山向こうの家 (ジャンル未設定) 5192回

2020/01/07 15:18┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
実家は、現在、ぽつんと一軒家レベルの環境であり、山の上にある。
若い頃は、それでも同じ集落に3軒の家があり、向いの山の中腹に山道にそって4,5軒の家があった。谷底を流れる川沿いにはこれまたぽつぽつと家が並んでいた。
 それが、20年くらい前から急速に家の数が少なくなり、現在は向いの山に1軒の家があって、そこに移住してきた30歳台くらいの夫婦が住んでいるのみである。我が家は母と父が3年前まで住んでいたが、足腰が弱り、通っている病院に近いアパートに住んでいる。実家には、月に2回程度、風を通しに行く。昼前に親を車に乗せて、実家に行き、窓や戸を開けて、お昼を食べ、3時くらいに帰る。すでに電気も止めてあるので、ほんとにコンビニの弁当にお茶を飲むだけ。

 今年の夏に一人で実家に行った際に、草刈りをしたら疲れて帰るのが面倒くさくなり、そのまま一晩泊まった。夜10時頃に外に出て月に輝く空を眺めていた。ふと向かいの山の家を見ると、庭に人の姿があった。よく見ると、どうも裸である。しかも黒いマスクをして、紐で縛られて庭に生えた木に両手を万歳の形で吊されている。目を疑って何度もみたが、やっぱり吊されている。

 ふと思い出して兄の部屋に行き、小学生の頃に使っていた小さな天体望遠鏡を持って覗いてみた。
あー、あの家の奥さんである。痩せ型でシュンとしているのに意外に乳がでかいのに驚いた。
5分ほどしたら、あの家の旦那が出てきて、竹の物差しのようなもので奥さんの尻をさすったり、叩いたりしていた。
さらに2,3分もしたら、奥さんの腕を上げさせていた紐をほどいて、家の中に入れていた。

まぁそれだけなのですが、驚きました。

出典:山向こうの家
リンク:https://www.bukakketamago.com
  投票  (・∀・):3  (・A・):75  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44430/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用