遠い日の思い出 (エロくない体験談) 2764回

2019/05/15 20:12┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
あれは、確か1990年初期だったと思う
俺は、研究所の仕事が終わってから神奈川某駅の裏道に車を止めて、ぶらぶらと歩いていた
ふと、横目で視界に入った情景に違和感を感じ、行き過ぎた道を戻った

そこには、みちばたで立ちつくす少年と、うずくまる少女
そして、タイヤのフレームがゆがんで横たわる自転車
少女を見ると、足がぽっきり折れて、痛々しく不自然な方向に向いている
少年の自転車が路地に入ろうとして、出会い頭に少女と衝突したのだろう
俺はあわてて、近くの店の人に救急車を呼んでもらった

その後、俺は言葉をかけることもできずに、ただ少年のそばにしゃがんでいた
本当は、少女の手を握って、励ましてあげればいいのに、いろいろ考えてしまってできない
その時、ひとりのOLが状況に気づいて、少女に寄り添った
俺は少しほっとした

待つ時間は、とても短かったように感じた
やがて、サイレンとともに救急車が到着して、少女と少年は病院へ向かった
俺とOLは、救急隊員に名前と電話番号を聞かれた
たぶん、少女と少年に意見の食い違いが出た場合、聞かれるのではと思ったが、その後問い合わせはなかった
俺とOLは救急車を見送ると、会釈をして別れた

あの後、少年は親に叱られて、警察には厳重に注意されただろう
少年には、忘れることのできない苦い経験だったに違いない
けれど、この経験を教訓に、慎重に生きていると信じてる

ちなみに、そのOLは今の俺の嫁ではないし、その後一度も会っていない
また、その少女と少年が結婚したのかは、わからない

出典:a
リンク:a
  投票  (・∀・):2  (・A・):44  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44159/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用