オムツの営業。 (会社での体験談) 7021回

2019/04/27 16:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は某老人ホームグループに、大人用オムツを営業してました。 

 32才、独身、彼氏はいません。

 「私どものオムツ、使っていただけませんか?」

 「しかし、もう他社のを使ってるしな」

 「はい部長、さほど差異もないでしょうし。」

 「いえ、吸収力、肌ざわり自身あります。」

 少し部長と課長が小声で打ち合わせをしました。

 「ならば、試して見ようか。ちょっと君が履いてくれないか?」

 「わ、私がですか?」

 「良かったら採用するよ、どうかな?」

 「わ、わかりました……。では、トイレで……。」

 「装着しやすいかも、見たいので、ここで脱いでもらえないか?」

 私は下着だけ脱ごうとすると、スカートも脱ぐように言われました。

 老人ホームの応接室で下半身、裸です。

 「では、オムツつけますか?」

 「君はオムツしたことは?」

 「あ、ありません……。」

 「足を拡げて。」

 「は、はい……。」

 中年の男性二人にお尻や性器を触られながらオムツを履きました。

 「装着した感じがよくわからんなぁ」

 「すまんが、上半身も脱いでくれないかな?」

  課長にジャケットを脱がされ全裸に、いやオムツだけという恥ずかしい格好に………。

 「ここで放尿できるね。私達が見てる前でしてもらわないと困るし。」

 私は顔を真っ赤にして、全身震わせて、放尿しました。

 彼らにオムツを脱がされ、指を挿れられたりされました。  

 




出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):60  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44142/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用