優子先生、走る。 (学校での体験談) 3262回

2019/12/26 01:58┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:
 水着に着替えて、私と優子先生はプールに向かってました。
「優子先生、いつも職員室で、あの……。着替えてるのですか」
 「ええ。教師の仕事って、聖職者。皆さんに淫らな気持ちないですよ」
 「で、でも……。恥ずかしくは……。」
 「刺激があって良いですよ。ここは田舎の学校ですし。よしお先生、もっと頭を柔らかくして。もしかして、またちんちん固くなってるのですか?」
 「なっ、何を言ってるんですか?そ、そんなこと……。」
 「ちょっと触りますよ。……あっ、やっぱりおっきしてるじゃないですか?ちょっと脱いでください。」
 「こ、ここでですか?外ですよ。運動場の端っこですよ。」
 「ほら、先輩の言うことは聞いてください。私も脱ぎますから。」
 
 優子先生は、迷うことなくラッシュガードとスウェットタイプの水着を脱ぎ、野外で全裸になりました。
 白い身体、出るとこが出てる身体……。昼間の屋外というシチュエーション。私の性器は完全に勃ってました。

 優子先生によって水着を下ろされ、私も全裸です。

 すると優子先生は、自分と私の水着を持って走り出しました。
 「きゃっ!みんな、よしお先生が素っ裸だよっ!」
 優子先生も裸で、プールの方へ走っていったので、あわてて追いかけました。おっぱいもお尻もプルンプルン揺れてます。

 すぐに追い付き、優子先生の裸の肩を掴みました。

 「裸で追いかけられるなんて初めてです。よしお先生、ふざけてごめんなさい。その代わり……。今度は口で処置します。」

 私の前で膝まづき、柔らかそうな唇が私の性器に触れました。
 「よしお先生、すごく熱くなってるよ。痛いでしょ?すぐに楽にさせるから。」
 
 私はまた校内で射精してしまいました。
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):72  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44416/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用