イケメンとデブの2人組 (泥酔状態での体験談) 6894回

2018/07/29 16:13┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
私(なつみ)は、友達のゆいと海に遊びに行きました。そこで、イケメンとデブの2人組にナンパされて遊ぶことになりました。

海で遊んだ後はデブの家で飲むことになりました。私もゆいも当然イケメン狙いということで、デブに呑ませて潰そうとしました。

しかし、最初に潰れたのは私でした。

 

 起きたら、「あんっ」っていうゆいの声が聞こえました。ゆいとイケメンがエッチをしていました。

そしたらデブが、「起きた?俺も気付いたら隣でやっててびっくりしたよ。」と聞いてもないのに説明してくれます。

私は今回はゆいに負けたなと思い、寝ようとします。

 

 そしたらデブが抱き付いてきました。私は引き離そうとしましたが顔がマジです。無理やりキスをされて、胸を揉まれます。

この時はまだ抵抗してましたが下を触られ始めてあたりから感じ出しました。

でも隣のゆいとイケメンに聞かれたくないので声を抑えるのに必死です。

 

 しかし、このデブは本当にうまいんです。ついには声を抑えきれなくなり出ちゃいました。デブは勝ち誇った顔をしてました。

デブは「生で入れていい?」と聞いてきて、私は当然「無理つけて」と答えます。

そしたら「隣にあるから貰って来い」と言うではありませんか。

私はバレたくありませんでしたが、生は無理な気持ちと正直もう入れて欲しいという気持ちから、隣のイケメンに「ゴムをください」と言いに行きました。

 

 ゆいは「なつみ達もやってるの?」と笑ってます。イケメンにゴムを貰ってデブのところに帰ると早速入れてきます。

すると、ゆいとイケメンがこっちの部屋に来て私達を見てきます。私は見られたくなかったけど、喘ぎが止まりません。ゆいはゲラゲラ笑ってます。

デブがいったあとは、ゴムに溜まった精子を私の顔にかけてきました。

 

 私は笑ってるゆいがムカついたのとイケメンとしたかったので、「相手交換してしよ」と息を切らしながら提案しました。

でも、イケメンは「アヘ顔でバカみたいに感じて、顔をベトベトにして喜んでる子は無理。」と言い放ちます。ゆいは相変わらず笑ってます。

私は否定すると、またデブが入れてきて感じちゃいました。

ゆいは「説得力ないじゃん」と言った後は、またイケメンとイチャイチャし始めました。

結局それからデブにあと2回やられてから寝ました。

 

 次の日、起きるとゆいとイケメンはいなくて、携帯を見るとゆいから「昨日は激しかったね(笑)私達は出掛けるから続きを楽しんで(笑)」とラインが入ってました。それを後ろからデブに見られて、また襲われました。

私は抵抗したけどすぐに感じさせられてこの時はゆいとイケメンもいないことから、喘ぎまくって楽しみました。

デブは私にエッチなこと言わせてきたんですが、この時隠れてゆいに電話を繋げられていました。

「なつみのおまんこに入れてよぉ」とか、恥ずかしいことを普通に言ってたのを聞かれました。

 

 それから数日間はゆいに、「なつみはデブにおねだりしてた」とか、「誘われたら誰でもさせちゃう」とか、色々いじられました。

ちなみに違う日に私からデブに連絡して、エッチをしましたが、そのことはまたの機会にお話しします。





出典:どこどこ?
リンク:どっこおおおおおーーー?
  投票  (・∀・):3  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43929/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用