子役接待(つづき) (芸能人との体験談) 5341回

2019/05/23 09:03┃登録者:えっちな名無しさん◆Zs85yqI6┃作者:名無しの作者
そして当日。双方の仕事の関係もあり接待は夜20:00からという時間になりました。 
僕と先輩は高級料亭○○に少なくとも2時間前には早めに着いて、段取りをつけ、 
料亭の玄関前で今は今回の”VIP接待”相手である”フクシ殿”をお持ちしていました。 
3人の女の子達もすでに僕が用意したビキニを着用し、準備ができています。 
客観的に見るとなんというか 子供を相手に大の大人達が何やってるんだ。。と思いますが、、 
この世界ではわりとよくあることです。 
しかしさすがに8歳のまだ”幼児”ともいえる相手はまれですが。。。

そしてしばらくして大物芸能人が乗るような大きなリムジンが乗り付けてきました。。。。 
今回の接待の相手であるフクシの車です。

そして。。リムジンの助手席からまずマネージャーと思われる50代くらいの女性が助手席から降りました。 
「こんばんわ、、、今日はよろしくお願いしますね。」 
女性は先輩と僕にそう声をかけました。 
なんというかいかにも”できる”感じの女性でした。

そして今度は前の座席から初老の運転主と思われる男性が降り、おもむろにリムジンの後部座席のドアを開け、一礼しました。。 
リムジンから今回の”VIP接待”相手であり、”大物子役”であるフクシが登場しました。。

「へ〜。。。ここが△△おじさんが言ってた、”ゆうめいりょうてい”○○か〜。。。なかなかいい店じゃん♪」 
フクシはリムジンからチョコンと飛び降りながら、あどけない声で大物俳優である△△の名前を挙げました。 
さすがいくつものドラマや映画にも引っ張りダコの超人気子役です。。。 
僕はまじまじとフクシを見ました。 
身長は130cmくらいの..まあ歳相応の身長です。。。顔立ちは普通にしている分では。。。耳が大きく、、ややコザルっぽいかんじの可愛い顔立ちをしています。 
なんとなく女性に受けがよさそうな顔です。 
しかしその言動や態度から、やはり相当わがままかつ生意気そうに感じました。。。

「やぁ〜今日はお忙しい中良く来てくれたね、、、フクシ君。。。。お待ちしていましたよ。。。」 
先輩は思いっきり笑顔で、、その8歳の子供に。。まるで媚びるかのようにあいさつしましした。 
「よう!!!!”ヤスシ”!(※先輩の名前)!!! 君の”せったい”受けに来てやったよ!!! 」

フクシは、大の大人である先輩を、あどけない声で呼び捨てにしました。

僕はその時点でなんともいえず胸糞が悪くなっていましたが、そこはなんとか作り笑顔でこらえました。 
「フクシ君。。。今回の”接待”をセッティングしてくれたタカシ君(※僕の名前)だ。 僕の後輩でね。。これからよろしく頼むよ。。。」 
「よろしくお願いします。。。。」 
先輩から紹介された僕は作り笑顔で、、、形式的にその8歳のガキに一礼しました。 
「あっそう。。。”タカシ”ね! 覚えておいてあげるよ」 
フクシは僕のことも呼び捨てにそう言ってしてきました。。。まったく大人をなんだと思ってるのでしょうか。。。 
 「で。。。ヤスシ。。君は分かってると思うけど、”ぐるめ”な僕は、この店の一番”こうきゅう”なメニューじゃないと 
納得しないからね?」 
フクシは先輩に向かってそう言ってきました。 
「もちろんですよ。。フクシ君。。今日はフクシ君のために、この料亭で普通にはない特別スキヤキコースですよ。。。 
この料亭の一番グレードが高い肉を食べ放題!思う存分一杯食べてくださいね」 
先輩がそう言うと、フクシは「おぉ〜!!!!」と叫び。。 
「・に〜く♪・に〜く♪・♪。。食べ放題っ ♪ ・に〜く♪・に〜く♪・♪。。食べ放題っ ♪わ〜い♪」 
と手をたたいて不可解な歌を歌いながら。。。なにやらぐるぐる踊りはじめました。。 
『なんだ。。。まあ確かに生意気だけど。。やっぱまだ8歳のガキんちょだな。。。肉でこんなに喜ぶなんで可愛いものじゃないか。。』 
僕はその様子を見て、少し安心しました。 
こんなガキんちょが、グラビアの女の子達にビキニで接待させろなんて、エロい要求をしてくるとはとても思えません。。。 
『こりゃ やっぱ先輩にだまされたな。。。結局自分がグラビアの女の子達に接待してもらいたいだけかよ。。。 
こんなあどけない子供まで利用して。。まったくとんでもないエロおやじだ。。!!!』 
僕は怒りの矛先を先輩に向けました。 
しかし、次にフクシが発した言葉で、僕はそれが勘違いだと気づきました。

フクシは急に踊りをぴたっと止まったかと思うと、無邪気な笑顔で先輩に対してこういいました 
「それで。。。ヤスシぃ。。。”肝心”のグラビアのお姉ちゃん達のほうも もちろん用意したんだろうね?」 
その言葉を聴いた僕は思わずフクシを見て 目を見張りました。。。。

「もちろんですよ。。。フクシ君。今日はグラビアで活躍している女の子を3人用意させてもらいましたよ。。」 
「すっすげぇ〜 さっ!3人もぉ〜!!!♪ だっ誰っ!? 誰っ!?」

フクシは目をランランと輝かせながら先輩にそう詰め寄りました。 
「1人はセクシーグラビアで有名な”美咲”ちゃんです。。今のグラビア界ではトップレベルの女の子ですから 
フクシ君もよくご存知しょう? 
そして”未来”ちゃんと”静香”ちゃん 。。この2人も今人気急上昇中の女の子達ですよ。。。フクシ君が要求されたとおり  
いずれもバストは90以上 身長165以上のスタイル抜群で セクシーかつ可愛い女の子達ですよ。。」 
先輩はまるで宣伝するかのようにそういいました。 
それを聞いたフクシはまた「おぉ〜!!!!」とお叫びのような叫びを上げました。 
「知ってる!!!!僕知ってるよぉ!!! 3人とも今超売れっ子のグラビアのお姉ちゃん達じゃない!!!僕3人の写真集とかDVD持ってるよ!!!えへへへへ、、すげえ、、すげえよぉ〜♪♪」

そう叫んだかと思うとフクシはまた手をたたきながら、今度は 
「グ・ラビアっ!♪グ・ラビアっ!♪ グ・ラビアっ!のおっ姉ちゃん♪!!!♪ わ〜い♪」 
と先ほどの”肉”の時よりもさらに興奮した感じで大きな歌声をあげつつ、急いよく踊り始めました。。。

『ちっ。。。。マセガキが。。。。』 
僕はフクシのその様子を見て、思わずため息をもらしました。 
まあ、マセガキですがここまでならまだ可愛いもんです。。。しかし。。 
フクシはまたぴたっと止まったかと思うと、無邪気な笑顔で先輩に対してこういいました。 
「でっ?ヤスシ。。。”美咲”ちゃん達はもう来ているの???」 
「ああ。。。もう3人とも来て、フクシ君が来るのををお持ちしていますよ。。。。。。」 
「えへへへへ。。。。びっ。。”ビキニ”の水着で????」 
フクシは目をらんらんと輝かせながら、先輩に詰め寄りました。 
 「もちろんだよ、、、フクシ君。。。フクシ君の要求どおり、3人ともTバックの”エッチ”なビキニを着けて、お待ちしていますよ。。。」 
先輩はフクシに、まるで部下がエロ上司にささやくかのように。。。小声で言いました。 
とても8歳の子供との会話とは思えません。。。。 
そしてそれを聞いたフクシは。。。。顔をボンっと真っ赤にしたかと思うと。。。 
「えへっ。。。でへへへへへへへぇ!♪♪」 
と下卑た笑い声をあげ始めました。

「うわぁ〜。。。」 
僕はフクシのその顔を見て、、、思わず絶句してしまいました。 
その顔は。。。先ほどまでの子供特有の無邪気な笑顔なんかではなく。。。 
とてもまだ8歳の幼児とは思えない、、、セクハラ親父のごとくいやらし〜い笑みを浮かべていました。。。。 
僕はそれを見て、なんとなく嫌な予感がしていました。。。。


僕達は高級料亭○○の中でも一番のVIPルームに通されました。 
すでに席の上には、超高級な牛肉とマツタケなどの高級食材がてんこ盛りのスキヤキの準備できています。 
僕も自分で予約しておいてなんですが、こんか高級な肉は見たことがありませんでした。 
フクシも「うほ〜!!!に〜く♪・に〜く♪・♪ ”こうきゅう”なに〜く!!!」 
と目を輝かせて喜んでました。 
『まったくああしてれば、まだ可愛いガキンチョなのにな。。。』 
僕はフクシを見て心底そう思いました。

しかしフクシは一通り、スキヤキセットを見て喜んだ後、 
「ねえ。。。。ヤスシぃ。。。タカシぃ。。。もうそろそろいいんじゃない???ねえ。。。僕もう待ちきれないよぉ。。。早く出してよぉ〜!!!!」 
と僕と先輩に向かって、もう”ひとつ”の。。そしてこちらが”メイン”となるものを要求してきました。 
 「ああ、分かりました、じゃっタカシ。。。」 
「ええ。。。じゃ。。。皆。。。入ってきて!」

僕は胸糞悪い気持ちを抑えて 部屋の外に声をかけました。 
「は〜い。。失礼しま〜す」 
と元気な声が上がり、、、3人のビキニの水着の女の子達が入ってきました。 
「うっうわぁ。。。。。」 
フクシはそれを見て感嘆の声を上げました。

3人はそれぞれフクシの前に並んで立ち、自己紹介を始めました。

「”美咲”(※仮名)です。今日はよろしくね。。フクシ君」 
美咲ちゃんは髪を色っぽくかきあげながら言いました。 
美咲ちゃんは3人の中で一番年上で22歳。。。ウェーブがかかった茶髪ロングのセクシー系です。 今のグラビア界でもトップレベルの人気で、うちの事務所のグラビアの看板の子です。 
この日もいかにも”大人の女”といった女豹を思わせるセクシーな豹柄のビキニをつけてます、 
  
「”静香”(※仮名)です。 はじめまして、フクシ君 今日は一杯楽しんでいってね」 
静香ちゃんは20歳で、黒髪のさらりとしたロングヘアの子です。身長は170以上で3人の中で一番身長が高くモデル体系ですが、 
顔はやや童顔で、なんというかセクシーさと可愛いさを両方併せ持つ人気急上昇の子です。 
この日も紫色のセクシーなビキニを着けてます。

「”未来”(※仮名)で〜す! フクシ君のことはテレビでよく見てるよ 今日はおいしいスキヤキを一杯食べさせてあげるね」

未来ちゃんは18歳。。この中では一番若く。。ナチュラルショートの可愛い系の女の子でこちらも人気急上昇の子です。 
この日もそのイメージに合ったピンクのビキニを着けていました。

女の子達は一通り、”エロガキ”であるフクシの前でビキニ姿をさらしながらも。。。 
特に意識することもなくにっこりとした笑顔できちんと自己紹介してくれました。。 
3人ともグラビアをやってる女の子達の中では、かなりの人気の子達で、正直いくら人気子役とはいえ、 
こんな8歳のエロガキの相手をさせるには勿体なさすぎる女の子達です。 
また3人とも、その”エロガキ”の要求で、、、着ているビキニはどれもTバックの、、 
いつものグラビアで着けるものよりかなり”過激な”ものでした。

にもかかわらず、特に嫌そうな態度も見せず、そのように接してくれたことに、僕はこの子達に本当に感謝しました。

そんなセクシーなビキニを着た女の子達の登場に、当のフクシは圧倒されたのか、 
真っ赤な顔で。。ポカーンと女の子達を見つめていました。 
まあ顔はしっかりにやけてましたが。。。 
僕はリーダー格の美咲ちゃんに「ごめんね。。じゃよろしく」と”目配せ”で合図しました。

「了解。。」と美咲ちゃんは僕に向かって軽くウィンクし、 
「は〜い じゃっ隣失礼しますね」と、フクシの隣におもむろに座りました。 
それにあわせて静香ちゃんと未来ちゃんもそれぞれフクシを取り囲むように座っていきました。 
「えへ。。。えへへへへ♪」 
セクシーなビキニのお姉さん達に囲まれて、早くもフクシはご満悦です。

「じゃあ。私お肉焼いていくね!いっぱい食べてねフクシ君」 
未来ちゃんがそういって皿から肉を取り出し、焼き始めました。。 
この料亭のスキヤキはふつうは仲居さんが肉を焼くのですが、まあ例によってそのフクシの要求で 
女の子達に焼いてもらうという段取りになってしまいました。。。 
ジューという音とともに、高級肉の焼けるいい匂いが部屋に充満しました。 
しかし当のフクシはというと、肉よりも自分が”はべらせてる”ビキニの女の子達に夢中のようです。。。。 
女の子達の顔と。。。大きなおっぱいと。。。Tバックのプリッとしたお尻と。。。すらりとした長い脚をじろじろ見回し、 
赤い顔をして「えへへへ。。。」とにやけていました。。。 
『ちっマセガキが。。。そんなにじろじろ見るな。。。』 
僕は心の中でそうつぶやきました。

「は〜い!!お肉焼けたよ〜」 
そうこうするうちに未来ちゃんが、スキヤキ鍋から旨そうにに焼けた肉を取りだしました。 
美咲ちゃんが、溶いた卵にそれをつけ、そして軽く「ふ〜ふ〜」とした後、 
「はい、フクシ君、お肉よ ア〜ンして」 
と色っぽく微笑みながらフクシに肉を差し出しました。。。 
フクシは美咲ちゃんのその色っぽい表情にもうすでにデレデレ状態です。。。。 
「アっア〜ン!!!」と真っ赤な顔をしながら肉に食いつきました。 
「くすっ。。。美味しい?」 
「うん!!!美味しい!!!えへへへ。。めちゃくちゃ美味しいよぉ♪〜」 
フクシは肉をほおばりながら満面の笑みでそう答えました。 
しかし、やや熱かったのか、「はふ。。。ほふ」とむせはじめました。 
「あらあら〜。。大丈夫? くすっ だめよ。。。ゆっくり食べないと はい、ジュースどうぞ」 
と静香ちゃんがフクシのグラスに”お酌”するかのごとく、ジュースを注ぎました。。。。。 
「えへへへ。。。」 
フクシは満面の笑顔でぐいっとジュースを飲み干しました。

「きゃ〜すごい。。。いい飲みっぷり」 
女の子達のその歓声で、、、、フクシはまた「でへへへ。。。」と照れたように笑みを浮かべました。 
「よ〜し。どんどんお肉焼いていくからね!フクシ君育ち盛りだもんね!一杯。。いっ〜ぱい食べてね」 
未来ちゃんそう言って続いてどんどん肉を焼き始めました。

『やれやれ。。。』 
僕はその光景を見て安堵しました。 
最初はしぶがってた女の子達も、子供相手とはいえそれなりにきちんと”接待”してくれているようです。 
まあ8歳のガキんちょがビキニのセクシーなお姉さんを3人もはべらせて接待させている光景は、、、確かに異様な光景ですが 
雰囲気的には”接待”のような”やらしい”感じでもなく、単純にお姉さん達が8歳のお子ちゃまの食事の世話をしているだけの。。。 
なんとなくほんわかとした雰囲気です。

「タカシ。。。今日は本当に助かったよ。。。フクシもご満悦だ。。まあ、あいつの事はしばらく女の子達に任せて。。。 
お前も飲んでくれ」 
先輩はそう言って僕にビールを注いでくれました。 
「すいません。。。いただきます!!!」 
僕はビールを飲み干し、フクシのほうも見ました。

フクシのほうは相変わらず女の子達から肉をア〜ンしてもったり、、ジュースをお酌してもらったりと接待を受け。。。 
デレデレの顔でご機嫌にしゃべっていました。。。

「えへへへ。。。僕お姉ちゃん達の写真集とかDVD持ってるよ!!!3人ともすごい”せくしー”だよねぇ。。僕すっごい気に入ってるんだ!」 
「え〜嬉しい〜」 
「フクシ君、もうグラビアに興味あるんだ〜 やっぱ進んでるね〜」 
「ねえねえ。。じゃあ私達3人の中で誰が一番”セクシー”だと思う?」

それを聞いたフクシは3人の女の子をを見回し、デレた顔で 
「え〜??? えへへへ。。。でも。。やっぱ美咲ちゃんかなぁ。。。。」 
と言いました。 
「本当に〜?ありがとう」 
「え〜??私達は〜?」 
静香ちゃんも未来ちゃんがそう言うと、フクシはまた「えへへへ。。。」と笑みをうかべ 
「えへへへ。。。ごめん!!!ごめんねぇ。。 でも静香ちゃんも未来ちゃんもすごい、、すっごい〜 ”せくし”だよぉ〜」 
とにやけた顔でそう言っていました。

「まったくあいつ本当に8歳のガキなんですかね。。。さっきから言動が完全に親父ですよ。。。」 
僕はあきれた感じで先輩に言いました。 
「まあ。。。さっきも言ったろ。。。この業界もそれなりに長いから、いろいろ”マせてる”って。。。」 
先輩もため息をしながらそうつぶやきました。

するといきなり「キャー!!!」という女の子達の悲鳴があがりました。 
僕がびっくりしてフクシ達のほうを見ると 
なんとフクシが 
「えへへへへ。。。だって3人ともこんなにおっぱい大きいんだも〜ん♪!!!!」 
と叫びながら女の子達のおっぱいを指で”ツンツン”とつつきまわしていました。。。。

「あのガキ!!!」 
僕は思わず飛び出しそうになりましたが、先輩がそれを止めました。 
「まあまあ。。落ち着けよ。。。おっぱいをつつくぐらい、あのくらいの年齢の子供なら、よくするいたずらじゃないか・・・ 
それにほら女の子達も別に本気で嫌がってなさそうじゃないか?」

女の子達を見ると 
「キャ!もうこら〜!!!いたずらっ子〜!!!」 
「もう!!!だめよぉ。。そんなとこつついちゃ。。きゃんっ!!くすぐったい。。。」 
「やん! おっぱい つつかないのの!!!!くすぐったいでしょ!!もう!お肉焼けないじゃな〜い!!!(笑)」

と「キャッキャッ」と笑って、まあ子供のイタズラを逆に楽しんでいるようでした。。 
フクシも「えへへへへ。。」と まあまだなんとか無邪気? ともいえる笑顔を見せていました。。 
確かにそれほどいやらしさは感じず、子供とお姉さん達がなんとなく戯れているような光景でした。

「なっ。。お前もそう子供のイタズラにムキになるなよ、、、あの女の子達のほうがよっぽど大人じゃないか?」 
「くっ。。。分かりましたよ」 
僕はグーとビールを飲み干して自分を落ち着かせました。。。 
しかし。。相手は子供とはいえ、自分が担当している女の子達がそんなことをされているのは 
なんとなく面白くありませんでした。。。 
そして、また何となく嫌〜な予感がしてきました。。。

それは見事に的中しました。 
”おっぱいつつき”で気を良くしたフクシは、「えへへへ〜。。お姉ちゃん達、、、グラビアやってるだけあって、やっぱりおっぱいとかお尻。。大きいよねぇ。。。」と、女の子達のおっぱいやお尻を軽く”タッチ”したり。。。 
「えへへへ。。。すご〜い脚もすべすべ〜♪。。。」と太ももを撫で回したりと、、まあいわゆるエロ親父がするような 
”ソフト”なセクハラ行為をしはじめました。。。。

そこまでいくと。。。女の子達もさすがに子供相手とはいえ。。。異変に気づきはじめましたようです。。 
「もうだめよ。。。おませさんなんだから〜」等と3人とも顔はまだ笑顔ですが。。。。 
僕のほうにちらちらと何か訴えかけるような視線を送り始めていました。

「せっ。。。先輩。。。あれも子供のイタズラといえるんですかね!?」 
「ああ。。。イタズラ・・・イタズラだよ。。。」 
「でも!でもですね。。。あれ。。。明らかに”分かってる” 触り方ですよ。。。、、、ああ!!!またおっぱい触りやがった!!!! 
あのガキー!!!」 
僕はもう気が気でなく、、先輩に半分怒鳴るようにそういいましたが。。 
先輩は「まったくお前は。。。少しは落ち着け。。。」と取り合ってくれません。

しかし「い、、、いやぁぁん!!!!」という女の子の叫び声を聞いて、 
僕は思わず振り向きました。。。・

「えへへへへ。。。すご〜い!!!フカフカおっぱいだぁ。。。、、、でへへへ!!!気持ちいい〜!!! 
お尻もプリプリ〜。。。やわらかいよ〜♪!!!」 
「あんっ!!!。。。だめよ、、、フクシ君。。。こら〜!。もう、離れて〜!!!」 
見ると。。フクシは美咲ちゃんに抱きつき、その大きなおっぱいに顔をうずめて、スリスリし、また手はTバックのお尻を 
さわさわとなでていました。。。 
『あのエロガキ〜!!!!』 
僕は思わず叫びそうになるのを懸命にこらえました。。。。

フクシは一通り美咲ちゃんのおっぱいとお尻の感触を楽しんだ後、「でへへへ。。。こっちはどうかな〜♪!!!!」と 
今度は静香ちゃんに飛びつきました。 
「キャー!!!こら〜もうやめなさい〜!!!!やだ〜も〜!!!」 
そこまでくると女の子達もさすがに本気で嫌がっているようで、抱きついてくるフクシをなんとか引き剥がそうとしているようでした。 
しかしフクシは「えへへへ〜おっぱい〜おっぱい〜♪ お尻〜お尻〜♪」 
とまるですっぽんのようにくっついたまま離れません。。。

「ちょっと!!!先輩!!!女の子達さすがに嫌がってますよ!!!僕もう止めますからね!!!」 
僕はそう言ってフクシの元へ行こうとしたところを、また先輩に止められました。。。 
「まっ待て待て。。。すこし落ち着け。。今フクシの機嫌を損ねたら、、今までの苦労が水の泡だ。。。 
 なあ、、お前のほうからなんとか女の子達を説得してくれないか。。。 
 ほら。。この酒でも振舞って。。。その際に今回のギャラのほう水増ししてもいいと伝えてくれ。。。なあ頼むよ。。。」 
先輩は半ば僕に土下座するかのように言いました。。。そこまでされるとさすがに僕も断りきれません 
「わっ分かりましたよ。。。」 
僕はお酒を持って、女の子達の元へ行きました。。。

(まだつづく)

出典:萌えた体験談DB
リンク:http://www.moedb.net/articles/1393852393
  投票  (・∀・):19  (・A・):52  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44185/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用