憧れの同級生が見せた裸のY字バランス (学校での体験談) 15093回

2018/05/17 09:57┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
時代は昭和の末期だった。
俺はある地方の都市で生まれ育った。
その都市の産業は、ほとんど全てと言っていいほど世界的企業であるT社に依存していた。
T社の子会社や孫会社、そのまた子会社・・・それらの取引先・・・
その都市に住んでいると、身内の誰かが必ずと言って良いほどどこかに所属していた。

小学校3年の時、初恋をした。
相手は小夜ちゃんといって、元気が良くて誰からも好かれる美少女だった。
5年の時、名古屋から木島という転校生が来た。
木島は頭も良くスポーツもでき、さらに
そいつの父親はT社本社の部長だったもんだから、転校してきて、すぐに学校中から注目された。
頭脳、運動神経、親の権力、3つのものを持ち合わせていた木島も性格だけは最悪だった。
木島は取り巻き連中と徒党を組み、クラスで気の弱い奴らを苛めだした。
それだけだったら、俺が思い起こして文章にする必要はないのだが、悲劇が起った。
その時、学級委員と児童会の役員を兼任していた小夜ちゃんは、正義感が強く姐御肌だった。
当然のように木島と衝突した。何度か言い争うのを見かけたが、木島はT社の部長の息子だ。
先生も腫れものを触るような扱いだったし、クラスにも木島に堂々と逆らおうとするものなど
小夜ちゃん以外は皆無だった。
すぐに雌雄は決した。
苛めから守ろうとした小夜ちゃん自身が学校中から浮き、逆に苛められるようになった。
初めは、全員から無視される程度だったが、
木島の取り巻きの一人、吉田は以前、小夜ちゃんに告って振られたことがあった。
吉田も木島に劣らず相当性格の悪い奴だったが、それ以上に大人顔負けのスケベだった。



出典: 某所
リンク: 某所
  投票  (・∀・):6  (・A・):26  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43870/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用