歯槽膿漏への一歩は磨き残しから (ジャンル未設定) 4302回

2017/02/17 11:12┃登録者:えっちな名無しさん◆rCEeIIoE┃作者:歯槽膿漏への一歩は磨き残しから
歯槽膿漏への一歩は磨き残しから

1

「歯槽膿漏」の原因菌は、歯と歯ぐきに付着した歯垢(プラーク)の中で増殖します。歯槽膿漏の予防の基本は、毎日の歯みがきから。磨き残しのないよう、正しい歯みがきの仕方を覚えることが大切です。

歯垢ができるメカニズムや、蓄積によって起こる症状をもっと知りたい方は『細菌の温床「歯垢」から始まる 歯と歯ぐきのトラブル』をご覧ください。

まず、歯ブラシは鉛筆を握るような形でもち、力加減は歯ぐきに触れても痛くない程度に抑えます。歯ブラシを当てる角度は、歯に対して90度。歯ブラシの全面が歯にしっかり当たるようにします。ただし、歯ぐきが腫れている場合は45度の角度がよいでしょう。磨く時間の目安は5分ほどですが、夜はそれ以上の時間をかけて、とくにていねいに磨きます。睡眠中の口内は、ほとんど唾液が分泌されず、細菌が繁殖しやすい環境になっているためです。

とはいえ、時間をかけてていねいに磨いても、通常の歯ブラシだけでは必ず磨き残しが出てしまいます。それに対処するために活用したいのが、歯みがきの補助アイテムです。
磨き残しやすい部分とその対処法

惚れ 香水 http://www.kanpouone.com/pheromone-818men.html
黒蟻王を最安値通販 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-58.html


細菌の温床となる歯垢が溜まりやすいのは、歯と歯肉の境目、歯と歯の間、奥歯の奥、前歯の裏などです。これらの場所は、通常の歯ブラシの毛先が届きにくいため、どうしても磨き残しが出てしまいます。そこで、歯ブラシに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどの補助アイテムを使うことが大切になるのです。

デンタルフロスとは、歯と歯の間の食べカスや歯垢を取り除くための、細い糸のこと。歯間の隙間が小さい部分に適しています。歯と歯の隙間が大きくなった場所には、歯間ブラシがおすすめです。

また、歯ブラシがあたりにくい細かな箇所には、タフトブラシを使うのがよいでしょう。これは、ヘッドが小さくまとまった歯ブラシで、ブラシ先端が三角形にカットされているもの。奥歯や親知らずのほか、重なり合った歯の隙間など細かな部分にフィットするため、しっかり磨くことができます。

出典:威哥王の正規品通販保証
リンク:http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html
  投票  (・∀・):4  (・A・):13  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43251/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用