【落語】寝たふり (オリジナルフィクション) 5747回

2018/09/12 12:57┃登録者:えっちな名無しさん◆ih3NS00s┃作者:内田守衛
【落語】寝たふり(与太郎と奥様)

・奥様が外出から帰って来ました。

奥様「あら、この洗濯物、きっと与太郎が取り込んでくれたんだね」
奥様「これは私の、これも私の、オヤ?一枚足りないよ」
奥様「与太郎、これ、与太郎」
与太郎「はい、何ですか奥様」
奥様「この洗濯物を取込んでくれたのはおまえだね?」
与太郎「はい、そうですが」
奥様「わたしのパンツが一枚足りないじゃないか」
与太郎「あれは・・シミが落ちないんで捨てました」
奥様「勝手に捨てるんじゃないよ、どこに捨てたんだい」
与太郎「私の部屋のタンスの引き出しに・・」
奥様「それじゃおまえがくすねたんじゃないか、与太郎、おまえは親の代から内で奉公してくれているけど、たびたびこういうことがあったんじゃ困るんだよ」
与太郎「・・すみません」
奥様「いままでに何枚くすねたんだい?」
与太郎「200枚くらい・・」
奥様「おまえ時々わたしがお風呂に入ってるとき覗いてるね?」
与太郎「・・すみません」
奥様「わたしが昼寝をしている時もスカートをめくって覗いただろ」
与太郎「それは私じゃありません」
奥様「じゃ、誰だっていうのさ?」
与太郎「えー、となりの猫です」
奥様「馬鹿言って、猫がスカートをめくって覗く訳ないだろ」
与太郎「えー、腐った魚の臭いがしたから・・」
奥様「おまえッ!覗いただけじゃなくて臭いも嗅いだね」

・数日後・・

奥(あの子も女に興味が出てきたんだねぇ、このままだと性犯罪でもやりそうで心配だ、いっそ私が手ほどきして女を教えてやろうかしら)
奥様「与太郎、これ、与太郎」
与太郎「はい、何ですか奥様」
奥様「与太郎、これに行ってみようと思うんだけど」
与太郎「季節の味覚2泊3日の温泉旅行・・ですか」
奥様「荷物持ちもいるし、おまえ一緒に行ってくれるかい?」
与太郎「いいですけど、その温泉、混浴ですか?」
奥様「そうだよ、決まってるじゃないか」
与太郎「一緒に入るんですか?」
奥様「そうだよ、恥ずかしいのかい?」
与太郎「ええ、まぁ・・」
奥様「なに言ってるの、わたしがお風呂に入ってる時しょっちゅう覗いてるじゃないか」
与太郎「奥様のハダカは見慣れてるけど、私のハダカを見られたくないんで」

・というわけで二人は山あいのひなびた温泉へやってきました。

奥様「与太郎、さっそくお風呂に行こうかね」
与太郎「やっぱり行きますか?」
奥様「温泉に来たんだから当りまえだろ、さっさとおしよ」
露天風呂の脱衣場です。
奥様「与太郎、何してるんだい、おまえもお脱ぎよ」
与太郎「そんなに見たいですか?」
奥様「おまえと一緒にしないでおくれ、先に入ってるよ」
与太郎「まったく、年寄りはせっかちでこまるよ」
与太郎「奥さーん、ここでしたか。遠くから見るといい女なんで分らなかった」
奥様「さぁ、これで洗っておくれ」
与太郎「どこから洗いますか?」
奥様「どこからでも好きなところから洗っていいよ」
与太郎「じゃ、ここにします」
奥様「あッ、急所から洗ってどうするのさ、背中から洗っておくれ」
与太郎「最初っから素直にそう言えばいいのに」
奥様「与太郎、何か背中に当たるよ」
与太郎「え?ああ、気にしないでください」
奥様「気にしないでって、そんなに大っきくして、人に見られたら困るよ」
与太郎「奥さんは見栄っ張りだなぁ」
奥様「早く水でもかけて冷ましなよ」
与太郎「水をかけたら、よけい大きくなりましたけど」

・さて夕食の時間です。

与太郎「豪華な料理ですねぇ!奥さんお注ぎします」
奥様「与太郎、おまえも一杯おやり」
与太郎「僕は結構です」
奥様「そう言わずに一杯おやりよ」
与太郎「だって僕、未成年ですから」
奥様「いいんだよ、きょうは無礼講なんだから」
与太郎「僕を酔わせてどうすんですか」
奥様「どうもしやしないよ、あとは寝るだけだよ」
与太郎「寝るって、一緒に寝るんですか?」
奥様「そうだよ、決まってるじゃないか」
与太郎「一緒に寝て何するんですか?」
奥様「もうッ!男と女のすることだよ」
奥様「何言わせるんだいまったく、もう一杯注いでおくれ」
与太郎「そんなに飲んだら酔いますよ」
奥様「いいんだよ酔いたいんだから」
与太郎「じゃ、お注ぎします」
奥様「あのねぇ与太郎」
与太郎「はい、何か?」
奥様「おまえもそろそろ年頃だろ?」
与太郎「ええ、16ですが・・」
奥様「そろそろ女のことも知りたいだろ?」
与太郎「ええ、まぁそういう年頃ですから、やむをえず」
奥様「それでね、あー、もう一杯注いでおくれ」
与太郎「奥さんきょうはよく飲みますねぇ」
奥様「それでね、今夜はね、私がその、おまえに、アレを・・その、男と女のすることを・・教えてやろうと思ってさ」
与太郎「それじゃ奥さん、今夜は僕のために!」
奥様「そうなんだよ、ああ、恥ずかしいよ」
与太郎「奥さん、いまおいくつですか?」
奥様「女に歳を聞くもんじゃないよ。もうすぐ60だけど」
与太郎「それじゃ奥さん、僕に60のババアと初体験をしろって言うんですか」
奥様「ババアはないだろ、これでも20は若く見えるって言われてるんだ」
与太郎「無責任な奴がいるもんだ」
与太郎「分りました。オレも男だ。今夜は奥さんに、教えていただきます」
奥様「よーし、じゃ一杯お飲みよ」
与太郎「さっきからもう飲んでます」

・夕食がすんで二人は部屋へもどってきました。

奥様「与太郎、そろそろ寝ようかね」
与太郎「もう寝るんですか?」
奥様「そうだよ、次の間に布団が敷いてあるだろ?」
与太郎「はい、2枚並べて敷いてあります」
奥様「私をそっちへ連れていっておくれ」
与太郎「奥さん、そんなに酔ったんですか?」
奥様「そうじゃないよ、抱いてつれてって欲しいんだよ」
与太郎「抱いてくんですか?奥さんを?私が?どうしても?」
奥様「そうだよ、そうそう、おまえ力あるじゃないか」
与太郎「ここでいいですか?」
奥様「ああ、ここで降ろしとくれ、ああ疲れた」
与太郎「疲れたのはこっちですよ、奥さん何キロあります?」
奥様「女に体重を聞くもんじゃないよ、60チョイだったかしら」
与太郎「年齢と同じですね」
奥様「歳はまだ60前だって言ったろ、歳と体重の話は二度とするんじゃないよ」
奥様「それより咽が乾いた、お水を一杯もって来ておくれ」
与太郎「今度は水ですか、はいはい」
奥(さて、これからどうしたものかねぇ?そうだ、彼奴がどんなことするか寝たふりをして試してやろう)

・水を取りに行った与太郎がもどってくると・・

与太郎「はい、奥さん水です」
奥様「・・・・・・」
与太郎「アレ?寝ちゃってるよ、奥さん、風邪ひきますよ」
奥様「・・・・・・」
与太郎「まさか死んでないだろうな、うん、息してるな、しかしりっぱな胸だね」
奥(揉むんだよそこを)
与太郎「ああ、裾もこんなに乱れちゃって、ん?いい下着穿いてるなぁ」
奥(脱がせるんだよそれを)
与太郎「奥さん!・・起きないよ、仕方ない添い寝でもしていよう」
奥(そうだね、身体をぴったりくっつけるんだよ)
与太郎「奥さん、うーん、こうしてみるとなかなか美人だなぁ」
奥(そうだろ、キスでもしておくれ)
与太郎「キスしちゃおうかな、チュッ」
奥(ほっぺたじゃなくて、口にするんだよ)
与太郎「いいもんだな、こうして女の人と寝るのは」
奥(そのうちもっとよくなるよ)
与太郎「おお、女の感触が伝わってきたぞ」
奥(おや?私の腿におまえのが当たってるよ)
与太郎「おーッ、何だか気持ちよくなってきた」
奥(おや、だんだん大きくなってきたね)
与太郎「フ−ッ、フ−ッ」
奥(鼻息が荒くなってきたよ)
与太郎「あ−ッ、もう駄目だッ」
奥(なんだかピクンピクンしてるよ)
与太郎「いけね、出ちゃったッ」
奥(出ちゃった?まだ入れてもいないのに・・)
与太郎「あーさっぱりした、では、私はこれで」
奥(なんだって?あら隣の部屋へ行っちゃったよ)
奥様「んもーぉ、知らないよっ!」

・与太郎が隣の部屋からもどってきます。

与太郎「あーあ、いいもんだね酒は、うぃ〜ッと」
奥(なんだ、飲んできたのか)
与太郎「これで、ぐっすり寝られるぞ」
奥(アレッ?寝ちゃうのかい)
奥様「与太郎!これ与太郎!」
与太郎「・・・・・」
奥様「まぁ!寝ちゃってるよこの子は」
奥(ひとの足を覗いたり、大きいのをおっ付けて、自分だけ気を遣ってさ)
奥様「これ与太郎!起きなさい!」
与太郎「・・・・・」
奥様「じゃあ、ちょっと見せてもらうよ・・あら、ぐったりして、さっき気を遣ったばかりだものねぇ」
奥様「でも、懐かしいねぇ、男のコレ!何年ぶりのご対面かしら、ちょっと触らせてもらうよ」
奥様「おや、ちょっと元気になってきたよ、与太郎!」
与太郎「・・・・・」
奥様「ふーん、なかなかりっぱな佇まいじゃないか」
与太郎「・・・・・」
奥様「なんとかならないかねぇ。ちょっと跨がせてもらうよ」
与太郎「・・・・・」
奥様「ああ・・この感触だよ!」
与太郎「・・・・・」
奥様「ああッ、頭が入った!ねえ与太郎、与太郎!」
与太郎「・・・・・」
奥様「もう、起きないと私ひとりで遣っちゃうよ、まったく、睡眠学習じゃないんだからね」
与太郎「・・・・・」
奥様「ああッ、中まで入った!いいかい?ちょっと動かすよ」
与太郎「・・・・・」
奥様「おや?与太郎、いま下から持ち上げただろう」
与太郎「いいえ」
奥様「気のせいかねぇ、もっと動かすよ、それッ!それッ!」
与太郎「アッ・・・」
奥様「おや?おまえ、いまアッって言ったね」
与太郎「・・・・・」
奥様「やっぱり気のせいかねぇ、あたしゃだんだん良くなってきたよ」
与太郎「・・・・・」
奥様「それッ!それッ!どうだい与太郎?」
与太郎「・・・・・」
奥様「ああ、どうしよう、止まらないよ」
与太郎「・・・・・」
奥様「もう、おまえが寝ていようが起きていようがかまわないよ、それッ!それッ!」
与太郎「・・・・・」
奥様「ああ、与太郎!逝くよ、逝っちゃうヨーッ!」
与太郎、両手で奥様のおしりをしっかり抱えて、
与太郎「奥さんーッ!わたしもですー!」
ドク、ドク、ドク、ドク・・・・
奥様「まぁ!あんた起きてたのかい?」
与太郎「はい、奥様に習って寝たふりをしてました」

20180810



出典:寝たふり
リンク:http://www.moedb.net/articles/1536681138
  投票  (・∀・):9  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/43963/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用