秋葉原大学〜テニスサークルのお話 (芸能人との体験談) 6402回

2017/05/22 21:02┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
出典:カオス・ストーリー2
http://story2.ichaos.me/index.cgi?mode=novel_index&id=biscuit&nvno=2&view=1

.機室爾料歃当番
大学で認定されたサークルにはそれぞれ「サー室」と呼ばれる
高校までで言う「部室」が与えられる。

マンションやアパートの賃貸と同じく
家賃はかからないものの借りていることに間違いはないため、
節度のある使用が求められているわけだが、
「テニスサークル次世代」では掃除当番という制度を設けて
週に1回掃除を行っている。今日の当番はというと、

「おはよ〜ございま〜す、ってこんな時間に誰もいないか」

会長を務める高橋朱里。
1限の授業前が始まる前に来てさっさと済ませてしまおうということらしい。

朱里(「とりあえずはいつも通りほうきで掃いてから、散乱してる物の整頓かな」)

週に一回掃除をしているとはいうものの、
常に誰かしらが過ごしている空間であるためか意外と部屋は汚れる。

朱里「はあ〜とりあえず一つずつ仕分けしていこうかしら?」
会長の独り言が増えたのも掃除当番のおかげだろう。

朱里「えーっと、ここら辺の床いっぱいに積み重ねられているのは法律のテキスト
   かな?こじまこ持ちきれないから置いて行ってるのか」
  「これは昆虫図鑑?表紙に「おおしまりょうか」って書いてあるし、
   なんでこんなの持ってきたんだろ?」
  「ゆりあの物かな、これ?ナゴヤ球場での巨人×中日戦のチケット・・・
   こういうのは大事にとっとかないとねえ」
  「この袋詰めにしてあるお菓子類は・・・たぶん自由のやつだな。
   ベビースターラーメン、かば焼きさん、チューインガム、駄菓子ばっか
   あまったるかったり、いろんな匂いが」
  「なーちゃんのロッカー周辺は相変わらずきれいだなー。そのままでOK」
  「まさきのやつユニフォームちゃんと持って帰れよ。ファブリーズかけて
   椅子で乾かしておくって、まんま高校生じゃん」

朱里「はあ、なんでこう独り言が増えるんだろう?」
まるで大家族のお母さんのようにぶつぶつ言いながら掃除を続ける朱里。
だが一番大変なのは・・・

朱里「やばいな〜。そろそろロッカーに押し込むのも限度が・・・」
私物から大学で使うものまで自分のロッカーに詰め込んでいる部長のロッカー。
外からはもちろん見えないが、中がごちゃごちゃしてきていることに
危機感を感じている。

朱里「まあ、大丈夫でしょ!収まりきらなくなったら考えよ」



勝手に開き直り、掃除を終えて部屋から出て行った朱里。
その2時間後・・・

1限の授業を終えたまさきが、休憩がてら部室にやってきた。
まさき「はあ、また朱里のロッカーか」
部屋に入ったまさきはいつものごとくあきれたように呟く。

まさき「もの詰め込みすぎると勝手に開いちゃうからなあ、また本とか散らばってる」
会長は隠しているつもりだが、ほかのメンバーにはとっくにばれている模様。
昼休みを挟んだ3限まで時間があるまさきは、ソファーで昼寝を始めた。

続き
http://story2.ichaos.me/index.cgi?mode=novel_index&id=biscuit&nvno=2&tategaki=

出典:カオス・ストーリー2
リンク:http://story2.ichaos.me
  投票  (・∀・):3  (・A・):8  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43403/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用