猿 (エロくない体験談) 2400回

2019/05/10 22:35┃登録者:えっちな名無しさん◆VWdMUR6c┃作者:名無しの作者
ある寒い夜 
交通事故の急報を受けて現場に到着した警察だったが、車はグシャグシャになり、 
車内の男女は二人とも即死状態だった。 
事故の原因究明のため現場検証を始めようとした警官たちの前に、 
小さな猿が車の陰から現れた!!車の持ち主が飼い主だったのだろう。 
「お前がしゃべれればなあ」と警官はつぶやいた。すると、その猿は首を上下に振るではないか!! 
警官は驚き猿に話しかけた「俺が何を言っているのか分かるのかい?」と警官が聞くと、また首をコクンと振る。 
「お前、この事故見てたかい?」 
「コクン」猿はうなづく。 
「いったい何が起こったんだ?」 
猿は缶を手に持って、口に運ぶ仕草をした。 
「酒を飲んでいたのか?」 
「コクン」と猿。 
「他には何かあったかい?」と警官は聞いた。 
猿は指でなにかつまむ仕草をすると、口にもってきて息を吸い込むジェスチャーをした。 

「あいつら、マリファナも吸ってたのか?」 
「コクン」と猿。 
「それだけかい?」と警官は尋ねた。 
猿は側にあった木の根っこにまたがって、腰を振りだした。 
「なんてこった」警官は叫んだ。 
「そんなことまでやってたのか!」 
「コクン」と猿。 
「待てよ。こいつらは酔っぱらって、マリファナを吸いながら、SEXしてたわけだ!」 

警官は聞いた。「その間、お前は何をしてたんだい?」 
「運転してた・・・・・」と小猿がジェスチャーした。



出典:萌えた体験談DB
リンク:http://www.moedb.net/articles/1302974184
  投票  (・∀・):4  (・A・):44  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44152/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用