
周りにはカップルが3組ほどいる。

俺はその中で一番可愛い子に目をつけ、声をかけに行った。

俺「こんばんは、ここにはよく来るんですか?」

その2人は25歳の同い年のカップルで、ハプニングバーには初めて来たらしかった。
女の子のほうは、可愛くて明るくて、けど少し気の強い感じ。聞けば広告代理店で働くバリバリのキャリアウーマンだった。
仕事帰りだったためかスーツを着崩していた。細い体つきだが、巨乳であることがブラウスの上からわかったw

一方、彼氏の方は少し頼りない感じ。都内で大学院生をしているそうだ。

2人ともエッチには積極的で、以前からハプニングバーに興味があったとのことだ。

俺とミユと彼氏君と彼女ちゃん(チヒロちゃん)の4人で、テーブルを囲っていろいろと話した。

2人は大学時代からの付き合いで、付き合ってもう4年になるらしい。
エッチは週1ぐらいでするが、マンネリ化してきたためハプニングバーに来てみた。

話している雰囲気からすると、チヒロちゃんのほうが積極的で、彼氏は奥手っぽい。
主に俺とチヒロちゃんが話して、あとの2人は聞き役にまわっていた。

俺「みんな経験人数何人ぐらいなの?ミユは10人ぐらいだっけ?」
ミユ「そうだよ〜チヒロちゃんは、どれぐらい?」
チヒロ「うーん、、3人ぐらいかな、、彼と付き合って長いからそんなにしたこと無いですw」
俺「そうなんだw意外と少ないんだね。彼氏君は?」
彼氏「実は、、彼女としかしたことなくて。。」
ミユ「えー!意外!かっこいいのにね〜」
チヒロ「彼、こう見えて結構奥手なんですよwハプニングバーに来ようって言ったのも私だしw」
俺「逆にチヒロちゃん積極的すぎでしょw彼氏君、本当にこんなとこ来てよかったの?」
彼氏「まあ、、僕もちょっと興味あったんで、、」

やはり彼氏君は奥手でチヒロちゃんの尻に敷かれてる感じw

俺たちは、最近一番興奮したエッチの話とか、チヒロちゃんが高校生のときに教室でエッチした話とか、チヒロちゃんが彼氏君と初めてしたときの話とか、で盛り上がったw
特に、彼氏君とチヒロちゃんの初めてのエッチで彼氏君が緊張で立たなかったことや、フェラしたらすぐ出ちゃったことをチヒロちゃんにバラされて、彼氏君は真っ赤になっていたw

ミユ「ふふっ、彼氏君かわいいねw」
チヒロ「そりゃ最初は下手だったけど、今は結構上達したよ?」
俺「チヒロちゃんの教え方が上手かったのかもw」
チヒロ「そんなことないよーwだってユウ君(彼氏君)の結構おっきいし、私としかしたことないけど上手だよ?w」
チヒロちゃんが彼氏君を慰めるように言った。

彼氏君「ちょっとw恥ずかしいって」
ミユ「彼氏君、おっきんだwトオル(俺)のもおっきいよねw」
チヒロ「そうなの?ちょっと気になるかもw」
俺「じゃあ、見てみる?w」
ミユ「私も彼氏君の見てみたーいw」
俺「じゃあ、4人で向こう(お楽しみスペース)行っちゃう?w」

ミユもチヒロちゃんもかなり緊張しているようではあったけど、2人ともノリノリで、ついにお楽しみスペースに行くことに。
彼氏君は気乗りしてなさそうだったけど、チヒロちゃんが押し切ったようだw

店員さんの指示に従い、奥にあるヤリ部屋(お楽しみスペース)へ。
俺たち以外にひとはいなかった。

服を着たまま何もしないでヤリ部屋にいると退室を促されることもあるので、俺はとりあえず上半身だけ脱ぐことを提案w

チヒロ「えー!いきなり、、恥ずかしいよ、、」

俺は即座に上に着ているものを全部脱いだ。
彼氏君も意を決したのか勢いよくTシャツを脱いだ。

ミユも恥ずかしがっていたが、俺が脱がして上半身下着姿に。
ピンクのブラに包まれた白い美乳に、彼氏君は見入っていたw

チヒロちゃんはなおも恥ずかしがるが、彼氏君に促され、ブラウスを脱いだ。

薄いピンクのブラに、豊満なおっぱいが、、、

思ったとおりの巨乳ちゃんでした。谷間がすごい。。。

ミユ「チヒロちゃん、おっぱいおっきー!触ってみていい?w」

ミユにおっぱいを揉まれるチヒロちゃん、、その隙をついて俺はチヒロちゃんおブラのホックを外すことに成功w

チヒロ「やん!ちょっと、、恥ずかしいって。。」

あらわになるチヒロちゃんの巨乳。。。
白くてきれいな形してて、俺はすぐにでも勃起しそうだったw
俺はミユのブラも外し、全員が上半身裸の状態になった。

そこからは自然な流れだった。

俺はチヒロちゃんとペアになり、豊満なおっぱいへ愛撫を始めた。
彼氏君はおそるおそる、ミユを抱き、小ぶりだがきれいな胸へと手を伸ばしていた。むしろミユがリードしているようだった。

チヒロ「ん、、はぁ、ん、ぁあん!はぁ、」

俺はチヒロちゃんのおっぱいを攻めた後、スカートを脱がし、手マンを始めた。

チヒロ「やだ、、はずかしい、、はぁあ、」
俺「チヒロちゃん、彼氏君に見られてるよ?それにマジックミラーの外からも覗かれてるよ?」
チヒロ「はぁ、だめえ、、はずかしい、、はぁ、はあ、、」

俺は手マンのスピードを上げていった。

チヒロ「は、はぁ!あぁん!あ、だめ!あぁあ!いい!きもちいい!はぁ!」
俺「気持ちいい?彼氏君みてるよ?」
チヒロ「だめ、はずかしい、、ぁああ!だめえ!いっちゃう!はあ!あぁぁ、、いく!いくぅぅ!」

5分ぐらい手マンしていたらチヒロはイッてしまった。
俺はこの後も何度か手マンでイカせた。

一方のミユと彼氏君だが、ミユが彼氏君のをフェラしようとしていた。
ミユは全裸で、彼氏君はミユにパンツを脱がされているところだった。

チヒロちゃんは俺に手マンされながらその様子を、じっと見ていた。

ミユ「ふふ、彼氏君かわいいwパンツ脱がしていい?」
彼氏君「うん、、」
ミユ「あれwまだ起ってないよ?緊張してるのかな?」

そう言いながらミユはパクっと彼氏君のチンコを咥えました。

ミユ「ん〜じゅぷ、じゅぷっ、はぁ、だんだんおっきくなってきた」
彼氏君「はぁ、、きもちいい」
ミユ「ふふ、かわいい、、ん、彼氏君けっこうおっきいね、ふふ」

彼氏君のはフル勃起してて、たしかに結構デカかった。
といっても長さは俺より少し短いし、太さに関しては俺のほうが断然上だ。

俺はチヒロちゃんに、フェラしてもらうために、ズボンとパンツを一気に下ろし、チンコをチヒロちゃんの顔の前に持っていった。

俺「チヒロちゃん、俺にもフェラしてよ」
チヒロ「うん、、え。。。なにこれ」

俺のチンコはまだ半立ちぐらいだったけど、彼氏君のよりもかなり存在感があるw
特に、亀頭がでかくて全体的に太いのが特徴だ。

チヒロ「え、、おっきくない?すご。。。」

彼氏君が、ミユにフェラされながらこっちを気にしているw

俺「おっきいでしょ?w早くなめてよ」
チヒロ「えー、、うん、こんなの口に入るかなw」

チヒロちゃんは俺のチンコを口いっぱいに頬張り、フェラを始めた。
ミユも彼氏君にフェラしている。

そして、その様子がマジックミラー越しに、他の客に見られている。

彼氏君「やば、、めっちゃ気持ちいい、、、」
ミユ「ふふ、もう限界?」
彼氏君「だ、大丈夫だけど、、もう入れていい?」

彼氏君はゴムをつけてミユに入れようとしていた。

俺「彼氏君、ミユとエッチしちゃうよ?いいの?」
チヒロ「ん、言わないで、、なんか複雑だけど、、、私も入れてほしい、、、」
俺「ふふっ、正直だね。」

俺はゴムをつけ、チヒロちゃんに挿入…

チヒロ「はぁ、、おねがい、ゆっくりきて、、」
俺「チヒロちゃん興奮してるね、、こんなにデカいの初めてでしょ?」
チヒロ「そうなの、、そんなの入れたことないから、、はぁ、はぁあ!あ、、、だめぇ!」

出典:渋谷のハプニングバーで25歳Fカップの広告女子(彼氏持ち)を19センチ巨根でイカせまくり
リンク:http://kyokon-netorare.com
  投票  (・∀・):2  (・A・):8  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43061/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用