厚生保健省。 (露出の体験談) 3901回

2019/05/18 13:05┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 昼間、駅前を歩いていたら、スーツを着たキレイな女性に話かけました。

 「すいません、厚生保健省の者ですけど、お時間いいですか?」

 ハイ……。

 「今、我々のほうでランダムに精液調査してるんですが、協力お願いできますか?」

 「ええ、いいですよ。えっと、どこで……?」

 「この隅っこの、通行の邪魔にならない……。ハイ、ここでしますね。失礼します。」

 普通の歩道でズボンとパンツを脱がされ、ポロリ出ました。

 「じゃ、お手伝いします。痛くないですか?」

 細い指でテコキをしてくれました。


 「だ、大丈夫です。たいへんですね、この仕事。」

 「ハイ、ノルマありますし、ヘンな目で見られるし……。仕事だからしょうがないです。」

 彼女の服の上から胸を触りました。

 「あぁ…、ホントは触りダメなんですよ……。あっ、脱がしちゃ、ダメです。」

 「僕だけチンチン出して、恥ずかしいですよ。お願いしますよ。」

 「もうっ、ナイショですよ……。」

 彼女は全裸になり、舌を入れたやらしいキスをしながらテコキを続けました。

 なかなか射精できず、彼女の膣に無理やり挿れました。ドロッドロなのでスンナリできました。

 検査はまた後日、になりました。
 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):56  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44170/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用