サンタのプレゼント。 (会社での体験談) 5389回

2019/11/12 09:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私が25才の頃の話です。

 文房具の営業の仕事をしてましたが、3才年上の美佳さんに、
 「エイタ君、クリスマスイブって空いてる?」
 「えっ、ええ、まぁ……。」
 「良かったぁ。お願いあるんだけど。サンタクロースになって息子にプレゼント持って来てくれないかしら?」
 美佳さんはシングルマザーで、四才の息子がいます。サプライズで一肌脱いでとのこと。予定もないので、オッケーしました。

 イブの日。美佳さんのプランでは、寝かかった頃に合鍵で家にはいり、枕元にプレゼントを置いて帰る……。いい思い出になりそうです。
 タイミングは彼女からのメール。夜の10時にそれが来ました。
 
 賃貸マンションの前で、素早くサンタの格好をして部屋に入りました。美佳さんは息子と二人暮らし。間取りを教えてもらってたので、寝室はすぐにわかりました。

 布団に寝てる息子君と添い寝してる美佳さん。美佳さんが起き上がり小声で、
 (ごめん、息子。寝ちゃった。疲れてたみたい。)
 (そう……。残念だね。これ、息子君のプレゼント。)
 (ありがとうね。それじゃ……。)
 薄明かりで美佳さんを見ると、ピンク色のネグリジェを着て、身体のラインのくっきり。急に興奮して彼女の胸を触りました。
 (や、止めて。エイタ君。)
 (大きな声を出すと、息子君起きますよ。)
 彼女を抱きしめると、唇をふさぎました。歯止めが効かなくなり、美佳さんのネグリジェを捲し上げ、半裸にして温かい身体を愛撫しました。
 美佳さんも感じてるみたいで、息子君が寝てる横でバックで突きました。美佳さんのトロトロの膣は気持ちよく、すぐさま射精しました。
 ハアハアと息をきらしながら、僕は部屋を出ました。

 次の日、美佳さんに、
 「昨日はごめんなさい。」と謝りました。
 「いいの。気にしてないわ。」

 その後、特に何もありませんでしたが、クリスマスの度に思い出します。

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):5  (・A・):72  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44379/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用