弟のマスターべーションの手伝い。 (近親相姦の体験談) 4710回

2019/06/19 11:30┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は24才の公務員です。

 両親は他界していて、高校生の弟と二人で暮らしてます。

 最近、洗濯をしてると、弟の下着が汚れてます。
 鼻につく匂いで精液?と思いました。もしかしたら、上手く自分で処理しきれてない、そう思いました。

 弟にそれとなく聞くと、他の人みたいに出来ず、夢精ばかりしてると言いました。

 女の私では、アドバイスできないので、従兄弟で内科の開業医をしてるマサキさんに相談に行きました。

 診療室で私と弟はマサキさんに会いました。
 「レナちゃんの話では、弟くん上手くマスターべーションできないって?最近はそういう子供は多いんだよ。」

 「じゃ、弟くん、下着を脱いでチンチンを出して。」

 弟は、いわれたとおりにしました。

 「うーん、まだ、半勃だね。これでは上手くできない。弟くんを勃たせるには……。レナちゃん、裸になってすれる?」
 「えっ、裸?ここで、ですか?うん……ても……。」
 「わかりました……。」

 カーテンの中で全裸になり、二人の前に立ちました。
 すると、弟は勃起しました。

 「それじゃ、弟くん、ベッドに寝て。上も脱いだほうがリラックスできるよ。」

 「レナちゃん、弟くんのを手で刺激して。しばらくは射精のサポートして。」

 私は弟のペニスを擦りました。何か変な気分です。

 「あまり、力をつけずに。うん。玉袋も撫でたり。」
 「このくらいですか?」
 「うーん、私ので練習しよっか」

 マサキさんも白衣を脱いで全裸になりました。弟より大きく、赤黒いペニスが粗反りたっててます。私はそれを擦りました。

 「うん……レナちゃん、いい感じ…。」いつの間にか、マサキさんは私の身体をさわってます。
 「弟くん、気持ちイイ?そっか、良かった。レナちゃんはとう?レナちゃんも気持ち良くなろっか」

 マサキさんはバックで私に、挿入しました。

 「あっ、ダメ、マサキさん、弟の前で……、やめて。」
 「もう、入ってるよ、レナちゃん。」

 「ああ、や、やめて、あ、う……。イク……、!」

 その瞬間、弟とマサキさんも同時にイキました。


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):70  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44235/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用