人妻子持ち、ファッションヘルス嬢 (女同士の体験談) 9381回

2016/11/08 12:51┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

771 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/21(火) 16:15:56 

/雄併匯ち、ファッションヘルス嬢 




∋匐,瞭欝蘋犬離泪泙 




先週の金曜日、子供が学校に行ってる間にお呼ばれされて 




正直言ってバイト先では、♀の子同士でふざけ半分触りっこしたり、ビチクの色の
チェックをし合ったりとハシタナイ私ではあるんですが、今回の体験は動揺しちゃって
誰にも言えなくてモヤモヤしています。 

誰かに聞いてもらえたら、このモヤモヤ感は消えるのかなぁと思いながら4日間

かかってやっとココへ辿り着きました 

・・・でも人妻子持ちでヘルス嬢の私の話は受け入れてくれませんかねぇ・・・ 








775 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/22(水) 03:06:59 

実は0時までバイトだったのでこんな時間になってしまったのですが 

あの出来事の後、今日(時間的に昨日)初バイトだったんですけど、大変な事に
気が付いてしまったんです。。。 

店のコの露出した衣裳姿を今までとは違う気持ちで見ていた私・・・てかマトモに
見れなかったんです(焦 

凄く胸がドキドキした 

何でなのか、納得のいく理由を頭の中で探したけど消化不良のままです 










776 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/22(水) 03:10:24

肝心な先週の出来事をお話させてもらっちゃいます。 

先週月曜日、子供の学校の学年懇談会があって出席してきたんです。
今期最後の懇談会って事だったので一度も出席してなかった私は、最後くらいは
出なくちゃと思い出席しました。 




懇談会の最後に、茶話かいが始まりました。 

みんな席を自由に移動していくつかのグループでワイワイガヤガヤ 

普段あまり口にしないスナック菓子を頬張ってると、『あの、こんにちは!』 

と声がかかった。 

『D.Iの母です。Dからよく、お宅のお嬢さんのお話を聞くんですよ!仲良くして
いただいてるみたいで♪』 

・・と、主婦間ではオーソドックスな会話で始まり〜〜〜 





778 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/22(水) 03:30:02

帰り際、D.I君のママ(以降トリアエズIさん)に携帯番号を聞かれたので躊躇いなく
教えてその日は終えました。 




そぉいえば、Iさんの第一印象は、小柄で可愛らしい人で人懐っこい感じ! 

・・私の店のキャラ紹介を参考にすると私とは正反対ですなorz 




木曜日の夜に、Iさんから携帯が! 翌日の金曜日に、Iさん宅で昼食を〜とのお誘い。
暇だったので何にも考えずに即承諾。 








801 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:30:17

 金曜日午前10時、うちの近くにあるファミ〇ーで待ち合わせ! 

車でお迎えにきてくれたIさんと、ソコのファミ〇ーでお菓子を2人で買ってIさんちへgo!! 







一軒家で新築チックなIさんち。 

『イイナァ〜!凄く大きくて素敵な家だねぇ!!』 

と素直に口走る私。 

『でもねぇ〜子供二人みながら家の維持は大変でさぁ。掃除なんて隅々まで
できないし使わない部屋だって有るし(゚-゚;』 

なんて困った顔で駐車場に車をバックで駐車しながら話すIさん。 

 『確かに私んちは3£DKのマンションなんだけど、1つ部屋が余るぅ〜。家って
限られた場所しか使わないから、実際は凄く狭い範囲だけで生活できちゃうんだよねぇ(^^;
でも一軒家羨ましぃ!』 

なんて言いながらIさんのお宅へお邪魔! 







802 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:33:03

入った途端、凄く爽やかなイイかほり(><  

『何の芳香剤だろう』。。。なんて思いながら靴を脱いで 







リビングに通されてソファーに腰掛けた私。 




『そーいえば今、下の子は?幼稚園に行ってるの?』 

って尋ねると、 

『昨夜から主人の両親ちへお泊り! 姑が今日休みで、下の子と遊びたいからって
昨夜お迎えにきたの! 今頃水族館に連れていってもらってるかなぁ。 
上のコには言えないよねぇ〜、でも泊りに行ってる事はバレたから今日の夜は
うちで戦争が始まるよキット(汗)』 

 なんて感じで苦笑いしながら台所でお茶を入れてくれてるIさん。 
・・・大変だねぇ、私も苦笑い 







803 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:36:27

・・・二人の子持ちにしては若いんだよねIさん! と思い私は聞いてみた 

『Iさんって若いよねっ!!26、7?』 

『えぇ〜そんな若く見えるぅ!? 絶対Yさん(私)より私の方が上だからぁ!
Yさんはいくつぅ?』 




・・・ここで気が付いたんですけど、懇談会では敬語で話してたけど今日はタメ語!! 

明らかにこの方がイイと思った(笑 




『私ゃぁ半年もすれば33になるんだよ〜↓↓↓馬鹿なお陰でか、年相応に見られた
試しが無い(^^;良いのか悪いのか・・・』 




『え゙ぇ゙ーー?!』 

・・・と目を見開きお茶を運びながらこちらに向かってくるIさん ?!゚゚)旦~ 

『てっきりヤンママかと思ってたぁ!!あっ、だからって今が年増って意味じゃなくて・・・
若さの秘訣って何?』と聞かれ・・・ 







804 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:38:54

ちなみにIさんは私の1つ上だったんです。若い(驚 




なんて色々話ながら小1時間が経って 




『そうだ、子供が学校から帰ってくるまでには時間が有るからチューハイでも飲んじゃう?
1本くらいなら帰る頃までに酔いも抜けるでしょ』 

ってIさんは、旦那さんのモノであろうチューハイ500mlを冷蔵庫から2本持ってきた。 

お酒を飲みながら、子育てやら旦那との馴れ初めやら、夜の営みやらで話にハナを
咲かせてたんです。 

 けど、Iさんは酔ってきたのか段々と妙に口が重そうなご様子。 
しまいには、お互いダンマリ(汗 




そんな時、突然Iさんが 

『私の旦那の写真見るぅ?』 

って聞いてきて 

『あぁ見たいっ!!!』 

って言ったんだけど、Iさん結構ヨッパで(^^; 







805 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:41:51 

『どこにぃ〜しまったっけかなぁ〜〜〜♪』 

みたいな感じで隣の和室からヨロヨロな声で歌声がきこえてくる。 結構ウケてしまった。 




『また今度来た時に見せてもらうからこっちに来なよぅ』 

って言ったら 

『あっ、寝室に結婚式の時のが飾ってあるから見に行こっ♪』 

って言うIさん。 

今度で良いのに、嬉しそうに言ってくるので見に行く事に。 Iさんは酔うとカナリ
陽気になるタイプみたい。さっきの口が重そうなIさんは気のせいだったのかなぁ。 




わずかに千鳥足で2階へ案内してくれるIさん。 

私はIさんよりは、お酒が強いと勝手に思いながら上がっていくと。。。 







806 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:45:49

男性の気配の漂う寝室に通されました 

聞くと子供は別の部屋で寝てるとのこと。 




夫婦二人だけのお部屋かぁ〜 

なんて思いながらニヤけてたであろう私。。。 

 寝室は、いたってシンプル! Iさんの旦那さんのものと思われるコミックや
雑誌がラックにイッパイ詰まってて、夫婦の寝室ってよりどこかの男の子の部屋って雰囲気。 

そしてラックの上には目的のモノが! 




写真を見た私は率直に素直な気持ちを 

 『旦那さんって可愛らしい人だねぇ〜↑↑!!!』 

と言いながら振りかえると、Iさんはベッドに腰掛けていて私の事を見上げてました。 

その視線が少しシンミョウ染みていた感じだったので私は慌てて 

『あっいやぁ…D君(Iさんの息子)が可愛いからさぁ・・・Dくんは旦那さんのクローンだね(焦)・・・・・』 

人の旦那さんを可愛いだのなんだのって言っちゃ、疑われたり失礼だったりするよなぁ〜って
思いながら、酔った頭をフル回転させ他に良い言葉が無いか、アサッテを見ながら考えていたら、
突然ガバっとハグられて 

『私は?・・・私の事は可愛いって思ってはくれない・・・かな?』 







807 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:48:47

・・・・・・?・・・・・・・・・??・・・・・・・・・・・・・・?! 




・・・正直私の頭の中では、抱きついてまで真剣そうに聞いてこなくたっていいじゃん 
みたいに思ってた 

('';A 




でもそんな考えは一瞬で消えました。新郎新婦が並んで写ってる写真を見たら、
まず新婦を誉めるべきだよね!!!!!  




私ったら失礼極まりないなぁ〜と思いながら、次の言葉を掛けようとIさんの顔を見ると、
訴える様な表情から曇った表情に変わっていった 

『あっ、Iさん平気?気持ちが悪いの!? 飲みすぎちゃったぁ?』 

と、私は言いながら腕を解こうとしたら 

『答える気もないって事?』 

次は悲しそうな表情になってしまった。 

『やっぱり怒ったのかな?それとも悪酔いしてるだけかな?』と、思いながら慌てて私は 

『ごめん、言うまでもなく可愛いよぉ〜羨ましいくらいだし!・・・てか大丈夫ぅ?』 

と聞きながら今度こそ私の背中に回ったIさんの腕を解き、 

『ベッドで少し休んでたら?お茶持ってくるよ!ねっ!』 

と言って背中を向けると、私は突然目が回った!  







808 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:52:22

 というか、Iさんに腕を強く引っぱられてベッドの上に仰向けに倒されてたんです。 
小柄な体からよくもそんな力が・・・ 




『私はYさん(私)の事、格好良くて美人って思ってるんだょ。入学式で初めて見た時から
そう思ってたんだ。 私、Yさんに一目惚れしちゃったみたいなんだよねぇ・・・』 

なんて事を言いながら潤んだ目で私を見ながら馬乗りになってきてる!!!!! 

そしてIさんの顔がデカく・・・ではなくてありえないくらい近づいてきた!!!!! 




そう来たかっ!!!!! 

っていうか 

そう来るかぁ????? 

っていうか 

そうだったのかぁ↓↓↓ 




すっかりパニクッた私は体を捩ってIさんを突き放して慌ててベッドから下りた。
少し乱暴だったかもしれない。 










809 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 01:56:06

『Iさん飲みすぎたみたいだね!! 気分は悪くないみたいで良かったけど・・・・
あっ、そろそろ帰ろうかなっ!!!』 

と、私はすっかり逃げ腰。 酔いもぶっ飛んでしまっている。 




『Yさんは、やっぱりこうゆうのっておかしい事だって思う?』 

 Iさんはそう言うと体を起こしてベッドに腰掛けた。 

私は返す言葉が見つからない。。。 




少しの沈黙の後、Iさんが『私ね、Yさんに告ったので4回目なんだ。みんな女の人。 

カノジョが居た事もあるんだよ! 大学の時に告られてそのまま襲われて。。。
その人には1ヵ月でフラれちゃった。 女の人の体だけに興味があっただけで
気持ちは無し。彼氏ができたから別れようだって。 遊ばれちゃっただけだって
わかって悲しくなってさぁ。 数日後、旦那に告られたから何となく付き合って
何となく結婚しちゃった。』 







810 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 02:00:29 

 『  ・・・・・・。』 

旦那さんとの馴れ初め話をしてくれてた時、何となくIさんの口が重いように思えたのは
このタメだったのかなぁと思った。 




『私、一度で良いから相思相愛になってみたい。 旦那の事は好きだけど、
やっぱり女の人じゃないとトキメかないし愛情が湧かないみたい。 
ココ数年は子育てに追われていてそんな気持ちは薄れてたけど 
Yさんを初めて見た時、久しぶりに感じたんだよねぇこのトキメキを。』 




最初は引き気味な気持ちだった私だけど、こんな極限(?)でも私に解りやすく
ストレートに胸の内を打ち明けてくれるIさんって。。。って思ってると不思議な事に
嫌な気分ではなくなってました。 

むしろ 

『今、何か言ってあげなくちゃだよなぁ』 

って考えてました。 




 するとIさんはうつむいて、 

『やっぱりさぁ、女の人に告ってもうまくいくわけないんだよねぇ、分かってたから。 
告れただけでもよかったかなぁ。 こんなに緊張したの久しぶりぃ!! 
正直、告る勇気がなくて飲まなずにはいられなかったんだぁ。。。 

。。。 今日はごめんねぇ。』 







811 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 02:03:50

 『ごめんねぇ』の語尾が震えてた!? 泣いてるの? 




咄嗟にIさんの前に歩み寄ってしゃがんだ私。 

ベッドに座っているIさんの顔を覗き込もうと思った時、Iさんのスカートにポタポタと、
そして幾つものドット模様が。 

涙だよね。。。 




私は息が詰まるくらい切なくなって、罪悪感みたいなワケのわからない気持ちが胸一杯に。。。 




『何だろうこの気持ちは』 




と思い終える時には、私はIさんをベッドに押し倒してました。 





818 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 03:59:54

 Iさんは、案の定と言うべきかビックリした顔して私を見ている。でも私もビックリした
顔をしていたかもしれない。 だって自分でも、どうして押し倒しちゃったのか
理解できてなかったし、気が付いたら押し倒していたって感じだったから。 




 そしてすぐに、私の口から出た言葉が 

『えっ・・・とぉ〜ぉ』 みたいな情けない呟き。orz 







819 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 04:08:14

 とにかくIさんの上から退かないとって思って離れようとした時、Iさんの腕が
私の首に絡まってきました。 力が抜けそうになりながらも何とか自分の体を
腕で支えてました。 




 なんだか束縛されてる気分がした。 




 Iさんはそのまま、何かをしてくるワケでもなくただ私を真っすぐに見つめてくるだけ。 

 その間、私は目が泳ぎまくってたと思う。 Iさんの視線から一生懸命逃げた
記憶があるから。 




 10〜20秒くらいだったかもしれないけど、もっと長い時間に感じた。 




その時間に終止符を打ったのはIさんの微笑み? 




 私はIさんからの視線から逃げていたけど 

『ごめん、退くね』 と、告げるためにIさんの瞳に視線をやる。 

 と同時に私の胸が高鳴った。 

 Iさんはナチュラルに、とっても優しくて潤んだ綺麗な目をして微笑んで私を見ていた。 






821 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 04:24:58

 この時はなぜか不思議と変な緊張はなかった気がする。 
胸の高鳴りは心地よかったし。。。 




『Iさんの笑顔をずっと見ていたいなぁ』 




 みたいな事を思ったんですけど、気が付けばまた私は、思い終える前に
先に体が動いてしまっていて。。。 





835 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/24(金) 19:11:17

 Iさんの小振りな、でもプックリしていて弾力な裸の唇に私の唇を重ね。。。
たかったんですけど、ポジションが悪くて額に軽くチュッ。 

 恥ずかしいんですけどポジションを変える余裕がなかったんです多分。 







 正直、頭の中は真っ白に近い状態。こんな事、10代の時以来じゃないかなぁって後々思った。 

 額にチュッをするのに、こんな緊迫な状況に遭遇したのは生まれて初めて!!! どうせなら、 

『もっとチューハイを食らって(飲んで)おけば良かったよ』 

 なんて事まで感じた始末。 

 ━まぁ今となったら、飲みすぎてなくて良かったって思ってるんですけど。
だって酔った勢いで抱いただなんで最低じゃん!!!!!━ 





841 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/25(土) 00:40:50

 額にチュをした後からは正気に戻り、私的には止められないと言うか、 

『もう逃げない』 

『今、生まれたばかりの私のこの気持ちを、態度で表すよ!』 

 って言う堅い意思を、Iさんの瞳に強く見つめ投げ付けた。 

 ━今、1番好きな人はIさんだよ!!━ 

 私の気持ちは運良く伝わったのか、ビックリした表情はIさんから消え去っていた。 

 むしろ私の事を 

━すべて受けとめるよ、お願い━ 

 と、言っているような、やわらかくて艶っぽい表情。そして私の首に絡んだ腕に
ギュッと力が入った。 

 『OKサインだよね?』 

 と、問い掛けるようにIさんの瞳を見たらIさんはゆっくりと潤んだ瞳を閉じた。 

 この時、私にバイトキャラが飛来して私に憑依した気がした。 

 【注:↑SFチックですがあくまでも、私の初体験の出来事で作り話じゃないですっ!!!
ちなみにバイトキャラはドS。】 







842 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/25(土) 00:43:10

 私はためらう事無く、Iさんの唇にフレンチキス。 

 Iさんの鼻は高くないのであまり首を傾けずにしてみた。しかも『チュ』って音をたてちゃった私。 

 Iさんったら上目遣いでキョトン顔。その直後にニコっと笑う。。可愛い(~~ 

 やっぱりポジションが悪かったのでIさんを抱えてベッドの真ん中近くまで移動した。 

 まぁIさんも後退ってくれたんだけど。 

 今度はしっかりIさんをまたがる形のポジション! 

 今までは私の両足が床についてたので中腰だったんですよ。 

 気を取り直してまたIさんにキス。 

 今度はIさんの上、下唇を甘噛みしたり唇の輪郭を舌でなぞったり。。。
Iさんの軽い息遣いが聞こえる。 

 その間、私の左手は肘をついて Iさんの髪の毛を指に絡めて遊んでて、
右手はIさんの左手とガッチリ繋がってる状態。 

 長いキスを続けながら手を放してIさんの耳を人差し指でソフトに触りだすと 

『ぁっ・・・』 

 と艶声。息遣いも良いけど声はヤバイと思った。 







843 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/25(土) 00:43:54 

 スイッチが入っちゃったかの様にIさんの唇をデープにせめだした私。 

 舌に感じるIさんのツルツルな歯、フワフワな唇の裏側、そして熱くて懐っこい舌。 

 舌をクルクルと絡めれば同じくクルクルと絡まってくる。たまにフレンチキスをするために
唇を放すと頭を軽く持ち上げて私の唇に着いてこようとする。 

かぁわぁいぃー(ハート 





846 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/25(土) 02:27:03

 デープキスはそのまま衰えず、お互い吸い合ったり噛み合ったり。。。 

 デープ過ぎて少し息が上がっちゃったので唇から離れて顎、首筋に舌を這わせて耳に到着。 

 Iさんの口からは 

『ハァ・・ハァ・・・・ンァッ・・』 

 なんて感じで小さく声が漏れている。 

 服の上から脇腹を触り吐息をかけながら耳を舐め回す私。 

 どうやら耳は感じるみたいで声が上ずるIさん。 

 『アァァ・・ァン・・ハァ・・』 

 もっと声が聞きたくて耳をピチャピチャと音を立てながら舐め、胸に手を置いてみた。 

 ♀の子の胸を本格的にセメるのは初めてだからちょっと躊躇気味。 

 とりあえず置いてみただけだったんですけど、以外にイイ反応でビックリ!! 

 『ぁあン・・・・』 

首を反らせて私の背中の服をギュッと握ってきた。 

 声も・・・良い鳴き声。 

 高めなIさんの喘ぎ声は、確実に私を獣に変えていくぅぅぅ゙・・・・・ 

 ヤバイヤバイ・・・・・(壊!! 





859 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/26(日) 05:10:40 

 あと、相手に気持ち良くなって貰う事で私が感じるから、その感覚が大好きなので
Sになっちゃったんだろうなぁ〜と、再確認できた瞬間でもあったなぁ。 




 胸は自分がされて気持ちがよい様に責めてみる事にしてみた!!! 

 Iさんの真上に被さる様なポジションだったけど、向って左側にずれて右手を
使い易いようにしてみた。 

 Iさんの反応と表情を見たくて耳から唇を離して・・・胸を外側から揉み上げてみたら、
やっぱり耳より良さ気。 

  小さくはない声で反応してるIさん。・・・私より胸が大きいよぅo(´^`)o 







860 :名無しさん@秘密の花園:2006/02/26(日) 05:11:34

 手のひらには収まりきらない胸にジェラシーも感じたけど、Iさんの反応と胸の
触りごこちの良さでか、私のアソコがギューとしてジワーと熱くなってきちゃってさぁ。

 無意識に深呼吸をしちゃってたりするし。 

 興奮のせいか、私の責めに加速がついてしまった。 Iさんのニットカーディガンの
ボタンを片手でもたつきながらも外して、ロンTの裾から手を忍ばせながら捲り上げて・・・
ブラを発見!! 

 『わぁー大きぃー☆』 

 と頭の中で叫んだ様な記憶が(''; 

 Iさんは、ふと恥ずかしそうな、それでいてはにかんだ様な顔で 

『・・・ンねぇ、多分Yさんは♀の人との経験、私が初めてなんだよねぇ?』 





880 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/01(水) 23:56:15 

 『モチ! Iさんは私で何人目になるの?』 

 本当の事だから躊躇いなく肯定したんだぁ。そんで私も質問を! 

 『2人目ぇ。告った人数が多いわりには、寝たのはさっき話した大学の時の
カノジョだけなんだぁ…‥Yさんってやっぱモテるの?』 

 『やっぱ』は要らないと思った。 

 『ん〜〜…♂に?♀に?…そおいえば高校の時、学校でモテたかもぉ。
女子校だったんだけどね』 

 運動部で部長をやっていて、ボーイッシュなら誰でもモテたんだよね。
意識してボーイッシュにしてたワケじゃないんだけどさぁ〜…みたいな説明をしてると、 

 『…‥フフッ…エヘヘヘ〜』 

 変な笑い声( ̄□ ̄;)! Iさん大丈夫かよぅ!? …それとも私が何か変な事言ったっけか?
と思いながら 

 『何何何ぃ〜?』 

 って聞いたら 

 『Yさんさぁ、私が告った時から喋らなくなっちゃったから凄く不安だったんだぁ。
でもまたマシンガントークに戻ったから安心しちゃって。そしたら笑いたくなっちゃってさぁ』 

 だって!! 確かにそうだった(焦) 







881 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/01(水) 23:57:19 

 『あっ、そうだったね…ごめん不安がらせちゃって』 

 謝るしかない。それから私の今の本音を付け加えてみちゃった。 

 『私、どうしたら良いのかわからなくてさぁ、何も言葉にできなくて。
♀の人を好きになったのが今初めてで…‥結構イッパイイッパイなんだよねぇ』 

 言い終えるとIさんの表情が物凄く晴れ晴れしたような、それで凄く可愛いじゃん!! 

 私も告れた事に大満足で思わず微笑んじゃった! 

 実は私、生まれて初めて人に告ったんだぁ。 

 なぁんて思ってたらIさんにムギュってハグされてさぁ、 

 『ねぇ、お互い苗字で呼び合うのをやめない?変でしょ!名前で呼び合おうよぅ』 

 と、甘えた声で言ってきた。私もそれは大賛成! 

 『いいねぇ〜!私はIさんの事、なんて呼べば良い?』 

 『Nっていうんだぁ。だからNが1番良いかなぁ。』 

 『わかったょぉ!じゃあ私の事はRって呼んでね。』 

 2文字の名前同士なんだぁ!なんてどうでもイイ様な事を思いながら…
すっかりさっきまでのムードがぶち壊し?! 

 てか、せっかく責めに勢いがついてたのにまた仕切り直しじゃ恥ずかしいよー。 







882 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/01(水) 23:58:28

 …でも平気みたい!私の下ではNが自分でニットカーディガンの袖を脱ぎ取ろうとしているし。 

 脱がしたくなったから、私は起き上がってNの上半身を起こしてキスをしながら脱がした。 
それからロンTを脱がせて、スカートを脱がせて…Nは下着だけの姿に。 

 背中に手を回して押し倒しかけた時にNが、 

 『Rも今脱いで』 

 と言うじゃないですか!! 『私も脱ぐのっ?』って聞くと 

 『うん…後でより今がいい』 

とN。 

 責める方は脱がないで良いと勝手に思っていた私。 

 でも今のNとのやり取りで、責める方も脱ぐのかなぁってさとった。 

 よく考えたら抱き合うのに片方が服を着てるって不自然よねぇ! 

 意を決して私もラグランTとデニムパンツを脱ぎ捨てた。
 『ちょっと明るすぎて恥ずかしいかも…』 

 ってNが言うじゃん。実は私もコッパズカシかった。 

 今は白昼。太陽は消せないんで 

 『カーテン閉めてくるね』 

 って言ってベッドから降りて窓際に歩いていくと、 『あぁ〜〜〜〜!!』 

って声が! 





884 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/02(木) 00:00:07 

 『今度は何サァ!?』って聞くと、 

 『Rの腰ぃ〜!! いやぁ〜〜〜綺麗〜!!ってか格好い〜〜』 

 …‥あっ、そおか!私の左腰には虫を飼っているからね。 
正確にはバタフライのタトゥーを入れてるのよ。 

 『もしかして、こうゆうの生で見るのは初めて?』って聞くと、 

『うん初めて!凄い似合ってるねぇ。よく見せてその入れ墨♪』 

 …‥入れ墨ってorz 

まぁ細かい事は気にせず…‥ 

 カーテンを閉めてベッドに戻ると、Nに背中を向けて座った。 

 『入れてもう6年経ってるから結構色あせちゃった』 

 感心したように私の腰に顔を近付けて見てるけど、今この部屋じゃ、
さほど明るくないからハッキリ見えてないんじゃないかな。でも 

 『マスマス好きになっちゃう。私って面食いだからビジュアル良くないと好きになれなくて。
Rって文句なしに私の好みだよぅ』 

 なんて言ってくれちゃう(照) 

【注:言うまでもないけど、お世辞ですきっと。】 







885 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/02(木) 00:01:41 

 今度こそムードを回復させなくちゃ! 

 ガバッっと振り向くなりNを押し倒してまた上にかぶさる私。 今までよりも近くにNを感じる。 

 肌と肌で触れ合うのは明らかに心地よい… 

  

 Nの唇を摘むように何回も軽くチュをしながらブラの肩紐をおろしてると、Nが私の
頭を引き寄せて長くて濃厚なキスが始まった。 







886 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/02(木) 02:17:38

 両方の肩紐を下ろし終えると俯せになってもらったんだけど、その俯せになる仕草が
可愛くて。 胸がこぼれかけてるし。 

 後ろからまた耳を責めてみると 

 『ンッ…Rってエッチぃ〜』だって。 

 『そりゃ凄くエッチな事しようとしてるんだもん!それとも、超淡泊に責められる方がいい?』 

 って聞きながらブラのホックを外しちゃった。 

 『アッ…』って小さな声が聞こえた。 

 Nは、両肘をついてブラを外してベッド脇に置いた。 大きいブラについ目を取られてしまった。 

 Nの髪を左側に寄せてウナジにチュをしてからゆっくりと舐め上げてみた。 

 『はうっ』って声が跳ね上がった。 

 私は右手をNの右肩に指先だけを触れて、ゆっくりと下げていく。 

 『アッ‥ハァ…こんな感覚初めてだよぅ。くすぐったいけど凄い気持ちぃ…ハァ…
‥淡泊じゃなくて…好きに責めてぇ』 

 Nの声がすっかりとろけてるぅ。これも責め好きの醍醐味なんだよねぇ!!! 




887 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/02(木) 04:01:37

『モチ頼まれなくても淡泊がイイって言われても、マイペースで好きに責めちゃう
つもりだったからぁ…‥』 

 と言い終わる頃にはウナジを舌の先でクルクルと舐め回し始めてた。 

 イイ香りがするウナジ。シャンプーと香水かな! 

 この辺りからだったかな、Nはすっかりエロムードにハマって会話らしい事は
あまり口にしなくなって。 

 代わりに気持ちの良さそうな艶のある声がよく聞けるようになった。 

 ウナジからクルクルと舌を遊ばせながら背中に下がって行く私。手も指先が触れるか
触れないかの感触で、脇腹や背中を触りまくり。 

 Nは、かなり体をひくつかせてる。 

 『N、くすぐったいの我慢してる?』 

 『ちょっと我慢してるぅ。でもそれが気持ちいいょぅ』 

 それじゃぁと言わんばかりに、馬乗りになった私は両手を使って背中と脇腹を責め始めた。 

『ンンッ…あぁンっ!…‥』 

 Nは体を捩りながら声をもらしてる。本当に気持ちが良さそうで良かった。 







888 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/02(木) 04:03:39 

 俯せ姿を真上から見てたら胸が見事にはみ出してる! 

 はみ出した胸も責めてみたら肘をつくようにして体を持ち上げたN。 

 触るしかないでしょう! 

 かぶさる様にポジションをとり直すと両手を前に忍ばせて胸を触ってみた。 

 当たり前だけど 

『ビチクがあった!』って頭の中で喜んじゃったし。 

 案の定、Nの反応はイイ!! 

 『あぁっ…はぅぅ…‥』 

 触ってる私も 

 『ハァ…‥アァッ…‥』 

 なんて声が出ちゃってるょ。だってさぁ〜揉んでるとNのビチクが、私の指の間を
くすぐってて気持ちが良いんだもん!! 








892 :Rの初体験[888の続き]:2006/03/03(金) 13:17:00

 責めていて、声以外で感じたのは初めてかも。 

 そんな気持ちに浸りながらNを仰向けに誘導する。 

  

 仰向けにしちゃったじゃんねぇ!!! 

 今、確かにNの胸が目の前にあるんだよね。 

 でも私、かなり恥ずかしくて胸に視線を移せないでいるょ、まだ見てない。 

 その代わりじゃないけど、Nの愛らしい瞳を見つめながら 

 『オチツケー私!』 

って願ってたりして。 

 実は緊張してNの胸が見れないでいるんだ。何で責めてる身空で、こんなに
恥ずかしい思いをしなくちゃならないんだろうと困惑。 

 私らしくない(>-<;)!! 

 …なんて思ってると、Nが私の左ブラ線を下げた。 

 『ハッ?!』 

 って無意識に声を飲む私。ホントにビックリしたんだ。 

 『私も責めていい?』 

って言ってくるN。 

 『えぇ?!…んンーー…‥』 

 ってハッキリしない私。 

 ビックリしたのがデカかったんだけど、私って自分の体を人に委ねるのが嫌いでさぁ。 

 どぉやって断わろうかって考え始めたけど、Nは私が返答する前に…‥ 

 私はブラを腹部まで下げられちゃってたよ。 

 抱き寄せられてディープチュをされて、すっかりペースを持ってかれてる(焦 

 救いなのは、まだ私が上に居るポジションって事。 





914 :Rの初体験:2006/03/06(月) 14:52:00

 やっぱり生理的に舵を取られるのが嫌!! 

 そのままチュをしながらNの胸をモミクシャに揉みながら、唇から離れてNの胸に私の唇を移した。 

 女の子のビチクなら皆、そうなのかなぁ… 舐めガイがある!!!!! 

 『ヒャン…あぁッ…‥』 

ってNからは艶声が絶えないでいる。 

 何とか舵は私が取り戻したらしいょ。 

 その流れを失わないように、Nの胸をマサぐる私。 

 私は向かって左ビチクを唇に含みながら、右ビチクを指先で弾いたり、つねったり。 

 その手を、あの触り方で脇腹を辿ってパンテーに辿り着くと、迷いなく下ろしだした私。 

 さすがに、パンテーを脱がすのが大変(汗 

 私もNも上半身を起こすなり、私ゎ完全にブラを自分で外し、Nはパンテーを自分で脱いだ。 

 二人とも、どちらからカラとも言うわけでもなく、またデープにチュ…‥ 

 Nに上顎を舌で舐められた 

 …‥背中に電気が走ったというか涙が出る程感じたぁぁ!!!勝手に声が出ちゃうょぉぉ…‥ 

 舵を取られまいと私は…‥ 

 急だと思ったけど、Nをマンぐり反し体勢にして、アソコに顔を近付けた。 





926 :Rの初体験:2006/03/06(月) 19:03:06

 カーテンが斜光性らしくて思いの外、かなり暗くなってた部屋。 それでも目の前に
Nのアソコがあるって現実は明白。 

 さっきみたく胸を見れなかった私ではなく、今はNのアソコに釘づけ!!! 
生で女の子のアソコを見るのは初めてだょぅ!!! 

 ハッキリは見えなのに、物凄く興奮しちゃうよぉ! Nのアソコはヤラシイ…‥まずは開いてみよう! 

 全然濡れてなくていじられると痛い時があるから、私は自分の右手の指3本を
しゃぶり濡らして、そのヨダレをNのアソコに優しく塗り付けた。 

 塗り付けてる間にNのアソコはパックリ開いた!! 開いたトコロから私のヨダレよりも質の良い
天然ローションが出てきたじゃん!!! 今まで、感じててくれたのかなぁってちょっと喜!! 

 その天然ローションを優し〜く優し〜く、人指し指だけでビラビラに馴染ませていく。 

 『アッ!!ぁあっ…‥気っ持ちいぃ…』 

 って感じで感じてくれてる。 

 自分がされて気持ちが良い事しかしてあげれないけど、と思いながら段々に
Nの深部に近づく私。 








942 :Rの初体験:2006/03/07(火) 08:47:02

っていうかNの体勢が辛そう。変えなくちゃ! 

 Nのお尻を下げて両膝を立てて広げると、私は太ももを手と舌で責めながら股の間に
顔を埋めていく。 

 また目の前にNのアソコ…ついに初舐めっ!!!!! 

 よく湿らせた舌で穴から天然ローションをアソコ全体に馴染ませると、両手で毛を分ける様に
そっと開いてみた。 

 クリが丸見えかなぁ、薄暗いからよく見えないけど…クリを半開きの唇で包み込むと、
甘吸いしながら舌を押しあてる様にしてゆっくり左右に舐めてみる。 

 Nは私の頭をクシャクシャにいじりなから良がってる。 

 少し早く舐めてみたり口を離して舐めてみたり色々試したら、甘吸いをしながら
早すぎない速度で舐められるのが好きみたい。 

私はソレをしながら零れてる天然ローションで指を濡らすと指1本を入れた。 

 指の根元まで入れるとピンローみたく小刻みに動かす私。クリを内側から責めるようにね。 

 Nは高く艶声上げちゃってるよぅ。アソコの中もグッショグショ! 

 指を一旦抜いて2本目の指を濡らすと2本同時にゆっくり入れていく。
痛くないか聞いたら、むしろ2本の方が気持ちいいって。 

 クリを甘吸いしながら舐めて、中からも責めて、左手は胸を鷲掴みで回し揉み! 







943 :Rの初体験:2006/03/07(火) 08:48:48

…結構、私の体勢はキツかったんだけどNの可愛くて色っぽい顔が見れるならって
頑張っちゃった。 




 なんて呑気な事も言ってられない事に気が付いたっ!! ベッドの枕元の時計が
教えてくれた。子供たちが帰ってきちゃうよぉー(焦 『ねぇイケそう?』 

って聞いたら 

 『うん、もう少しでイケるぅ…けどぉRはぁ?』 

 『私はNにイってもらえるだけで大満足だよ。それに…見て!』 

って時計を指差したら、Nは時計を見るなり、 

 『えぇ〜もうこんな時間?!時間が経つの早すぎるぅ!…‥』 

Nは何か続きを言おうとしてたけど、私はノソノソと這ってNの顔に近づくとチュで
口を塞いでしまった。 時間が勿体ないのもあったけど、さっきまでの気持ち良がっていた
色っぽい顔と今の拗ねた顔のギャップにキュンときちゃって(^.^) 

 そのままチュをしながらアソコに手を伸ばしてクリを指先でクリクリ責めるけど、
イかせるならさっきのじゃないと! 

 そっけなく(?)ノソノソとアソコに戻るなりクリにしゃぶりついて、ふやけた二本の指は
また天然ローションで濡らすとNの中へ… 

 ピストンをしてなかったから試してみたらこれも良さそう! 







944 :Rの初体験:2006/03/07(火) 08:49:51

 逆手招き風とピストンを交互に繰り返してると逆手招き風の方が反応が良い事に
気が付いたので、それに絞って責めた。 

 左手はまた胸を鷲掴みでモミモミ。 

 しかし女の子の中って気持ちが良いんだなぁ〜、指にぴったりとまとわりついてくる
感覚と締め付けてくる感覚は指も喜ぶよぉ。 

 …なんて思ってる反面、左の肩と右の親指の付け根がつりそうで危なっかしい。 

 ソロソロ、イってもらうためクリをしっかり剥いて甘吸いしながら舐めて、指でGスポを刺激する。 

 指をキュウキュウ締め付けてくるのと同じタイミングでNの声も上がってる! 

 そして間もなく締め付けっぱなしに近くなって、Nの息継ぎ以外は喘ぎっぱなしに
近くなってきた。 

私の指の動きに合ってる感じに小刻みに声が 

 『アッあッアッアッあンッ…』 

 そしてイきやすいポジション(体位)なのか、足は開いたまま手で持ち上げて支えてる!
屈折位みたい。 

 Nのクリはコリコリに大きくなっちゃってるし、指は動かすのが重く感じる程に締め付けが
強くなった。 







945 :Rの初体験:2006/03/07(火) 08:52:31 

と思ったら 




 『あぁーーーRイきそぉー…アンッ‥イっちゃうぅ‥イっちゃうぅ〜…‥イ‥くぅっアッアッアッ‥
キャフン…‥』 

 ビクンビクン……‥ 

  

 Nは足を閉じて体育座りみたく膝を抱えると横向きにコロンと力果てちった。 

 私はNの後ろにピッタリ寄り添うとNは体ごと振り返って私に、 

 『重くとらないで聞いてくれる?』 

 『うんいいよ、なぁに?』 

 …‥以下つまんないので省略‥end 




あれから半月以上が経って初体験の記憶も徐々に薄れ、肝心な絡み部分が
サッパリしてしまった気がする。 

曖昧なトコロもあったから短くしちゃったし。 

出典:どこどこお?
リンク:もえばなあ?
  投票  (・∀・):5  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43075/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用