ドーピング検査で。 (複数での体験談) 5560回

2019/08/20 17:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私がフィギュアスケートの大会で初めて表彰台に上がった時の話しです。

 それは地方の大会でしたが、コーチと抱き合って喜びました。控え室に戻っても興奮状態でしたが、大会の役員の人が来て、「すみません姫川選手、ドーピング検査があるので、小会議室に来てください。」と言われ、そのままの格好で行きました。

 その小会議室に入ると、男性スタッフが二人いました。
 「姫川、姫川マホ選手ですね。ドーピング検査をお願いします。」
 「えっ、ドーピング検査……。女性スタッフじゃないんですか?」
 「今、女性のスタッフが足りず、私達が立ち会いです。採尿お願いします。」

 「ええ?男性の前で、無理、無理ですよ。」
 「それならば、この大会は失格になりますが……。」
 
 それは絶対困ると思い、仕方なく承知しました。

 「お二人の前で……、尿をするのですか?」
 「はい。決まりですので。」
 「でも私、まだ競技コスチュームで、全部脱がないと、お、おしっこ出来ません。」
 「規則ですので。脱いでください。」

 うう……、と声を漏らし、私はコスチュームを脱ぎました。私は身長が153センチと小柄です。男性スタッフはおそらく、体育大学のボランティアらしく180センチを超えるくらいあります。その二人の前で全裸になりました。

 細い腕で、小ぶりな胸と股を隠してましたが、紙コップを渡されました。涙目でしゃがもうとすると、

 「姫川選手、それだとおしっこが出る所が見えません。時間が押してるのでお手伝いします。」
 一人の男性スタッフが私の足を持ち抱え開脚し、まるで幼女がおしっこをするような格好をさせられました。私の恥ずかしい所が明るい部屋で丸見えです。

 「私も手伝います。」
 と言って、もう一人の男性が私の1番敏感な所を、優しく触りました。
 「どうです?おしっこ出そうですか?」
 「あぁ、……。い、イヤ…、見ないで……。で、出そう……。」

 クリトリスを触られた私は、初対面の男性の前で放尿をしてしまいました。全裸で放心状態の私を前に、男性スタッフはズボンを降ろし、何も言わず挿入してきました。
 トロトロになってる私の秘所は、すんなり受け入れました。
 交代でアソコと口を犯されましたが、コーチ達には黙ってました。 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):65  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44301/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用