幸せの丸い貝 (恐怖の体験談) 7836回

2018/02/05 22:27┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:

 大学で日本の風俗を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。
 道路から階段が伸びていて、下には岩 

場がある。

ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。

 少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。

 「何か探しているのですか」
 私は声を掛けた。

 「貝を」

 少女は言った。

 「幸せの丸い貝を探しています」

 貝とはまた奇妙だ。

それは希少で高級な貝なのかと問えば違うという。
 食用かと問えば、食べる人もいるが、と言う。
となると、恐らく貝殻が必要なのだろう。

 「祭で必要なのです」
と少女は言う。

 「幸せの丸い貝が無いと、祭が台無しになってしまう」
その話に興味を持った私は祭のことを少女に問うが、少女はよくわからないという。


 親類が詳しいというので、頼み込んで家まで案内してもらった。
 少女の家はまさに祭りの前日といった様子で、着くなりたくさんのご馳走で歓迎された。
 酒が入っていたからだろう。
ろくに質問もせぬうちに私は眠ってしまった。



 目を覚ますと、もう祭りは始まっていた。
 少女はいない。
 私は一番近くにいた人に話し掛ける。

 「幸せの丸い貝は見つかったのですか」

 「ああ、もうここにあるよ」



やがて祭りは佳境に入り、私は幸せの丸い貝がどんなものなのか理解した。
ああ、それにしても奇妙な風習じゃないか。 


出典: 贄
リンク: 
  投票  (・∀・):26  (・A・):17  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43798/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用