海でお礼に。 (露出の体験談) 5424回

2019/07/12 21:55┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 彼女と海水浴に行った時の話。

 彼女は22才。真面目だけど、M女。いい身体してます。

 田舎の海で、夕方まで遊んで帰るか、という時になって、彼女が「車の鍵、落としたかも……。」

 「ホントに?帰れないじゃん。」彼女もオロオロしてます。砂浜を探すも、見つからず。

 「落とし物ですか?」と、地元の高校生の子たちも、親切に一緒に探してくれたら、発見。

 「ありがとう、本当に助かったよ。」彼女も、
 「うん……。ありがとう……。帰れないかと思ったよ……。」涙目です。

 「で、それだけ?」
 「あー、そうだね。お礼を何か………。何がいいかな?」

 「やっぱり、原因はお前にあるので、彼らに裸を見せなよ。」
 「えっ?何で?裸?む、無理、無理だよ。お金とかのほうが……。」
 「もっと、誠意のある感謝がいいんだよ。君たちも見たいよね。」もちろん、うなずく高校生たち。ほとんど人はいないけど、松の木の方へ移動。

 最初に彼女に、
 「あの、鍵を見つけてくれて……、ありがとう。お、お礼に私の……、は、裸を見てください……。」真っ赤な顔で言わせた。

 まず、ラッシュガードを脱いでワンピースの水着に。スカートタイプのやつ。

 「本当に…脱ぐの……?」
 「本当だよ。これで脱がなきゃ、彼らがっかりだよ。先にパンツ脱げよ。」
 「えっ、パンツから?わ、わかったわよ……。脱ぐよ……。」彼女はパンツを下ろしノーパン状態に。高校生も「おおー」と興奮してるし。。

 「ほら、早く脱げよ。」
 「もう…、知らないから……。」ワンピースをまくり上げ、全裸に。

 「あぁ、みんな……。み、見てください。私の裸……。」彼女の焼けてない白い肌が全て見えてる。

 彼女に耳打ちして「良かったら、わ、私の身体……さ、触ってください……。」と言わせ、野外で触られ放題。

 彼女もまんざら嫌がってなかった。

 

 




出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):52  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44265/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用