自分は無敵、学校で好き放題できる (レイプ体験談) 10914回

2018/09/07 08:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
中学の頃、喧嘩に明け暮れ気が付けば周りには敵がいなく、「自分は無敵、学校で好き放題できる。」とありがちな勘違いをしていて、それは高校でも一緒で不良グループの中でも1年の時からトップとまではいかないがナンバー2か3の位置を占め、好き放題していた。

中学ですでに同じ不良グループの女生徒達数人と経験は済ませていたが、高校になると増々性欲がまし、相変わらず同じグループの女子とやりまくり、それでも足りずに同じクラスの女子達のオッパイを制服の上から揉んだりスカートをめくったりして楽しんでいた。

もちろんクラス中の女子からは嫌われていたが、恐れをなしてか、誰も俺には面と向かって言わなかった。

 

 2学期に入って間もなく、そんな俺に業を煮やしたのか一人の女子が注意してきた。

その子はクラスの女子の中では、というよりも学年でもトップクラスに入るほどの可愛い子で、堀北真希に似ていて尚且つ胸も服の上からでも目立つほどの巨乳で、もし原宿でも歩くと間違いなくスカウトされる感じの子で、性格も真面目で明るく本当にこんな子がいるのか、というような子でした。

真希「○○君(俺の名前)、女子が皆迷惑してるんだけど、どうしてそんなことするの?やめないと先生にいうからね。」等々を言ってきたので、逆恨みした俺は「絶対犯す」と犯行を決意した。

 

 テスト1週間前の放課後、全クラブは活動停止の為誰もいない。

同じ不良グループのDQN女に体育倉庫に真希を呼び出してもらい、何も知らない真希が現れたところを後ろから襲い掛かる。

真希「いや、誰?えっ○○君?やめて、やめなさい。イヤーだれか―」

ものすごく暴れる真希の後ろから羽交い絞めをし、用意していたガムテープで両手を後ろ手にしてグルグルに巻き、ブラウスを強引に左右に引っ張って上半身はブラジャーだけの姿に。

真希に馬乗りの状態で「よくも偉そうな事言ってくれたな、おかげで恥をかいた、お前にも恥ずかしい思いさせてやるからな。」とブラの上から豊満なオッパイを鷲掴みにし「やっぱりデカイじゃねーか、男に揉んでもらったんだろ?」と言葉攻めをしながら荒っぽく揉みしだく。

真希は「イヤー、やめて―、誰かー」と叫び足をばたつかせるが男の力と体重に勝てるはずもなくされるがまま。

 

 強引にブラを上にずらし、オッパイがプルンと出た瞬間、「イヤー」と叫びながら泣き出す真希。それを無視し、豊満なお椀型のオッパイを両手で揉みしだき、綺麗なピンク色の小さい乳首を引っ張ったりつねったりして凌辱する俺。

その間も泣きながら「イヤー」「やめて―」とうるさかったので真希の口に丸めたガムテープを突っ込むと泣きながら「ウウー」と必死に声を出そうとする。俺はというと、乳首を口に含み、軽く噛んだり舌で転がしたり思いきり吸ったりと楽しむ。

口の中で真希の乳首が起ったのが分かると「なんだ、しっかり感じてるじゃねーか、そんなに気持ちがいいのか?」と両手で真希の乳房を鷲掴みにし、見えるように舌で乳首をベロベロする。

真希は涙を流しながらそれを見つつ相変わらず唸っているだけ。

 

 そろそろオッパイを虐めるのにも飽きた俺は「ここはどうなってるかなー」とワザと意地悪っぽく言いながらスカートをまくる。

真希は「んーんー」と唸りながら足をばたつかせるが、そのおかげで逆にスカートがめくり上がり、白い太ももが露わになった。

「もう少しでパンティ見えるぞー」と少しずつスカートをめくり、ほどなく水色のパンティが現れた。クロッチの部分が少しだが湿っていた。

「なんだ、しっかり濡れてるじゃねーか、何を期待してるんだ、この変態。」と言葉で真希を辱め、湿った部分を指でなぞると真希の体がビクンとなる。

 

 それを数回繰返し、ついにパンティを脱がしにかかる。この時、すごい抵抗を見せた真希だが、あえなくパンティがはぎとられると、そこには縦長の薄いマン毛と、毛には覆われていないツルツルの割れ目が。

「なんだ、真希、薄いなー、まだ子供か?」と笑いながら真希を侮辱し、固く閉じた両足を持ち上げマン繰り返しの状態にしすると、閉じた割れ目が目の前に。

「ひょっとして処女か?」といやらしい口調で聞くが真希は泣きながら何も答えずただ首を横に振るだけ。

「じゃあ、真希のオマンコを見てやる」といちいち口にしながら割れ目を両側に引っ張って開けると、そこは綺麗なピンク色だった。

クリトリスもまだ完全に剥けてなく、ただ、ネバネバしたものが全体を覆っていた。

アナルも毛が一本もなく薄い茶色でここからウンコが出るなんて信じられないくらい綺麗だった。

 

 俺はクリトリスを人差し指で最初は軽く、徐々に素早く撫でる。すると段々蜜があふれ出してくるのが分かる。

「なんだ真希、感じてるじゃねーか」と言いながら真希を見てみると、目をつぶりながら首を横に振っているが、明らかに息が荒くなっているのが分かる。

そこで今度は舌でクリトリスを転がすと「ビクン」と真希の体が反応し、それを繰り返すと「ン、ン、ンー、ンー」と唸る声が大きくなって、ついには「ンーーー!」と唸りながら、全身を硬直させピーンと伸びた状態になった。

イッたのだろう。イッた後の真希を再びマン繰り返しにしてクンニ。

陰唇や膣口をひたすら舐める。時には大陰唇を左右に引っ張ったりする。真希のオマンコは無味無臭だった。

 

 真希はしばらく呆然としていたが、また感じてきたのか、再び息が荒くなってきた。

そろそろ俺も我慢できなくなったのでチンポを取り出すと既に我慢汁が溢れていた。

「そろそろ入れてやるから足を開け。」と足を開こうとすると、この時一番の抵抗を見せた真希だったが、「開けって言ってんだよ!」と恫喝しながらクリトリスを無理やりさすると真希の足の力が抜け、その隙をついて真希の足を開き体をねじ込み一気にチンポを挿入。

 

 処女膜であろうか、途中何か引っかかるものがあったが強引にチンポを押し込む。処女だけあって締まりがハンパなくキツイ。

「ンーーー!」と絶叫する真希、痛かったのだろう。それを無視し激しく腰を振る。

処女だけあって締まりが抜群にいい。しかも何かからむような感じで、すごく気持ちがいい。名器というやつか?処女とか関係なく名器って生まれ持ったものなのだろうか。

「ンーンー」と痛がる真希。しかし10分くらいだろうか、真希の絶叫が「ン、ン、ン、・・・」と変わってきた。

「感じてる」と思った俺はチンポの先端に当たる子宮口を攻めまくる。

すると真希は先程と同じく「ンーーー!」と体を硬直させた。2回目の絶頂だったのだろう。

俺も我慢が出来なくなり「出すぞ、このまま出すぞ」と叫びながら中出し。この頃にはもう真希の抵抗は完全に無くなっていた。

 

 チンポを引き抜くと、血と精子が混じったピンク色の液体がドロッとオマンコから出てきた。

真希の手を開放して「二度と俺に逆らうなよ」と、真希を残して体育倉庫を出ると見張りだったはずのDQN女はいなかった。たぶん怖くなって逃げたのだろう。

結果から言うと高校生活3年間でこのレイプ事件が表に出ることはなかった。

 

 次の日、「真希は今日休むだろうなぁ。」と思っていたが、驚いたことに普通に登校してきた。

が、以前の真希とは明らかに違い、四六時中ずっと俯いたままで誰ともしゃべらずテスト明けにはクラスで孤立した感じになっていった。

それでも俺は「ざまあみろ」くらいにしか思っていなかった。その時は・・・

 

 レイプから2週間くらい後、学校から家に帰ると兄貴が待っていた。俺には8つ上の兄貴がいて、同い年の女性と結婚し、今は実家の近くに住んでいる。

「○○、子供が生まれたぞ、一緒に病院に行こう。」と満面の笑みで話しかけてくる。普段は顔を合わせても会話しないのに。まあそれは俺がグレていたせいだったが。

嫌々病院につき合わされて義理の姉の病室に行くと、生まれたての女の子が透明なケースに入っていた。

「サルみたいだなw」が俺の第一印象だったが、赤ちゃんを抱っこしている兄貴はデレデレ。

「○○、お前も抱っこしてみろ」と言われたので、これも嫌々抱っこしてみると、俺の腕の中にはすやすや眠っている赤ちゃん。

(名前はみーちゃんとしておこう。)

 

 まるで安心しきっているその寝顔を見ているうちに、何か分からないがこみ上げてくるものがあって、訳も分からず涙があふれてきた。

さすがに兄貴夫婦は驚いていた。みーちゃんがものすごく愛おしくなり、我が子でもないのに「この子の為なら・・・」と思う自分がいた。

その直後、ものすごい罪悪感に襲われた。真希のことだ。

もしこの子が、真希みたいに襲われたとしたら、と思うと吐き気をもよおすほどだった。自分は何て事をしてしまったのだろう。

この夜は一睡もできなかった。

 

 次の日、真希に謝ろう、いや、謝って済む問題ではない、と自問自答を繰り返すうち放課後になり、真希はいつものようにそそくさと家へ。

ストーカーばりにその後をつけて真希の家を探し当てチャイムを押そうとするが押せず、多分真希の家の周りを数時間はウロウロしていただろう。そのうちに真希の両親も帰宅し、気が付けばすっかり暗くなった。

意を決してチャイムを押すと真希のお母さんが「はーい」と出てきた。

「真希さんいらっしゃいますか、俺は○○というものです」というと、何も知らないであろう真希母が「ちょっと待ってねー」と真希を呼びに行く。

 

 が、中々出てこない。当たり前だ。5分後、真希父と真希が出てきて「お前、真希に何をした」といきなり胸ぐらをつかまれた。

「詳しくは言えませんが、真希さんにかなり酷いことをしました。すみませ・・・」と言い終わらないうちに思いきりぶん殴られた。

それでも体勢を整え、土下座し「真希さん、すみませんでした」というが、真希父が今度は俺の髪の毛を鷲掴みにして引っ張って立たせ、「だから何をした?」ともうボコボコ状態。

俺は抵抗せずやられるがままに。顔は腫れ鼻血を出し、歯が折れても一切抵抗しなかった。

 

 どれくらい殴られただろうか、真希が泣きながら「もうやめて」と止めに入り、真希父「二度と娘に近付くな。」と二人家の中へ。それでも俺の気は収まらなかった。

家に帰ると両親が「また喧嘩か、今日ぐらいおとなしくできんのか」とあきれ顔で出迎えてくれた。

その日は晩御飯も食べず、そのまま自分の部屋へ直行、思いっきり泣いた(声を殺して)。

 

 次の日も放課後、真希の両親が帰宅するのを見計らってチャイムを押し、「○○です。」と言うと、真希父が「娘に近付くなというのが分からんのか」と再びボコボコにされる・体勢を立て直して土下座・真希父に殴られる、を繰り返す。

これを3日程繰り返して4日目、真希の家に行くとこの日は真希とその後ろに真希父が出迎え、真希「どうしてそこまでするの?あんなことをしでかしておいて。私が許すとでも思ってるの?私にどれだけのことをしたか知ってるの?」とだんだん涙声に変わっていきながら、最後の方には何を言っているのか分からないくらい号泣。それでも土下座の俺。

最後には真希父が「本当に反省しているなら二度と我が家に来ないでくれ。許しはしないが私たちももう忘れたい。」といって家に入って行った。

「許された」とは少しも思わなかったが、何故か涙が出た。

「生まれ変わろう」と決心した俺はその日のうちに茶色だった髪を黒く染め、更にスポーツ刈りにした。家族はもちろん、次の日は学校中が俺を見て驚いていた。もちろん真希も(遠くからだが)驚いた顔をしていた。

 

 自分で言うのもなんだが、本当に俺は人が変わった様に、喧嘩や悪い事をしなくなり、みーちゃんにとって恥ずかしくない叔父になろうと遅ればせながら勉学にも励んだ。

周りからはよほど滑稽に見えたのであろう、最初は腫れものにでも触るような感じで遠巻きで見ていたが、2学期も終わりごろになると「何を今更、馬鹿じゃねーの?」と聞こえるように言う奴等が現れ、3学期にはイジメを受けるようになった。

俺がもう手を出さないと思ったであろう、昔の俺に恨みの有る奴等が中心だった。酷い時には男子数人で腹を殴られ、うずくまったところを女子数人に蹴られまくる。

それでも真希にしたことを思えば何てことはなかった。こうされることによって少しでも罪の意識から解放される感じがした。無論自己満足だが。

虐められている姿の俺を真希は感心無さそうに遠目で見ているだけだった。


2年生になったある日、昔の不良グループの女子達から呼び出しを受けた。

リンチされるんだろうな、と思いつつ覚悟を決めてリーダー格(AK美、3年生)の家に行くと、5人(記憶では)が既に待っていて、AK美「○○、どうしたんだよ、すっかり腑抜けちまって。また前みたいに戻って楽しもうよ。」みたいなことを言ってきた。

こんな奴等でも気に掛けてくれている、とつい思ってしまったが、「すみません、先輩。叶えたい夢があるので(嘘)俺の事はほっといてください。」と言うと、今まで丁寧な言葉を俺の口からきかなかった先輩は驚きつつも誘いを断ったという事に腹を立て、数人で抑え込まれベッドの柱に両手足を縛られ、あっという間に下半身裸にされてしまった。

 

 散々罵声を浴びせられながらチンポを弄ばれる。自分にMの素質はないと今でも思っているが、情けないことに弄ばれ続けているうちに勃起してしまった。

AK美「なんだよ、カッコいいこと言って真面目ぶってもここは変わらんじゃんw」などと言われながら竿を扱かれ、亀頭は指や舌で苛められ時には爪で軽く引っ掻かれていく内に先走り汁が大量にあふれ出だす。

他の奴らは俺の上半身を肌蹴させ、乳首を攻めまくる。誰かが「コイツ乳首起たせてんじゃん、キメーんだよw」とか言いながら用意していたアイマスクで目隠しをされる。

 

 何も見えない状態で、誰かがチンポに腰を下ろしてきた。AK美だろう。

さらにモーター音が聞こえ、同時に俺の両方の乳首に押し付けてきた。ピンクローターだろう。更に睾丸にまで誰かがローターを押し付けた。今までに味わったことのない快感だった。

この状態でも何とかAK美がイクまでは持ち堪えた。この時はなぜか射精すると真希への反省が薄れるような気がしたので(今思えば何の意味もない)絶対にイカないと決めていたが、二人目(名前忘れたのでB子としておく)が乗っかってきてB子がイくと同時にイッてしまった。

「何中に出してんだよ」とビンタされたがすぐに3人目が跨ってきた。

「もうやめて下さい。」と懇願するも「やめて下さいだってよwキメーw」と聞き流され、結局5人相手に7,8回ほど抜かれた。

途中からは中々復活しないのでアナルに指を突っ込まれ、前立腺を刺激されて無理やり起たされた。

その日以降もう不良グループと関わることは完全に無くなった。

 

 2年生も2学期になるともう皆イジメにも飽きたのか、平穏な日々が続いた。

家に帰るとたまにみーちゃんが兄貴夫婦に連れられて来ている。もう俺はみーちゃんにメロメロで、みーちゃんのおかげで家族とも会話が増え、この頃にはギクシャクしていた兄貴夫婦とも仲良くしていた。

たまに義姉が俺の目の前でオッパイを与える事があり、見慣れているはずのオッパイだがなぜかすごく恥ずかしくて見ることが出来なかったが、義姉はそれを面白がってわざわざ実家に来てからオッパイをあげる事もあった。(今でもそのことをネタに冷やかされる。)

 

 2年の3学期、真希から呼び出された。ものすごく驚いた。まさか向こうから声をかけてくるとは、しかも2年になってからクラスも別々になり何の接触も持たなかったから尚更だ。

この頃の真希は以前の真希に戻っており、以前のように明るく笑う姿を何度も目撃しては胸をなでおろしていた。

そんな真希と学校の近くのマックで待ち合わせとなり、「なぜそんなところで?」と思いつつ行くと、既に真希がきていた。

 

 開口一番「あなたのせいで男性恐怖症になった。今まで何人か告白を受けたけど怖くて付き合えなかった、責任とってよ。」と言われ、

どうしていいかわからず「スマン、俺にできることは何でもする」と言うと、

「じゃあ、取りあえず歯を食いしばって!」と言われ、そのようにするとビンタが4、5発。もちろん注目の的。

考えてみれば真希から直接罰を受けたのはこの時が初めてだった。少しだが胸のつかえが取れた気がした。

 

 その後、買い物に行くので付き合えと言われ、荷物持ちをさせられた。正直「???」だった。一緒にいるのが嫌なはずなのになぜこんなことをさせるのか理解できなかった。

日も暮れたので、荷物を渡して帰ると言うと、「家まで運びなさい」と真希。

「いや、君のお父さんとの約束で二度と真希の家には近付けない。」と言うも、

真希「私の言う事は何でもするんじゃなかったの?」と言われ、渋々(というよりも恐る恐る)真希の家へ。

 

 悪い予感は当たるもので既に真希の両親は在宅。

玄関に荷物を置いてそそくさと帰ろうとすると「上がって行けば?」と真希。

さすがに血の気が引いて「それは無理、絶対無理。」と断るも「私のいう事は?」の言葉に逆らえず、またボコボコにされる覚悟で両親のいるリビングへ。

最初両親は俺が誰だかわからず(黒髪で短くしていたので)「いらっしゃい」と言ってくれたが「○○です、今日は娘さんに言われてきました、すみません」と頭を下げると両親、特に父親の顔が強張ったのがわかった。

とりあえず促されてソファーに座り、喉がカラカラだったので出されたお茶を飲む。

 

 しばらくの沈黙の後、真希が「私、この人と付き合うことにした」と宣言。驚きのあまりマジでお茶を吹きだしてしまった。

数秒、本当に数秒間真希の両親と顔を見合わせた後、真希父が「何を馬鹿な事を!」

俺も思わず「何を考えているんだ、そんな事許される訳ないだろう!」と何故か真希父と俺と二人で真希を説得w

しかし、真希は「もう決めたの。もうほかの男性とは付き合えないの。だから○○に責任とってもらうの。」と言い、レイプ事件以降俺が改心し、酷いイジメにも耐えてきた事を涙ながらに両親に訴えた。

 

 事件前、真面目に生きてきた自分とは違い自由奔放にふるまっていた俺が羨ましかった。

俺に注意したのも他の女子にちょっかいをかけるので嫉妬していた。

レイプされた時は本当に怖くて恥ずかしくて悔しくてかなり落ち込んだが、相手が○○だったのが救いだった。

あの後、俺が何度も謝りに来て父親に殴られているのを見て本当は少し嬉しかった。本当に反省してくれていると思った。ただすぐには許す気にはなれなかった。

今は正直俺に対する恨みは微塵もない。ただトラウマで男性が怖いのは事実で、トラウマを作った俺と付き合う事で払拭できるかもしれない、と延々と両親を説得した。

 

 それでも俺は「いや、それでも君に酷いことをしたのは事実だし、できる事は何でもするが、付き合うのだけは勘弁してくれ」というと、「○○は私の事嫌い?私のいう事は何でもしてくれるんじゃないの?」と言われると言葉がつまった。

正直、真希に告白されれば付き合わない男はいないだろう。真希は相変わらず可愛い。俺も嫌いで断っているのではない。

返事に困っていると、それまで沈黙を守っていた真希母が「わかったわ、責任は私が持ちます。真希、○○さんと付き合いなさい。」と。

この言葉に真希父も「わかった、その代り○○(この時点で呼び捨て)、真希を泣かすことが有ればその時こそ許さんからな、覚えておけ」と観念したかのように、また俺を脅すように言われた。

こうして真希と付き合うようになった(学校には隠れて)。

 

 真希は元々頭がいいので、某有名私立大学が希望校だった。俺はといえば、いくら改心して勉強しているとはいえ、真希が望んでいるみたいなレベルの大学には入れそうにもなかったので、都内の2流の大学にでも、と思っていたが

真希から「私と同じ大学を目指して」と言われ、とても無理だと言うと、例の「私のいう事には?」という言葉には逆らえず。

親に頼んで進学塾に通わせて貰い(親はビックリしてたが、その後は泣いて喜んだ)、3年生になった1年間はそれこそ勉強と真希とのデート以外は何もしなかった。

真希とは土、日のどちらかで週一デートするのだが、俺からは決して体を求めなかった。キスもしていない。

 

 ある日のデートの帰り、真希に手を引っ張られ「ここに入ろう」と連れてこられたのがラブホテル。

「え?」と嬉しさよりも戸惑いを見せる俺を気にせずどんどん入って行く。

部屋に入ると真希が突然抱きついて来て「本当は怖い。でもこのままじゃ前に進めない。今度は優しくして。」と体を小刻みに震わせながら俺に身を任す。

俺は覚悟を決め(男が覚悟もおかしな話だが)1枚1枚服を脱がし、真希を全裸にし俺も全裸に。オッパイの大きさは相変わらず(この時初めてEカップと知る)で、下の毛は以前より濃くなっていた。

 

 前回とは違い、優しくオッパイを撫でまわし、乳首を優しく摘まむと「ア、ハア・・・」と明らかに感じている声を出す。

乳首を口に含んで舌で転がしたり優しく吸うと「ンッアッアハン」と何とも悩ましい声を出す。

こんな調子で10分位オッパイや乳首を攻めると「そろそろ・・・」とせがむ真希。オマンコを触ってみると既にビショビショ。

クンニをしようと顔を近づけると「恥ずかしい、見ないで」と軽く抵抗する。

無理にやろうとするとまたトラウマが蘇るかもしれないと思ったので、無理にせずに手マンでクリトリスや陰唇を優しく触ると「ハア、ハア、アッハッ・・・」とかなり息が荒くなり「あ、いや、イク、イッちゃう」と体をのけぞらせてイッてしまった。

 

 ハアハアと息を切らし横たわっている真希の呼吸が整うのを待ち、「まだいける?」と聞くと小さくうなずくので再度クンニに挑戦、イッたので力が入らないのかすんなりさせてくれた。

シャワーを浴びていないのに相変わらず無味無臭だった。クリトリス・陰唇・膣口をまんべんなく舐め回す。真希はそれだけで数回イッたらしい。もうすでに真希のオマンコは愛液と俺の唾液でベトベトだった。

「入れていい?」と聞くと何も言わずうなずく。今度はゆっくりむしろ焦らすような感じでいれる。すると真希が「少し痛い」という。

「ゴメン」と謝りながら本当に少しずつ入れると、全部収まったと同時に先っぽに子宮口が当たる感じがした。

しばらくこのまま動かずじっとしていると「もう大丈夫、痛くない。動いていいよ。」と言われたので静かにゆっくり動くと、やはり初めは痛がっていた真希だか、段々と「ア、イイ、ソコ・・・」と感じ始めてくれたので、少しずつスピードを速めると「あ、いい、気持ちいい、あ、あん、・・・」と明らかに喘いでいる。

 

 20分くらいだろうか、正常位、バック、また正常位と体位をかえて、射精感がこみ上げてきたので「そろそろイクから抜くよ。」と言うと、真希の足が俺の腰を挟んで離れない様にした。

「ちょっ真希、ヤバいって、中に出してしまう、離して。」というが離してくれず、こちらも我慢できずにとうとう真希の中に出してしまった。

すごく気持ちよかったが「なんで?」と聞くと「今日は安全日だから大丈夫、それとあの時も中だったから同じ事をしないとトラウマが払しょくできないと思って。」何も言えずとりあえずチンポを抜くと精子に交じって血が。

あの日の後の2年間、今日までセックスはしていないとのことなので処女膜が再生されていたのか?今となっては謎であるが。

とにかくシャワーを浴びようとすると真希が突然「あっ」と叫び「私たち、そういえばキスしていないw」と言い出す。

その言葉に思わず笑ってしまった。今思えば俺自身、真希の前で心から笑ったのはあの日以降初めてではなかったか?

俺は真希にキスをした。ディープキス。舌と舌を絡めあった。真希はもう震えてはいない。

 

 一緒にシャワーを浴びてお風呂に入りながら話をした。

「男性恐怖症は分からないが、〇〇に対しては完全に克服できている。今日のエッチでそれが証明されてうれしい。○○とのエッチはすごく気持ちが良かった。」と言ってくれて、思わず泣いてしまった。

どうもみーちゃんが生まれてから涙もろくなったみたいだ。

その後も定期的にデート(Sexも)を繰返し、なんとか真希と同じ大学(学部は違うが)に合格。高校では(特に職員室)ハチの巣をつついたような大騒ぎだった。

 

 後の話は簡単に説明すると大学卒業後、都内で就職、社会人3年目で真希と結婚、現在4児の父ですw真希とは未だに週1回は頑張っています。

あの日以降現在に至るまで浮気はしていないし、もちろん真希以外の女の体も知りません。もうすっかり尻に引かれています。

ただ、たとえどんなに喧嘩をしてもあの日の事だけはお互いに言いません。(大概俺が折れてあやまっています)真希の両親の前では未だに緊張するが、良好な関係です。

結婚10年を機に投稿しました(懺悔の意味を込めて)。




出典:どこどこ
リンク:どこにいるの?
  投票  (・∀・):21  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43957/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用