巨乳OL番外編4 (会社での体験談) 5100回

2019/09/24 21:45┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
そこまで久しくありませんが、数週間前に離婚届けに印をしました。
向こうが届けるそうです。
残念ながら親権も向こうです。

そして、先々週の日曜に僕はあの子には報告しました。
友人で唯一打ち合けたのがあの子だけなのと、前にエッチした後にも心配してLINEくれていましたけど、珍しく電話しました。

暗い感じになってしまったんですけど、その時に、週末何をしているのか聞いたら、寝てると言っていたので、デートに誘いました。

お互い特に行きたいところはなかったんですけど、あれこれと話した結果、あの子が豚が見たいということで、とある動物園に遊びに行きましたw

豚が可愛いらしいですw

昼過ぎにあの子を家の前で拾って、動物園に。。

豚だけじゃなく、他の動物も見て回りました。
僕はどうも鳥のエリアは匂いが無理で、我慢でした。

そして、夕方には動物園を後にして、少し早めの夕食に。
しゃぶしゃぶに行きました。

数時間過ごし、僕の離婚の苦労や揉め事をたくさん聞いてくれました。

離婚の本当の理由は隠しているので、苦労だけは本当です。。。

本当に心配してくれていたみたいで、本当に良い友達です。

僕は帰りに海浜公園に寄りました。
都内の夜景を見ながら、軽くあの子と散歩をしながら、心配してくれてありがとうと伝えました。
あの子も「大変だったね」っと言ってくれました。

ここまで聴くと、良い友達ですけど、僕には野望がありました。
それはあの子にカーパイズリをして貰う事ですw
離婚したてですけど、もう離婚したので、もうやりたくてやりたくて…前にお断りされてから、何度かあの子にカーパイズリして貰う妄想をしてオナニーしてました。
何故そこまでカーパイズリしたいのか自分でも分かりませんw

僕は車の前に来た時に、あの子を後部座席に誘いました。
あの子ももう、何が狙いか分かってました。

あの子「また?w」

僕「いいからw」

夜の公園の端っこに駐めたので、周りに車は一台もいないんです。居ないところを狙ったと言った方が正しいです。けど、一応鍵は閉めましたw
三列目で…あの子を膝の上に乗せて、背後からおっぱいを揉み揉み。
前は、服の上からじわじわと生のおっぱいを触りに行っていた僕ですけど、さっと生おっぱいまで行きました。
早く揉み揉みしたかったんです。

前と変わらず、大きくて柔らかくて大好きなおっぱいでした。
指を食い込ませて、ムニムニ。ユサユサ。
振り向かせて、何度もキスしました。
そうしていたら、とんでもないくらい勃起したので、あの子を床に座らせて、僕はチンチンを出して「もうビンビンたよw」っとあの子に見せましたw

あの子「さっきから当たってたから知ってるw」

僕「舐めてよ」

あの子は奥まで咥えて舐めてくれました。
汗かいてたので汚いんですけど、あの子にこのチンチンをフェラさせるのに興奮してましたw
フェラでベチョベチョになったチンチンをあの子の口から抜いて…パイズリに。
僕はあの子のおっぱいを触って…「パイズリして」っとパイズリを強請りました。

あの子はブラだけ外して「今日だけだからね」っと恥ずかしいのか、一度周りを見て人が居ないのを確認し、嫌そうでしたけど、挟んでくれました。

あの子「本当にパイズリ好きだよね」

僕「大好きです」

早く終わらせたいみたいで、強く挟んで最初から全快でした。

僕「あ。そんな焦らないで」

あの子「何?もう気持ち良くなってきたの?」

僕「気持ち良すぎるし興奮してるし」

あの子「ちんちんがピクピクしてるよ」

あの子は意地悪な顔をしてましたw

僕「ちょっとさ。乳首舐めて」

あの子「乳首?」

僕はシャツをまくって「そうそう。乳首」っとあの子に強請りました。

あの子は「良いけど…」っとパイズリしながら僕の乳首を舐めて来て、乳首を舐める事でパイズリの乳圧が弱まりました。
乳首を舐められるのも気持ち良かったので、僕は結構Mかもしれません。

5分くらいですかね。
もう射精したくなってきて「もうそろそろ…出る」っとあの子に申し出ました。

あの子は乳首を舐めるのをやめて「じゃあ」っと、強く乳圧をかけて、おっぱいを上下に動かしたり、左右を交互に動かしてきました。
左右にやられるのが結構効きます。

最後は激しくおっぱいを上下に振られて

僕「はぁはぁ。ヤバい。出る」

あの子「いいよ。服にはつけないでね」

僕「ぬぁぁ」

僕は出る前にあの子のおっぱいからチンチンを抜いて…あの子は素晴らしい反射神経で手を出して、垂れないように受け止めようとしましたw
それでも飛び散って、あの子の服にも少し飛んでました。

僕「ありがとう。気持ち良かったよ」

僕がそう言って余韻に浸っている中、あの子はブラを付けていましたw

素っ気ない気はしますけど、やって見たかったカーパイズリが出来たので、良かったです。

それから僕もズボンを履いて、車を出しました。
それからファミレスで晩飯を済ませて、後は帰るだけでした。
途中、ラブホが見えて…「行く?」っと誘いました。
もう離婚してるので、遠慮なく誘えます。
そして、あの子とエッチがしたかったです。

ところが…あの子から「ごめん」っと言われました。
断られて唖然としているうちに通り過ぎました。

あの子「今、女の子の日なの」

僕「あ。そっか」

嫌と言われていない事を確認してホッとしました。

あの子のマンションの近くに着いて「ちょっと遊びに行って良い?(部屋に)」っと聞いたら「あ。うん。良いよ」っとの事で、近くのコインパーキングに車を停めて、お邪魔しました。

あの子「散らかってるけど」っと入る時に言われて、社交辞令かと思いきや、本当に珍しく、少し散らかっていました。
忙しいんですかね。
コーヒーを淹れてくれて、今日は楽しかったね。っと、ベッドに腰掛けて話ながらテレビを見てました。
一日の振り返りなので、あの子から「なんで車でパイズリしたかったの?」っと聞いてきましたw

僕「一度で良いからやって欲しかったw」

あの子「普通にやるのと何か違うの?」

僕「雰囲気かな」

あの子「怖くない?人に見られたら変態じゃん」

僕「ごめん。けどすごい興奮したし良かったよ」

あの子「へー」

僕「何?」

あの子「共感はできないかなw」

僕「じゃあもっかいやってw」

あの子「今?」

僕「今!」

僕はあの子を抱き寄せて、後ろからおっぱいを揉み揉みしました。

あの子は「本当にパイズリ好きだよね」っと数時間前と同じことを言ってましたw
事実なので口答えは出来ません。

口答え出来ないんですけど、揉んでる手が気持ち良いくらいおっぱいが柔らかくて堪らないです。
手を軽く遊びがある程度に広げ、手の中で揺らしてプルプルさせて楽しみ、服を捲り上げて、顔をブラの谷間に挟んで、顔面でおっぱいを感じ、ブラを外して口でおっぱいを味わいました。

おっぱいだけを長々と堪能し、勃起してましたw
僕は立ち上がり、ズボンを下ろして勃起したチンチンをさらけ出し、あの子はベッドの上でお姉さん座りだったので、顔にチンチンを向けたら…フェラしてくれました。
「ジュボジュボ」っと大きな吸い付き音を立てて凄い吸い付きで、気持ち良かったです。

もちろん、手はおっぱいで揺さぶりました。
フェラが終わると

あの子「脱がせて」

僕「まぁ。待てって」

僕はあの子のブラだけを奪い、服の上から揉みしだきました。
毎回チェックしてますけど、ブラのタグを見たらI65でした。タグを見たら何故か興奮する病気です。
服の上からじっくり揉みしだいた後、上半身を裸にして、おっぱいにチンチンの先端を突き刺さしたり、擦りつけた後に再度フェラでした。
乳首に亀頭を擦りつけると「ん。ん。ん。」っと少し感じてましたw
ローションを塗って、膝上パイズリするまでに何度も大好きな巨乳が堪能しました。

膝上に乗っかり、膝上パイズリをしました。
最初は両方のおっぱいを上下に動かして、僕のチンチンを程よく刺激してきました。
Iカップなので、ホールド力があって気持ち良いんです。
僕「よだれ出てきたw」

あの子「なんでw」

そんな会話をしてた事しか覚えていないです。。。

僕「舐めて」

あの子は僕を見ながらチンチンを舐めながらパイズリフェラ。エッチ過ぎてチンチンが膨らみます。
可愛い系なのにこの時はセクシーですw
言わずもがな身体はいつもセクシーですw

その後は、ホールド力を保った状態で身体を上下に動かしてきます。

僕「理香のおっぱいでチンチンが元気だわ」

僕「Iカップ。Iカップ。Iカップ」

僕「まじ気持ち良いょ」

僕は1人で恥ずかしい事をずっと言ってました。
あの子は笑みを浮かべて僕を見てましたw
バカにされてるかもしれませんけど、僕はあの子のおっぱいをチンチンで感じる事に必死でした。
ローションのおかげで五分以上長く楽しめたと思います。
ただし、五分くらいが限界で…出したくなったので

僕「もう出そうw」

あの子「いいよ。出しなよ」
ちょっと上からてしたw

僕「左右交互に激しくやって」

あの子は左右を交互に上下に動かしてきました。
僕はこれが一番好きなんです。
これを動画に収めようと

僕「動画撮って良い?」

あの子「え。なんで?」

僕「ほら。1人でする時にさw」

あの子「私の事思い出してるって言ってなかった?」

僕「動画だともっと思い出せるから」

あの子「恥ずかしいよ」

その後、同じお願いを…オナニーに使うからをゴリ推しで、何とかOK貰えたんですけど、お願いしてる間もパイズリされていて、撮り始めたのは逝く寸前で、ほとんど撮れなかったです。

撮るのも激しくてブレブレでしたけど、今毎日使ってます。

話が逸れましたけど、パイズリは気持ち良いフィニッシュで、谷間の中に出しました。

処理した後は、抱き合って、小一時間キスとおっぱいを揉んで帰りました。
やっぱり、あのおっぱいは堪らない僕の性癖ど真ん中でした。

あの子がトイレに行った隙にブラを撮ったりして、あの子で毎日抜いてます。
僕に批判があって、不快な思いをさせてしまったらすみません。


出典:巨乳交流掲示板
リンク:bbs.forestofbreast.com/kokuhaku/c-board.cgi?cmd=one;no=26927;id=
  投票  (・∀・):3  (・A・):68  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44332/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用