幼なじみと、小川で。 (寝取られ体験談) 4096回

2019/06/14 19:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 あれから数日後、ユキオ君とまた会いました。平日の午前に少し離れた山陰の公園で待ち合わせしました。

 「ユキオ君、待った?」
 「今、来たとこだよ。ここ、来たことある?」
 「うーん、来たような……。」
 「こっち行って見ようよ。」

 ユキオ君は手を握り細い道に連れて行きました。少し降りた所に河原と小川がありました。誰もいません。 
 「あっ、ここ昔来たことある。」
 「思い出した?洋子ちゃんの家と僕の家と一緒にバーベキューしたよね。」
 「うん、したした。幼稚園の頃?あっ二人で水浴びしたよね。」
 「水着なかったんで裸でね。大胆だよね、子供の時って。」
 「懐かしいー。」
 「洋子ちゃん、天気いいし、また二人で裸で水浴びしよっか?」
 「えっ?私たち、もうすぐ30才だよ。幼児じゃないし……。でも、ユキオ君するなら……。ノスタルジーしたいし……。」
 「ワンピース、脱がすよ。ばんざいして。」
 
 私は下から捲くられ、下着も脱がされ全裸になりました。ユキオ君も全裸になりました。小川のさざなみと、小鳥の鳴き声しか聞こえません。昔と違いユキオ君はたくましくなってます。
 
 「水、冷たくて気持ちイイ!」
 「わ、わ。手を離さないでね。」
 「洋子ちゃんの身体、柔らかいね。」
 「ユキオ君、ずっと勃ってるよ。」
 
 ユキオ君は後ろから抱きついて、オッパイも揉みました。固い物がお尻に当たってます。その固い物を私の股に入れ、クリを刺激します。

 そのまま、川の中で立ちバックでしました。ユキオ君は意外と早漏でしたが、気持ち良かったです。
 
 そのまま川を上がり帰りました。

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):9  (・A・):64  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44213/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用